過去の楽天ランキングを調べる方法を解説!おすすめのツールや選び方も紹介

過去の楽天ランキングを調べる方法を解説!おすすめのツールや選び方も紹介をイメージできる画像

楽天ランキングで過去の順位や入賞結果を確認したい方も多いでしょう。楽天市場には、過去をさかのぼってランキングを確認できる機能がありません

過去の楽天ランキングを確認する際は、ツールや専用のWebサイトから確認する必要があります。

本記事では、過去の楽天ランキングを調べる方法やおすすめのツールを解説します。調べるメリットやツールの選び方も紹介したので、過去の楽天ランキングの実績を活かして楽天で売上を伸ばしたい事業者は参考にしてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

過去の楽天ランキングの調べ方

「過去の楽天ランキングの調べ方」をイメージできる画像

楽天市場とは別のツールを使うと、過去の楽天ランキングが調べられます。

楽天市場では、過去を遡ってランキングを調べる機能はありません。たとえば、2日前のデイリーランキングを調べたり、2ヶ月前の月間ランキングを調べたりなど。楽天市場内のランキングは、総合的な人気順位を確認できる機能です。

また、楽天のマーケティングツールの中には、過去の入賞結果をキャプチャできる機能がついているランキング調査ツールもあります

売れる商品ページを自動で更新できるツール「EC-UP」では、ランキング1位を獲得した商品にアピール画像を自動表示できます。複数の画像デザインから選べるため、画像を1から作成せずにユーザーの購買意欲を上げられるでしょう。

おすすめのツールは、後ほど詳しく紹介しますので参考にしてください。

当サイト限定で、EC-UPの有料プランで使える50%の割引コードをご用意しました。
EC-UPをお得に利用したい方は、以下のクーポンコードをご活用ください。

【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS
EC-UPの公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)

申し込みはこちら!

楽天ランキングとは?

楽天ランキングとは?をイメージできる画像

楽天ランキングとは、商品の人気度合いを表す指標の1つです。商品の売上数やレビューなど、さまざまな要素で順位が決まるといわれています。楽天ランキングは、ユーザーに一般公開されているため、高順位に入賞すれば、商品の売上アップを期待できます。

楽天ランキングには、大きく次の2つの項目が設けられています。

  • 楽天総合ランキング
  • 楽天ジャンル別ランキング

それぞれ解説します。

楽天総合ランキング

楽天総合ランキングとは、ジャンルを問わずに、商品の人気度合いを表す指標です。楽天総合ランキングには、次の5つの項目が設けられています。

  • 楽天リアルタイムランキング
  • 楽天デイリーランキング
  • 楽天ウィークリーランキング
  • 楽天月間ランキング
  • 楽天年間ランキング

それぞれの特徴を解説します。

楽天リアルタイムランキング

リアルタイムランキングとは、20分毎の人気商品を表す指標のことです。順位は300位まで表示されます。そのため、楽天市場に出店しはじめたばかりの店舗でも、入賞を狙いやすいです。

ただし、一度入賞しても、20分後にはランキングから外れている可能性もあります。楽天ランキングの中では、入賞難易度が一番低いランキングですが、入賞したからといって売上が伸びるとは限りません。

楽天デイリーランキング

楽天デイリーランキングとは、1日毎の人気商品を表す指標のことです。午前10時にランキングが更新されます。楽天ランキングの中では、比較的入賞が狙いやすいです。また、一度入賞すれば、24時間、ランキングから外れることはありません

楽天デイリーランキングであれば、入賞することで、十分に売上アップを狙えるでしょう。

楽天月間ランキング 

楽天月間ランキングとは、1ヶ月毎の人気商品を表す指標のことです。月初の水曜日にランキングが更新されます。商品は300位まで表示されます。

楽天年間ランキング

楽天年間ランキングとは、去年の人気商品を表す指標のことです。30位まで表示されます。また、1〜5位までは、楽天年間ランキングの受賞ページに大体的に表示されます。具体的には次の画像のとおりです。

※2022年の楽天年間ランキングです。

入賞さえすれば、大きな売上アップが見込めるでしょう。

楽天ジャンル別ランキング

楽天ジャンル別ランキングとは、商品のジャンル毎の人気度合いを表す指標のことです。レディースファッションや靴、腕時計など、さまざまなジャンルが設けられています。

また、ジャンル毎に、細分化されたジャンルも設けられています。たとえば、腕時計には「腕時計用アクセサリー」というジャンルがあります。細分化された腕時計用アクセサリーのジャンルだけでも、次の11項目もあります。

  • 腕時計用ベルト・バンド
  • 尾錠・バネ棒
  • 腕時計収納ケース
  • ワインディングマシーン
  • 懐中時計用チェーン
  • 工具
  • 時計修理工具セット
  • ルーペ
  • ピンセット
  • ドライバー
  • その他

細分化されたジャンル毎にもランキングが設けられています。特定の商品に絞った戦略を立てれば、上位に入賞できる可能性も十分にあるでしょう。

とくに、ジャンルを絞って出店している店舗は、ジャンル別ランキングへの入賞を積極的に狙うことがおすすめです。ジャンル別ランキングを調べるユーザーのニーズははっきりしています。

たとえば「腕時計用ベルト・バンド」のランキングを見にくるユーザーのニーズは「腕時計用のベルトもしくはバンドが欲しい」でしょう。つまり、ジャンル別ランキングに入賞すれば、購買意欲の高いユーザーの目に、自社商品が触れやすいです。

楽天ランキングのツールでできること

楽天ランキングのツール(以下、ツール)でできることは、大きく次の3つです。

  • 楽天ランキングの受賞履歴を調べる
  • 受賞画面をキャプチャする
  • 受賞したことを通知してくれる

それぞれ解説します。

楽天ランキングの受賞履歴を調べる

ツールは、楽天ランキングの過去の入賞履歴を調べられます。「リアルタイムランキングに入賞したことを見落としていた」という状況であっても、ツールを活用すれば、過去のデータを取得して、商品ページに掲載できます。

たとえリアルタイムランキングであっても、入賞したことを商品ページに掲載することは大切です。入賞経験があるかどうかで、商品の売上が変わる可能性は少なからずあるためです。

また、ツールを導入する前に入賞したデータを、取得できるツールもあります。ツールは、救済処置的な役割も果たしてくれます。

受賞画面をキャプチャする

ツールによっては、受賞した際の画面をキャプチャできる機能があります。デザインも複数用意されているため、好みのものを選べます。店舗ごとに合ったデザインを選ぶと、自社ページの見栄えが良くなるでしょう。

受賞したことを通知してくれる

ツールには、受賞したことを通知してくれる機能があります。これにより、楽天ランキングへの入賞の見逃しを防げます。とくに、ランキングの入れ替わりが激しい、リアルタイムランキングで活躍するでしょう。

過去の楽天ランキングを調べるメリット

過去の楽天ランキングを調べるメリットをイメージできる画像

過去の楽天ランキングを調べるメリットは次の2つです。

  • トレンドを把握できる
  • マーケティング戦略を立案できる

それぞれ解説します。

トレンドを把握できる

楽天ランキングを調べることで、過去の売上実績や人気商品を把握できます。とくに、せどりを行っている店舗は、トレンドの把握が欠かせません。トレンドを把握することで、売れる可能性の高い商品を選定できるでしょう。

また、商品のジャンルを絞って出店している店舗は、ジャンル別の楽天ランキングを調べることがおすすめです。購買意欲の高いユーザーに訴求できるような商品を取り扱えば、大きな売上アップが見込めるかもしれません。

競合を分析できる

楽天ランキングを調べることで、競合他社の商品と比較して、自社商品の強みや弱みを把握できます。

たとえば、競合と取り扱っている商品が似ているにもかかわらず、自社の売上が低いとします。この場合は、商品ページの魅力さやわかりやすさやランキングの入賞結果の掲載などにより、競合のほうが優位に立っているかもしれません。競合を分析することで、売上アップのヒントが見つかるでしょう。

過去の楽天ランキング検索ツールの選び方

ツールの3つの選び方をイメージできる画像

ツールの選び方は次の3つです。

  • コスト
  • 機能性
  • 利便性

とくに、資金が限られている店舗は、導入コストも重視しましょう。一般的に、機能が多く備わっているツールほど、コストはかかります。

しかし、コストを重視するあまり、必要な機能が備わっていなければ本末転倒です。コストと費用を照らし合わせて、ツールを導入するか検討しましょう。一部の機能のみであれば無料で使えるツールもありますので、活用してみてください。

また、機能が充実しているツールを導入しても、使いこなせなければ意味がありません。そのため、画面のUIが優れているかや、管理に手間がかからないかなどを確認しましょう。

おすすめは、トライアル期間が設けられているツールを選ぶことです。実際にツールを触ってみて、使いやすさを確認しましょう。

「EC-UP」で過去の楽天ランキングをアピールしよう

「『EC-UP』で過去の楽天ランキングをアピールしよう」をイメージさせる画像

EC-UPの「ラクイチアピール」は、楽天ランキングで1位を獲得した商品のページに、アピール画像を自動で表示させられる機能です。シルバー以上のプランでは、2018年1月1日からの過去の楽天ランキングを集計してくれます。

EC-UPとは、楽天のスマホページを整備し、転換率や回遊率向上をめざすマーケティングツールです。ランキング1位獲得画像や商品レビュー画像を自動生成し、ユーザーの購買意欲を高められます。

ラクイチアピールを活用すると、楽天市場のガイドラインに準拠した画像を自動で表示してくれるため、安心して使用できるでしょう。楽天ランキングの結果を活かして売上を増やし、転換率や回遊率も上げたい事業者は、EC-UPの機能を活用することをおすすめします。

当サイト限定で、EC-UPの有料プランで使える50%の割引コードをご用意しました。
EC-UPをお得に利用したい方は、以下のクーポンコードをご活用ください。

【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS
EC-UPの公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)

申し込みはこちら!

過去の楽天ランキングを調べられるツール5選

過去の楽天ランキングを調べられるツール5選をイメージできる画像

過去の楽天ランキングを調べられるツールを次の6つ紹介します。

  • EC-UP
  • ランクリップ
  • 毎日伝令くんGOLD
  • ogaRia
  • 検索伝令くんLight

それぞれ解説します。

過去の楽天ランキングを調べられるツール1.EC-UP

「過去の楽天ランキングを調べられるツール1.EC-UP」をイメージさせる画像

EC-UPでは、無料トライアル期間でも、楽天デイリーランキング1位の入賞結果を商品ページに自動表示させる機能が備わっています。デザインを16種類用意しているため、好みのものを選んでいただけますよ。

また、シルバープラン(月額9,800円)であれば、2018年まで遡って、デイリーランキング1位の入賞結果をキャプチャできます。無料トライアルも実施しているため、まずはご利用ください。

EC-UP公式サイトはこちら

過去の楽天ランキングを調べられるツール2.ランクリップ

「過去の楽天ランキングを調べられるツール2.ランクリップ」をイメージさせる画像

ランクリップとは、過去の楽天ランキングを調べられるツールです。次の3つのランキングを調べられます。

  • 楽天デイリーランキング
  • 楽天ウィークリーランキング
  • 楽天月間ランキング

楽天市場の中でも主要なランキングを遡って調べられるため、トレンドの把握や競合の分析にも役立てられます。使い方はかんたんで、ツール上で、ランキングの種類と日付、商品ジャンルを入力するだけです。

隙間時間にでも、活用してみてはいかがでしょうか。

ランクリップ公式サイトはこちら

過去の楽天ランキングを調べられるツール3.毎日伝令くんGOLD

「過去の楽天ランキングを調べられるツール3.毎日伝令くんGOLD」をイメージさせる画像

毎日伝令くんGOLDとは、リアルタイムランキングの入賞結果を通知してくれるツールです。リアルタイムランキングは、夜間にも更新されています。日中であれば、見逃さないケースもあるでしょう。

しかし、営業時間外にリアルタイムランキングを受賞しても、見逃してしまうのではないでしょうか。そんなときに、毎日伝令くんGOLDは活躍します。また、お試し期間中でも、3日前までであれば受賞結果をみられます。

「リアルタイムランキングに入賞はできるけど、見逃すことが多い」という店舗は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

2023年12月現在、楽天市場の仕様変更により、一部のランキングが取得できない場合もあるようです。詳しくは、公式HPからご確認ください。

毎日伝令くんGOLD公式サイトはこちら

過去の楽天ランキングを調べられるツール4.ogaRia

「過去の楽天ランキングを調べられるツール4.ogaRia」をイメージさせる画像

ogaRiaでは、ウィークリーやデイリー、リアルタイムランキングの受賞結果を調べられます。万が一、受賞を見逃しても安心です。デザインは3種類用意されています。

また、ジャンルで1位を獲得した商品の、一元管理が可能です。管理の手間も省きたいと考える人は、ogaRiaの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ogaRia公式サイトはこちら

過去の楽天ランキングを調べられるツール5.検索伝令くんLight

「過去の楽天ランキングを調べられるツール5.検索伝令くんLight」をイメージさせる画像

検索伝令くんLightとは、設定したキーワードにおける自社商品のランキング推移を、通知してくれるツールです。ランキング推移は、グラフでの可視化にも対応しています。自社商品のランキング推移を把握しておけば、戦略の立案などに役立てられます。

検索伝令くんLight公式サイトはこちら

まとめ 

まとめをイメージできる画像

過去の楽天ランキングは、ツールを使えば調べられます。調べられるランキングは「デイリーランキング」「ウィークリーランキング」「月間ランキング」の3つです。

また、ツールによっては、過去の楽天ランキングの入賞結果をキャプチャできるものもあります。入賞を見逃した人でも、ツールを使って、商品ページでアピールしましょう。

過去の楽天ランキングの入賞結果をキャプチャできるツールを探している人は「EC-UP」をご検討ください。

EC-UPでは、楽天デイリーランキングで1位の入賞結果を、商品ページに自動で表示する機能が備わっています。

シルバープランであれば、2018年まで遡って、デイリーランキング1位の入賞結果をキャプチャできます。今後の入賞の見逃しを防ぐためにも、ぜひEC-UPをご活用ください。

また、以下の動画では、EC-UPについて詳しく解説しています。ランキングの履歴を活かして売上を上げたい方は参考にしてください。

当サイト限定で、EC-UPの有料プランで使える50%の割引コードをご用意しました。
EC-UPをお得に利用したい方は、以下のクーポンコードをご活用ください。

【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS
EC-UPの公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)

申し込みはこちら!

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。