Yahoo!ショッピングで知っておくべきSEO対策の基本とコツ

Yahoo!ショッピングで知っておくべきSEO対策の基本とコツをイメージさせるメイン画像

Yahoo!ショッピングで自身のストアを運営しているならば、誰もが売上を上げたいと思うでしょう。

売上を上げるためには、Yahoo!ショッピングで検索の上位に表示されるよう、SEO対策を行うのが最も重要なポイントの一つといえます。

GoogleのSEO対策が一般的に有名ですが、Yahoo!ショッピングのSEO対策とは異なるため、Yahoo!ショッピングで必要なSEO対策を行う必要があるのです。

そこで今回は、Yahoo!ショッピングのSEO対策の基本とコツについてご紹介します。

Yahoo!ショッピングのストアで売上を上げるために、こちらでご紹介するSEO対策を実践しましょう。ぜひ参考にしてみてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Yahoo!ショッピングSEOとは?

Yahoo!ショッピングSEOとは?をイメージできる写真

Yahoo!ショッピングSEOとはどういったものなのでしょう?

Googleでの検索上位を目指す対策が、一般的にSEOと聞いて真っ先に思い浮かべる対策でしょう。

しかし、Yahoo!ショッピングのSEO対策は一般的なSEO対策とは異なるため、一般的なSEO対策では効果が出ない場合があるのです。

Yahoo!ショッピングのSEO対策は、Yahoo!ショッピングの商品検索で上位に表示されるように行う対策です。

したがって、一般的なSEOとは異なる対策をする必要があるでしょう。

さらにYahoo!ショッピングには、検索対象になる項目や、売上アップのための知識やテクニックがあります。

そのため、Yahoo!ショッピングでは、Yahoo!ショッピングで必要なSEO対策を行う必要があるのです。

Yahoo!ショッピングSEO対策の基本

Yahoo!ショッピングSEO対策の基本をイメージできる写真

Yahoo!ショッピングに必要なSEO対策はありますが、まずは一般的なECサイトで必要な対策をご紹介します。

一般的なECサイトで必要なSEO対策は、Yahoo!ショッピングでももちろん効果があります。まずは一般的なSEO対策の中でも基本的な対策をご紹介します。

以下の3つはSEO対策の基本なので、必ず意識しましょう。

  • キーワードの適合率を高くする
  • クリック率を上げる
  • レビュー評価を上げる

では1つずつご紹介していきます。

キーワードの適合率を高くする

商品のタイトルと商品ページを一致させると、キーワードの適合率が高くなります。

ユーザーが商品を探すときは、欲しいものの名前や商品タイトルで検索し、検索結果から選んだ商品をクリックして商品ページに移動します。

商品をクリックして、思っていた商品と違った商品ページが表示されるとユーザーは困惑しますよね。

ユーザーの満足度を満たす行為ではありませんので、必ず商品タイトルと商品ページを一致させ、適合率を高くしましょう。

当たり前の内容と作業ではありますが、ユーザーが簡単に探している商品にたどり着けるようにすることが、大事なSEO対策なのです。

クリック率を上げる

クリック率を上げるためには、商品タイトルの工夫はもちろん、商品画像も手を抜かないようにしましょう。

ユーザーは、気になる商品をたくさんの中から選ぶ際、画像による視覚的な印象でクリックすることが意外と多いものです。

クリック率を上げるために、競合のページや画像を参考にしてストアの商品画像を見直してみましょう。

競合のどこよりも商品内容やお得な情報が伝わりやすく、ユーザーが思わずクリックしたくなるような工夫があれば、必然的にストアのクリック率は上がるでしょう。

クリック率が上がるとストアの商品が検索で上位に上がりやすくなるので、重要なSEO対策です。

レビュー評価を上げる

レビュー評価を上げると、検索結果をレビュー評価順やランキングで並び替えた際に上位表示されるので、ストアにとってとても有利です。

レビュー順位は、商品検索でのおすすめ順の評価基準に入っていると言われているので、検索順位にも影響するでしょう。

商品販売の際は、レビュー評価を意識してユーザーへの販売と対応を行いましょう。

レビュー評価を上げるとストアの評価が上がり、検索順位も上がるので、もちろんSEO対策にもなります。

Yahoo!ショッピングSEO対策のコツ

Yahoo!ショッピングSEO対策のコツをイメージできる写真

Yahoo!ショッピングに必要なSEO対策のコツは、Yahoo!ショッピングでストアを運営する初心者でも行える内容で、知っておくべき内容です。

Yahoo!ショッピングでは基本中の基本である対策ですが、その基本を知らなくて損しているかもしれません。

こちらで再度、Yahoo!ショッピングのSEO対策のコツを確認しましょう。

Yahoo!ショッピングSEO対策のコツは、以下の4つです。

  • 商品の入力欄の規定を守る
  • 入力する項目を全て埋める
  • 商品の販売件数を増やす
  • サムネイル画像を改善する

商品入力欄の規定を守る

Yahoo!ショッピングでは、商品入力の際に規定を守りましょう。

Yahoo!ショッピングでの商品タイトルの文字数規定は、75文字までです。しかし、長ければよいという訳ではありません。

PC版では40文字前後、スマホ版なら30文字前後がそれぞれの画面で読みやすく見やすいため、商品の特徴に合ったシンプルなキーワードを選ぶとよいでしょう。

ユーザーが読みやすく見やすい商品は、購入につながりやすいとも言えます。

PC版とスマホ版の両方を意識した商品入力で、ユーザーが購入してくれる確率は上がるはずです。

商品入力欄を見直して、規定に合ったストア運用でSEO対策をしましょう。

入力する項目を全て埋める

Yahoo!ショッピングで商品登録の入力に必要な項目は、基本的に全て埋めるようにしましょう。

商品登録画面では、主に以下の8つの項目を入力します。

  • 商品名
  • 商品コード
  • キャッチコピー
  • 商品情報
  • 製品コード
  • JANコード・ISBNコード
  • ブランドコード
  • プロダクトカテゴリ

Yahoo!ショッピングSEOで最も重要なのは、商品名・商品コード・キャッチコピーですが、他の項目も手抜きは禁物です。

各項目については次の見出し「Yahoo!ショッピングSEO対策」の「項目編」で説明いたしますので、詳しく知りたい場合はぜひこのまま読み進めてください。

商品の販売件数を増やす

Yahoo!ショッピングでは、商品の販売件数が多いと商品検索の際に上位表示されやすくなります。

特価商品を設定したり、期間限定セールを行ったりして、商品ごとの販売件数を増やすようにしましょう。

安売り以外にも、プレゼントで付加価値を付けるとよいですね。

販売件数を増やして検索上位になりもっと売れる、売れるとさらに検索順位が上がるという好循環サイクルを構成しましょう。

その好循環サイクルがSEO対策につながるのです。

サムネイル画像を改善する

Yahoo!ショッピングのSEO対策では、サムネイル画像(検索結果に表示された小さい画像)を改善する方法があります。

PV数(ページの閲覧数)をアップするためサムネイル画像を改善するには、一枚の画像で以下の3つを確認できるとよいでしょう。

  • 商品の特徴
  • 商品のカラー全色
  • 送料無料・割引率などお得情報

こちらを見直して、サムネイル画像に入れ込んでみましょう。

Yahoo!ショッピング優良店舗のサムネイル画像を参考にしつつ、ストアの特性を盛り込んで改善するとよいですね。

ユーザーにとって見やすい画像だと、ユーザーは商品の特徴を理解しやすいので購入につながりやすいです。

サムネイル画像の見直しを行い、SEO対策につなげましょう。

Yahoo!ショッピングSEO対策【項目編】

Yahoo!ショッピングSEO対策【項目編】をイメージできる写真

Yahoo!ショッピングのSEO対策では、商品登録の入力に必要な項目は基本的に全て埋めるようお伝えしました。

こちらでは、埋めるべき全8つの各項目についてご紹介いたします。

  • 商品名
  • 商品コード
  • キャッチコピー
  • 商品情報
  • 製品コード
  • JANコード・ISBNコード
  • ブランドコード
  • プロダクトカテゴリ

「商品名」

当たり前ではありますが、商品名は正しい商品の名前を入力しましょう。

ユーザーは、まずは商品名で商品を検索するものです。

その時に商品名のキーワードで検索に上がらなければ、ストアの商品をユーザーが目にすることすらないのです。

まずそんな状況は避けるべきでしょう。

また、Yahoo!ショッピングでは次のような装飾文字は不要なテキストであり、禁止事項です。

【 】 < > [ ] ! ! ♪ ※ ★ ☆ ◆ ◯ ◎ ○ □ ◇ ▽ ▼ △ ▲

よくある例として、【送料無料】のように目立たせるつもりで商品名に装飾文字を使ってしまいがちですが、Yahoo!ショッピングではストアの評価を下げてしまうので注意が必要です。

もし送料無料や割引率などのお得な情報を盛り込みたい場合は、キャッチコピー欄に入力するようにしましょう。

商品名を入力する際は、SEO対策のためにルールを守ってストア運営を行うとよいですね。

「商品コード」

商品コードはYahoo!ショッピングの検索対象です。

しかし、商品コードは各ストアで独自に設定している場合が多いと思いますので、特にYahoo!ショッピングでのSEO対策で意識できることは少なそうです。

「キャッチコピー」

キャッチコピーは商品検索結果で表示されませんが、Yahoo!ショッピングのSEO対策項目です。

キャッチコピーは商品ページの商品名上に表示されるので、目立つ部分なのです。

キャッチコピー欄を活用し、商品名では使用できなかった装飾文字やお得な情報などを目立たせ、ユーザーにアピールしましょう。

ユーザーは商品を知るために上から、そして左から文字を読んでいきますが、キャッチコピーはその最初の読み始めの部分です。

ユーザーにいい印象を抱いてもらうためには、大事な部分なのです。

キャッチコピー欄をうまく利用してSEO対策を行いましょう。。

「商品情報」

キャッチコピー同様、商品情報も商品検索結果で表示されませんが、Yahoo!ショッピングのSEO対策項目です。商品そのものを知らないユーザーにとっては、商品情報はその商品を知る唯一の情報源です。

必要な情報を入れ込み、かつユーザー目線で伝わりやすい商品情報にするとよいでしょう。その際は、キーワードを盛り込みすぎて伝わりにくい内容にならないように注意するとよいですね。

例えば、サイズや重さ、素材、使用感などです。

商品情報が整っていて、かつユーザーに伝わりやすい内容だと購入意欲がわきますし、確実にSEO対策につながります。

「製品コード(型番)」

製品コードは、Yahoo!ショッピングの検索対象です。

買いたいものが決まっているユーザーが製品コードで検索する場合があるので、手抜きは禁物です。

電化製品は型番で検索する方が探している商品にヒットしやすいですし、Yahoo!ショッピング内だけでなく、外部からの流入経路を作るために重要な対策項目です。

ストアで扱う商品の製品コードを忘れずに記載する行為が、立派なSEOなのです。

「JANコード」「ISBNコード」

ユーザーは、JANコードやISBNコードで商品検索する場合があります。

JANコードはバーコードのことであり、ISBNコードとは世界共通で書籍を特定するための番号です。

Googleからの検索に対応しているので、重要な対策項目といえます。

ストアで扱う商品にJANコードやISBNコードがあるときは、忘れずに入力しましょう。

ユーザーの検索から漏れないように、JANコードやISBNコードを入力しておけばSEO対策ができますよ。

「ブランドコード」

Yahoo!ショッピングが定めた各ブランドのコードが、ブランドコードです。

ブランドコードを設定すると、Yahoo!ショッピング内でストアの商品を正確に紐付けできるので、流入経路が広がります。

ブランド商品をストアで扱う場合は、ブランドコードの設定を必ず行いましょう。

ユーザーはどんなキーワードで検索するか分かりません。ぜひブランドコードを設定してSEO対策をしましょう。

「プロダクトカテゴリ」

プロダクトカテゴリは、厳密にはSEO対策項目ではありません。

しかし、商品名が分からずに、カテゴリで絞って検索するユーザーも存在します。

カテゴリページや検索結果ページでの商品表示に大きく影響するので、商品に合った最適なカテゴリを選んで必ず設定しておきましょう。

ユーザーが検索時に見つけやすいカテゴリを設定するとよいですね。

Yahoo!ショッピングSEO対策【キーワード編】

Yahoo!ショッピングSEO対策【キーワード編】をイメージできる写真

Yahoo!ショッピングでの効果的なSEO対策のためには、適切なキーワードを選ぶ必要があります。

ただ自分が入れ込みたいキーワードを並べるのではなく、適切なSEO対策のキーワードを見つけて選びましょう。

Yahoo!ショッピングのSEO対策キーワードを見つける方法は2つです。

「サジェストキーワードチェック」と「他店キーワードチェック」です。

では順番にご紹介いたします。

サジェストキーワードチェック

Yahoo!ショッピングの商品検索欄にキーワードを入力した際に、自動的に表示される検索候補をサジェストキーワードといいます。

そのサジェストキーワードをチェックしておきましょう。

商品のキーワードとチェックしておいたサジェストキーワードを商品と一緒に設定すると、2つの流入経路ができるので、ユーザーが検索する際に表示される確率が高くなります。

サジェストキーワードは、商品名やキャッチコピー、商品情報内に入れておきましょう。

他店キーワードチェック

他店や競合がどのようなキーワードを設定しているのか、チェックしてみましょう。

Yahoo!ショッピングのSEO対策キーワードを自身でリサーチして考えるのは大事ですが、売れているストアや競合から学んでみるのも時には必要です。

今現在、検索上位にいるストアの商品名やキャッチコピー、商品情報などから、どのようなキーワードが盛り込まれているかチェックしましょう。

他店をチェックしてみたら思っていたキーワードとは違っていた、といった結果になる可能性がありますよ。

運営するストアで、商品販売のための新たな切り口が見つかるかもしれません。

Yahoo!ショッピングSEO対策【ノウハウ編】

Yahoo!ショッピングSEO対策【ノウハウ編】をイメージできる写真

Yahoo!ショッピングのSEO対策には、ノウハウがあります。

キーワードだけではなく、他にも色々な要素がYahoo!ショッピングのSEO対策に関係していると言われています。

ここまで紹介してきた対策を含め、1つ1つ確実に積み重ねていき、Yahoo!ショッピングで検索上位を狙いましょう。

Yahoo!ショッピングSEO対策のノウハウは4つです。

  • PV数を増やす
  • 在庫切れを避ける
  • PR広告を利用する
  • 優良配送設定の検索表示

PV数を増やす

PV数とは、ユーザーがサイトのページを閲覧した回数を指します。

たくさん見られているページは、Yahoo!ショッピングで検索上位に表示されやすいと言われており、PV数を増やすとクリック率を増やすことにつながります。

売上を上げるためにはPV数を増やす必要があるため、ユーザーがサムネイル画像から商品を判断してサイトに訪れてくれるような工夫をしましょう。

PV数が増えると売上が上がりますし、SEOに寄与できます。

在庫切れを避ける

Yahoo!ショッピングでは、在庫切れの商品は上位表示されにくいと言われています。

どんな状況であっても、せめてストアのイチオシ商品は在庫切れにならないよう確認を行い、しっかり在庫管理を行いましょう。

商品がない状態ではSEO対策ができず、とてももったいないのです。

PR広告を利用する

Yahoo!ショッピングの広告は費用がかかりますが、広告によって検索順位が左右されるのは事実です。

先に広告に投資する、ある程度売れてきたら広告を減らすなど、現在のストアの経営状況に応じてマイナスにならない運営を行うとよいでしょう。

PR広告を利用するとSEOで有利になるので、ストアの経営状況に応じてうまく活用するとよいですね。

優良配送設定の検索表示

優良配送設定のアイコンを獲得して掲示されるためには、Yahoo!ショッピングが定めた基準を満たす必要があります。

基準を満たして優良配送が認定された商品は、Yahoo!ショッピングの検索結果で上位表示されるので、確実なSEO対策と言えます。

検索上位に表示されるため、ユーザーに商品がクリックされやすくなりますよ。(優良配送設定は、ストアクリエイターProにログインする必要があります。)

Yahoo!ショッピングSEO対策【アイテムマッチ編】

Yahoo!ショッピングSEO対策【アイテムマッチ編】をイメージできる写真

Yahoo!ショッピングSEO対策で有利になるアイテムマッチは、クリック課金型の広告です。

Yahoo!ショッピングの売上は、検索結果からの来店が約8割です。

検索結果には上位表示部分にアイテムマッチ専用枠があるので、アイテムマッチ専用枠に広告を表示するとユーザーの流入数を大幅に増やせるのです。

初期費用とアカウント開設は無料です。1クリック25円から入札でき、予算設定で使いすぎの心配がないので、安心して広告が出せます。

まずは売筋の一商品から試してみてはいかがでしょう。

広告でアイテムの認知度が高くなると、SEOでの検索にも優位に働く場合があります。知名度のない製品はアイテムマッチを利用した広告とSEOの相乗効果を狙いましょう。

Yahoo!ショッピングSEO対策【外部検索エンジン編】

Yahoo!ショッピングSEO対策【外部検索エンジン編】をイメージできる写真

Yahoo!ショッピングのSEO対策では、GoogleやYahoo!などの外部検索エンジンで検索する際の対策も行いましょう。

ユーザーは買いたい商品を探す際、Yahoo!ショッピング外から検索し、Yahoo!ショッピングへ流入する場合があります。

そういった場合に対応できるよう、外部検索エンジンのSEO対策を行いましょう。

Yahoo!ショッピング内だけではなく、Yahoo!ショッピング外部からの検索にも備えてSEOを行い、ストアへの流入を増やすのです。

meta description (メタディスクリプション)

メタディスクリプションは、GoogleやYahoo!などで検索した際に記事タイトル直下に表示される、記事の概要文です。

100〜120文字程度の文章であるメタディスクリプションですが、タイトルで表示可能な32文字以内では伝わりにくい記事の内容だとしても、メタディスクリプションなら記事の内容を理解できるでしょう。

メタディスクリプションには直接検索順位を上げる効果はありません。しかしメタディスクリプションが良い内容であればクリック率増加が見込めSEO対策ができます。

外部検索流入増加のために、ぜひメタディスクリプションを記載しましょう。

商品説明

Yahoo!ショッピングの商品説明に記載の文章やキーワードが、外部検索でヒットする場合があります。

Yahoo!ショッピングの商品説明には、適切なキーワードやサジェストキーワードを意識して盛り込み、外部検索からの流入に備えましょう。

内容を見直せば、ただの商品説明ではなくなり、商品説明でSEOができますよ。

Yahoo!ショッピングブレイクマップの活用

Yahoo!ショッピングブレイクマップの活用をイメージできる写真

Yahoo!ショッピングには「ヤフー商品ブレイクマップ」という、商品トレンドの前兆を掴める仕組みがあります。

Yahoo!のビッグデータをもとに、活用・分析したもので、次に流行るであろう商品を捉えることが可能です。

「ヤフー商品ブレイクマップ」は、ブレイクスコアと関心数からなる「商品トレンドマップ」を用いて、あらゆる検索キーワードから抽出されます。

今話題の商品や流行アイテムを見つけたり、使い方によってはヒット商品を事前に予測できるかもしれません。

詳しくはヤフー・データソリューションへお問い合わせしてみてください。

Yahoo!ショッピングのPRオプション

Yahoo!ショッピングのPRオプションをイメージできる写真

Yahoo!ショッピングのPRオプションは、Yahoo!ショッピングの広告のうちの一つで成果報酬型の広告です。

広告がクリックされただけでは費用はかからず、商品が売れたときにだけ広告費を支払う仕組みです。

PRオプションを利用すると、Yahoo!ショッピング内でユーザーが見つけやすい場所にストアの商品を表示してもらえます。

広告費はこちらです。

商品販売価格×設定料率(%)=広告費

ストア内の全商品、もしくは商品を選んで個別に、PRオプション料率を1.0%〜30.0%まで0.1%刻みで設定できます。

料率が高いほど、もちろん検索結果で有利になるので、利用を検討してみてはいかがでしょう。(PRオプションの利用は、ストアクリエイターProにログインする必要があります。)

ただし、出店してすぐのストアはPRオプションの広告を利用できませんの注意してください。出店したばかりで広告を利用したい場合は、3つ前の見出しで紹介のアイテムマッチを利用するとよいでしょう。

広告とSEOをうまく組み合わせて運用するとよいですね。

まとめ

まとめをイメージできる写真

Yahoo!ショッピングでは、Yahoo!ショッピングに必要なSEO対策があります。

商品画像工夫はもちろん、商品登録の項目を全て埋めたり、適切なSEO対策のキーワードを盛り込んだりして、ストアの商品を見直してみましょう。

そして、一般的なECサイトで有効なSEO対策は外部検索からの流入が増えるので、こちらも意識しましょう。

時には、ストアの運営状況に応じてYahoo!ショッピングの広告をうまく利用するとよいですね。

ここまでご紹介してきた「Yahoo!ショッピングで知っておくべきSEO対策の基本とコツ」はこちらです。

  • Yahoo!ショッピングSEOとは?
  • Yahoo!ショッピングSEO対策の基本
  • Yahoo!ショッピングSEO対策のコツ
  • Yahoo!ショッピングSEO対策【項目編】
  • Yahoo!ショッピングSEO対策【キーワード編】
  • Yahoo!ショッピングSEO対策【ノウハウ編】
  • Yahoo!ショッピングSEO対策【アイテムマッチ編】
  • Yahoo!ショッピングSEO対策【外部検索エンジン編】
  • Yahoo!ショッピングブレイクマップの活用
  • Yahoo!ショッピングのPRオプション

たくさんありますが、SEO対策にはどれも必要な項目です。

まずはあなたにできることからSEO対策を始めてみましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。