【令和5年版】Amazon解析ツールのおすすめ11選を比較!

Amazonで出店するうえで、Amazon分析ツールの利用は欠かせません。

分析ツールを利用することで、定量的に市場を分析できるため、効果的な店舗運用が可能になります。

そこで本記事では、Amazon分析ツールの種類やおすすめ、メリットなどを紹介します。

本記事を最後まで読めば、自社に適したAmazon分析ツールが見つかるはずですので参考にしてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon分析ツールの種類

Amazon解析ツールの種類をイメージできる画像

アマゾン分析ツールには、次のような種類があります。

  • 商品リサーチツール
  • キーワードリサーチツール
  • 在庫管理ツール
  • アナリティクスツール

それぞれの特徴を解説します。

商品リサーチツール

Amazonで販売されている商品に関する情報を収集して分析するためのツールです。自社や競合の商品に関する市場動向を把握するのに役立ちます。Amazon商品リサーチツールには多数の種類があり、有料・無料のツールがあります。ツールや店舗規模によっては、無料のものでも十分運用できます。

キーワードリサーチツール

Amazonで検索されるキーワードに関する情報を収集して分析するためのツールです。具体的には、顧客が商品を検索する際のキーワードを把握できます。Amazon SEO対策に欠かせないツールです。

在庫管理ツール

在庫を管理したり品揃えが少なくなってきた際に知らせてくれたりするツールです。Amazonに出店するうえで、在庫切れは致命傷です。そのため、本ツールを利用して、在庫を適切に管理する必要があります。

また、ツールによっては在庫の自動補充にも対応しています。この機能により、在庫補充の手間を省けます。

アナリティクスツール

ECサイトのトラフィックや顧客の行動などの情報を収集して分析するツールです。アナリティクスツールを活用することで、顧客のニーズを定量的に把握できます。また、コンバージョン率の分析にも長けています。

自社ページに訪れた顧客のうち、何%が商品を購入してくれたかを把握できれば、店舗の改善点の発見にもつながるでしょう。顧客のニーズを把握して自社の運営を活性化させるには、アナリティクスツールの導入は欠かせません。

Amazon分析ツールはセラースプライトがおすすめ!

料金プラン・スタンダード会員$980/年 or $98/月
・アドバンスト会員$1,880/年
・VIP会員2,380ドル/年
主な機能・Keepa拡張機能代替
・販売個数
・市場リサーチ
・キーワード逆引きリサーチ
・キーワードマイニング
・キーワード順位チェッカー
こんな人におすすめ・Amazonの分析をしたい人全般
・競合分析をして自社商品の改善に活かしたい人
・市場分析をして新商品開発に活かしたい人
公式HPhttps://www.sellersprite.com/jp/

セラースプライトは、Amazonにおける競合商品の販売個数とその推移・価格・レビュー・FBA送料などといった情報を一括で調べることができるマーケティングツールです。

実務レベルで必要なマーケティング情報を網羅的に、かつ調べやすい形で提供していることが最大の魅力です。

さまざまなAmazon分析ツールがありますが、セラースプライトは汎用性が高くどんなEC事業者にもおすすめできるほどおすすめです。

セラースプライトの詳しい内容は下記動画や記事にて説明しているのでぜひ参考にしてください。

ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!

コード:JW6010

申し込みはこちら!

おすすめのAmazon分析ツール10選

おすすめのAmazon解析ツール13選をイメージできる画像

おすすめのAmazon分析ツールを、10選紹介します。

1.ERESE

料金プラン・無料プラン有
・3,980円/月または39,800円/年
主な機能・価格推移(商品状態ごと)&平均値
・ランキング推移&平均値
・出品者推移(商品状態ごと)&平均値
・コンディション別の最安値・出品者数
公式HPhttps://eresa.jp/

ERESEは、Amazon物販のプロフェッショナルチームで開発されたツールです。35,000件以上の導入実績を誇ります。特徴は、Amazonの出品されている商品データを無料で分析できることです。具体的には、ランキングや商品の価格推移をグラフで可視化できます。

また、スマートフォンやタブレットなどのデバイスにも対応しています。手軽に利用できるのもERESEの魅力です。デモページも用意されているため、どのようなツールなのかを確認してから導入を検討しましょう。

2.Keepa

料金プラン・月額プラン:19ユーロ
・年額プラン:189ユーロ
※無料プラン有
主な機能・価格履歴グラフ表示
公式HPhttps://keepa.com/#!

KeepaはAmazonの商品価格の推移や在庫状況をリサーチできるツールです。

商品の値段変動、売れ筋ランキングや商品の需要が確認できるので、特定の商品がいつどんなタイミングで売れているのかをチェックできます。

カートボックス獲得状況の把握機能では、他のセラーのカートボックス取得データを確認できるため、カート対策を実施しやすいのも魅力です。

3.アマゾンサジェスト キーワード一括DLツール

料金プラン無料
主な機能サジェストキーワードの表示
公式HPhttps://www.azkw.net/

アマゾンサジェスト キーワード一括DLツールとは名前のとおり、商品を検索する際のサジェストキーワードを一括でダウンロードできるツールです。サジェストキーワードとは、商品のキーワードを入力した際に、入力欄の下に表示されるキーワードを指します。

自身や他の方が検索したキーワードが入力欄に表示されるため、ユーザーの意図の分析に活用できます。ただし、無料版では1日1回までの利用制限があります。本格的にサジェストキーワードを把握したい方は、有料会員に登録しましょう。

4.Picaro.AI

料金プラン無料プラン有
有料プランは要問い合わせ
主な機能・自動推奨アクション提示
・自動カタログ生成
・自動グラフ作成
・検索ランキング表示
・相乗りアラート
公式HPhttps://www.picaro.ai/

Picaro.AIとは、AIが店舗運営に必要な業務を自動で提案してくれるツールです。商品ごとの売上をモニタリングし、改善点や利益率を可視化できます。また、狙ったキーワードで自社商品が表示されているかの確認も可能です。

これらの機能を利用すれば、利益率の改善や検索パフォーマンスの向上を図れるでしょう。30日間のトライアルも実施しているため、まずは無料期間からはじめてみてはいかがでしょうか。

5.Helium10

料金プラン・スターター $29/月
・プラチナム $79/月
・ダイヤモンド $229/月
主な機能・キーワードリサーチ
・製品リサーチ
・リスティング分析
・在庫管理
・注文管理
・レビュー分析
公式HPhttps://www.helium10.com/

Helium10は、Picaro.AIと同じ業者が提供しているAmazon分析ツールです。商品や競合の分析に長けています。商品ごとに特徴を分析できるため、時期に応じて適切な販売戦略を立案できます。

また、競合商品の在庫分析も可能です。これにより、競合がどのような販売戦略を立てているのかを把握できます。競合を分析して差別化を図ることは、店舗を成長させるうえで欠かせません。

競合との差別化を図るには、Helium10はうってつけのツールといえるでしょう。

6.ツールフォーセラー

料金プラン・フリー
・ベーシック$19.99 /月または$199 /年
・スタンダード$79.99 /月または$799 /年
・プロ$159.99 /月または$1,599 /年
・プレミアム$299.99 /月または$2,999 /年
主な機能・販売利益分析
・広告管理
・商品リサーチ
・トラフィックワードの逆リサーチ
・検索語キーワードの逆リサーチ
・利益カルキュレーター
・月間推定販売量
・レビュー&星評価分析
公式HPhttps://www.tool4seller.com/jp/

ツールフォーセラーは、販売利益や広告運用の分析にも長けたツールです。販売データを可視化できる機能が備わっているため、売上管理の手間が省けます。

ツールフォーセラーは、Amazon内に出稿している広告と自動で連携されます。これにより、広告の効果を分析したり、出稿費用の調整が可能です。広告の効果を正確に把握したうえで出稿費用を調整できれば、費用対効果の高い広告運用につながります。

7.Ubun BASE

料金プラン・無料プラン有
・有料は要問い合わせ
主な機能・自動レポート作成
・SEO順位のモニタリング
・自動レビューリクエスト
公式HPhttps://www.ubun.co.jp/base

Ubun BASEは、導入しているアカウントが1,000件以上を誇る、Amazon分析ツールです。本ツールでは、モニタリングやレポート送付機能が充実しているため、自社を正確に分析できます。モニタリング機能では、狙ったキーワードにおける自社商品の順位やレビュー数などを、1日単位で蓄積できます。

レポート送付機能では、自社の売上状況を毎週知らせてくれます。これらの機能を活用すれば、効果的な販売戦略を立案できるでしょう。売上を最大化されたい方は、Ubun BASEの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

8.AMZ Tracker

料金プラン・ベーシック$50/月または$500/年
・プロフェッショナル100/月または$1000/年
・達人200/月または$2000/年
・レジェンド400/月または$4000/年
主な機能・Amazon のキーワードトラッカー
・コンバージョン率の最適化
・ネガティブレビューアラート
・キーワードリサーチ機能
・競合分析
公式HPhttps://www.amztrackers.com/index_en.php

AMZトラッカーは、競合他社との差別化やコンバージョン率の最適化などの機能により、自社商品のランキングを向上させるツールです。また、悪質な評価を防ぐ機能も備わっています。そのため「低評価をつけられて商品ランキングが下がった」などのケースを避けられる可能性が高いです。

さらに、市場や競合他社の情報を正確に抽出できます。

以上のことからAMZ Trackerは、自社商品の販売戦略を活性化してくれるツールでもあります。

9.SellerBoard

料金プラン・スタンダード$15/月または$179/年
・プロ$23/月または$279/年
・ビジネス$31/月または$369/年
・法人$63/月または$759/年
主な機能・在庫管理
・レビューリクエスト
・PPCの最適化
・変更アラートのリスト表示
公式HPhttps://sellerboard.com/

SellerBoardでは、損益や広告費用などを可視化して、売上管理の手間を省けます。具体的には、Amazon手数料や広告費用、固定費などをダッシュボードに記録できます。また、カスタマイズ可能なチャートにより、利益や返品コストなどのKPIの分析が可能です。

KPIを分析することで、企業の目標や戦略がどの程度実現されているかを把握できます。売上管理の手間を省き、なおかつKPIの分析もできるため、業務の効率化を図れるでしょう。

10.Jungle Scout

料金プラン・Basicプラン$49/月または$349/年
・Suiteプラン$69/月または$589/年
・Professionalプラン$129/月または$999/年
主な機能・製品データベース
・製品トラッカー
・在庫マネージャー
・キーワードスカウト
・ランクトラッカー
・レビューリクエスト
・販売分析
公式HPhttps://www.junglescout.com/t/home/

Jungle Scoutは、商品のパフォーマンスを分析できるツールです。商品の平均売上や収益、ランキングなどの指標をリアルタイムで把握できます。また、特定の商品をグループ化してツール上にまとめられるため、商品管理に費やす手間が省けます。

加えて、在庫や販売数、ランキングなどをグラフで表示可能です。商品情報をグラフで可視化することで、商品のパフォーマンスの分析も捗ります。さらに、抽出したデータはCSVファイルでダウンロード可能です。

Amazon分析ツール使う2つのメリット

Amazon解析ツール使う2つのメリットをイメージできる画像

Amazon分析ツールを使うメリットは、次の2つです。

  • 売上の増加
  • コストの削減

それぞれ解説します。

売上の増加

Amazon分析ツールを利用することで、自社商品の売上やトラフィックなどを正確に把握できます。分析ツールで得られる情報は定量的なデータのため、精度の高い販売戦略を立案できます。結果として、売上の増加につながるでしょう。

コストの削減

分析ツールは、あらゆる業務を効率化できます。たとえば在庫管理。分析ツールには在庫の自動補充機能が導入されているものもあります、在庫の自動補充機能を活用すれば、品揃えを定期的に確認する必要はありません。つまり、商品の補充作業に時間を割く必要がありません。結果、コストの削減につながります。

このように、Amazon分析ツールを利用すれば、在庫管理1つとってもコストを削減できます。利用する機能が多いほど、運営に必要な時間は減るでしょう。

Amazon事業を活性化させるならコンサルティングや代行もおすすめ

Amazon事業を活性化させるならコンサルティングや代行もおすすめをイメージできる画像

本記事で紹介したツールは、自社や市場を分析するうえで有効なツールです。

しかし、ツールを利用したことのない方やはじめてAmazon出店する方からすると、ツールを使いこなすのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、コンサルティングや運用代行です。EC運用のプロが的確なアドバイスをくれたり、Amazon運用を代行してくれたりします。はじめてAmazon出店する方でも、コンサルティングや代行依頼すれば高い効果が期待できるでしょう。

Wacworksでは、Amazon運用のコンサルティングや運用代行などのサービスを提供しています。

コンサルティングでは、Amazon運用を熟知したコンサルタントによる的確なアドバイスを提供いたします。店舗ごとの課題に対して、現状分析したうえでのアドバイスが可能です。あなたの店舗に合わせた最適な戦略を策定いたします。

代行では、Amazon事業全体をサポートいたします。PDCAサイクルの高速化により、短期間で売上につながる体制を整えています。

Amazon売上を2倍にするならWacwarks
POINT実績豊富なプロがAmazonアルゴリズムをハックした戦略を提案します!

Wacwarksは過去EC業界でグロース実績のあるコンサルタントが集まるプロフェッショナル集団です。

Amazon SEO対策や広告運用など売上を伸ばすための戦略を策定し、事業計画〜KPI設定まで 落とし込んだうえで、優先度の高い施策を洗い出します。

ありふれた対策でなく、サイトごとに最適化された戦略を策定して、成果にコミットすることが特徴です。

詳細を公式HPでチェック!

まとめ

まとめをイメージできる画像

Amazon分析ツールには、商品リサーチツールや在庫管理ツールなど、さまざまな種類があります。いずれのツールも、市場を定量的に分析したり業務コストを削減したりなど、店舗運営に欠かせない機能を備えています。

Amazon分析ツールを利用することで、売上を増加させられるでしょう。Amazon分析ツールの選び方がわからない方は、本記事で紹介したツールの導入を検討してみてください。

また、ツールを使いこなせるかわからない方は、弊社のコンサルティングや代行をご活用ください。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。