【厳選】楽天の運用代行に失敗しないためには?運用代行を依頼すべき企業20選

「楽天の運用代行を依頼したいが、信頼すべき企業の選び方がわからない」。こういった問題を抱えている方も多いのではないでしょうか?実はECサイトを運営代行サービスが増えている一方で、企業選びに迷ってしまう方が増えていることも事実です。

そしてこの記事では、楽天の運用代行を依頼すべき企業の選び方をわかりやすく解説していきます。おすすめできる企業だけでなく、信頼できる企業がもつ特徴や依頼者が取るべきアクションといった情報をしっかりと把握しておきましょう。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

楽天の運営代行を依頼すべき企業だけがもつ5つの特徴

楽天の運営代行を依頼すべき企業だけがもつ5つの特徴をイメージできる写真

まずは楽天の運用代行を依頼すべき、信頼できる企業がもつ特徴を紹介していきます。「過去の実績を明確にしているか?」、「明確な強みがあるか?」といった指標を設け、適切な企業選びを実践していきましょう。

特徴1、過去の実績を明確にしている

楽天の運用代行を依頼すべき企業がもつ1つ目の特徴が、「過去の実績を明確にしている」というものです。依頼する企業を絞り込む際は、公式サイトの取引実績や受賞経歴を確認することから始めてみましょう。

また、ある程度の候補リストまでの絞り込みが完了したら、どの企業からの評価を得ているのか、実績の算出方法や出典元の確認しておくことも重要です。「すべての企業を疑うべき」と断言するわけではありませんが、評価した企業や実績の算出方法を確認することで信頼すべき理由を明確にすることができます。

特徴2、明確な強みがある

また「明確な強みがある」ことも、運用を依頼すべき企業がもつ特徴の1つです。ECの運用代行を模索している方は、運用だけでなくページデザインにも対応している、楽天に特化したサービスを展開しているといった企業ごとの強みを確認してみましょう。

ちなみに楽天をはじめとした、ECサイトの運営業務は以下の2パターンに分類されます。

  • フロントエンド業務:企画業務や仕入れ、ECサイト制作などの集客を目的とする業務。フロントエンド業務に力をいれることで、信頼を獲得し収益化するサイクルを早期に構築可能。
  • バックエンド業務:情報登録や受注管理業務、在庫管理業務といった発注に伴う実業務。発注が安定し、取引量が増加するフェーズにある企業が必要とし、ミスをおかすリスクを軽減できる

特徴3、運用代行の目的を明確にしてくれる

楽天ECの運用代行を依頼すべき企業がもつ3つ目の特徴が、「運用の目的を明確にしてくれる」というものです。実は運用代行をおこなう企業には、コンサルティング系と運営代行系の2タイプしかありません。それぞれの特徴は次のとおりです。

  • コンサルティング系:出店やプロモーションのコンサルティングのみを担当。実運用は依頼企業がおこなうため、運営代行系よりも費用を抑えられる
  • 運営代行系:楽天ECの運営に関するすべての業務を代行。費用が高くなる傾向にあるものの、コンサルティングを含んだ全業務を依頼できるケースもある。

また、自社のニーズがわからない場合は、特徴1の過去の実績を明確にしている企業に相談してみましょう。優れた担当者であれば、企業の体制が不明確であることを理解し、適切な回答をくれるはずです。

特徴4、新たなトレンドを抑えている

楽天ECでの運用代行を依頼すべき企業には、「新たな特徴を抑えている」という特徴もあります。ECに限ったことではありませんが、昨今のデジタル化により情報拡散のスピードが上がり、これまでに通用していたノウハウが通用しなくなるケースも珍しくありません。

また、数あるECサイトのなかでも楽天は商品ページデザインの自由度が高く、集客したユーザーを逃さないページづくりにはそれなりのノウハウが求められます。そのため、新たなトレンドを抑え、楽天ECに対応した施策に反映できる企業であるかどうも確認しておきたいポイントです。

特徴5、明瞭な料金体系を用意している

言わずもがなではありますが、「明瞭な料金体系を用意している」ことも信頼すべき企業がもつ特徴の1つです。楽天の運用代行を検討している企業の多くが、「コストを抑えたい」と考えていますが、コストは企業を選定する指標の1つに過ぎない点には注意が必要です。

そのため、コストの工程ではなく、わかりやすい料金体系を設けているかをチェックしておきましょう。結果を得る対価がコストであることを念頭におくことで、企業選びに失敗するという最大のリスクを軽減できるはずです。

楽天の運用代行を依頼すべきおすすめの企業20選

楽天の運用代行を依頼すべきおすすめの企業20選をイメージできる写真

ここからは楽天の運用を依頼する際に、候補に挙げるべき企業を20社紹介していきます。楽天の運用代行サービスを提供する企業が増加傾向にある昨今ですが、本当に実力のある会社はそう多くありません。今回ご紹介する企業から、プロモーションやキャンペーンのうち方など、自社の課題に即した企業選びをおこないましょう。

楽天の運用代行でおすすめの企業を、3つに分けて計20社ご紹介します。1社だけは番外編としてデザイン制作会社を入れています。

  • コンサル&運用代行系(17社)
  • コンサル系(2社)
  • 【番外編】楽天特化デザイン制作会社(1社)

コンサル&運用代行系17社

まずはコンサル&運用代行系17社のご紹介です。

  • 株式会社Wacworks
  • 株式会社いつも
  • 株式会社ネットショップ総研
  • 株式会社Proteinum
  • ファイブスプリングス
  • ベイクロスマーケティング株式会社
  • 株式会社YUGETA ECコンサルティング
  • 株式会社idiom
  • サヴァリ株式会社
  • 株式会社ワンプルーフ
  • 株式会社ALL WEB CONSULTING
  • STARONLINE合同会社
  • 株式会社ロルエージェント
  • アートトレーディング株式会社
  • コマースメディア株式会社
  • 株式会社ネットショップスタジオ

株式会社Wacworks【コンサル&運用代行系企業1】

株式会社Wacworks」は、楽天の運用代行依頼を検討に適している企業の1つです。物品の企画、製造、販売及び輸出入からECサイト/webサイトの構築、運用・コンサルティングまで幅広い業務でワンストップでサービスを展開しています。特にEC、D2C事業の2分野においては、「集客から売上をアップさせる施策」に高い定評のある企業です。相談した段階でサイト制作や広告運用の方法など、より実践的なアドバイスを得られるでしょう。

また、自社でECサイトを展開し、新鮮な情報を取り入れ、日々検証を繰り返しノウハウを蓄積しているため通り一辺倒の運用・コンサルティングではなく、実践的かつ確実性の高い方向性へ導いてくれるのではないでしょうか。

  • 会社名:株式会社Wacworks
  • 住所:東京都渋谷区神宮前6丁目23番4号 桑野ビル2階
  • 業務内容: ECサイトの制作及びコンサルティング・運営サポート、ホームページの制作及びコンサルティング・運営サポート、WEBシステムの構築及び運用サポート、SNSに関するコンサルティング及び運用サポートなど

株式会社いつも【コンサル&運用代行系企業2】

楽天の運用代行を依頼すべき、2番目の企業が「株式会社いつも」です。株式会社いつもはこれまでに12,000件以上の業務実績をもち、その数は業界トップクラスです。楽天市場だけでなく、amazonやYahoo! ショッピングなど、多種多様なECサイト運用サービスを提供しています。

株式会社いつもの最大の特徴は、企業がもつニーズごとにフルカスタムされたサービスを提供している点にあります。「楽天市場に特化した企業に依頼すべき」といった声があることも事実ですが、楽天EC以外の手法を試したい企業には株式会社いつものような会社がおすすめです。

  • 会社名:株式会社いつも
  • 所在地:東京都千代田区有楽町1−12−1新有楽町ビル7F
  • 事業内容:全国のブランドメーカーを対象としたEC・D2Cの総合支援

株式会社ネットショップ総研【コンサル&運用代行系企業3】

楽天の運用代行を依頼すべき3番目の企業が、「株式会社ネットショップ総研」です。ネットショップ総研はこれまでに、楽天ジャンルMVPやヤフーショッピングベストストアといった華々しい受賞歴をもつ企業です。

またECサイトの運用代行だけでなく、コンサルティングやサイト分析といったサービスを提供している点も株式会社ネットショップ総研の特徴です。ネットショップ総研であれば、これまでに積み上げた1,000以上のモデルを元に、戦略の立案をしてくれるでしょう。

  • 会社名:株式会社ネットショップ総研
  • 所在地:東京都中野区本町1−32−2ハーモニータワー17F
  • 業務内容:ネットショップ認定講座運営、ネットショップ運営代行、ネットショップコンサルタント、EC人材研修・育成プログラム提供

株式会社Proteinum【コンサル&運用代行系企業4】

4番目におすすめする、楽天の運用代行企業が「株式会社Proteinum」です。Proteinumは、楽天出⾝者によって立ち上げられたコンサルティング会社であり、楽天市場では数百社以上のサポート実績を誇ります。

そんなProteinumの最大の特徴は、 戦略の検討から集客・受注までのサービスをワンストップで提供してる点にあります。これまでに紹介してきたフロント業務に特化しているため、「自身のある製品を多くのユーザーに届けたい」といった思いをもつ方々には特におすすめです。

  • 会社名:株式会社Proteinum
  • 所在地:東京都港区西新橋3-4-2ヤマキ第二ビル4F
  • 業務内容:ECコンサルティング事業、D2C事業

ファイブスプリングス【コンサル&運用代行系企業5】

5番目におすすめする楽天の運用代行企業が、「株式会社ファイブスプリングス」です。ファイブスプリングスの特徴は、プラットフォームを楽天とYahoo!ショッピングの2つのに絞り込み、それぞれの特性を把握した運用施策を提案してくれる点にあります。

運用代行でも高い実績を誇っており、バナーの制作や商品ページ編集といった業務を対象とするサービスも展開しています。広告の代行にも対応してくれるため、「なかなか手が回らない」という方にもおすすめです。

  • 会社名:株式会社ファイブスプリングス
  • 所在地:東京都中央区入船2-3-7 TSUKIJI EAST SQUARE 3階
  • 業務内容:ECコンサルティング、広告運用、制作代行、運営代行EC、担当者指導

ベイクロスマーケティング株式会社【コンサル&運用代行系企業6】

6番目におすすめする楽天の運用代行企業は、「ベイクロスマーケティング株式会社」です。ベイクロスマーケティングは、自社ECサイト、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのモール出店サイトの実績を元に、出店の環境に合わせた最適なEC戦略を提案してくれるのが特徴です。

また、現状分析、競合調査、コンテンツ拡充、集客施策など、多角的な視点からコンサルティングを行ってくれるのも特徴です。現状分析、集客、ECサイト改善、CRM施策によるリピーター育成まで、ワンストップで支援してくれるでしょう。

  • 会社名:ベイクロスマーケティング株式会社
  • 所在地:東京都渋谷区広尾5-19-10 WILL HAGIYA BUILDING 5F
  • 業務内容:Webマーケティング支援事業、Webサイト制作、運営支援事業ECサイト構築、運営支援事業システム開発、ネットワーク構築支援事業、ブランドマーケティング事業

株式会社YUGETA ECコンサルティング【コンサル&運用代行系企業7】

7番目におすすめする楽天の運用代行企業は、「株式会社YUGETA ECコンサルティング」です。YUGETA EC コンサルティングは、ネットショップ専門のコンサルティング会社です。これまでに多くのECサイトの立ち上げから、収益化するまでのコンサルティングを行ってきています。

また、課題抽出からコンサルティングまで、全てを専任担当者が行います。ECコンサルタントは全員数百社以上のECコンサル経験を持つツワモノ揃いなのです。状況に合わせた最適な改善方法を、経験に基づいて提供してくれるでしょう。

  • 会社名:株式会社YUGETA ECコンサルティング
  • 所在地:東京都新宿区西新宿六丁目15番1 セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿501
  • 業務内容:楽天・Yahoo!ショッピングその他ECサイトのコンサルティング、ネットショップ運営代行

株式会社idiom【コンサル&運用代行系企業8】

8番目におすすめする楽天の運用代行企業は、「株式会社idiom」です。idiomの特徴は、ネットショップの運営をまるごと委託出来る「完全成果報酬型 EC運営代行サービス」を提供しているところでしょう。その他にも、売り上げ向上や店舗構築、バックオフィス代行等の各分野に特化したサービスを展開しています。

豊富なEC運営経験で全ての要望に対応してくれるでしょう。また、売上に対して手数料を設定する成果報酬型なので、赤字化リスクはゼロです。契約の更新手数料等は一切発生しないので安心ですね。

  • 会社名:株式会社idiom
  • 所在地:東京都板橋区大山金井町56-1 5F
  • 業務内容:EC運営代行、ECサイト構築・制作、バックオフィス配送運営代行、ECコンサルティング、WEB/DTP/動画制作

サヴァリ株式会社【コンサル&運用代行系企業9】

9番目におすすめする楽天の運用代行企業は、「サヴァリ株式会社」です。サヴァリは、自社運営のECはもちろん、楽天市場、ヤフーショッピング、Amazon、Wowma!(ワウマ)まで、サヴァリが定めるEC成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートを提供してくれます。

また、ECサイトの売上を最大化させるための企画立案や集客・接客・増客に関するアドバイスを行ってくれます。ECに関するあらゆる施策に精通したコンサルタントが、店舗に最適な提案をしてくれるでしょう。

  • 会社名:サヴァリ株式会社
  • 所在地:東京都中央区東日本橋2-4-1 アドバンテージⅠビル 6階
  • 業務内容:ネットショップ・EC運営代行、ECコンサルティング、テスト販売プランWEB・ECサイト制作、動画制作・運用、SNS・PR・広告運用、ECシステム開発・運用、人材育成支援、越境EC支援

株式会社ワンプルーフ(One Proof)【コンサル&運用代行系企業10】

10番目におすすめする楽天の運用代行企業は、「株式会社ワンプルーフ」です。ワンプルーフの楽天運営代行サービスは、「売上・利益」を作る事に重きを置いた楽天コンサルティング+楽天運営に必要な実務作業を一貫して行うサービスです。

楽天市場、Yahoo!ショッピング、AmazonなどECショッピングモールに特化したECコンサルティングを得意にしています。実績は300社以上です。特に楽天市場やYahoo!ショッピングなど、ショッピングモール特有の販促施策やユーザー動向、イベントを熟知していなければ立案できない戦略や販促計画があるため、実績が多い弊社ならではのノウハウが提供可能です。
また、楽天市場やYahoo!ショッピングが提供していない広告における費用対効果や検証についても、分析し、選定、提案まで対応してくれるでしょう。

  • 会社名:株式会社ワンプルーフ
  • 所在地:東京都新宿区西新宿4-15-7 パシフィックマークス新宿パークサイド5階
  • 業務内容: ECフルフィルメントサービス・ブランドメーカーDtoC支援、ECトータルソリューション・EC事業部請負・ECコンサルティング、ウェブサイト・モバイルサイト・ECサイトの制作・運営代行、管理運用型・成果報酬型SEO対策サービス、通販EC事業者向けカスタマーサポート・受注代行、コールセンター・テレマーケティング、自治体向けふるさと納税サイト運用支援・ウェブマーケティング

株式会社ALL WEB CONSULTING【コンサル&運用代行系企業11】

11番目におすすめする楽天の運用代行企業は、「株式会社ALL WEB CONSULTING」です。ALL WEB CONSULTINGの特徴は、ECサイト・ネットショップ運営のプロが6か月で売れ続けるネットショップを作るビジネス設計からサイト制作、運用体制最適化までワンストップでサポートしてくれるところです。

また、ALL WEB CONSULTINGのECコンサルは、自社で自走できるところまでもっていくことを目的にしています。6か月で売れ続けるネットショップに生まれ変われるでしょう。

  • 会社名:株式会社ALL WEB CONSULTING
  • 所在地:東京本社 東京都港区南麻布3-4-5 エスセナーリオ南麻布203
  • 業務内容:ネットショップ支援、WEBマーケティング支援

STARONLINE合同会社【コンサル&運用代行系企業12】

12番目におすすめする楽天の運用代行企業は、「STARONLINE合同会社」です。STARONLINEは、ECと実店舗の売上を上げることに特化したコンサルティングエージェンシーです。

また、クライアント(事業会社)側に立ち、戦略立案・ ディレクションを行ってくれるでしょう。売上に直結しない広告や戦略立案は行いません。あらゆる手段を検討したのちに広告の提案を行います。

  • 会社名:STARONLINE合同会社
  • 所在地:東京都品川区中延
  • 業務内容:デジタル戦略立案、ECコンサルティング、分析・解析業務、広告代理店業務、広告、宣伝に関する企画および制作、広告に使用する販売促進物の制作、販売促進活動に関するコンサルティング・制作、Webサイトデザイン制作・運営

株式会社ロルエージェント【コンサル&運用代行系企業13】

13番目におすすめする楽天の運用代行企業は、「株式会社ロルエージェント」です。ロルエージェントは、店舗の取り扱い商材、価格、出店年数、会員数、予算、スタッフの習熟度等1つとして条件が同じ店舗は無い為、店舗それぞれにマッチした戦略を提案致してくれるでしょう。

また、運営に関する作業に勘してはロルエージェントで行い、施策提案や改善レポート等を提出してくれます。
月額費用、インセンティブは委託規模、初期売上によって変動致します。また、プランによって月に1~2回の訪問と報告会議を行います。

  • 会社名:株式会社ロルエージェント
  • 所在地:宮崎県都城市中町1街区7号 BTV IT産業ビル8階
  • 業務内容:ホームページの企画・設計・開発・販売・保守・運営及びコンサルティング、ウェブデザインほかインターネット関連のデザイン業務、マーケティングリサーチ業務、広告業及び広告代理店業、インターネットなどの電気通信情報網、カタログ、コールセンター等を利用した通信販売・卸・企画・制作並びに請負、代行セミナー、イベント等の企画・運営・講師及びコンサルティング

アートトレーディング株式会社(ART TRADING)【コンサル&運用代行系企業14】

14番目におすすめする楽天の運用代行企業は、「アートトレーディング株式会社」です。アートトレーディングの運営代行サービスは、二人三脚でECサイトのファンを増やす仕組みを構築し、売上を上げるということを目的にしたサービスです。

ただECサイトを作るだけでなくECについてクライアントと本気で向き合い、ワークや施策などに二人三脚で問題に取り組んでいくため、プロジェクトが終わる頃には社内に「売れ続けるためのチーム」が完成していることが目的なのです。

  • 会社名:アートトレーディング株式会社
  • 所在地:東京都豊島区東池袋1-18-1 Hareza Tower 20F
  • 業務内容:ECサイト制作、管理、運営代行、物流

コマースメディア株式会社(COMMERCE MEDIA)【コンサル&運用代行系企業15】

15番目におすすめする楽天の運用代行企業は、「コマースメディア株式会社」です。コマースメディアは、自社ECサイトだけでなく楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなど国内主要モールも合わせてコンサルティングを行っているため、EC事業を全体的にサポートすることが可能です。

また、あらゆるECサイトの運営経験者が集まっているので、コンサルティング領域以外でも様々な相談が可能です。EC事業の支援を包括的に行えることがコマースメディアの強みです。

  • 会社名:コマースメディア株式会社
  • 所在地:東京都豊島区南大塚3丁目44-11 フサカビル 6階
  • 業務内容:Webコンサルティング、ECサイト運営、ECサイト受託、クラウドファンディング支援

株式会社ネットショップスタジオ(netshop-studio)【コンサル&運用代行系企業16】

楽天の運用代行サービスのなかで、16番目におすすめする企業が「株式会社ネットショップスタジオ」です。ネットショップスタジオは、楽天市場内で市場シェアを獲得し、EC部門の売上目標を達成するようネット通販運用を支援してくれるサービスが特徴です。

楽天市場内の3C分析(市場・競合・自社)を徹底的に実行し、3C分析に沿った最適な目標設定、戦略策定、事業計画の構築を行ってくれます。戦略に沿った施策の実施からPDCAまでを、一気通貫で実行してくれるところがおすすめです。

  • 会社名:株式会社ネットショップスタジオ
  • 所在地:東京都千代田区飯田橋4-4-15 EAST SQUARE 1957 3階
  • 業務内容:ネットショップ運営代行、ネットショップコンサルティング

NE株式会社(旧Hameeコンサルティング株式会社)【コンサル&運用代行系企業17】

数ある楽天の運用代行サービスのなかで、17番目におすすめする企業が「NE株式会社」(旧Hameeコンサルティング株式会社)です。NE株式会社の特徴は、楽天だけでなくamazonやYahoo!ショッピングなど、バラエティに富んだプラットフォームに対応しているところです。

また、Googleでの検索結果を上位表示させることを目的とした、「楽天SEO」サービスはレポート作成やSEO解析、施策提案といったアクションを契約前に試すことができます。「ECの仕組みはわかっているけど、イメージがわからない」という方には、NE株式会社の楽天SEOサービスが特におすすめです。

  • 会社名:NE株式会社
  • 所在地:【小田原HEAD OFFICE】神奈川県小田原市栄町1-6-4勝俣組ビル6階
  • 所在地:【小田原BRANCH】神奈川県小田原市栄町2-12-10 Square O2
  • 業務内容:ECサイトへのコンサルティング事業など

コンサル系2社

コンサル系2社はこちらです。

  • 株式会社ピュアフラット
  • ECコンサルティング株式会社

株式会社ピュアフラット【コンサル系企業1】

「株式会社ピュアフラット」は、楽天市場の運用代行のみを対象とするコンサルティング企業です。サービス内容には、amazonやWebなどのコンサルティング業務が含まれていますが、楽天ECには楽天市場の出身者といったプロフェッショナルを配置するシステムを採用しています。

また、これまでに3,000店舗以上の支援実績があるだけでなく、94%ものリピート率を誇っている点も特徴の1つです。高い実績を築き上げているだけでなく、相談しやすい環境を提供している企業でもあります。

  • 会社名:株式会社ピュアフラット
  • 所在地:東京都港区南青山2−2−8DFビル
  • 業務内容:Webコンサルティング、ECコンサルティング、Web広告代理運用、Web作成、インフルエンサーキャスティング、SNS運用代行

ECコンサルティング株式会社【コンサル系企業2】

楽天の運用代行を依頼すべき、コンサル系のおすすめ企業2番目が「ECコンサルティング株式会社」です。ECコンサルティングは楽天の運用代行を専門とするRUDを運営する、楽天のコンサルティングに特化した企業です。1店舗ごとのフルオーダーカスタムをおこない、その精度の高さを武器に、高い評価を得ています。

また、業界最安値といわれる料金設定で、質の高いサービスを提供してる点も魅力の1つです。サイト制作〜運営に関する業務、コンサルティングまでの幅広い業務を、月額39,800で利用することができます。

  • 会社名:ECコンサルティング株式会社
  • 所在地:東京都渋谷区恵比寿4-3-1
  • 業務内容:楽天市場の店舗コンサルティング

【番外編】楽天特化デザイン制作会社

最後は番外編です。楽天の運用代行企業ではありませんが、楽天でショップを運営するためにはデザインにもしっかり力を入れるべきなので、楽天ショップのデザインに特化したデザイン制作会社として番外編で1社ご紹介します。

株式会社RyukiDesign【楽天特化デザイン制作会社】

「株式会社RyukiDesign」は楽天ショップのトップページデザイン制作や商品ランディングページデザイン制作、特集ページデザイン制作等、楽天ショップに必要なデザインやサポートは何でも対応可能なデザイン制作の会社です。楽天ショップに必要なデザインは全て社内制作なので、高いクオリティのデザインにもかかわらず、安定したデザインと納期での対応が可能です。

RyukiDesignには、ECに携わっていた現場のプロや楽天ショップの運用経験者が多数在籍しています。現場の経験者だからこそ出来る、効果的な改善の提案から、費用対効果が高いデザイン制作プランを提案してくれるでしょう。デザイン制作によって自社の楽天ショップの売上アップに貢献してくれますよ。

  • 会社名:株式会社RyukiDesign
  • 所在地:大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
  • 業務内容:楽天ショップデザイン制作全般、写真撮影、レンタルスタジオ、DTPデザイン事業、システムサービス事業

楽天の運営代行に依頼するメリットとデメリット

楽天の運営代行に依頼するメリットとデメリットをイメージできる写真

ここからは、楽天の運用代行を依頼するメリットとデメリットを紹介していきます。コストを投資に変えられる、初期動向の効率化を見込めるといったメリットがある一方で、ノウハウが蓄積できないといったデメリットがあることも把握しておきましょう。

メリット1、コストを投資に変えられる

楽天の運営を他社に依頼する1つ目のメリットが、「コストを投資に変えられる」というものです。言わずもがなではありますが、適切な企業への依頼はそれなりのコストが必要です。ただし、適切な企業に支払うコストは、将来への投資に変わるでしょう。

代行を依頼せず1から運用を始めようと考えると、どんなに優れた感性をもった担当者でも半年から1年の時間を要します。その点、すでに実績のある企業は、結果を出すまでの時間を短縮してくれるため長期的なコストは安くすることができます。

メリット2、初期動向の効率化を見込める

楽天の運用代行に依頼する2つ目のメリットが、「初期動向の効率化を見込める」というものです。一般的なECサイトでは、設立から売上アップに時間がかかりすぎるため、投資分を回収できないケースも少なくありません。

その点プロである運用代行企業は、適切なタイミングで適切な対応をしてくれます。特にファンの獲得が継続的な収益につながるECサイトでは、初期動向を効率化することに重きが置かれています。プロに依頼することでファンを獲得し、コストを回収できる時期が早まるといった付随したメリットを手にできるでしょう。

メリット3、客観的な視点を得られる

EC代行において、「客観的な視点を得る」ことに苦戦する企業も少なくありません。もちろん競合の動向を調べ、自社の楽天ECの運営に反映することも不可能です。しかし、すでに数多くのECサイトを調査している企業に勝つことは、そう簡単ではありません。

また、取り扱う製品や企業の特性を、楽天ECに反映させられることも代行を依頼するメリットの1つです。すべての企業に共通するノウハウが存在する反面、競合との差別化には客観的な視点が求められます。

デメリット1、コストが大きくなりすぎる可能性がある

楽天の運用代行を依頼する場合は、「コストが大きくなりすぎる可能性がある」点にも留意しておきましょう。楽天を始めとしたECサイトの運用代行サービスを提供する企業は、大まかに次のような報酬体型を設けています。

  • 固定報酬型:成果とは無関係に月々の費用が決められている報酬形態。仮に売上が大幅にアップした場合でも、報酬として支払う金額が変動せずコスト管理をおこないやすい。ただし、利益化できなくてもコストが変わらないというデメリットもある。(相場:月額1万円〜10万円ほど)
  • 成果報酬型:発生した売上に応じた金額を支払う報酬体系。固定報酬型の対局に置かれ、成果に結びつかなkればコストがかからない。その一方で、売上が大きく伸びた場合でも、その利益を手にしにくいというデメリットがある。(相場:売上に対する5%〜10%ほど)
  • 複合型:固定報酬型と成果報酬型を組み合わせた報酬形態。固定報酬型よりも毎月の固定費、成果報酬型よりも成果に対する割合が抑えられている点が特徴。(費用相場:5万円〜10万円ほど)

もちろん相談をもちかけた段階で、担当者から適切な説明を受けられるでしょう。ただし、初期費用がかからない分、成果報酬が大きすぎたことにより、収益が減るケースがあることも把握しておきましょう。

デメリット2、自社に運用ノウハウが蓄積されない

これは代行会社に依頼する際に必ず挙げられるデメリットです。本来であれば業務を通じて得ることができるノウハウが蓄積されないため、大きなデメリットであるといえます。

しかし代行会社によっては社内でのノウハウ形成を並行して行う場合もあるため、将来的に自社のみで運営を目指す場合はそういった代行会社を選ぶことでデメリットが解消されるでしょう。

楽天の運用代行を依頼する前にとるべき5つのアクション

楽天の運用代行を依頼する前にとるべき5つのアクションをイメージできる写真

最後に楽天の運用代行を依頼する前に、起こしておきたいアクションを紹介していきます。業務の洗い出しや企業へのアプローチを通じて、企業選択に失敗するリスクを軽減できるでしょう。

運用開始に向けた計画を立てる

楽天の運用代行を依頼する前に、「運用開始に向けた計画を立てておく」ことをおすすめします。これから、楽天の運用を始める場合は、利益化に3〜6ヶ月ほどの期間を要するものと考えておきましょう。

計画を事前に立てておくことで、ECサイトの準備をいつまでにおこなうか、利益化にどのくらい時間を用意するかを明確にすることができます。また、厳密なものでなくても、依頼を検討している会社にイメージを伝えられるようになります。計画があることで有益なアドバイスや施策案をもらいやすくなるわけです。

基本的な知識を身につける

大きな成果をもたらす運用代行サポート企業ですが、依頼者が基本的な知識を身に着けておくことも重要です。依頼する企業を選定する前に、次のような楽天市場に関する知識を身につけておきましょう。

  • 楽天市場の特徴:amazonと比較すると出店者数が多くなく、デザインやカスタマイズ性が高いためライバルとの差別化が容易。ただし、配送代行サービスがなく、発送以降の販売や在庫管理、お客様対応などの対応にコストがかかる。
  • ECサイト運用の業務フロー:フロント業務とバックエンド業務に分けられる。フロント業務には商品企画、サイト制作、仕入れ、集客が含まれる。また、バックエンド業務には、出荷、在庫管理、アフターフォローが含まれる。それぞれ独立したものではなく、相互に関係している
  • ECサイト運用にかかる費用:ECサイト構築費に0〜数百万円、代行依頼費以外に出店料などの運営費が必要

依頼すべき業務を洗い出す

楽天の運用代行を依頼する前に、「依頼すべき業務の洗い出し」をしておきましょう。これまでに紹介してきたように、運用代行をしている企業ごとに異なる特徴があります。また、業務内容もさまざまです。

そのため、早い段階での依頼業務の洗い出しが重要です。楽天の運用を一から始めるのか、まずはフロントエンド業務のみを試してみるのかで、選択すべき企業も異なります。また、言わずもがなではありますが、運用代行をすべてを任せるケースと一部の業務だけ依頼するケースでコストが異なることも事実です。

できるだけ多くの企業にアプローチする

さまざまな情報から候補を絞り込むことも重要ですが、実は「できる限り多くの企業にアプローチする」ことも重要です。その理由は楽天の運用代行の成功に、担当者との相性が関係しているためです。

フルオーダーメイドの運用代行を実施している企業も、それなりの結果に終わってしまう可能性が少なからず存在します。そして、このリスクを削減する要素の1つが、担当者との相性なのです。企業の選定に充てる期間に、できるだけ多くの企業にアプローチすることで、相性の良い担当者と出会う可能性も高められます。

運営代行費用をすり合わせる

言わずもがなではありますが、楽天の運営代行を依頼する前に「運用代行必要のすり合わせ」をしておくことも重要です。フルオーダーメイドの場合は見積もり待ちとなりますが、発生するコストは固定報酬型、成果報酬型、複合型の3つに分けられるため、依頼を検討している段階で、おおよその金額を把握することができます。

まとめ

「楽天の運用代行を依頼したいが、信頼すべき企業の選び方がわからない」。こういった問題を抱えている方は、第一に依頼すべき企業の特徴を把握することからスタートしてみましょう。ECサイトを運営代行サービスが増えており、一括で見積もりを手にすることも可能です。その一方で、金額だけを参考にした企業選びに偏ってしまうリスクが高まっていることも事実です。

こういったリスクを回避するためにも、今回紹介した優れた企業がもつ特徴の確認と、ECを利益化するまでのスケジュールの計画を並行してすすめおきましょう。少なからずコストが発生することも事実ですが、信頼できる企業への運用代行の依頼により楽天ECを効率的にマネタイズできます。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。