Amazon運用代行業者25選!メリット・デメリットも解説

楽天CPA広告の設定方法をイメージできる画像

「Amazonの運用方法がわからない」と悩まれている方もいるでしょう。

Amazonは、多くの企業が参入しており、ECサイトの中でも大規模な市場です。

そのため、運用ノウハウが少ない状態でAmazon市場に参入しても、思うような効果は得られないかもしれません。

そこで、Amazon運用代行業者がおすすめです。

業者は、Amazon運用に関するノウハウが豊富のため、新規参入した店舗の売上向上にも貢献してくれます。

しかし、Amazon運用代行業者の選び方やデメリットをおさえておかなければ、依頼しても満足できる結果にはつながらないでしょう。

そこで本記事では、おすすめのAmazon運用代行業者や選び方、メリット・デメリットなどを解説します。

本記事を読めば、自社に適したAmazon運用代行業者を見つけられるはずですので、ぜひ参考にしてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon運用代行とは 

Amazon運用代行とはをイメージできる写真

Amazon運用代行とは、Amazonでの店舗運営において、売上アップのための施策を代行するサービスです。具体的には、市場分析や効果検証などの業務を代行してくれます。

また、Amazonは売上ランキングによって商品の露出順位が変動するため、ランキングを上げるための様々な工夫が必要となります。

しかし、Amazonにはコンサルティングサポートが設けられておらず、初めての出店企業にとっては難しいと感じるでしょう。

そのため、Amazonに新規参入するなら、運用代行業者に依頼するのが無難です。

Amazon運用代行で依頼できる項目は11個ある

Amazon運用代行業者に依頼できる項目をイメージできる写真

Amazon運用代行で依頼できる項目を解説します。

Amazonストアの作成

Amazonストアとは、自社商品を専用のページで販売できる機能です。他にも、商品ページと呼ばれる機能があり、これは他の事業者と商品を共通して展開します。つまり、Amazonストアは差別化を図るうえで大切な機能です。

運用を代行してもらえれば、効果的な差別化を図れたAmazonストアを作成してもらえるでしょう。

SEO対策

SEO対策とは、検索結果で上位表示させるための施策を指します。つまり、AmazonのSEO対策をおこなうことで、検索ページに自社商品を表示させやすくなります。Amazon運用代行業者にSEO対策を依頼すれば、さらなる売り上げ率の向上が期待できるでしょう。

商品の登録および入れ替え

Amazon運用代行業者では、商品の登録および入れ替え作業も対応してくれます。商品数が多かったり入れ替えが激しかったりする店舗は、Amazon運用代行業者を活用することで、工数を大きく削減できるでしょう。

商品ページの作成

商品ページの魅力度で、見込み顧客の購買意欲が異なります。魅力的であれば、購入ボタンをスムーズに押してもらえるでしょう。一方で、魅力的でなければ、商品ページまでたどり着いた見込み顧客を逃しかねません。

Amazon運用代行業者に商品ページの作成を依頼すれば、魅力的なコンテンツに仕上げてくれるでしょう。

商品画像の作成

Amazonの商品画像には「販売品のみ写す」「いずれかの幅が1,000ピクセル以上」などの細かいルールが設けられています。ルールを守らていない商品画像を利用すれば、検索結果から外されたり出品が禁止されたりします。Amazon運用代行業者は、細かな規定も把握しているため、安心して依頼できます。

売り上げ分析

売り上げを分析することで、自社商品の市場ニーズや傾向を把握できるため、戦略が立てやすくなります。しかし、商品ごとに施策が必要なAmazonでは、売り上げ分析をどのように活かせばいいかわからない企業も多いはずです。

Amazon運用代行業者によっては、売り上げ分析の結果による施策を立案してくれます。Amazonに新規参入する企業は、運用代行業者を活用するのが好ましいでしょう。

競合分析

似たような用途の商品が出回っている現代では、いかに競合と差別化を図るかが大切です。そのため、市場で勝ち抜くためには競合分析が欠かせません。しかし、他のオンラインストアとは異なり、Amazonは商品単位で施策が必要です。そのため、競合分析や施策の立案に時間がかかるでしょう。

競合分析にも対応してくれるAmazon運用代行業者に依頼すれば、社内コストを削減できます。

Amazon内イベントの運用

Amazonでは、定期的に次のようなイベントが開催されます。

  • プライムデー
  • ブラックフライデー

これらのイベントでは、大幅な割引セールが実施されるため、Amazon市場の回転率が高まります。しかし、イベント時に適切な施策や戦略を立てられなければ、自社の売上率は普段と変わらないでしょう。

Amazon運用代行業者は、イベント時の施策や戦略のノウハウも蓄積されているため、売り上げアップに貢献してくれるはずです。

広告運用

Amazonが用意している広告には、次のような種類があります。

  • スポンサープロダクト広告
  • スポンサーディスプレイ広告

Amazon運用代行業者は、効果的な広告の施策を理解しています。そのため、広告運用の代行を依頼すれば、より売上アップを見込めるでしょう。

ただし、広告運用の代行費用は20万円以上するケースが多いため、依頼するかは慎重に決める必要があります。

転売対策

転売で安く出されると、自社の商品が購入されにくくなるデメリットが発生します。とくに、転売業者に目をつけられれば、自社の利益が大きく低下する恐れがあります。

しかし、Amazon運用代行業者によっては、土日夜間の監視体制を整えた転売対策も行っています。そのような業者に依頼すれば「転売で安く出される」などのデメリットはカバーできるでしょう。

コンサルティング

Amazon運用代行業者によっては、コンサルティングにも対応しています。将来的に、社内でAmazon運用を考えている方は、コンサルティングの活用を検討してもいいでしょう。

経験豊富な代行業者のコンサルティングを受ければ、豊富な知識を社内に蓄積できます。

Amazon運用代行の3つのメリット

メリットをイメージできる写真

Amazon運用代行のメリットは、次の3つです。

  • 収益の向上
  • 社内コストの削減
  • 運用リスクの低減

それぞれ解説します。

Amazon運用代行のメリット1.収益の向上

Amazon運用代行業者は、豊富な経験と知識を持っているため、優れた販売戦略の立案が可能です。また、新規参入に特化した施策も提供できます。これにより、Amazon運用代行を利用することで、収益の向上が期待できます。

Amazon運用代行のメリット2.社内コストの削減

Amazon運用には専門知識が必要です。社内での知識習得には時間や人員の育成コストがかかりますが、Amazon運用代行業者は、アカウント作成から施策の立案までを一括で行ってくれます。

そのため、社内リソースを割く必要がなく、コストの削減につながります。

Amazon運用代行のメリット3.運用リスクの低減

Amazonの規約違反に触れると、出店禁止などの厳しいペナルティが課せられます。Amazon運用代行業者は、Amazonの規約を熟知しており、自社で運用するよりもリスクを低減できます。

逆に、社内技術が少ない状態でAmazonアカウントを運用すると、規約違反に触れる可能性が高くなるでしょう。

Amazon運用代行の3つのデメリット

デメリットをイメージできる写真

Amazon運用代行のデメリットは、次の3つです。

  • 社内技術が蓄積されにくい
  • 費用がかかる
  • ブランドイメージが損失される可能性がある

それぞれ解説します。

Amazon運用代行のデメリット1.社内技術が蓄積されにくい

Amazon運用をすべて委託すると、社内技術の蓄積が難しくなります。これによって、自社の技術力の向上が見込めなくなる可能性があります。

しかし、短期的なAmazon運用にフォーカスする場合は、社内技術の蓄積にこだわらないことも選択肢の一つです。長期的な視点で考える場合は、Amazon運用代行のコンサルティングサービスを活用して、社内での技術力向上につなげるのも可能です。

Amazon運用代行のデメリット2.費用がかかる

Amazon運用代行会社に業務を委託する場合、一定の費用がかかります。そのため、自社で業務を担当する場合よりも、費用が高くなることがあります。とくに、小規模な企業や個人事業主の場合、費用の負担が大きくなる可能性があります。

しかし、Amazon運用代行を利用することで、スムーズな収益化につながるケースがあります。取り扱う商品が魅力的であれば、依頼費用を収益で回収できるでしょう。

Amazon運用代行のデメリット3.ブランドイメージが損失される可能性がある

Amazon運用代行には、顧客とのやり取りも含まれるケースがあります。やり取りが丁寧でなければ、商品に悪評をつけられる可能性があるでしょう。当然ながら、ブランドイメージの損失につながります。

そのため、信頼できる会社を選ぶか、顧客とのやり取りは社内で行うか選ぶ必要があるでしょう。Amazon運用をすべて任せるのにはデメリットもあるため、適切な判断のうえで、業務を委託しましょう。

Amazon運用代行業者の4つの選び方

業者の選び方をイメージできる写真

Amazon運用代行業者の選び方は、次の4つです。

  • 実績や評判
  • サービス内容
  • サポート体制
  • 依頼料

それぞれ解説します。

Amazon運用代行業者の選び方1.実績や評判

信頼できる代行業者を選ぶには、実績や評判を確認するのが大切です。具体的には、次のポイントを確認しましょう。

  • 過去にどのような商品を取り扱ってきたか
  • 顧客満足度が高いか

上記を確認するには、代行業者の公式HPや口コミなどを調べるのがおすすめです。

運用する商品と同じものを取り扱っている業者であれば、商品特有のノウハウを有しているはずなので、高い効果が期待できます。また、口コミが良ければ、安心して依頼できるでしょう。

費用の安さにとらわれず、実績や評判を重視して業者を選ぶことで、満足できる結果が期待できます。

Amazon運用代行業者の選び方2.サービス内容

Amazon運用代行業者を選ぶ際には、サービス内容にも注目することが重要です。代行業者のサービス内容には、次のようなものがあります。

  • 商品登録や出品、在庫管理の代行
  • 商品の価格設定やプロモーション戦略の提案
  • 注文処理や配送、返品処理の代行顧客
  • 対応や問い合わせ対応の代行
  • レポート作成や分析の提供

自社のニーズに合わせて、必要なサービスを提供しているかどうかを確認するのが大切です。

社内ノウハウが蓄積されていない場合は、Amazon運用をすべて任せられる業者を選ぶのがおすすめです。

Amazon運用代行業者の選び方3.サポート体制

はじめてAmazon運用代行業者に依頼する場合、運用の進め方に不安を感じるはずです。不安を解消するためには、サポート体制も重視しましょう。

たとえば、代行業者とのコミュニケーション手段です。Amazon運用の知識がない方は、来社やZoomのようなリアルタイムでのサポート体制を設けている業者を選ぶのがおすすめです。

また、Amazon運用代行を依頼する際のレスポンスの良さも確認しておきましょう。レスポンスが良ければ、依頼後もコンスタントなやり取りが期待できます。

Amazon運用代行業者の選び方4.依頼料

Amazon運用代行業者を選ぶ際には、依頼料にも注目することが重要です。依頼料は、基本的に固定報酬+成果報酬の仕組みが採用されています。そのうえで、細かな料金設定は業者ごとに異なります。

実際、5万円で依頼できる業者もあれば、20万円以上必要なケースも。自社の規模に見合った費用を設定している業者に依頼すれば、満足できるサービスを受けられるでしょう。

おすすめのAmazon運用代行業者25選

おすすめ業者を紹介していることをイメージできる写真

おすすめのAmazon運用代行業者を、次の25選ご紹介します。

  • 株式会社Wacworks(ワックワークス)
  • 株式会社いつも
  • 株式会社arounds
  • 株式会社ネットショップ総研
  • アグザルファ株式会社
  • トゥルーコンサルティング株式会社
  • 株式会社サイバーレコード
  • NE株式会社(旧Hameeコンサルティング株式会社)
  • 株式会社そばに
  • 株式会社スタイリスト
  • サヴァリ株式会社
  • 株式会社ワンプルーフ
  • 株式会社アイズプランニング
  • 株式会社REALMS
  • 株式会社ウィズワーク(withwork)
  • Sales Doctor(株式会社ウェルボン)
  • 株式会社ココラブル
  • 株式会社ピュアフラット
  • 株式会社Proteinum(プロテーナム)
  • 株式会社CRB
  • 株式会社YUGETA ECコンサルティング
  • しるし株式会社
  • 株式会社ザーナス
  • 株式会社idiom
  • AnyMind Group株式会社

それぞれ特徴をおさえれば、自社に適した業者を選べるでしょう。

株式会社Wacworks(ワックワークス)

株式会社Wacworksは、ECサイトのコンサルティング・運営代行会社です。楽天・amazon・yahooを軸としたECモールの運営代行・コンサルティングから、ECサイトの作成、専門知識の必要な越境サイトの運営まで幅広く対応しているのが特徴です。

また、通り一遍のサイト改修コンサルティングを行うのではなく、各業種・取り扱う製品の特性などから各クライアントに合ったオリジナルでカスタマイズされた提案を行い、伴奏しながら売上の向上を目指す姿勢も特徴と言えるのではないでしょうか。

また、実績も豊富で自社EC運営をしていることも強みで、PDCAを回し常に新しい情報を取得しています。その中から、厳選されたトピックをクライアントのサイトへも落とし込むことで再現性の高い施策の実施が実現できているようです。

株式会社いつも

株式会社いつもは、EC運営に特化した運用代行・コンサルティング企業です。16年にわたり、11,000件以上の実績を誇ります。

また、200名以上の専門スタッフから自社に応じた適切な人員をアサインしてくれるため、最適なサポートを受けられます。

運用代行では、商品登録や在庫管理、注文処理などの業務を全面的に代行可能です。コンサルティングでは、売上アップのための戦略立案や、マーケティング支援など多面的にサポートしてくれます。

打ち合わせは来社でも可能なので、Amazon運用代行業者をはじめて利用する方でも安心です。

株式会社arounds

株式会社aroundsは、ECサイトの運営代行に特化した業者。500社以上の実績があり、継続契約しているクライアントが91%と、高い信頼性が特徴です。

また、デザインやシステム面などの各分野から専門スタッフをアサインし、自社に専属チームをつけてビジネスをサポートしてくれます。さらには、アクセス解析のヒートマップの無料提案も用意されています。

費用も月額20万円からの固定性や成果報酬などが用意されているため、自社のニーズに合わせた代行が可能です。

株式会社ネットショップ総研

株式会社ネットショップ総研は、Amazon運営代行やコンサルティングなどを手がける業者です。楽天市場でMVP7回受賞という実績を誇ります。

また、過去10年以上の豊富な販売データベースの蓄積により、タイミングに応じた適切な施策を打てるのが強みです。

支払いは売上に比例して変動するため、リスクを抑えながらAmazon運用代行を依頼できます。

アグザルファ株式会社

株式会社アグザルファは、ECサイトのコンサルティングをメインに行っている企業です。代表は元Amazon社員であり、在籍中には5期連続でトップセールスを獲得するほどの豊富な経験と実績を持っています。

実際、アグザルファ株式会社のクライアントは「Amazonマケプレアワード」や「Amazon出品者アワード2021」などを受賞しています。元Amazon社員の豊富な経験や知識が垣間見れた瞬間といえるでしょう。

また、海外販売サポートにも対応しているため、グローバル展開を検討している企業でも満足できるサービスを受けられます。

なお、運用代行費は、企業規模によって月額78,000円からのプランを用意しています。コンサルティングは98,000円から依頼可能です。行っています。

トゥルーコンサルティング株式会社

トゥルーコンサルティング株式会社は、コンサルティングに特化した企業です。1000社以上のコンサルティング実績を誇ります。社内に培われたノウハウにより、自社の店舗に応じて効果的な施策を提案してくれます。

また、月3社まで、無料の経営相談を受け付けているのも特徴です。さらには、EC・通販の業績アップ資料の無料配布も行っています。コンサルティングをはじめて依頼する方は、まずは無料のサービスから試してみるのもいいでしょう。

なお、コンサルティング費用は月額270,000(税込)のプランから用意されています。

株式会社サイバーレコード

株式会社サイバーレコードは、Amazonの提携パートナー企業として、運営代行をメインに手がけている会社です。最大の強みは、良質な施策を打てることでしょう。

実際、株式会社サイバーレコードの取引企業の中には、昨年対比売り上げ800%を達成した事例もあります。また、コンサルティング担当が1年間つくため、自社ならではの手厚いサポートも受けられます。

さらに、月商売上ごとに、費用が明確に分けられているのも良心的です。月商100万円以下の場合は、月額150,000円から代行を受けられます。月商が100万円以上であれば、売上の15%の料金体系です。

NE株式会社(旧Hameeコンサルティング株式会社)

NE株式会社(旧Hameeコンサルティング株式会社)は、Amazon運用代行とコンサルティングの両方に対応しています。また、Hameeコンサルティングは「EC支援企業のBEST100」のECコンサルティング部門で受賞致しました。

ECコンサルティングの利用検討の場合のみですが、コンサルティングの無料お試し期間が設けられているため、安心してサービスを試せます。無料期間中にアドバイスを受けることで、自社の課題を把握し、より効率的な運営方法を見つけるのも可能です。

成果報酬プランはなく、固定額のみの料金設定です。

株式会社そばに

株式会社そばには、Amazon運用代行とコンサルティングに対応しています。最大の魅力は、お手頃な価格でサービスを受けられることでしょう。

運用代行もコンサルティングも、月額50,000円からで依頼できます。また、より本格的なサービスを活用したい方のために、月額150,000円 のスタンダードブランも用意されています。

自社のニーズに合わせたプランを選択でき、リーズナブルな価格設定のため、良心的なサービスといえるでしょう。

株式会社スタイリスト

株式会社スタイリストは、Amazon運用代行やコンサルティングなどを手掛ける企業です。取引先の月商は最高で3億円という実績を持ち、モール年間大賞15部門に、5年連続で入賞しています。

さらに、契約継続率は業界でも高水準の95%。この背景には、社内で施策の立案からバックオフィス業務などの運用の完結により、スピーディーに対応できる点が挙げられます。

コンスタントに結果を出したい、という方は、株式会社スタイリストにAmazon運用代行を依頼するのも1つです。

サヴァリ株式会社

サヴァリ株式会社は、Amazon運営代行コンサルティングなどを提供している企業です。取引先企業の平均売上アップ率は240%(2021年12月)。顧客満足度も常時90%以上と高水準を誇ります。

また、元大手ECモールやネットショップ店長経験者などの知識が豊富なメンバーで構成されており、人材品質が高いのも特徴です。

なお、Amazon運営代行は150,000円から依頼できます。コンサルティングは100,000円からのプランが用意されています。

株式会社ワンプルーフ

株式会社ワンプルーフは、Amazon運用代行やコンサルティングなどをサポートしている企業です。取引企業は、6ヶ月で平均売上が200%もアップする実績を誇ります。

これは20名以上のチーム体制を持ち、ECノウハウを有するメンバーがチームを組んでビジネス支援に携わっているからこその結果でしょう。

売上アップに直結する効果的な支援を提供し、クライアントから信頼を得ている株式会社ワンプルーフは、EC事業の成功に欠かせないパートナーとして注目されています。

株式会社アイズプランニング

株式会社アイズプランニングは、ECビジネスに特化した運用代行サービスを提供しています。費用が良心的で、初めてAmazon出店する方でも安心して依頼できるのが特徴です。

具体的には、50,000万円+インセンティブ10%で委託が可能です。さらに、発送代行のみにも対応しており、送料も430円からと業界最安値です。これにより、業務の効率化やコスト削減に繋がります。

Amazon運用業務の一部(発送代行)のみ依頼したい、という企業にも、株式会社アイズプランニングはおすすめです。

株式会社REALMS

株式会社REALMSは、Amazon運用代行やコンサルティングなどを提供している企業です。300社以上の取引実績を誇ります。

特徴は、独自開発のAI技術を使って、業務の効率化に取り組んでいることです。これにより、新規出店者を月商5,000万円に導いた実績があります。0から月商5,000万円に成長させたことから、社内ノウハウの信頼性が高いことがわかります。

また、スポットコンサルにも対応しており、1時間あたり250,000円(税込)で専門家のアドバイスを受けるられるのです。

すでにAmazonで店舗を構えている方にも、株式会社REALMSはおすすめです。

株式会社ウィズワーク(withwork)

株式会社ウィズワークは、プライム上場企業「クロス・マーケティング」グループのグループ会社です。

クロスマーケティングでのリサーチ経験で培った顧客理解力と、市場分析ノウハウをもつメンバーが、経験と勘に頼らない意思決定を後押ししてくれるでしょう。

また、ウィズワークではどの課題に対して具体的にどういった対応を行っていくのかをしっかり共有してくれるので、改善を実感しやすいでしょう。

Amazon対応のプランがあるので、気になる方は株式会社ウィズワークに問い合わせてみましょう。

Sales Doctor(株式会社ウェルボン)

Sales Doctor(セールスドクター)の株式会社ウェルボンは、マーケティング支援事業に特化したサービス提供が特徴です。Amazonサービスパートナー登録済み企業なので、本物のサービス提供が可能でしょう。

セールスドクターは、コンテンツ制作・ページ運用・広告運用・分析からレポート作成まで幅広いSNSマーケティング活動を支援してくれます。また、各SNSの特徴を把握しながらの顧客アプローチが得意です。

料金はプランが3つあります。

  • 運用相談プラン(初心者向け):月額30,000円~
  • 運用代行プラン(一番人気):月額100,000円~
  • コンサルティングプラン(自走を見据えた提案):月額150,000円~

プランの詳細が気になる方は、株式会社ウェルボンに問い合わせてみましょう。

株式会社ココラブル

株式会社ココラブルは、ネットマーケティングのノウハウを使って様々な事業を創っている会社です。

特長は、Amazon販売で作り上げた独自のメソッドで、Amazonでの販売を最大化が可能なところです。本場アメリカのAmazonで年商4億円を達成した最強のチームが、売上拡大を強力にサポートしてくれます。

株式会社ココラブルが気になる方は、是非問い合わせしてみてください。

株式会社ピュアフラット

株式会社ピュアフラットは、Webに特化したマーケティング会社です。

売上拡大に向けて、集客からサイト構築まで一気通貫でのサポートをしてくれるのが特徴です。各専門分野ごとに、専任の専門家が対応してくれます。

ピュアフラットのAmazonコンサルティングは、効率的かつ短期間で売上アップに導いてくれるでしょう。

取り扱い商品や成果目標によって、予算が変わります。契約するまでは一切費用がかからないので、まずは無料診断をおすすめします。

株式会社Proteinum

株式会社Proteinumは、経営コンサル、楽天、Amazonブランド出身者によって構成される、EC事業に特化したコンサルティング会社です。

株式会社Proteinumの強みは、戦略策定から実行まで、幅広い知識と経験を持つ専門家がビジネス支援してくれるところです。

自社の現状分析からサービスの提案をしてくれるので、気になる方は問い合わせてみましょう。

株式会社CRB

株式会社CRBは、社会を良くするために、困難なビジョンやパーパスを掲げた中小ベンチャー(チームや個人)を応援してくれます。日本経済を支える数多くの中小企業を応援する日本一の会社になるべく、定量目標として、常時10万社支援を目指している会社です。

株式会社CRBは、レポート・打ち合わせ・課題だし・解決策に至るまでのPDCAを踏まえた提案で、自社の利益の最大化を推進してくれるでしょう。

Amazon運用についてお悩みの方は、一度問い合わせしてみてはいかがでしょう?

株式会社YUGETA ECコンサルティング

株式会社YUGETA ECコンサルティングは、楽天市場の実力派ECコンサルですが、Amazonにも対応しています。

課題抽出からコンサルティングまで、全てを専任担当者が行います。また、約20名のECコンサルタントは合計3,000社ほどのECコンサル経験を持つツワモノ揃いです。自社の状況に合わせた最適な改善方法を、経験に基づいて提供してくれるでしょう。

株式会社YUGETA ECコンサルティングは、契約料はこちらが決め、その金額に応じて提供するサービスの量を調整するスタイルです。初期費用や解約金額はなく、契約料の平均は30万円ほどです。

しるし株式会社

しるし株式会社は、テクノロジーを活用したEC/CRMの事業代行サービスを提供しています。売上200億円を超える超有名ブランドやD2C上場企業ブランド、大手商社出資ブランド、超有名インフルエンサープロデュースブランドなどへのサービス提供を行っています。

ブランドのグロースパートナーとして、ECモールにおける売上目標設定〜戦略立案〜実行、データ分析ダッシュボードの提供まで、一気通貫したサービスとしての提案が可能です。

しるし株式会社が気になった方は、詳しいサービス内容や料金を問い合わせしてみましょう。

株式会社ザーナス

株式会社ザーナスは、大手企業から個人事業主まで、幅広くサポートしてくれます。売上が向上したクライアントは93%(2023年3月時点)で、その確かな実績が高く評価され、多くの企業からコマースパートナーとして正式な認定をされています。

また、スタッフ全員が「ネットショップ実務士」、「通販エキスパート」、「WEB解析士」などの有資格者であり、楽天などのネットショップ店長経験者でもあるので、自社の状況に合わせた最適解を提供してくれるでしょう。

ミクロ心理学を応用した独自のメソッドでEC運営を行っているので、他社とは一線を画すサービスを提供してくれます。

料金プランは以下の3つです。

  • ライトプラン ¥107,800~
  • スタンダードプラン ¥250,800~
  • フルサポートプラン ¥437,800~

その他、要望に沿ったオーダーメイドプランの対応が可能です。詳しく知りたい方は無料相談で株式会社ザーナスに相談してみましょう。

株式会社idiom

株式会社idiomは、ネットショップの運営をまるごと委託出来る「完全成果報酬型EC運営代行サービス」を提供しています。その他にも、売り上げ向上や店舗構築、バックオフィス代行等の各分野に特化したサービスを展開しています。

ショップ構築、販促、受注処理から出荷作業まで、ネットショップにまつわるすべての業務を委託できますよ。

また、蓄積されたノウハウに基づき、商品ジャンル毎に最適な運営が可能です。チーム体制での運用により、業務毎のプロフェッショナルがショップを運営してくれます。

売上に対して手数料を設定する「成果報酬型」のため、赤字化リスクがないのが魅力ですね。

AnyMind Group株式会社

AnyMind Group株式会社は、Webメディアやアプリを運営するパブリッシャーとクリエイター向けに、自社プラットフォームを活用した収益化及びブランド成長に向けた支援サービスを提供しています。

また、各国・地域拠点の現地メンバーが、現地の文化や商習慣に合わせた言語翻訳・バナー作成・広告配信を実施してくれます。現地事情にあった越境EC展開を力強くサポートしてくれるでしょう。

自社ECサイトの構築・運用からモール出店・運用を総合的に支援するほか、当社の提供するソフトウェアを活用したサイト改善やトラフィック分析、生産、物流までをシームレスに連携させることでECサイトの成長を一貫支援してくれますよ。

Amazon運用代行の費用相場

費用相場をイメージできる写真

Amazon運用代行の費用相場は、次の報酬形態により異なります。

  • 固定報酬
  • 成果報酬

それぞれ解説します。

固定報酬の目安

固定報酬の目安は、10万円〜50万円といわれています。基本的に、サービス内容が充実しているほど費用が高くなります。そのため、代行費用が50万円を超えるケースも珍しくありません。

成果報酬の目安

成果報酬の目安は10%〜20%といわれています。高いと感じる方もいるでしょう。

しかし、Amazon運用代行業者の豊富な知識や経験を自店舗に反映させられると考えれば、成果報酬の目安は妥当といえます。

まとめ

売上アップをイメージできる写真

Amazon運用代行業者とは、Amazon運用に必要なサービスを代行してくれる企業です。豊富な知識や経験による施策は、自社を売上アップに導いてくれるでしょう。

ただし代行業者を選ぶ際は、実績や評判、サポート体制などを確認しておきましょう。慎重に選ぶことで、満足できる結果につながりやすくなります。

Amazon運用代行業者を選ぶのに迷われている方は、本記事で紹介した企業がおすすめです。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。