ヤフーショッピング商品登録の最新手順と便利なツールを徹底解説

ヤフーショッピングで商品を登録する際は、丁寧にユーザーの知りたい情報やキーワードを選定することが大切です。丁寧な商品登録作業により、国内大手のECサイトで多くの商品の中から自社商品を選んでもらえるでしょう。しかし、その手続きは少々複雑で、押さえておくべきポイントが多々あります。

この記事では、ヤフーショッピングで商品を効率よく、かつ適切に登録するための詳細なガイドを提供します。初期設定からCSV活用、規約の確認、商品詳細の充実に至るまで、一歩一歩丁寧に解説します。商品登録作業をスムーズに進めるためのツールも紹介したので、ヤフーショッピングで売上を伸ばしたい事業者は参考にしてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

ヤフーショッピング商品登録の初期設定

「ヤフーショッピング商品登録の初期設定」をイメージさせる写真

ヤフーショッピングで商品を販売するための最初のステップは、商品登録の初期設定です。これには、ストアクリエイターProへのログインと、商品を管理するためのカテゴリの作成が含まれます。

ヤフーショッピングのストアクリエイターProでログイン

まず始めに、ヤフーショッピングのストアクリエイターProにログインします。これはヤフーショッピングの販売者向けの管理ツールで、商品登録や在庫管理、売上分析などが一手に行えます。まだ登録が済んでいない場合は、Yahoo! JAPAN IDを作成し、そのIDを用いてストアクリエイターProにログインしてください。

ヤフーショッピング商品登録のカテゴリ作成方法

ストアクリエイターProにログインしたら、次に商品のカテゴリを作成します。カテゴリ作成は「商品管理」メニューから「カテゴリ管理」を選択し、画面の指示に従って行います。新しいカテゴリを作成する際は、そのカテゴリに該当する商品の特性を考慮し、それを反映した名前を付けてください。

商品を効率的に管理するため、また顧客が商品を容易に見つけられるようにするためにも、商品カテゴリの作成は重要です。購入したい人にとって分かりやすいカテゴリを作成しましょう。

初期設定が終われば、次は具体的な商品登録へと進んでいきます。

ヤフーショッピングの商品登録方法

「ヤフーショッピング商品登録手順詳細」をイメージさせる写真

初期設定やカテゴリ作成が完了した後は、商品を登録作業にうつりましょう。ヤフーショッピングで商品を登録するには、テンプレートの選択から始まり、必須項目の入力、そしてプレビューによる確認まで、一連の手続きを行う必要があります。

テンプレートを作成する

商品登録の第一歩はテンプレートの選択です。ヤフーショッピングでは、商品の種類に応じたさまざまなテンプレートを用意しています。「商品管理」の「商品登録」から適切なテンプレートを選択してください。

テンプレートでは、商品の基本的な情報を入力する枠組みが作れるため、今後の手続きをスムーズに進められます。

必須項目を入力する

選択したテンプレートに基づき、商品の詳細情報を入力します。特に重要なのは、必須項目の入力です。「商品名」「価格」「商品画像」「商品説明」「商品カテゴリ」「在庫数」などは必ず入力する必要があります。

商品名は分かりやすく、価格は適正に設定しましょう。商品画像は高品質で、商品の全体と特徴的な部分を明確に示すものを選びましょう。商品説明は詳細で、商品の特性や利点を顧客に伝える内容にしてください。商品カテゴリは先ほど作成したものから選択し、在庫数は過不足なく設定してください。

プレビューで商品ページを確認する

必須項目の入力が終わったら、次はプレビューで商品ページを確認します。商品情報が正しく、適切に表示されているかをチェックすることが重要です。「商品名」「価格」「画像」「説明」などが意図した通りに表示されているか、また誤字脱字や情報の不一致がないかをしっかりとチェックしましょう。

ネクストエンジンでは、ヤフーショッピングを自動化して効率的なEC運営を実現できます。「在庫を一元管理してほしい」「受注から発送までの作業を効率化したい」といったお悩みを解決!

下のボタンから申し込むと、30日間無料で利用できます。ヤフーショッピングで効率的に売り上げを伸ばしたい方は、ぜひご検討ください。

申し込む

CSVを活用したヤフーショッピングの商品一括登録手順

「ヤフーショッピング商品一括登録: CSVを活用した効率的な方法」をイメージさせる写真

ヤフーショッピングでは、大量の商品データを一度に登録するための効率的な手段として、CSVファイルを活用した一括登録機能が提供されています。CSVを使用することで、商品データの入力作業を大幅に効率化できるでしょう。

CSVデータをダウンロードする

まずは、「ストアクリエイターPro」から「商品管理」を選択し、「商品一括登録/削除」をクリックしてください。

次に、「登録設定ファイルの作成」を選択し、商品情報を登録したいカテゴリを選びます。そして、「作成する」をクリックして設定ファイルを作成します。このファイルがCSVファイルのテンプレートとなります。

このテンプレートに従って商品データをCSVファイルに記入し、アップロードすることで商品の一括登録が可能となります。

CSVデータをアップロードする

CSVファイルのテンプレートをダウンロードした後、Excelなどのスプレッドシートソフトを用いてファイルを開き、必要な商品情報を入力します。「商品名」「価格」「商品説明」「カテゴリ」「在庫数」などの情報が必要です。

全ての商品情報を入力し終えたら、ファイルを保存し、「ストアクリエイターPro」の「商品一括登録/削除」メニューから「CSVファイルアップロード」を選択します。そして、「ファイルを選択」から先ほど保存したCSVファイルを選び、「アップロード」ボタンを押して商品情報を一括で登録します。

このように、CSVファイルを活用することで、大量の商品情報を効率よくヤフーショッピングに登録することができます。しかし、一度に大量の商品情報を登録するため、入力情報のチェックや確認は丁寧に行うようにしましょう。

ヤフーショッピング商品登録時の注意点

「ヤフーショッピング商品登録時の注意点」をイメージさせる写真

ヤフーショッピングで商品を登録する際には、数々の注意点があります。これらを無視すると、規約違反になる可能性やお客様からの信頼を失う恐れもあります。以下に、特に重要な注意点を紹介します。

表記や出品内容がガイドラインに遵守しているかを確認する

商品を出品する前には必ずヤフーショッピングの利用規約と商品出品ガイドラインを確認しましょう。ヤフーショッピングでは、商品の出品や表記について厳しいガイドラインが設けられています。

「誤った情報や誇大広告を記載した商品説明文」や「禁止されている商品の出品」はガイドライン違反に該当する場合があり、アカウントが停止される可能性が高くなります。商品の詳細情報は正確かつ適切な表現を用いて記載しましょう。

検索されやすいキーワードを忘れずに盛り込む

ヤフーショッピングで商品を登録する際には、検索キーワードが顧客が商品を見つけるための重要な手がかりとなるため、商品ページの情報に盛り込むKWを慎重に選択しましょう。ヤフーショッピングの検索エンジンは、商品名や商品説明、カテゴリなどの情報を基に商品を検索結果に表示します。

商品名や説明文には、商品の特徴や用途、ブランド名など、顧客が検索する可能性のあるキーワードを適切に含めることが推奨されます。

ただし、無関係なキーワードを無理に盛り込んだり、キーワードを過度に繰り返したりすると、スパムとみなされてペナルティを受ける可能性があるので注意が必要です。

ヤフーショッピング商品登録で必要な各項目の詳細

「ヤフーショッピング商品登録で必要な各項目の詳細」をイメージさせる写真

ヤフーショッピングに商品を登録する際には、具体的な情報のを入力しましょう。それぞれの項目について理解し、適切な情報を提供することが、お客様に適切な商品情報を伝え、購買を促すために重要です。

商品名からブランドコードまで

まず、「商品名」の入力が必要です。商品名は検索結果に大きく影響しますので、具体的でわかりやすく、また検索されやすいキーワードを含めることが大切です。商品の主な特徴やブランド名などを短く網羅するように心掛けましょう。

続いて、「商品画像」をアップロードします。高品質な画像を選び、商品の見た目を正確に伝えることで、お客様が商品を理解しやすくなります。

商品の価格」も重要な項目です。適正な価格を設定し、競争力のある商品を提供しましょう。また、商品の在庫数も正確に入力します。

ブランドコード」とは、商品が特定のブランドに属する場合に使用する識別コードです。これにより、特定のブランドの商品を探しやすくなります。

スペック設定から商品詳細情報・フリースペースまで

スペック設定」では、商品の色、サイズ、素材など具体的な項目を設定します。これらはフィルタリングや検索時に重要な役割を果たします。

商品詳細情報」では、商品の機能や特徴をより詳しく説明します。これにより、お客様が商品の詳細を理解し、購買決定を下すのに役立ちます。

最後に、「フリースペース」では、他の項目ではカバーできない製品の特性や利点、使用方法などを詳細に記述できます。このスペースを効果的に使用することで、商品の魅力をより伝えることができます。

ネクストエンジンでは、ヤフーショッピングを自動化して効率的なEC運営を実現できます。「在庫を一元管理してほしい」「受注から発送までの作業を効率化したい」といったお悩みを解決!

下のボタンから申し込むと、30日間無料で利用できます。ヤフーショッピングで効率的に売り上げを伸ばしたい方は、ぜひご検討ください。

申し込む

ヤフーショッピング商品登録を支えるツール

「ヤフーショッピング商品登録を支えるツール」をイメージさせる写真

ヤフーショッピングの商品登録作業を効率化し、一層スムーズに行うためのツールがいくつか提供されています。その中から、無料のCSVエディターと有料のクロスマ、ネクストエンジンについて解説します。

【推奨】ネクストエンジン

ネクストエンジンはヤフーショッピングの在庫管理ソフトウェアとして非常に推奨されています。ネクストエンジンでできることは、以下にまとめました。

  1. ヤストアクリエイターProとの連携により、注文管理や発送業務をスムーズに行い、効率的なストア運営を実現
  1. 受注の取込みや出荷情報の更新、在庫管理、商品ページの作成
  1. ヤフーショッピングだけでなく、他の電子商取引サイトやモールでも使用可能。

ネクストエンジンは、ヤフーショッピングの在庫管理や受注、発送まで一元管理できます。面倒な商品ページの作成も任せられるため、効率的にヤフーショッピングを運営できるでしょう。また、ヤフーショッピングだけでなく、他のECサイトを運営している場合でも利用可能です。

月々の基本料金は、3,000円ですが、30日間の無料体験期間が設けられています。試しに使ってみたい方は、こちらのサイトをクリックしてお申し込みください。

ネクストエンジン公式サイトはこちら

無料ツール: Cassava Editor

Cassava Editorは、エクセルなどで作成したCSVファイルをアップロードするだけで、複数の商品情報を一度に登録・更新できるツールです。商品情報を一括で登録・編集できるため、大量の商品情報を手軽に扱うことが可能です。

特に大量の商品を取り扱うストア運営者にとっては、手間と時間を大幅に削減できる重要なツールといえるでしょう。

Cassava Editor公式サイトはこちら

有料ツール: クロスマ

クロスマは、受注管理と自動出荷を一括して行うシステムで、受注データの一元管理や自動での出荷作業などを可能するツールです。自動で価格を変更してくれる機能も搭載されているため、こまめに適正価格を設定できるでしょう。

受注処理から出荷、在庫管理までを自動化し、運営者の手間を軽減するとともに、エラーや手戻りを防ぐことが可能です。月額費用14,800円が必要ですが、運営効率化と顧客サービス向上を目指す場合は導入を検討してみましょう。

クロスマ公式サイトはこちら

効率的な商品管理と販売作業ができる「ネクストエンジン」でさらなるユーザー獲得を目指そう

「効率的な商品管理と販売作業ができる「ネクストエンジン」でさらなるユーザー獲得を目指そう」をイメージさせる画像

販売作業や商品管理を自動化し、ヤフーショッピングで効率的に売り上げを伸ばしたい方は、ネクストエンジンがおすすめです。ネクストエンジンでは、ヤフーショッピングに合わせた便利機能が搭載され、商品登録や在庫管理にかかっていた時間を軽減できるでしょう。

さらに、管理ツールとして47,728以上の店舗が利用し、業界導入実績No.1を誇ります。人件費や作業コストを削減しつつ、売上を伸ばす施策が打てるため、ぜひ導入を検討してみてください。

ネクストエンジンでは、ヤフーショッピングを自動化して効率的なEC運営を実現できます。「在庫を一元管理してほしい」「受注から発送までの作業を効率化したい」といったお悩みを解決!

下のボタンから申し込むと、30日間無料で利用できます。ヤフーショッピングで効率的に売り上げを伸ばしたい方は、ぜひご検討ください。

申し込む

ヤフーショッピング商品登録に関するよくある質問

「ヤフーショッピング商品登録に関するよくある疑問」をイメージさせる写真

商品登録に関しては、初めて利用する方から継続して活用している方まで、さまざまな疑問が生じることがあります。以下では、ストアURLについてや商品編集方法についての疑問について解説します。

ヤフーショッピングで登録できる商品数は?

ヤフーショッピングで登録できる商品の数は、初期設定で20万商品です。ただし、あらかじめ上限を撤廃することで、20万商品以上を登録できます。多くの商品を出品したい場合は、ヤフーショッピングに相談しておくことをおすすめします。

ヤフーショッピングで開業するには何が必要ですか?

ヤフーショッピングで開業・出品するためには、以下の準備が必要です。

  • Yahoo! JAPAN ID
  • クレジットカード情報
  • 会社情報・代表者情報
  • 銀行口座情報
  • 法人用or個人事業主用の提出書類
  • 出店予定商材情報

法人の場合は、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)や公共料金の領収書などが必要です。個人事業主の場合は、開業届や代表者の身分証明書を提出します。スムーズに運営できるよう、ヤフーショッピングの公式サイトから必要な書類を確認しておきましょう。

ストアURLとは?

ヤフーショッピングのストアURLは、ストア名や店舗IDを元に自動的に生成されたURLです。ストアの設定ページから確認でき、変更も可能です。ただし、一度決めたURLは他の店舗では使用できず、変更後は以前のURLは使えなくなるため、注意が必要です。

商品の編集方法は?

ヤフーショッピングでの商品編集は、基本的に「商品管理」メニューから行います。編集したい商品を検索・選択し、「商品編集」ボタンをクリックします。その後、編集画面が表示され、商品情報を更新することができます。大量の商品情報の編集はCSVエディターの利用が推奨されています。

まとめ

「まとめ」をイメージさせる写真

ヤフーショッピングで商品を登録をする際は、以下の手順を正確に丁寧に行いましょう。

  1. テンプレートを作成する
  2. 必須項目を設定する
  3. プレビューで商品ページを確認する

商品を登録する前には、ストアクリエイターProでログインをして初期設定を行い、カテゴリを作成しましょう。また、商品登録を効率化するためには、CSVエディターを活用することをおすすめします。

ヤフーショッピングでのショップ運営をする際は、ガイドラインに沿った商品登録を行い、検索キーワードを選定することが重要です。効率的に運営したい事業者は、ネクストエンジンやクロスマなどの一元管理ツールを活用してみてください。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。