Amazon市場調査の概要と重要性

【Amazon】Keepaで値段の変動を素早くキャッチしよう!の記事をイメージできる写真

Amazon市場調査とは、販売する商品の市場状況を把握し、ビジネス戦略や販売方法を最適化するための調査です。

市場調査の重要性は2つです。

  1. Amazon自体が日本や海外で急速に規模を拡大しているので、競合他社との差別化がより一層求められています。

また、顧客ニーズや業界動向に対応するために適切なデータ分析と活用が不可欠であり、市場調査がますます重要な役割を担っているのです。

(※いざ参入したとしても競合に全く歯がたたないケースが多々あり、Amazonでの販売を撤退する事業者も多く見られます。)

  1. 市場規模を確認してから参入しないと売上が全然たたないケースがあり、そういった失敗を防げます。

(※市場規模がわからず参入した結果、そもそもの売上規模が小さすぎるため目標としていた売上に達成できないケースがあります。)

以上の理由により、Amazon市場調査は、自社の売上やブランド力向上のために欠かせない要素なのです。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

なぜAmazon市場調査が必要なのか?

Amazon市場調査が必要な理由は、まず第一に、自社商品の競争力を向上させるためです。

例えば、以下の3つの問題に対して対策ができます。

  • どんな商品ページ(カタログ)であれば購買につながるのか?
  • どのぐらいの価格帯の商品が売れているのか?
  • どんな機能・仕様をを持ち合わせた商品が売れているのか?

このように、市場調査を行った上で自社商品をどのようにプロモーションすればいいか戦略が立てられるので、ビジネスで大いに有利です。

さらに、調査を行うことで新たなニーズや市場の動向を発見し、独自のビジネスチャンスを掴める可能性が上がります。例えば、Amazon内での検索トレンド(キーワードの月間検索数推移)を知ればAmazon内で検索数が伸びているキーワードがわかり、自社の新規商品開発に役立てられるのです。自社でも取り扱いを始められます。

SellerSprite(セラースプライト)は、Amazonのリサーチツールです。

ユーザー数70万人以上で、多くの企業が採用しているので、安心して使えるツールだといえるでしょう。

セラースプライトにはページ版と拡張機能版があり、以下の3つのパートで16種の機能を備えています。

  • 商品リサーチ
  • キーワードの最適化
  • 市場調査

Amazonで活用できる様々な機能が利用でき、オンラインチャットでの問い合わせもできるので、初心者でも使いやすいといえるでしょう。

セラースプライトには無料ツールがあるので、まずはそちらを試してみてください。

競合分析と自社のポジショニング

競合分析と自社のポジショニングをイメージできる写真

競合分析とは、自社と同業者間での製品やサービスの競争状況を調査することです。これにより、自社の強みや弱みが明確になり市場での自社のポジショニングが決まるので、市場調査と同様に競合調査も行ったほうがよいといえます。

自社商品の価格、強み、弱みを洗い出した上で競合となる商品をピックアップし、他社と比べて差別化できるポイントはないか?を把握するのが重要です。

競合分析を行えば、自社商品の改良や差別化を図るだけでなく、新たなビジネスチャンスや顧客開拓の方向性も見えてきます。例えば、あるサプリメント会社が競合の商品ラインナップには存在しない独自の成分を取り入れることで、市場で一つのニッチを埋められるのです。

Amazon市場調査のやり方

Amazon市場調査のやり方をイメージできる写真

Amazon市場調査のやり方ですが、まずはじめに商品やカテゴリのランキングを調べる場合があります。これにより、どのような商品が人気があって、かつ顧客が求めている商品なのかを把握できるのです。

次に、競合分析や顧客レビューの分析を行い、自社商品の強みや改善点を見つけ出します。

さらに、キーワードの検索や広告戦略の調査を通じて、適切なマーケティング手法を見つけ出すのです。

先ほどご紹介したSellerSprite(セラースプライト)ならば、レビューを一括でダウンロードできますよ。

無料で利用可能なリサーチツール

無料で利用可能なリサーチツールをイメージできる写真

無料で利用可能なリサーチツールはたくさんありますが、それらを活用すれば手間や時間を軽減できます。

例えば、カメラを買いたいと思っている人がカメラの性能や価格だけでなく、使い心地や持ち運びやすさなどを簡単に調べられるウェブサイトを使うようなものです。

こうした無料のリサーチツールを使って、市場分析や競合調査をスムーズに行い、自社のビジネスをより効率的に推進しましょう。

有料の市場調査ツールの比較

有料の市場調査ツールの比較をイメージできる写真

市場調査を行う際、有料の市場調査ツールは無料のものと比較して高度な機能を利用できます。これらのツールは、ビジネスを拡大し、競合に勝つためには重要です。

本記事では、人気のある有料の市場調査ツールを比較し、それぞれの機能や価格を解説します。あなたのビジネスに最適なツールを見つけましょう。

市場調査ツールは、商品や市場のデータ解析を可能にし、企業の戦略立案に役立ちます。

利用者は自社のビジネスの状況を把握し、競合との比較を行えます。また、広告やページ運営の最適化にも活用できるでしょう。

今回比較する市場調査ツールには、Amazonや楽天のランキングを活用した分析、SNSやメディアを利用した市場規模・動向の推定、そして最新の検索アルゴリズムを活用したツールなどがあります。

それぞれの機能と価格を検証した結果、以下のポイントが重要だとわかりました。

重要なポイントは、使いやすさと分析の正確さです。

また、サポート体制も重要です。電話やメールでの対応が可能であれば、トラブル時に安心でしょう。

最後に、価格を考慮する必要があります。無料で利用できる機能が含まれている場合、コストパフォーマンスが高いといえます。

ランキングや売上データを活用した市場分析

ランキングや売上データを活用した市場分析は、特定の商品や業界の競合状況を把握するのに役立ちます。

SellerSprite(セラースプライト)の有料版ならば、そういった市場分析が可能なので、ビジネス戦略に最適です。ぜひ試してみてください。

例えば、Amazonでの売上ランキング、キーワード検索ボリューム、商品別売上を調べれば、どのブランド・商品が人気であるかわかります。

市場分析に加えて商品の売上データを解析すれば、時期や価格帯によってどのような傾向があるかを把握できます。

例えば、あるアパレルブランドが冬のセール時期に売上が急上昇するとわかれば、そのタイミングで広告戦略を強化できるのです。

SNSやメディアを使った市場規模・動向の推定

SNSやメディアを使った市場規模・動向の推定をイメージできる写真

SNSやメディアを使った市場規模・動向の推定は、新しいビジネスチャンスを見つけるために有効です。

例えば、インスタグラムで特定の商品やブランドに関する投稿が増えているとわかれば、その市場が急成長していると判断できます。

また、ニュースやメディアで取り上げられている企業や商品を調査すれば、業界の動向や需要がどのように変化しているか把握できます。

例えば、健康食品が多くのメディアで話題になっている時期であれば、その市場が拡大しているといえるでしょう。

以下の3つのメディアを参考にしてみてください。

  • ECのミカタ・・・EC・通販業界専門のメディアポータルサイト
  • Mybest・・・様々な商品の中でも本当におすすめできる商品を紹介するサイト
  • PRTIMES・・・企業とメディア、生活者をニュースでつなぐプラットフォーム

Amazonの検索のアルゴリズムと検索順位ツール

Amazonの検索アルゴリズムは、商品の検索順位を決定する要素となっています。

このアルゴリズムを理解し、AmazonのSEO表示画面で上位表示されれば、自社商品が多くのユーザーに閲覧されるでしょう。

一般的に意識されている検索アルゴリズムでは、「検索キーワード」と「商品ページ」の関連性が高いこと、売れる商品であること、この2つが重要だと言われています。

これらのデータを検索順位ツールを使って把握し、適切な対策を行えば、検索順位を向上させられます。

そのため、Amazonでの販売戦略を立てる際には、検索アルゴリズムと検索順位ツールをうまく活用し、市場調査や商品の売上データを分析するのが重要です。

商品選定とブランド戦略の立案

商品選定とブランド戦略の立案をイメージできる写真

AmazonでのEC販売を成功させるためのポイントは、適切な商品選定とブランド戦略の立案です。

まず市場調査を行い、狙うべきニッチな市場や人気商品を見極めましょう。

商品選定には、最新のランキングデータや売上データ、購入者のレビューやSNSでの評判を調査するのが重要です。

次に、自社のブランド戦略を立案しましょう。そのためには、顧客のニーズや競合他社との差別化を図る必要があります。

ブランド戦略の立案には、プロモーション活動や広告戦略、価格設定も考慮しましょう。

オンライン販売では、無料で利用できるサービスが多くありますので、戦略立案の際に活用してください。

Amazonで売れている商品のリサーチ方法

Amazonで売れている商品のリサーチ方法をイメージできる写真

Amazonで売れている商品のリサーチ方法はいくつかありますが、重要なのはまずAmazonのランキングデータをチェックし、人気商品を見つけ出すことです。 

例えば、日本の総合ランキングトップ100やカテゴリーランキングを参考にする方法があります。

具体的には以下の順で試すとよいでしょう。

  1. Amazonのカテゴリー別ランキングトップ100をチェックする
  2. 気になる商品を抽出する
  3. セラースプライトなど分析ツールを用いて月間検索ボリュームや商品別売上金額を調べる

また、商品ページにはお客様のレビューや質問・回答が掲載されていますので、これらの情報も商品リサーチに活用しましょう。

さらに、検索キーワードランキングを活用して、ユーザーがどのような商品を探しているのか把握するのも大切です。

例えば、検索キーワードでの上位表示やメディアでの記載、SNSでの言及数などもリサーチのポイントになります。

自社ブランドのオンラインでの立ち上げ方

自社ブランドのオンラインでの立ち上げ方をイメージできる写真

自社ブランドのオンラインでの立ち上げには、WebサイトやECサイトの開設、SNSを活用したプロモーションが欠かせません。

まずは自社のECサイトを開設し、商品ページやショッピングカート機能を設定しましょう。例えば、ショッピングカート機能が無いと、顧客は商品を購入できません。

次に、SNSでのブランド情報発信や広告展開を行いましょう。

Instagramであれば、フォロワー獲得や商品紹介、特別なイベント情報などを発信して顧客とコミュニケーションを図り、自社ブランドを認知させるのが重要でしょう。

運営効率化のためのツールやサービスの活用

運営効率化のためのツールやサービスの活用をイメージできる写真

運営効率化のために、ツールやサービスを活用することは非常に大切です。

例えば、在庫管理や発送対応を効率化するための在庫管理システムや発送代行サービスを利用すると、スムーズな運営が可能です。

また、データ分析ツールを活用すれば、売上やアクセスデータを分析し、改善点や新たな戦略を立てられます。

さらに、マーケティングオートメーションツールを導入すれば、メールマーケティングやSNS広告の効率化を図れます。

運営効率化を図るツールやサービスは多く存在しますので、自社のニーズや予算に合わせて選択しましょう。

おすすめの在庫管理システムはネクストエンジンです。

ネクストエンジンなら、複数のネットショップを一元管理できます。さらに、受注・在庫・商品の業務の自動化・効率化を可能にします。

ECの現場から生まれた機能で運営をサポートしてくれますし、連携できるシステムが業界最大級です。

また、変化に強いカスタマイズ性を備えているので、安心して長期に利用できるでしょう。

まずは無料体験でその機能を試してみるといいですね。

Amazon市場調査の成功事例

Amazon市場調査の成功事例をイメージできる写真

Amazon市場調査は、さまざまな企業や個人が成功を収めるための重要なステップです。

具体的な成功事例を紹介しましょう。

ある会社でセラースプライトを活用し市場調査を行ったところ、ニッチなジャンル且つAmazonで商品売上が大きい市場を見つけることに成功しました。(業務用の〇〇 みたいな商品です)

その商品を分析し他社商品と差別化となる機能を追加、OEMで製造を行い、Amazonで販売したところ、3ヶ月間で広告費0円・売上100万円/月を達成できました。

実際にOEM製造を行う前に、他社商品の商品レビューやネット検索での評判を見ながら調査をおこない、他社商品と差別化された商品開発ができたのです。

売上急成長の事例とその理由

売上急成長の事例とその理由をイメージできる写真

売上急成長を遂げた一例です。

ある会社で、Amazonの最新トレンドや競合商品の情報を日々収集し、それをもとに商品の価格設定や広告戦略を見直しました。

その結果、売上を一気に伸ばすことができ、ほんの数ヶ月で業績が大幅に向上しました。

この成功は、Amazon運営者にとっては、タイムリーな対応と適切な戦略が大切だと示しています。

まとめと今後の市場調査の展望

まとめと今後の市場調査の展望をイメージできる写真

今回の記事では、様々な観点から市場調査の重要性や最新の動向を解説しました。

ここからは、まとめと今後の市場調査の展望について述べていきます。

市場調査は、サービスや商品を扱うビジネスの成功に欠かせない要素であり、これからもますます重要になるでしょう。

まず、市場調査を行えば、自社のビジネスが今後どのように展開していくか予測可能です。これは、例えるなら船乗りが海図を持って航海するようなものです。

無事に目的地にたどり着くための重要な手段なのです。

また、市場調査を通じて競合企業との競争力を維持し、顧客ニーズに適切に対応できます。これはECサイト運営や広告運用、ランキング戦略など、様々な分野で活用が可能です。

さらに、市場調査を行う上で無料のツールやサービス、データが多く存在しています。これらを上手に活用することで、効率的かつターゲットに最適化された戦略を立てられます。

市場調査の無料ツールでおすすめは、セラースプライトです。

Amzonで活用できる様々な機能が利用でき、オンラインチャットでの問い合わせもできるので、初心者でも使いやすいといえるでしょう。

今後の市場調査の展望としては、オンラインショップやSNS、ネット広告など、デジタルマーケティングの分野と密接にリンクしていくでしょう。

特に、楽天やAmazonのような大手ECモールや検索エンジンの機能改善で、より緻密でリアルタイムな市場分析が求められていくと予想されます。

また、データの収集や分析方法も日々進化しており、人工知能や機械学習の活用もますます一般的になっていくでしょう。これにより、さらに効率的で正確な市場調査が実現可能となり、ビジネスチャンスを逃さないような戦略立案が求められるでしょう。

最後に、業界ニュースや海外市場の動向など幅広い視点で市場調査を行い、日々変化する市場状況に適切に対応することが重要です。

例えば、新型コロナウイルスの影響でオンラインショッピングの需要が急激に増加するなど、市場は常に変動しています。

このような状況を見極め、臨機応変に対応できる企業が、最終的に勝者となることでしょう。

今後の市場調査はますます高度で複雑化していくと予測されますが、これからも市場調査を通じて自社のビジネスを強化し、市場で勝ち残っていきましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。