Yahooショッピング【無料】分析・リサーチツールのおすすめ6選を比較

Yahooショッピング【無料】分析・リサーチツールのおすすめ6選を比較の記事をイメージをできる写真

「Yahooショッピングに出店しているけど、売上が伸びない」などと悩まれていませんか。

Yahooショッピングは国内でも大規模の顧客を抱えるマーケットのため、本腰を入れて大手企業も参入しています。

そのため、自社や競合他社の分析なしでは、売上を伸ばすのは難しいでしょう。

そこで、無料のYahooショッピング分性・リサーチツールがおすすめです。

無料のツールでも自社や競合を分析できる機能が備わっているため、導入コストをかけずに運用できます。

本記事では、無料のYahooショッピング分析・リサーチツールのおすすめや導入すべき理由、活用方法などを解説します。

ぜひ本記事を参考に、自社に適したツールを導入してください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Yahooショッピング分析・リサーチツールとは

Yahooショッピング分析・リサーチツールをイメージできる画像

Yahooショッピング分析・リサーチツールは、Yahooショッピングでのビジネスにおいて重要な、情報収集やマーケティング戦略の立案に活用できます。そのため、ツールごとの理解を深めておきましょう。

Yahooショッピング分析ツールの概要

Yahooショッピング分析ツールとは、Yahooショッピング上の商品やショップのデータを分析するためのツールです。具体的には、商品の売上データや在庫状況、顧客の購買履歴などのデータを分析できます。

また、顧客の属性や購買履歴から傾向を分析し、ターゲット層やニーズの把握も可能です。これらの情報をもとに、商品の改善や販促施策の立案がスムーズに行えます。

Yahooショッピングリサーチツールの概要

Yahooショッピングリサーチツールとは、Yahooショッピング上の売れ筋や検索ランキングの高い商品を調べられるツールです。具体的には、キーワードを入力することでそのキーワードに関連する商品やショップのランキング情報を取得できます。

これらの情報を参考にすれば、適切なキーワードでの出品が可能になります。

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールを導入すべき5つの理由

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールを導入すべき理由をイメージできる画像

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールを導入すべき理由は、次の5つです。

  • Yahooショッピングに参入したての方でも利用できる
  • 売上向上につながる
  • 競合他社の情報を把握できる
  • 時間を短縮できる
  • 施策を効率的に立案できる

それぞれ解説します。

Yahooショッピングに参入したての方でも利用できる

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールは、機能がシンプルなゆえに、市場に参入したての方でも手軽に利用できます。また、無料のため、資金力がなくても導入できます。

ツールを利用するためには、Yahoo IDの取得やショップ情報の登録などの最低限の手続きは必要ですが、専門知識を必要としないため、はじめたばかりの方でも扱いやすいです。

売上向上につながる

Yahooショッピング分析ツールを使えば、商品の売上データや在庫状況などのデータを把握できます。これらの情報は、自社商品の改善や新商品の開発にも役立てられます。

売上データから顧客が求めている商品の傾向を把握し、それに沿った商品開発や改善を行うことで、売上を伸ばせられるでしょう。

競合他社の情報を把握できる

Yahooショッピングリサーチツールを使うことで、競合他社の商品ランキングを把握できます。これにより、自社商品の競争力の分析ができるため、適切な価格設定や販促施策の立案が可能です。

また、競合他社がどのようなキーワードを狙っているか把握できれば、販売戦略の参考にもなります。とくに、激化している市場では競合他社の分析は欠かせません。

時間を短縮できる

Yahooショッピング分析・リサーチツールを活用すれば、自社商品の販売数や価格帯、レビュー数などを容易に把握できます。また、ツールによっては、自動分析機能があります。たとえば、売れ筋商品や評価の高い商品、競合他社の動向などを自動的に分析してくれます。手動で行う分析作業にかかる時間の短縮が可能です。

以上のように、Yahooショッピング分析・リサーチツールを活用することは、業務を効率化して、作業に必要な時間の短縮につながります。

施策を効率的に立案できる

自社や競合他社の情報を把握することは、効率的な施策の立案につながります。効率的な施策の立案は、問題の解決に向けた最適なアプローチの早期発見にもつながります。

施策立案のプロセスで、必要な情報を正確に収集することで、適切な解決策を導き出せるでしょう。

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールのおすすめ6選

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールのおすすめをイメージできる画像

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールのおすすめを次の6つ解説します。

  • yahooキーワードアドバイスツール
  • Google analytics
  • Google Search Console
  • Googleデータポータル
  • Juicer
  • Ptengine

それぞれ解説します。

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールのおすすめ1.yahooキーワードアドバイスツール

Yahooキーワードアドバイスツールは、競合他社の分析に長けているツールです。このツールでは、競合他社が利用しているキーワードを把握できるため、自社のキーワード戦略の立案や改善に活かせます。

無料のため簡易的な機能ですが、シンプルなゆえに使いやすいでしょう。

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールのおすすめ2.Google analytics

Google Analyticsは、ウェブサイトのトラフィックやコンバージョンなどのデータを収集し、分析するためのツールです。Google Analyticsを使用することで、ヤフーショッピングのページに訪れたユーザーの動向や行動を把握できます。たとえば、どの商品ページがよく閲覧されているか、どのようなキーワードで検索されているか、どのようなコンバージョンがあったかなどの情報が得られます。

これらの情報は、ヤフーショッピングの改善やマーケティング戦略の見直しに役立つでしょう。

ただし、Google Analyticsを利用する場合は、ヤフーショッピングのページと連動させる必要があります。

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールのおすすめ3.Google Search Console

Googleサーチコンソールを利用することで、顧客がどのようなキーワードで自社ページに訪れたかを調べられます。この情報を参考にすれば、自社商品の効果的なキーワード選定が可能です。

また、Googleサーチコンソールは、ウェブサイトの分析にも長けています。そして、自社商品を取り扱っている方は、ホームページを所有している可能性が高いです。そのため、Googleサーチコンソールを利用すれば、Yahooショッピングとホームページを組み合わせた施策の立案が可能です。

たとえば、顧客がホームページに訪れる際に利用しているキーワードを、ヤフーショッピングにも利用することで、顧客の意図を汲み取った商品販売が可能です。

以上のように、GoogleサーチコンソールはYahooショッピング分析・リサーチにおいて必要不可欠なツールといえるでしょう。

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールのおすすめ4.Googleデータポータル

Googleデータポータルは、データの可視化や分析機能に長けたツールです。ヤフーショッピングのデータをグラフやチャートなどで可視化すれば、分析が捗ります。たとえば、ヤフーショッピングの商品購入率の変化を可視化すれば、販売データから施策の立案をスムーズに行えるでしょう。

また、Googleデータポータルには、ユーザーが自由にカスタマイズできるダッシュボード機能があります。ヤフーショッピングの分析に必要な指標を選択し、自社のビジネスに合わせたダッシュボードの作成が可能です。

これらの機能により、さまざまな情報を一元化して管理できるため、よりスムーズな意思決定が可能になるでしょう。

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールのおすすめ5.Juicer

Juicerは、顧客の分析に長けたツールです。具体的には、ペルソナの自動作成や顧客の行動傾向を分析してくれます。ペルソナとは、商品を販売したい具体的なターゲット層を指します。Juicerでは、500万人分のデータから、自社に適したペルソナを作成してくれます。

また、行動傾向の分析により、顧客のニーズを鮮明に把握できるでしょう。これらの機能は無料で使えるため、効率的に売り上げを伸ばしたい方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールのおすすめ6.Ptengine

Ptengineの特徴は、ヒートマップ機能が充実していることです。ヒートマップとは、顧客が特定のページのどの箇所を見ているかを把握できる機能です。Yahooショッピングの商品ページにヒートマップを活かせば、購買意欲の高い顧客の行動を把握できます。

購買意欲のある顧客を逃さないためには、Ptengineの導入がおすすめです。

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールの4つの活用ポイント

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールの活用ポイントをイメージできる画像

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールの活用方法は次の4つです。

  • 分析結果をもとに戦略を練る
  • ターゲット層の嗜好に合わせた商品を展開する
  • 商品ページの改善に取り組む
  • 顧客とのコミュニケーションに注力する

それぞれ解説します。

分析結果を元に戦略を練る

無料のYahooショッピング分析・リサーチツールで自社や競合を分析した内容をもとに、戦略を練りましょう。たとえば、自社と競合が似たような商品を出品している場合。「なぜ競合のほうが売上が多いのか」などを考えて、販売戦略を立てることが大切です。競合他社との差を縮めていけば、自社商品の売上率も向上するでしょう。

ターゲット層の嗜好に合わせた商品を展開する

Yahooショッピングに力を入れている企業は、ターゲット層に見合った商品を出品しています。これにより、効率的な商品販売が可能です。そのため、無料のYahooショッピング分析・リサーチツールを活用して、ターゲット層を絞りましょう。

おすすめは、Juicer です。Juicer でペルソナを作ってもらい、ターゲット像のニーズを満たせる商品を出品しましょう。現在出品している商品が、ペルソナのニーズに沿っていない場合は、品揃えを変えることを検討するのも1つです。

いずれにせよ、ターゲット層の嗜好に合わせた商品を展開することは、売上を向上させるう

えで欠かせません。

商品ページの改善に取り組む

売上率の高い商品の特徴の1つは、商品ページが魅力的なことです。商品ページが魅力的であれば、顧客の購買意欲は高まります。商品ページの改善に取り組むうえでおすすめのツールは、Ptengineです。Ptengineのヒートマップを活用すれば、顧客が商品ページのどこを見ているのかを把握できます。

とくに見られている箇所を改善していけば、商品の売上率は変わってくるでしょう。また、商品画像も重要な要素です。自社の商品画像に自信がなければ、プロのカメラマンを雇って魅力的な商品画像を撮影してもらうことも検討しましょう。

顧客とのコミュニケーションに注力する

顧客からの問い合わせには、親身に対応しましょう。顧客は、同じ商品を2回以上、購入してくれる可能性があります。商品は、1度販売すれば終わりではありません。すべての顧客が自社のリピーターになってくれる可能性を秘めているため、問い合わせには終始丁寧な対応を心がけましょう。

まとめ

まとめをイメージできる画像

Yahooショッピングに出店している方は、無料の分析・リサーチツールの導入がおすすめです。導入コストをかけずに自社や競合分析が可能なため、出店したばかりの方でも手軽に運用できます。導入後は、分析結果をもとに戦略を練ったり、商品ページの改善に取り組んだりしましょう。

本記事で紹介したツールはすべて無料で利用できるため、1つずつ試してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。