楽天ランキングを表示させる方法をデバイスごとに解説!おすすめツールも紹介

楽天ランキングとは?をイメージできる画像

「楽天ランキングを表示させる方法がわからない」などと悩んでいる方もいるでしょう。

楽天ランキングを表示させる方法はデバイスごとにより異なりますが、手順は難しくありません。

そこで本記事では、デバイスごとで楽天ランキングを表示させる方法や、楽天ランキングの活用方法などを解説します。

本記事を最後まで読めば、楽天ランキングをスムーズに表示できるようになりますので、参考にしてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

楽天ランキングとは?表示できる種類

楽天ランキングとは?表示できる種類をイメージできる写真

楽天ランキングとは、楽天市場に出品されている商品の人気度合いを表す指標です。楽天ランキングからは、商品の需要やトレンドを把握できるため、売り上げ予測やマーケティング戦略を立案するのに役立てられます。

楽天ランキングは、次の6種類あります。

  • リアルタイムランキング
  • デイリーランキング
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング
  • 年間ランキング
  • ジャンル別ランキング

いずれも、商品の人気度合いを表す重要な指標です。ランキングごとの特徴を解説します。

リアルタイムランキング

リアルタイムランキングとは、実際の時間帯で人気の高い商品を表す指標です。300位まで表示されます。リアルタイムランキングからは、現在のトレンド商品を把握できるため、せどりを行っている方には、とくに重要な指標といえます。

また、ランキングの更新頻度が20分毎に行われるため、入賞商品の入れ替えが激しいです。言い換えれば、小型店舗でも、入賞できるチャンスがあります。入賞実績が欲しい方は、まずはリアルタイムランキングへの入賞を目指すことがおすすめです。

デイリーランキング

デイリーランキングとは、過去24時間における商品の人気度合いを表す指標です。1,000位まで表示されます。リアルタイムランキング同様に、その時々のトレンド商品を把握できます。デイリーランキングをチェックして、日々の市場の変動に対応しましょう。

週間ランキング

週間ランキングとは、過去1週間における商品の人気度合いを表す指標です。300位まで表示されます。ランキング更新は1週間ごとですので、一度入賞すれば、商品ページへのアクセス数増加が期待できます。

週間ランキングを確認して、中期的なトレンドを把握して、施策の立案に役立てましょう。

月間ランキング

月間ランキングとは、楽天モールで過去1ヶ月における商品の人気度合いを表す指標です。300位まで表示されます。月間ランキングに入賞するには、商品がコンスタントに売れる必要があります。したがって、リアルタイムランキングやデイリーランキングに比べると入賞が難しいです。

そのため、はじめから月間ランキングを狙うのではなく、リアルタイムランキングやデイリーランキングなどへの入賞を目指しましょう。

年間ランキング

年間ランキングとは、楽天市場の過去1年間における商品の人気度合いを表す指標です。30位まで表示されます。入賞枠は少ないですが、一度でも入賞すれば、多くのユーザーに自社商品をリーチできます。

ジャンル別ランキング

ジャンル別ランキングとは、商品のジャンルごとの人気度合いを表す指標です。ジャンルは細かく区分されているため、比較的、入賞しやすいランキングといえるでしょう。実際、レディースファッションのトップスというジャンルだけでも、次の項目があります。

  • Tシャツ
  • カットソー
  • タンクトップ
  • シャツ・ブラウス
  • ポロシャツ
  • キャミソール
  • ベアトップ・チューブトップ
  • カーディガン・ボレロ
  • ベスト・ジレ
  • アンサンブル
  • ニット・セーター
  • セーター
  • ニットパーカー
  • ニットキャミソール
  • その他
  • パーカー
  • スウェット・トレーナー

さらには、ジャンルごとに「リアルタイムランキング」「デイリーランキング」「週間ランキング」が用意されています。そのため、ジャンル別ランキングは、一番入賞しやすいランキングといっても過言ではありません。

勝ちやすい市場を見極めて、特定のジャンルに特化した店舗を運営すれば、効率的に売上を高められる可能性があります。

楽天ランキングはアピールしよう!表示の基礎と対策

楽天ランキングはアピールしよう!表示の基礎と対策をイメージできる写真

楽天ランキングの入賞実績は、商品ページに掲載できます。入賞実績があるだけでも、商品の購入率は変わってくるでしょう。たとえば、似たような商品で、1位の獲得実績があるものと、入賞実績が掲載されていない商品があるとします。

この場合、1位の獲得実績のある商品を購入するのではないでしょうか。「安心して商品を購入したい」というユーザー心理があるため、入賞実績が掲載されているか否かで、商品の購入率は変動することが考えられます。

ここでは、入賞結果の活用法や注意点などを紹介します。

楽天ランキングはレビューと一緒に載せられる

楽天ランキングの入賞結果は、単体で掲載できるほか、レビューと一緒に載せられます。商品を購入したユーザーからの本音(レビュー)も掲載することで、よりユーザーに安心感を与えられるでしょう。結果として、商品の購入率を高められる可能性があります。

また、レビューは一部のみを抜粋することも可能です。抜粋を活用して、ユーザーにより安心感を与えられる商品ページにしましょう。

楽天ランキング表示ガイドラインの概要

楽天ランキングの入賞結果を掲載するなら、次の項目を含める必要があります。

  • ランキング入賞日時
  • ランキングの種類
  • ジャンル(複合ジャンルは除く)
  • 絞り込み条件(絞り込みを行った場合のみ掲載)
  • 順位

入賞結果を掲載するなら、楽天ランキングの表示ガイドラインを遵守しましょう。

ガイドラインの注意点

ガイドラインの注意点は次の2つです。

  • 楽天市場以外でもガイドラインは適用される
  • 勘違いされるような実績は掲載しない

ガイドラインを怠った場合のペナルティも紹介しますので、安心して店舗運営するためにも参考にしてください。

楽天市場以外でもガイドラインは適用される

楽天ランキングの入賞結果を掲載するなら、商品購入後のメールやホームページなど、媒体を問わずガイドラインを遵守する必要があります。

勘違いされるような実績は掲載しない

明確な実績を掲載する必要があります。たとえば、レディースファッションの「カットソー」というジャンルで、リアルタイムランキングの1位を獲得したとします。この場合「レディースファッションのリアルタイムランキングで1位を獲得」などと掲載することはNGです。

上記のケースは、メインのジャンルはレディースファッションですが、正しいジャンルは「レディースファッションのカットソー」です。レディースファッションという表記だけであれば、誤解を招くでしょう。

以上のように、勘違いされるような実績を掲載することはNGです。

ガイドラインを怠った場合のペナルティ

ガイドラインを怠った場合、次のペナルティが発生する可能性があります。

  • 入賞結果の掲載制限
  • 商品の検索順位の低下
  • 違約金
  • 契約終了

とくに、契約終了となれば、楽天市場で店舗運営ができません。商品ページへの流入が1つでもなくなることは、大きな痛手です。そのため、ガイドラインは必ず守りましょう。

楽天ランキングの表示方法(調べ方)

楽天ランキングの表示方法を、パソコンとスマートフォンに分けて解説します。操作方法はかんたんですが、デバイスにより、操作手順が少し異なります。スムーズにランキングを表示させられるためにも、楽天ランキングの表示方法をおさえておきましょう。

スマートフォンで楽天ランキングを表示させる方法

楽天ランキングでは、大きく次の2つを調べられます。

  • 総合ランキング
  • ジャンル別ランキング

スマートフォンで上記のランキングを表示させる方法を解説します。

総合ランキング

スマートフォンで総合ランキングを表示させるには、まず楽天市場を開きます。その後、画面左上の3本線をタップしましょう。

スクロールバーが出てくるため、下にある「ランキングから探す」をタップします。

すると、楽天市場の総合ランキングが1位から表示されます。

総合ランキングを表示させる操作は以上です。

ジャンル別ランキング

スマートフォンでジャンル別ランキングを表示させるには、まず楽天市場を開きます。その後、画面左上の3本線をタップしましょう。

総合ランキングを調べる際、同様にスクロールバーが表示されます。下部にある「ジャンルから探す」をタップしましょう。

この画面では、ジャンルが一覧で表示されます。今回は「レディースファッション」をタップしてみます。

レディースファッションの中でも、さらに細分化されたジャンルが表示されます。今回は「ワンピース」をタップします。

「ワンピース」のランキングが表示されます。

ジャンル別ランキングを表示させる操作は以上です。

パソコンで楽天ランキングを表示させる方法

パソコンで「総合ランキング」と「ジャンル別ランキング」を表示させる方法を解説します。

まずは、楽天市場を開きます。画面左上の「ランキング」をクリックしましょう。

この画面では、総合ランキングが「デイリー」と「リアルタイム」に分かれて表示されます。それぞれのタグをクリックすれば、デイリーとリアルタイムのランキングを確認できます。

ジャンル別ランキングを調べるには、同画面の左下にあるジャンルをクリックしましょう。「メンズファッション」をクリックすれば、メンズファッションのランキング画面に移ります。

また、ジャンルにカーソルを合わせることで、細分化されたジャンルも表示できます。

以上でパソコンから楽天ランキングを表示させる操作は以上です。スマートフォンよりもパソコンの画面のほうが見やすいため、ランキングをじっくり調べたい方はパソコンでの操作がおすすめです。

楽天ランキングに入賞するためのおすすめツール6選

楽天ランキングに入賞するためのおすすめツール6選をイメージできる写真

楽天ランキングに入賞するためのおすすめツールを次の6つ紹介します。

  • EC-UP
  • EC-タスキー
  • 伝令くんGOLD 
  • 毎日伝令くんGOLD
  • SUGOUDE
  • 楽々通販2

それぞれ解説します。

EC-UP

EC-UPは、自店舗の管理ツールです。AI自動運用の機能搭載により、管理作業を代行できます。そのため、完全放置で売上アップを狙えます。設定はかんたんで「おまかせ機能」をONにするだけです。

また、スマホ対策も実施済みのため、スマホユーザーに対して効果的な店舗運用が可能です。30日間の無料トライアル(2023年6月時点)を実施しているため、気になる方は、まずはトライアルにお申し込みください。

EC-タスキー

EC-タスキーは、楽天市場の分析に長けたツールです。キーワード分析では、特定のキーワードごとのアクセス推移を確認できます。商品分析では、商品の売上やアクセス数などが調べられます。

また、RPP分析機能も搭載されています。この機能を活用すれば、楽天RPP広告の各種指標の分析およびアクセスが容易になります。また、RPP実績をグラフで可視化できるため、現状把握もスムーズになるでしょう。

伝令くんGOLD 

伝令くんGOLDは、楽天ランキングの入賞結果を、毎週自動で掲載してくれるツールです。商品数が多く、コンスタントに入賞している方は、手作業で入賞結果を掲載するのは手間がかかります。そこで、伝令くんGOLDを活用すれば、掲載の手間が省けるため業務の効率化を図れるでしょう。

さらに、一度設定すれば、あとは放置できます。設定方法はかんたんで、HTMLタグをコピー&ペーストするだけなので、10秒ほどで終わります。月額3,300円(税込)とリーズナブルですので、商品数が多く、なおかつ楽天ランキングへの入賞回数も多い方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

毎日伝令くんGOLD

毎日伝令くんGOLDは、リアルタイムランキングおよびデイリーランキングの入賞結果を、自動でキャプチャおよび通知してくれるツールです。日中はまだしも、夜中のリアルタイムランキングの入賞結果は見逃しやすいです。毎日伝令くんGOLDを活用すれば、見逃しの不安はなくなるでしょう。

また、過去3日分、遡って入賞結果を確認できます。そのため、直近で入賞結果を見逃している方でも活用できるでしょう。

なお、リアルタイムランキングは3位までに入賞した場合に通知してくれます。デイリーランキングは10位までです。

SUGOUDE

SUGOUDEは、売上アップに特化したECサイト制作サービスです。SUGOUDEの魅力はさまざまですが、一つはサイト制作がスムーズなことでしょう。

SUGOUDEは、クライアントごとに、スタッフ内でチームを編成します。加えて、品質管理のシステム化により、無駄な業務を省いています。人依存ではない体制が、スムーズなサイト制作を実現します。

「今のサイトに自信がない」「魅力的なサイトを作りたい」などと悩んでいる方は、SUGOUDEに相談してみてはいかがでしょうか。

楽々通販2

楽々通販2は、在庫や受注管理など、重要なデータを一括管理できるツールです。在庫管理では、6分あれば、在庫を最新情報に更新してくれます。もし在庫がなくなっても、その旨を通知してくれるため安心です。

受注管理では、システム上で受注の確認や出荷などの作業を完結できます。また、複数のECサイトと連動させられます。たとえば楽天市場のほかに、Amazonでも出店しているとします。楽々通販2のシステム上で操作した情報は、楽天市場とAmazonに反映されます。

各サイトにログインせずに細かな作業を実施できるため、業務効率化の大きな手助けになるでしょう。

楽天ランキングの表示まとめ

楽天ランキングの表示まとめをイメージできる写真

楽天ランキングを表示させる方法をデバイスごとに紹介しましたが、いずれも操作は難しくなかったのではないでしょうか。楽天ランキングは重要な指標のため、定期的にチェックすることがおすすめです。

もし楽天ランキングに入賞した場合は、商品ページに掲載してアピールしましょう。商品の権威性が高まるため、ユーザーはその商品を購入しやすくなります。

ただし、誤った掲載方法には注意が必要です。楽天のガイドラインに則り、入賞結果を掲載しましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。