【2023年最新】よくわかる楽天SEO対策!アルゴリズムを分析

【2023年最新】よくわかる楽天SEO対策!アルゴリズムを分析の記事イメージができる写真

「楽天市場を使い始めたけど商品が売れない。」

「これから楽天市場を使いたいけど何をすればいいのかわからない。」

オンライン販売に慣れない方でこのようなお悩みをお待ちではないでしょうか?

楽天市場では、SEO対策がうまくいけば上位表示されオンライン販売でも売上を伸ばせますが、一方で対策をしなければ全く表品が売れません。

そこでこの記事では、楽天市場で売上をあげるために楽天SEOの知識から評価される項目、そして具体的な対策を紹介しています。

「改めて楽天市場で評価されるポイント知りたい」

「売上向上のために何をすればいいのか教えて欲しい」

そんな方に向けてわかりやすく解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

楽天SEO対策とは

楽天SEO対策とは大手ネットショッピングの楽天市場において、自社で販売する商品を検索結果の上位に表示させることです。

SEOはSearch Engine Optimizationの略称で、検索エンジンの最適化を意味しています。

一般的にはGoogleやYahoo!などの検索エンジンにおいて、記事を上位に表示させることを指します。

それぞれの検索エンジン毎にアルゴリズムが異なっているため、運営会社の特徴に合わせた対策が必要です。

楽天市場はオンラインショップ上のショッピングモールに近く、販売登録ができればどなたでもテナントとして出品が可能です。

対面のショッピングモールでは、同じ商品を扱う店舗が被らない配慮や、系統が異なるテナントは入れないことがありますが楽天市場にはありません。

そのためライバル店舗が多く、上位表示をさせなければオンライン販売を開始したにもかかわらず、成果が上がらない状況になりかねません。

商品を掲載すれば売れるだろうという甘い気持ちを捨て、楽天SEO対策をすることが売上向上に繋がる方法ですのでしっかりと対策をしていきましょう。

楽天SEO対策が必要な理由

楽天市場においてSEO対策が必要な理由としては大きく3つあります。

  • 商品の露出頻度の増加
  • 検索から商品を探すユーザーが多い
  • 費用をかけずに集客可能

それぞれのポイントについて順番にチェックしていきましょう。

商品の露出数の増加

楽天市場では数多くのショップが商品を販売しています。

多くの商品が並んでいる以上、どんなに他店より価格が安く、品質のよい商品であっても、見てもらえなければ意味がありません。

まずは買い手の目に触れる機会を増やせなければ、そもそも購入するきっかけにもならないのです。

上位表示されるとその分、商品ページを見てもらえる数も増えるため注文数のアップを狙えます。

仮に今まで露出数が100件、商品ページにアクセスした方が10件、注文した数が3件だった場合、露出数から注文される確率は3%です。

これが露出数1000件に増えた場合、注文率が同じ3%であっても30件まで数を伸ばすことができます。

露出数の増加は注文数を伸ばすために最も重要なポイントです。

検索から商品を探すユーザーが多い

楽天市場を利用し商品を購入する方の多くは、検索を利用して商品を探します。

その理由は楽天市場のトップページにあります。

楽天市場にアクセスした際に掲載される主な項目を上から並べてみます。

  • 検索画面
  • 楽天のキャンペーン
  • SPU↑ポイント適用対象
  • 最近チェックした商品
  • おすすめの商品
  • 種類別人気ランキング など

ご覧の通りトップページの中段まで進まなければ、過去調べた商品以外は表示されない状態になっています。

またネットショッピングは実店舗と異なり実物が見れないため、なんとなく商品をみて回る方は多くありません。

自分の欲しい商品や目的にあったキーワードを使い、最短で商品を探す傾向もあるためSEO対策が必要な理由です。

費用をかけずに集客可能

楽天市場で検索したあと表示される商品一覧ページは上位表示5つ程度が広告枠、6〜50が検索された文言に合致した商品ページです。

広告表示枠を活用すれば誰でも上位表示を獲得することができます。

しかし商品名の頭に[PR]の文言がつくことや、スマートフォンの普及に合わせてネット広告が増え、あえて広告表示を避けるユーザーも出てきました。

また広告表示枠はスマホですと1スクロール分、パソコンでは20商品ほどが一気に表示され、そのうち左上から5つしか表示されません。

そのため、広告枠を使えば必ず効果があるというわけではないことは留意しておきましょう。

広告を嫌うユーザーが増えたこともあり実質6番目に表示されたページから確認する利用者も少なくありません。

6番目に表示は楽天SEOの検索エンジンに適切に評価された商品ページが表示されるためお金を使わずに対策することが可能です。

なお広告表示される商品ページの数は、検索するキーワードと検索するデバイス(スマホorパソコン)によって異なります。

楽天SEOのアルゴリズムの中身

検索エンジンのアルゴリズムは運営するシステムによって異なり、Googleと楽天市場は別のアルゴリズムで検索結果を表示しています。

しかしどちらも利用するユーザーが、検索した意図にあったものを表示することを目指している点では同じです。

では楽天SEOのアルゴリズムが、具体的に何を評価しているのかをみていきましょう。

明確な評価項目は不明

結論を最初にお話しますと、楽天SEOは具体的な評価項目について名言していません。

今から楽天SEO対策をしよう!と気合いが入っていたにも関わらず、最初から話の腰を折ってしまい申し訳ございません。

でも評価項目がわからないからといって何も対策ができない訳ではありませんのでご安心ください。

どうやって対策を考えるかというと「楽天の公式発表の内容」と「実際に検索した際に表示される商品ページ一覧」から何が評価されているかを推測するのです。

楽天の公式発表、掲載ページから判断できる評価項目

楽天市場で出店する事業者向けに「プラットフォームの透明性及び公平性の

向上に関する取り組みについて」というガイドラインを出しています。

公式発表の一部を抜粋すると、以下の記載があります。

楽天市場の商品検索においては、主に①自然言語処理による検索キーワードと商品の関連性、②検索キーワード毎の商品の人気度をスコアリングして検索順位を決定しております。また、上記要素を常にモニタリング、反映しているため検索順位は常に変動します。

ガイドライン上には、大きく2点を評価していると明言されています。

①自然言語処理による検索キーワードと商品の関連性

②検索キーワード毎の商品の人気度をスコアリング

それぞれの詳細を見てみましょう。

①自然言語処理による検索キーワードと商品の関連性

検索キーワードと、商品の説明に出てくるキーワードの出現頻度や希少性を加味して商品のスコアリングを行っています。例えば、「軽い」という検索キーワードに対して、商品名や商品説明文で複数回商品の軽さについて説明されていた場合、「軽い」というキーワードに対して関連性が高いとみなします。

簡単にまとめると以下の通りです。

  • 出現頻度は検索された文字に合致するキーワードをなるべく多く出現させること
  • 希少性はライバルがおらず検索した文字と合致した場合高評価すること

②検索キーワード毎の商品の人気度をスコアリング

検索を行ったユーザーが、各商品にどう反応したかをモニタリングし、ユーザーが支持した商品に対して検索キーワードのスコアリングを高く評価します。

例えば、「マグカップ 軽量」と検索したユーザーが多く支持した商品に対して、「マグカップ 軽量」と検索された場合にスコアは高くなりますが、「マグカップ かわいい」と検索された場合支持されていない際は「マグカップ かわいい」という検索ではスコアを加点しません。

こちらも簡単にまとめると以下の通りです。

  • キーワード毎は、検索文字が異なれば、検索された分だけ個別で評価していること
  • 人気をスコアリングは、検索された商品でユーザーがどのような行動をとったかが評価されること

上記から読み解ける評価項目は以下になります。

項目評価基準
商品名
キャッチコピー
商品の説明文
販売実績
レビュー評価

◯:直接的に評価される

△:間接的に評価される

公式発表ではなく、掲載ページを見ることで楽天がどういった項目に着目しているかもわかります。

スマートフォン、パソコンで商品ページに表示される項目は異なりますが、現在表示される項目は以下になります。

(上記内容と重複する項目は表示しません。)

項目評価基準
サムネイル画像
商品価格
店名
クーポンの有無
配送料
ポイント倍率
ランキング入賞商品
スーパーDEAL
39ショップ
予定発送日(スマホ、パソコンでリスト表示)

◯:直接的に評価される

△:間接的に評価される

掲載ページに表示されている項目は公式発表で明言されている内容ではないため必ずしも評価されているとは限りません。

ただし楽天市場が2つの項目だけに注目して上位表示しているとは思えないですし、検索結果に表示される項目をしっかりと準備しておくことでユーザーメリットがあり最終的な販売実績に繋がります。

例えば販売実績を向上させるためは同じ製品であれば、値段が安い方が購入されやすいですし、印象的なサムネイルは商品ページをクリックされやすいなどが挙げられます。

そういった面で掲載項目は全て間接的に評価されると言えるでしょう。

評価項目から考える楽天SEO対策14選

ここまでどういった観点が評価されているか理解できたと思います。

ここから、それぞれの項目について、具体的なSEO対策についてお話ししていきます。

楽天SEO対策には大きく分けて2つあります。

1つ目が設定しておかなければ、そもそも表示されない必須の項目

2つ目が取り入れることで上位表示されやすくなる項目

まずは必須の項目ができていなければ、2つ目を取り組んでもそもそも意味がないので、1つ目から順に設定してください。

必須でやるべき設定

楽天市場を利用する方が検索して商品を探す以上、まずは適切な商品を適切な場所に登録しておくことは必須です。

最適な登録設定ができていなければ、オンラインショップ自体の評価にも大きく影響するからです。

例として、パソコンを買いたい場合にパソコンと検索をして、野菜が表示されるようなことがあれば、誰もそのサイトを信頼しませんよね?

そういったリスクを排除するため、楽天市場では適切なカテゴリに設定ができていなければ、商品が掲載されないこともあるため、まずは対策しておきましょう。

正しいディレクトリID、タグIDの設定

楽天SEO対策する上で、商品ごとにディレクトリIDとタグIDを選択しなければなりません。

ディレクトリIDとは、楽天市場におけるジャンルのことです。

楽天市場にはスポーツ、ファッションなどジャンルが細かく分かれていますので販売する商品にあったディレクトリを選択しましょう。

利用者は検索窓に具体的な商品名を入れるケース(Mac Bookなど)と、抽象度の高いキーワード(パソコン ハイスペックなど)を入れる場合の2通りで検索します。

後者の場合「PC・スマホ・通信→パソコン・周辺機器→パソコン」のようにジャンルを絞りながら欲しい商品を探すこともあります。

抽象度の高いキーワードでも検索に表示されるために、正しいディレクトリに設定することは大切です。

タグIDとは、商品の細かな分類のことです。

設定できる項目は、ディレクトリIDによって異なりますが、主なところでサイズやブランド名、色などの項目があります。

商品の特徴を誤って設定してしまうと、違う商品と思われることもあるため正確に入力しましょう。

タグIDも正しく設定されていなければ、検索時に表品が表示されないこともあるので注意しましょう。

評価項目と利用者ファーストで考える対策

公式発表と掲載ページから読み解ける評価項目は言い換えると「利用者が欲しいと思ったものが正しく探せて、利用者の満足度に貢献できる商品が買える状態」だと考えられます。

欲しい商品が見つかる、見つけた商品がお得買える、すぐ届くなど利用者にメリットがある項目を準備することで、楽天市場を利用するユーザーが増える構造です。

それでは、それぞれの項目について具体的にみていきましょう。

商品名などキーワードを設置する

まずは楽天市場が評価していると公式に明言している通り、キーワードを設定することが最重要です。

キーワード設置のポイントは大きく2つあります。

①キーワードの頻出頻度を多くする

②複数キーワードを用意する

まずは「①キーワードの頻出頻度を多くする」から解説します。

キーワードを入れられる場所には商品名、説明文、キャッチコピーがあります。

検索された用語の出現頻度が評価されるため、いずれの場所にもキーワードを必ず盛り込みましょう。

何度もキーワードを入れることで、この商品はどういった内容の商品かをシステム上に理解させることが可能です。

またキーワードとは、楽天市場の利用者が検索窓に入力する言葉のことです。

キーワードを設定する際は専門用語や難しい用語は控え、一般の方が使う言葉を入れることもポイントです。

なお商品名の登録上限数は127文字ですが、検索結果にはデバイスにより異なるものの前半の25〜30文字程度しか表示されません。

検索したユーザーは表示される文言に注目して、商品ページに遷移するため25文字程度に収めましょう。

その際わかりやすく、キャッチーなキーワードとともに記載することでより商品ページにアクセスしやすくなります。

次に「②複数キーワードを用意する」を解説します。

楽天市場の公式発表でも、キーワード毎にスコアリングしていることを明言しています。

そのため、検索される意図を事前に予測し複数キーワードを用意しておくことで、幅広く検索で表示される可能性があります。

例えば、「パソコン 高機能」だけでなく「パソコン 高機能 軽量 コンパクト ハイスペック」としておきましょう。

その際、高機能とハイスペックのように同じ意味であっても、言い方が異なればそれぞれのキーワードで評価されるため、取り入れるようにしましょう。

ただし無関係な用語を記載し、SEO対策を行うことはNGと発表されています。

選ぶ用語には十分注意して、準備してください。

キーワード分析について『楽天市場で成功するためのキーワード分析!ツールの活用から事例まで』という記事も参考にしてみてください。

販売実績が多い

公式発表にもあるとおり、検索したユーザーのアクションをスコアリングしています。

検索ユーザーのアクションには、クリック率や商品ページの滞在時間などの要素がいくつか存在します。

どの項目も重要ですが、検索したユーザーの最終的なアクションは「商品を購入したかどうか」です。

購入される≒信頼できる良い商品を販売している。と判断しているのです。

また販売実績には期間の観点があります。

商品ページ上では、2020年入賞ランキングと月間入賞ランキングが分かれて上位表示されています。

そのため掲載し始めた累計と期間を区切った販売実績の両方が、スコアリングされていると考えられます。

そのため後から参入した会社であっても販売実績が積み重ねれば上位に表示されるチャンスは多いと言えます。

店名がわかりやすい

ネットショッピングをするユーザーは、商品の実物を見ることができません。

そのため商品が怪しくないか、正規品を取り扱っているかを商品ページなどをもとに判断します。

その際店名が販売している商品と関連が高い名前を使用していると、利用者にとって信頼できるでしょう。

例として、パソコンを販売している場合、「パソコンショップ●●」のように入っているとパソコンが販売しているお店と判断できます。

一方で「家具の●●」と記載してあった場合どうでしょう?

注文した商品が届くのか少し不安になりますよね。

その際、レビューなどをみて信頼できる販売店かを利用者は判断することになりますが、その分選ぶ負担を与えています。

販売実績をあげるためにはお客様に負担を与えないことも重要です。

商品価格が他より安い

料金の価格も売上実績をあげるために重要な要素です。

同じ商品を購入する際、安い方がお客様に選ばれやすいです。

価格は商品だけでなく配送料を含みますし、最近ではポイントが実店舗やネット上でも使えることからポイント還元数と合わせて比較するユーザーも増えています。

配送料が安いまたは無料

最近ではAmazonを筆頭に送料無料がネットショッピングでは、当たり前のようになっています。

また楽天市場もAmazonに負けている理由は送料の有無にあるとして、提携するテナントに配送料を0円にするように働きかけニュースになったことがあります。

引用:楽天市場、原則「送料無料」に 独禁法違反の指摘も

それほど送料の有無により、商品の選ばれやすさが違うという裏付けでもあります。

そのため配送料はできる限り安く設定することをおすすめします。

ポイント還元率が高い

ポイントが楽天市場だけでなく、提携している他のオンラインショップや実店舗でも利用できるようになりました。

ポイントがより現金に近い感覚に近づいてきたように思えます。

楽天市場も商品の価格、配送料だけでなく、ポイント還元率を意識しています。

その証拠は2つあり、1点目が楽天DEALが商品ページに表示されていることです。

2点目がスマートフォンで商品を検索→絞り込みを選択した際、ポイント還元額を商品料金から差し引いて表示が選べる点です。

過去はポイントを差し引いて表示する条件は用意されていませんでした。

その分ユーザーがポイントに敏感になっている証であり、楽天もポイントを意識していると考えられます。

CTR(クリック率)、転換率(CVR)が高い

販売実績はユーザーの最終アクションですが、購入前の行動として商品ページのクリック率と転換率も間接的に評価されていると考えられます。

クリック率は商品ページのクリック数/表示件数で表され、商品一覧に並べた際に自社の商品ページがどれだけ選ばれているかが判断できます。

転換率は注文数/クリック数で表され、商品ページをみたユーザーがどれだけ商品を購入しているかを判断できます。

どちらも購入前に必要な行動のため、率が高いほど良い商品を出していると判断できます。

発送を早くする(あす楽に対応する)

発送期間は商品ページに掲載されるため間接的に商品購入に繋がります。

商品を調べているユーザーは何かしらの目的を持って商品を検索しています。

商品を買っても到着までに期間が長ければ、達成したい目的の期日に間に合わないかもしれません。

なるべく早く発送することはユーザーファーストにも繋がるため、できればあす楽に対応するようにしましょう。

レビュー評価の数が多く、質が高い

商品一覧で並び替えをする際もレビュー評価が良い順があることから、レビューの質は一定の評価がされていると考えられます。

またレビュー評価が高ければ信頼できるショップとして、転換率も高くなる傾向にあります。

そのため多くのテナントでレビュー評価を促す取り組みをされています。

しかしながら以前はレビュー数を重視する傾向がありましたが、ポイント還元などでレビュー数を買うような取り組みが頻発し、評価項目としての優先順位は低くなっています。

このように楽天SEOは定期的なアップデートによって、検索順位は変更されているため、トレンドに対応していく必要があります。

レビュー対策におすすめなのが、らくらくーぽんです。商品を発送後に、らくらくーぽんが自動的にメールを送ってくれます。レビューを書いてくれたお客様に、自動でクーポンを送るサービスもあり、レビュー数を増やす効果が期待できます。

らくらくーぽん【初期費用無料】や【無料モニター期間を60日に引き伸ばす】体験はコチラから申し込み可能です。

サムネイル画像にこだわる

検索結果画面でユーザーの目に真っ先に飛び込んでくる情報がサムネイル画像です。

そのためサムネイル画像を最適化できていなければ、上位表示できていてもクリック数が伸び悩みます。商品画像は複数設定できますが、検索結果画面に表示されるのは一枚だけとなるため、特徴やバリエーションが一目でわかるようにすることが大切です。

また商品名にキーワードを盛り込むにあたり、サムネイル画像に商品名と型番を記載する方法もあります。

商品紹介画像はなるべく多くする

商品画像は商品の具体性を表すために重要です。

文章で買い手の想像を膨らませることより、画像で見せた方がユーザーの理解促進に繋がります。

数は多ければ多い方が良いというよりは、商品の特性に合わせて複数枚以上は表示した方がユーザーにとって良いでしょう。

商品紹介に動画を入れる

最近では商品画像に動画を入れられるようになりました。

確実に評価されているかは、はっきり言えないものの動画を掲載しているページが上位に表示されている傾向が強いです。

また画像より動画を載せている方がユーザーにとってもわかりやすいことから評価ポイントでなくても載せるメリットは大きいです。

広告枠を使う

最後は楽天の広告枠を利用することです。

指定したキーワードで確実に上位表示することができますし、商品が購入された場合、販売実績にカウントされます。

掲載当初は販売実績がなかなかあがらず検索キーワードだけでも対策に限界があるでしょう。

その場合、短期的に広告枠を利用することで販売実績を積み、後々広告費を払わず上位表示を狙う方法もあります。

楽天SEOのキーワードを選ぶ4つのポイントとツール紹介

楽天SEO対策では、キーワードの設定が重要です。

ただどうやって選べばいいのかわからない方に向けて、ここではキーワードの選び方を4つと合わせて使用可能なツールもご紹介します。

  • サジェストキーワード
  • 関連キーワード
  • キーワード広告ツール
  • 季節、イベントキーワード

それぞれ具体的なやり方について説明します。

サジェストキーワード

サジェスト機能とは、ユーザーが検索窓から商品を調べる際に、特定の文言を打つとよく検索されるキーワードを表示する仕組みのことです。

表示されるキーワードは、楽天市場上でよく使われる文言のため、言い換えるとユーザーがよく検索する言葉でもあります。

そのためサジェストキーワードを商品名や説明文に掲載することで、ユーザーの検索に引っかかり上位表示することができます。

サジェストキーワードで使用できるツールはいくつかありますが2つほど紹介します。

サジェストキーワード一括取得ツール

https://xn--hck1ajf9e.com/suggest.php?SCH=rakuten

※読み込み時間が長いが表示されるキーワード数が多いです。

KOUHO.jp

https://kouho.jp/

※SSL化に対応していないため、読み込み時間が短いです。

関連キーワード(パソコンのみ)

関連キーワードとは特定の文言で検索した後、次のページに移行する前に楽天市場から関連するキーワードとして表示されるものです。

1ページ目に期待する商品がなかったのであれば、絞り込んではどうでしょう?と楽天市場から提案されているキーワードです。

例えば、楽天市場で「パソコン」と検索すると、「ノートパソコン」「デスクトップパソコン」「パソコンデスク」などが表示されます。

キーワード広告ツール

楽天市場の広告枠に表示する際に利用する「キーワード広告ツール」を活用します。

ツール内の「サーチワード広告」に入り、検索表示したいキーワードを入力します。

入力後キーワードに関連した複数のキーワードやキーワード毎の検索ボリューム、広告単価などが確認できます。

調べた結果から商品ページ内容に合致し、検索ボリュームが多く、単価が高いキーワードを選びます。

ポイントはライバルが少なすぎず、多くないスモールキーワードを狙うことです。

パソコンやiPhoneのような誰もが検索するワードは表示される可能性が高いもののその他大勢に埋もれてしまい上位表示することが難しいです。

そのため、パソコン 計量 高性能 など複数のキーワードを組み合わせたものを選ぶようにしましょう。

季節、イベントキーワード

「母の日」「敬老の日」「クリスマス」など記念日やイベントの時期は、イベント名と合わせて商品を検索するユーザーが増えます。

例えば母の日の場合、具体的に渡したいものと渡す相手の特徴がわかっていれば「財布 コンパクト」と検索することができます。

しかし商品が決まっていなければ「母の日 プレゼント」のように何か渡すものでおすすめをみて判断したいと考える方も多いです。

そのため、イベント前などは商品名や説明文、キャッチコピーにキーワードを入れておくことで上位表示が狙えます。

代表的な季節ワードは「正月」「バレンタイン」「ホワイトデー」「母の日」「父の日」「子供の日」「誕生日」「お中元」「ハロウィン」「クリスマス」などがあります。

楽天市場でのアクセスを増やす方法は『楽天市場でアクセス数を増やす方法!取り組み施策を紹介
楽天市場のリサーチツールについては『楽天リサーチツール&楽天分析ツールおすすめ比較(無料・有料)
を合わせてご覧ください。

まとめ

楽天市場で売上を高めていくためには、楽天SEO対策が欠かせません。

しかしながら楽天SEOの検索アルゴリズムの具体的な対策方法は開示されていません。そのため、楽天市場から正式に発表していることを頼りに対策を進めることが重要です。

確実に評価されている項目として、キーワードの掲載頻度、複数のキーワード設定(検索キーワード毎の検索順位の変動)、販売実績(検索したユーザーのアクション)があります。

評価されている項目に付随して、商品画像の数や動画の掲載などユーザーが検索した際、わかりやすく、魅力的に映るコンテンツを作成することも間接的に評価されているため対策を講じましょう。

ただし楽天の検索アルゴリズムは日々変化しており、1度対策すれば終わりではありません。ユーザーにとって満足できるECサイトであるために検索アルゴリズムも変更されていますので定期的にPDCAを回して対策していくことが重要です。

Q
楽天のSEO対策は何をしたらいいですか?
A

楽天のSEO対策は、キーワードリサーチを行ったり、商品ページのタイトルタグを最適化したり様々な方法で楽天内でのSEO効果を高めることができますしかし、楽天内のSEOは継続的な作業が必要であるため、定期的な更新や改善を行うことも重要になります。

Q
楽天のSEO順位はどうやって決められていますか。
A

楽天のSEO順位は、検索エンジンのアルゴリズムに基づいて決定されます。楽天のアルゴリズムは、多くの要因を考慮して検索結果をランキングしますが、その詳細は公開されていません。キーワードの使用頻度・コンテンツの質といった様々な項目にちなんでランキングが決定されているといえるでしょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。