楽天ランキングの基準とは?メカニズムや入賞するコツを解説

楽天ランキングの基準とは?メカニズムや入賞するコツを解説をイメージできる画像

楽天ランキングの基準は明確に公表されていません。一方で、販売数やレビュー数を増やすための取り組みは、楽天ランキングの入賞において大切な要素の1つです。

また、ランキングに入賞した場合には、分かりやすくユーザーにアピールすることも大切です。ランキングから商品ページに来ていないユーザーにも、信頼と安心を提示できます。

本記事では、楽天ランキングの基準や入賞するコツ、おすすめツールなどを解説します。

楽天ランキングに入賞できず、売上に伸び悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

まずは楽天ランキングを理解しよう

まずは楽天ランキングを理解しようをイメージできる画像

楽天ランキングとは、楽天市場における、商品の人気度合いを表す指標のことです。楽天ランキングには、大きく次の6つの指標が設けられています。

  • リアルタイムランキング
  • デイリーランキング
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング
  • 年間ランキング
  • ジャンル別ランキング

それぞれ解説します。

リアルタイムランキング

リアルタイムランキングとは、20分ごとに順位が更新され、楽天市場の人気商品を示す指標です。順位が頻繁に変わり、300位まで表示されます。そのため、出店したばかりの店舗でも比較的高順位を獲得しやすい点が特徴です。

ただし、一度入賞しても、次の更新でランキングから外れる可能性もあります。入賞難易度は他の種類の楽天ランキングに比べて低い傾向にありますが、入賞したからといって必ずしも売上が伸びるとは限りません。

また、リアルタイムランキングは、現在のトレンド商品を把握するうえで重要な指標です。とくにせどりを行っている方に役立つでしょう。入賞実績を積み上げたい場合は、リアルタイムランキングを狙うことが大切です。

デイリーランキング

デイリーランキングは、毎日午前10時に更新されるランキングです。入賞すれば、24時間ランキングに表示されるため、売上アップに繋げられます。順位は、1,000位まで表示されます。

デイリーランキングは、リアルタイムランキングと同様に、現在のトレンド商品を把握するのに役立ちます。とくに、せどりを行っている方は、リアルタイムランキングとデイリーランキングの確認は必須です。

週間ランキング

週間ランキングは、毎週水曜日に集計される、前週のデータを基に形成されるランキングです。順位は、300位まで表示されます。デイリーランキングよりも高順位を獲得するのは難しいですが、入賞できると「売上」や「商品の認知度」が向上する可能性が高くなります。

また、週間ランキングは中期的なトレンドを把握するのに役立ちます。せどりや自社商品を販売している店舗にとっても、重要な指標です。定期的にランキングを確認して、トレンドを把握しておきましょう。

月間ランキング

楽天月間ランキングは、月初の水曜日に反映され、先月のデータを集計して形成されるランキングのことです。順位は300位まで表示されます。入賞するには、商品がコンスタントに売れることが重要です。

そのため、リアルタイムランキングやデイリーランキングに比べると、入賞が難しい傾向があります。初めから月間ランキングを狙うのではなく、リアルタイムランキングやデイリーランキングなどへの入賞を目指しましょう

短期的なランキングへの入賞を積み重ねることで、中期的な目標である月間ランキングへの道が開けるかもしれません。定期的に各ランキングを確認し、売上向上に繋がる施策を立案することが大切です。

年間ランキング

楽天年間ランキングとは、楽天市場内の過去1年間の人気商品を示す指標のことです。上位30位までが表示されます。特に1位から5位までは楽天年間ランキングの受賞ページに大きく掲載されます。一度入賞すると、1年間はランキングから外れません。

したがって、一度でも入賞すれば、多くのユーザーに自社商品をアピールできます。大きな売上アップも期待できるでしょう。

しかし、年間ランキングへの入賞が難しいことは容易に想像できます。実際、楽天市場で本腰を構えて出店している店舗でも、年間ランキングへの入賞は難しいです。

年間ランキングに入賞するには、「戦略的なアプローチ」と「顧客ニーズに合った商品展開」が必要です。

ジャンル別ランキング

ジャンル別ランキングは、商品のジャンルごとに順位が形成されるシステムです。入賞することで、場合によっては週間ランキングや月間ランキングなどよりも、売上アップを狙えます。

ジャンル別ランキングでは、購買意欲の高いユーザーが多く見られる傾向があります。たとえば、特定の商品を探しているユーザーは、ジャンルを絞って商品を検索することが一般的です。そのため、ジャンル別ランキングで高順位を獲得することで、商品を購入する前提のユーザーにアプローチできる可能性が高まるのです。

また、ジャンル別ランキングは商品のジャンルが細かく区分されているため、比較的入賞しやすい特徴があります。たとえば「スマートフォン・タブレット」といったといった特定のジャンルだけでも「タブレットPC本体」「タブレットPCアクセサリー」などの複数の項目が用意されています。

さらに、ジャンルごとに「リアルタイムランキング」「デイリーランキング」「週間ランキング」が存在します。ジャンル別ランキングは、ジャンルにもよりますが、総合ランキングと比べて狙いやすいといえます。

購買意欲の高いユーザーに対して的確な戦略を立て、ジャンル別ランキングへの入賞を目指しましょう。

楽天ランキングの基準

楽天ランキングの基準をイメージできる画像

楽天ランキングが決まる基準は、公表されていません。ですが、多くのユーザーから購入される商品がランキングに入賞しやすいことには変わりありません。楽天ランキングの入賞を目指すためには、以下の要素を徹底的に強化しましょう。

  • 売上額
  • 売上数
  • 購買ユーザー数

「汎用性の高い商品」と「ターゲットを絞った商品」などで切り分けて戦略を立てると、自然と商品の売上額や数は変わってくる可能性があります。楽天ランキングに入賞するために、適切な運用方法を見つけることが大切です。

EC-UP」は、回遊率を高めて売上アップを目指せる楽天市場自動運営ツールです。楽天ランキングに入賞できるたけでなく、入賞後のアピール画像を自動で作成できます。

楽天ランキングを活用して売上アップを目指したい方は、当サイト限定で、50%の割引コードをご用意しました。EC-UPの有料プランをお得に利用したい方は、以下のクーポンコードをご活用ください。

【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS
EC-UPの公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)

申し込む

楽天ランキングの基準を考慮して入賞する5つのコツ

楽天ランキングの基準を考慮して入賞する5つのコツをイメージできる画像

楽天ランキングに入賞するコツは次の5つです。

  • 入り口商品を用意する
  • 楽天のイベントを活用する
  • メルマガを活用する
  • リピーターを獲得する
  • サポート体制を充実させる

それぞれ解説します。

入り口商品を用意する

ランキングに入賞するためには、魅力的な入り口商品を用意することが重要です。入り口商品とは、ユーザーが楽天市場にアクセスした際に最初に目にする商品のことを指します。入口商品でユーザーの興味を引ければ、ほか商品にもアクセスしてもらえる可能性があります。

写真や商品説明、価格などを工夫して魅力的にアピールしましょう。

楽天のイベントを活用する

楽天では定期的にさまざまなイベントが開催されます。目玉は「楽天スーパーSALE」でしょう。商品が半額以下で出品されるケースもあり、多くのユーザーが楽天市場に訪れるイベントです。

楽天スーパーSALEに参加することで、商品が購入されやすくなるため、結果としてランキングに入賞する可能性が高くなります。

ただし、楽天スーパーSALEに参加するには、楽天市場の審査を通過する必要があります。審査は、セール毎に行われます。審査を通らなければ出品できませんが、楽天スーパーSALEは、3ヶ月に1回のペースで開催されます。

楽天スーパーSALEに参加できなかった場合でも、次回以降のセールに参加できるチャンスはあります。

メルマガを活用する

メルマガは、新着商品やお得な情報をユーザーに配信する媒体として有効です。定期的にメルマガを送信し、ユーザーに興味を持ってもらえるようなコンテンツを提供しましょう。

ただし、1日に何通も送る設定にすると、ユーザーから配信停止される可能性も。多くても1日1回、週に3回ほどを目安にメルマガを配信しましょう。

リピーターを獲得する

ランキング入賞を狙ううえで、リピーターを獲得することも重要です。リピーターとは、繰り返し自社商品を購入してくれるユーザーを指します。満足度の高い商品やサービスを提供することが、リピーターの獲得につながります

リピーターを獲得して、商品の売上額や数を増やしましょう。

サポート体制を充実させる

ユーザーが問い合わせやトラブルを抱えた際に、迅速且つ丁寧な対応ができるサポート体制を充実させることも大切です。そのため、問い合わせメールには、できる限り速やかに対応しましょう。

サポート体制が充実していると、ユーザーの信頼を獲得しやすくなるため、結果としてリピーターの確保につながる可能性があります。常にユーザーの声に耳を傾け、サポートの質を向上させることを心掛けましょう。

楽天ランキングの活用方法

楽天ランキングの活用方法をイメージできる画像

楽天ランキングの活用方法は次の2つです。

  • 商品画像に掲載する
  • レビューと一緒に載せる

それぞれ解説します。

商品画像に入賞歴を掲載する

楽天ランキングに入賞した商品は、入賞歴を商品画像に載せましょう。楽天ランキングは、商品の人気度合いを示す重要な指標です。効果的にアピールできていないと、ユーザーは入賞の事実を把握できません

商品画像にランキングの順位やランキングバッジを掲載することで、ユーザーに人気商品であることのアピールが可能です。結果として、購買意欲を高める効果を期待できるでしょう。

楽天市場のおすすめツール「EC-UP」では、ランキング入賞のアピール画像を自動で生成してくれます。一から画像を作成する必要がなく、作業工程を削減して商品をアピールできるでしょう。

入賞歴をレビューと一緒に載せる

「楽天ランキングの入賞歴」と「お客様からの声」を一緒に載せることで、ユーザーからのさらなる信頼を獲得できる可能性が高まります。「ランキングに載り、さらにいいレビューも届いている」旨をアピールできると、ユーザーへの安心感をもたらし、購買意欲が上がるでしょう。

レビューを獲得するためには、サンクスメールやレビューリクエストメールを活用することをおすすめします。また、クーポンを配信することで、ユーザーの顧客満足度にもつながります。

楽天ランキングの基準に関するおすすめのツール

楽天ランキングの基準に関するおすすめのツールをイメージできる画像

楽天ランキングの基準に関するおすすめのツールは、次の5つです。

  • EC-UP
  • 通販する蔵
  • ogaRia
  • GoQSystem
  • ECマスターズクラブ

それぞれ解説します。

楽天ランキングの基準に関するおすすめのツール1.EC-UP

「楽天ランキングの基準に関するおすすめのツール1.EC-UP」をイメージさせる画像

出典:https://ec-up.jp/

楽天市場で売上アップを目指す方には「EC-UP」がおすすめです。EC-UPでは、次のような機能を用意しています。

  • 類似商品表示機能
  • 同時購入実績表示機能
  • ランキング1位アピール画像表示機能

類似商品表示機能とは、商品ページごとに、AI技術によって類似した商品を自動的に表示する機能です。これにより、ユーザーが興味を持つ可能性のある商品を効率的に紹介できます。

同時購入実績表示機能とは、過去の注文情報を解析し、実際に同時に購入された商品を自動的に表示できる機能です。自社商品をまとめて購入してくれる可能性が高まるため、客単価の向上につながります。

ランキング1位アピール画像表示機能では、楽天デイリーランキングで1位を獲得した商品のページに、入賞実績を自動的に表示します。人気商品であることを効率的にアピールできます。また、入賞の見逃しも防げます。

楽天市場で売上アップを目指したい方は、EC-UPの導入をご検討ください。

EC-UP公式サイトはこちら

楽天ランキングの基準に関するおすすめのツール2.通販する蔵

「楽天ランキングの基準に関するおすすめのツール2.通販する蔵」をイメージさせる画像

出典:https://www.suruzo.biz/

通販する蔵」は、楽天市場を含む、ECサイトを一元管理できるツールです。通販蔵には、在庫の自動補充機能が設けられています。各ECサイトの在庫が自動で反映されるため、商品管理の手間を省けるでしょう。

また、商品登録や更新なども、各ECサイトへまとめて登録できます。日々の業務の効率を助ける機能が設けられているため、管理の手間を省きたい方は、通販蔵の導入をご検討してみてはいかがでしょうか。

通販する蔵公式サイトはこちら

楽天ランキングの基準に関するおすすめのツール3.ogaRia

「楽天ランキングの基準に関するおすすめのツール3.ogaRia」をイメージさせる画像

出典:https://www.oga-ria.com/

ogaRiaには「賑わい演出システム」といった機能が備わっています。これは、商品ページに賑わい感を演出できる機能です。具体的には、商品の注文情報やレビューなどを自動表示して、まるで「有人ショップ」のような演出をしてくれます。

「商品ページに味気を出したい」と考えている方は、ogaRiaの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ogaRia公式サイトはこちら

楽天ランキングの基準に関するおすすめのツール4.GoQSystem

「楽天ランキングの基準に関するおすすめのツール4.GoQSystem」をイメージできる写真

出典:https://goqsystem.com/

GoQSystemは、ECサイトの一元管理ができるツールです。受注業務や商品登録、在庫連携や収支管理など、手間のかかる作業の効率化をしてくれます。

GoQSystemを導入することで、日々の業務にかける時間を節約できるでしょう。

また、GoQSystemは楽天市場やYahoo!ショッピング、au PAYマーケットなど、多くのECサイトに対応しています。複数のECサイトを運営しており、管理の手間を省きたい方にGoQSystemはおすすめです。

GoQSystem公式サイトはこちら

楽天ランキングの基準に関するおすすめのツール5.ECマスターズクラブ

「楽天ランキングの基準に関するおすすめのツール5.ECマスターズクラブ」をイメージさせる画像

出典:https://ec-masters.club/

ECマスターズクラブには、楽天市場の検索順位をチェックできる機能が備わっています。

売上向上に欠かせない検索順位を把握することで、自社商品の露出度が上がる可能性があります。また、商品画像判定機能も導入。商品ページの画像が楽天市場のポリシーに違反していないかを判定してくれるため、トラブル回避につながります。

ECマスターズクラブ公式サイトはこちら

EC-UPで楽天ランキング入賞の基準を満たし、売上アップを目指そう

「EC-UPで楽天ランキング入賞の基準を満たし、売上アップを目指そう」をイメージさせる画像

楽天市場の売り上げアップを目指し、ランキングの入賞を目指すためには、利用者の約90%が利用する「スマホページ」も整えることも大切です。ユーザーからみて分かりやすい商品ページを作り、ニーズに合う関連商品や類似商品を表示させましょう。

EC-UPでは、商品が多い店舗のページメンテナンスはもちろん、類似商品への回遊を、AIが自動で運用してくれます。一度設定ができるとあとはEC-UPが自動で運営してくれるため、人の手を減らして楽天ビジネスができるでしょう。

さらに、楽天ランキングで1位に入賞できると、商品ページに表示できる入賞アピール画像を生成してくれます。ユーザーからの信頼が得られ、さらなる売上を期待できます。

回遊率を高めて離脱率を減らし、売上アップを目指したい方は、ぜひご検討ください。

当サイト限定で、EC-UPの有料プランで使える50%の割引コードをご用意しました。
EC-UPをお得に利用したい方は、以下のクーポンコードをご活用ください。

【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS
EC-UPの公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)

申し込む

楽天ランキングの基準のまとめ

楽天ランキングの基準のまとめをイメージできる画像

楽天ランキングは、商品の売上額や数、購入したユーザー数などで決まるといわれています。そのため、入口商品を用意したり、メルマガを活用したりして、売上額などをアップさせましょう。

売上に伸び悩んでいる方は「EC-UP」の導入をご検討ください。EC-UPをご利用いただくことで、商品ページに、類似商品や同時購入されている商品を表示できます。客単価が上がる可能性があるため、ぜひ、この機会にご利用ください。

当サイト限定で、EC-UPの有料プランで使える50%の割引コードをご用意しました。
EC-UPをお得に利用したい方は、以下のクーポンコードをご活用ください。

【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS
EC-UPの公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)

申し込む

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。