楽天リサーチツール&楽天分析ツールおすすめ比較(無料・有料)

楽天リサーチツール&楽天分析ツールおすすめ比較(無料・有料)の記事をイメージできる写真

楽天市場は日本を代表する大規模なオンラインショッピングモールであり、多くの企業や個人がビジネスを展開しています。この競争が激しいマーケットで成功を収めるためには、適切な戦略と効果的なツールの活用が欠かせません

この記事では、楽天市場でのビジネス成功の重要性と、リサーチツールと分析ツールの活用の意義について詳しく解説します。楽天運用を任せられる管理ツール「EC-UP」の紹介もしているので、楽天市場で売上を伸ばしたい事業者は参考にしてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

楽天リサーチツールと分析ツールの活用の意義

楽天リサーチツールと分析ツールの活用の意義をイメージされる写真

リサーチツールと分析ツールは、楽天市場でのビジネス成功に役立つ情報やデータを収集・分析するための重要な手段です。以下に、その活用の意義をいくつか挙げます。

お客様のニーズの理解

楽天市場を運用する際は、ユーザーのニーズや嗜好を把握することが大切です。リサーチツールを使って市場調査を行い、適切な商品展開や価格設定をしましょう。

市場動向の把握

市場の動向やトレンドを調査することで、新たなビジネスチャンスを見つけられます。適切なタイミングで商品のラインナップの更新もできるため、売れ筋商品を見逃しません。

競合分析

競合分析では、ライバル企業の取り組みや強み・弱みを調査できます。自社の戦略を練る上で有益な情報を得られるため、ライバルになりうるショップの情報は随時調査していく必要があるでしょう。

自社サイトの改善

分析ツールを使って自社サイトのデータを解析することで、ユーザビリティの向上やコンバージョン率の最適化など、サイト運営の改善点が見つけられます。これにより、より多くの顧客を獲得し、リピート率を向上させることが可能となります。

楽天無料リサーチツールおすすめ比較

「楽天無料リサーチツールおすすめ比較」をイメージさせる画像

これから紹介する無料リサーチツールは、それぞれ異なる目的で活用できるため、ビジネスにおいて市場分析や競合分析、顧客ニーズの把握に役立つでしょう。

適切なツールを選択し、効果的に活用することで、楽天市場でのビジネス成功につながる情報を収集できます。楽天無料リサーチツールは、以下の3つのツールが特に注目されています。

Google トレンド

Google トレンドは、インターネット上での検索キーワードの人気度やトレンドを調査するための無料ツールです。特定のキーワードやトピックに関する検索回数の推移を時系列で確認できるため、市場動向の把握や商品開発、マーケティング戦略立案に役立ちます

また、地域別や関連キーワードの検索データも取得できるため、ターゲットエリアや関連する市場を調査する際にも有用です。

Googleトレンド公式サイトはこちら

SimilarWeb

SimilarWebは、ウェブサイトやアプリのトラフィックやユーザー行動を分析するための無料ツールです。訪問者数、滞在時間、直帰率、流入元などの各種指標を把握できます。

競合他社のウェブサイト分析に活用することで、自社サイトとの比較や差別化ポイントを明確にすることができます。また、業界全体の動向や市場シェアの調査にも利用できるため、市場分析にも役立ちます。

SimilarWeb公式サイトはこちら

SurveyMonkey

SurveyMonkeyは、オンラインアンケート作成・配信・集計が可能な無料ツールです。独自のアンケートを簡単に作成し、顧客やユーザーに配信することができます。

回答データを自動的に集計・分析し、グラフや表で表示することができるため、顧客満足度調査やニーズ分析、市場調査などに活用できます。また、プレミアムプランでは、より詳細な分析機能や回答者の属性情報なども取得できます。

SurveyMonkey公式サイトはこちら

楽天有料リサーチツールおすすめ比較

「楽天有料リサーチツールおすすめ比較」をイメージさせる写真

有料の楽天リサーチツールは、無料ツールよりも高度な機能や詳細な分析が可能です。楽天市場でのビジネス成功に向けて、これらのツールを効果的に活用し、競争力を高めることが重要です。

また、無料ツールと有料ツールを組み合わせて使うことで、さらに効果的なリサーチが可能となります。楽天有料リサーチツールは、以下の3つのツールが特に注目されています。

SEMrush

SEMrushは、SEO(検索エンジン最適化)やPPC(ペイ・パー・クリック)キャンペーン、コンテンツマーケティング、競合分析に特化した有料リサーチツールです。月額の料金プランは、以下の通りです。

  • Proプラン:142.95ドル
  • Guruプラン:274.95ドル
  • Businessプラン:549.95ドル

Proプランは個人事業主やフリーランスの方に推奨され、Guruプランは中小企業、Businessプランは大企業向けとされています。

キーワードリサーチやサイトの技術的な問題の特定、バックリンク分析、競合他社の広告戦略の分析など、幅広い機能を提供しています。これにより、楽天市場でのビジネス展開において、検索エンジンでの集客力を高めることができます。

SEMrush公式サイトはこちら

Ahrefs

Ahrefsは、SEOやバックリンク分析を行うための有料リサーチツールです。ウェブサイトのSEOパフォーマンスを詳細に把握し、キーワードリサーチやコンテンツリサーチ、競合サイトのバックリンク戦略の分析が可能です。

さらに、リアルタイムでバックリンク情報を取得することができるため、最新の情報を元に戦略を立てることができます。これにより、楽天市場での競争力を向上させることが期待できます。月額の料金プランは、以下の通りです。

  • ライト:12,500円~
  • スタンダード:25,000円~
  • アドバンスド:50,000円~
  • エンタープライズ:125,000円~

ライトプランの場合でも、競合分析やキーワードエクスプローラーが使えます。試しにAhrefsを使いたい方は、ライトプランから始めるといいでしょう。

Ahrefs公式サイトはこちら

Brand24

Brand24は、ソーシャルメディアやウェブ上でのブランドやキーワードに関する言及や評判をリアルタイムで監視・分析するための有料リサーチツールです。

ネット上の口コミや評判、ブランドイメージに関する情報を収集し、分析レポートを作成できます。これにより、楽天市場でのビジネスにおいて、顧客満足度の向上や、ブランド力の強化に取り組めるでしょう。

月額の料金プランは以下の通りです。

  • 個人:79ドル
  • チーム:149ドル
  • プロ:199ドル
  • 企業:399ドル

1つのショップを運営している場合は、個人プランでも十分な機能が備わっています。すべてのプランにAI機能が搭載されているため、まずは個人プランで試用してみてください。

BRAND24公式サイトはこちら

楽天無料分析ツールおすすめ比較

「楽天無料分析ツールおすすめ比較」をイメージさせる写真

無料分析ツールを活用することで、楽天市場でのビジネス成功に向けて、ウェブサイトの改善やマーケティング戦略の最適化が可能です。

また、有料ツールと併用することで、さらに効果的な分析が行えるでしょう。以下の3つの楽天無料分析ツールが、特に注目されています。

Google アナリティクス

Google アナリティクスは、ウェブサイトのトラフィックやユーザー行動を詳細に分析できる無料の分析ツールです。訪問者数、滞在時間、ページビュー、直帰率、コンバージョン率など、さまざまな指標を把握できます。

これにより、楽天市場でのビジネスにおいて、顧客のニーズやサイトの問題点を見つけることができ、改善策を立てられます

Googleアナリティクス公式サイトはこちら

Hotjar

Hotjarは、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス(UX)を改善するための無料分析ツールです。ヒートマップやユーザーセッションのリプレイ機能を提供しており、訪問者の行動やページの使い勝手を可視化することができます。

これにより、楽天市場でのビジネスにおいて、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、コンバージョン率を高めることが期待できます。

HOTjar公式サイトはこちら

ページスピード インサイト

ページスピード インサイトは、Googleが提供する無料の分析ツールで、ウェブサイトのページの読み込み速度を測定・分析することができます。

モバイルとデスクトップの両方の環境でのパフォーマンスを評価し、改善すべき点を具体的に提示します。これにより、楽天市場でのビジネスにおいて、ページの読み込み速度を向上させることで、ユーザーエクスペリエンスを高められます。

ページスピードインサイト公式サイトはこちら

楽天有料分析ツールおすすめ比較

「楽天有料分析ツールおすすめ比較」をイメージさせる写真

これらの有料分析ツールを活用することで、楽天市場でのビジネス成功に向けて、より詳細かつ効果的な分析が可能となります。また、無料ツールと併用することで、さらに幅広い分析が行えるでしょう。特に注目されている3つの楽天有料分析ツールを紹介します。

Adobe Analytics

Adobe Analyticsは、ウェブサイトやアプリケーションのパフォーマンスをリアルタイムで分析できる高度な分析ツールです。料金は、サイトの規模によって異なります。

訪問者数、ページビュー、コンバージョン率などの基本的な指標に加え、カスタムイベントやセグメントの分析も行えます。これにより、楽天市場でのビジネスにおいて、より深い洞察を得て、効果的なマーケティング戦略を立てられるでしょう。

Adobe Analytics公式サイトはこちら

Crazy Egg

Crazy Eggは、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス(UX)を改善するための分析ツールです。料金は、サイトの規模により異なります。ヒートマップ、スクロールマップ、クリックマップなどの視覚化機能を提供し、訪問者の行動やページの使い勝手を分析できます。

これにより、楽天市場でのビジネスにおいて、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、コンバージョン率を高めることが期待できるでしょう。

crazyegg公式サイトはこちら

Mixpanel

Mixpanelは、ユーザー行動分析を専門に行う分析ツールです。イベントベースのトラッキングを活用して、ユーザーのアクションやエンゲージメントを詳細に分析できます。

また、ファネル分析やコホート分析などの高度な分析機能も提供しており、ユーザーの継続的なエンゲージメントを向上させる戦略を立てられます。mixpanelの月額の有料プランは、以下の通りです。

  • GROWTH:20ドル
  • ENTERPRISE:833ドル

mixpanel公式サイトはこちら

リサーチツールと分析ツールの組み合わせの効果的な使い方

「リサーチツールと分析ツールの組み合わせの効果的な使い方」をイメージさせる写真

リサーチツールと分析ツールを組み合わせることで、より効果的な戦略立案や実行が可能になります。以下に、それぞれのツールの連携による効果的な使い方を説明します。

ニーズ分析と市場動向の把握の連携

リサーチツール(例: Google トレンド、SEMrush)を使って、楽天市場での需要や市場動向を分析しましょう。これにより、ターゲットとなる顧客のニーズを把握できます。

一方、分析ツール(例: Google アナリティクス、Adobe Analytics)を使って、自社サイトやアプリのユーザー行動やコンバージョン率を分析します。これらの情報を組み合わせることで、市場ニーズに合わせた戦略や最適なターゲティングを行うことができます。

競合分析と自社サイトの改善の連携

リサーチツール(例: Ahrefs、SimilarWeb)を使って、競合他社のウェブサイトや楽天市場でのパフォーマンスを分析しましょう。これにより、競合が強みを持っている分野や、改善の余地がある分野を把握できます。

一方、分析ツール(例: Hotjar、Crazy Egg)を使って、自社サイトのユーザーエクスペリエンス(UX)やコンバージョン率の改善点を特定します。競合分析の結果と自社サイトの改善点を組み合わせることで、競争力のある戦略を立てやすくなります

これらの連携を活用することで、楽天市場でのビジネス成功に向けて、より効果的な戦略立案や実行が可能となります。リサーチツールと分析ツールを最大限に活用し、市場のニーズや競合状況を把握しながら、自社サイトやアプリの改善を行いましょう。

楽天ショップ運営の最強ツール「EC-UP」で売上アップを目指そう

EC-UPでは、分析やリサーチをする手間が省け、購買意欲につながるランキング1位のアピール画像やレビュー画像を作成してくれます。楽天市場のガイドラインに準拠した画像を自動で表示してくれるため、安心して使用できるでしょう。

EC-UPとは、楽天のスマホページを整備し、転換率や回遊率向上をめざすマーケティングツールです。AIの自動運用により、これまで以上の売上アップをめざせます。EC-UPでできることは、主に以下の通りです。

  • 類似商品自動表示
  • 同時購入商品の自動表示
  • 楽天ランキング1位獲得をアピール
  • 高レビュー商品を自動アピール
  • パンくずリストの自動表示
  • お気に入り追加ボタンの自動表示
  • 新着商品の自動表示
  • 再販商品の自動表示
  • 更新日の自動表示

楽天市場での売上を増やし、転換率や回遊率も上げたい事業者は、EC-UPの機能を活用することをおすすめします。

当サイト限定で、EC-UPの有料プランで使える50%の割引コードをご用意しました。
EC-UPをお得に利用したい方は、以下のクーポンコードをご活用ください。

【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS
EC-UPの公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)

申し込みはこちら!

実際の成功事例

「実際の成功事例」をイメージさせる写真

事例1: スポーツ用品のECサイト

あるスポーツ用品のECサイトは、無料リサーチツール(例: Google トレンド、SimilarWeb)を使用して、楽天市場内でのスポーツ用品の需要やトレンドを調査。

また、有料リサーチツール(例: Ahrefs、SEMrush)を使って競合他社のキーワード戦略やバックリンクプロファイルを分析しました。これにより、ターゲットとなる顧客のニーズを把握し、効果的なプロモーション戦略を立てました。

さらに、無料分析ツール(例: Google アナリティクス、ページスピード インサイト)および有料分析ツール(例: Adobe Analytics、Hotjar)を使用して、自社サイトのユーザー行動やコンバージョン率を分析しました。

その結果、サイト内の検索機能やカート機能の改善が必要であることが判明しました。これらの改善を実施したことで、ECサイトの売上が大幅に向上しました。

事例2: ファッションブランドのECサイト

あるファッションブランドのECサイトは、無料リサーチツール(例: SurveyMonkey、Google トレンド)で、楽天市場内のファッション業界の動向や顧客ニーズを調査しました。

また、競合他社のウェブサイトや楽天市場でのパフォーマンスを分析することで、市場のギャップを見つけ出しました。

その後、無料分析ツール(例: Hotjar、Google アナリティクス)および有料分析ツール(例: Crazy Egg、Mixpanel)を使用して、自社サイトのユーザーエクスペリエンス(UX)やコンバージョン率を分析し、改善点を特定しました。

これらの改善を実施したことで、ECサイトのコンバージョン率が大幅に向上し、売上が増加しました。

事例3: インテリア雑貨のECサイト

あるインテリア雑貨のECサイトは、無料リサーチツール(例: Google トレンド、SimilarWeb)を使って、楽天市場内のインテリア雑貨市場の動向を調査。また、有料リサーチツール(例: Brand24、Ahrefs)を使って、競合他社のSNS戦略やキーワード戦略を分析しました。

さらに、無料分析ツール(例: Google アナリティクス、ページスピード インサイト)および有料分析ツール(例: Adobe Analytics、Mixpanel)を活用して、自社サイトのユーザー行動やコンバージョン率を分析しました。

これにより、サイトデザインや商品レイアウトの改善点が特定され、インテリア雑貨のECサイトは競争力を向上させて売上が大幅増加します。

リサーチツールと分析ツールの組み合わせにより、各ECサイトは市場のニーズを把握し、競合分析を行い、自社サイトの改善を進めました。これらのツールの効果的な活用により、楽天市場でのビジネス成功へと繋がりました。

まとめ

「まとめ」をイメージさせる写真

楽天市場でのビジネスの成功を目指して、リサーチツールと分析ツールの活用は非常に重要です。

無料および有料のリサーチツール(例: Googleトレンド、SimilarWeb、SEMrush、Ahrefs)を使って市場動向また、無料および有料の分析ツール(例: Google アナリティクス、Hotjar、Adobe Analytics、Mixpanel)を活用することで、自社サイトのユーザー行動や行動率の分析が可能となり、サイト改善に役立つことができます。

これらのツールを効果的に組み合わせて使用​​することで、楽天市場での競争力を向上させ、売上を増加させることが期待できます。

EC-UPでは、楽天市場のスマホページを整備して売上アップを目指せます。難しい操作や分析をせず、自動で運用してくれるため、興味のある方は一度お試しください。以下にクーポンコードを載せておきます。

当サイト限定で、EC-UPの有料プランで使える50%の割引コードをご用意しました。
EC-UPをお得に利用したい方は、以下のクーポンコードをご活用ください。

【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS
EC-UPの公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)

申し込みはこちら!

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。