Amazonタイムセールの注意点5選!セールの種類や活用方法も紹介!

Amazonのタイムセールは商品の訴求力を高められることから、継続的な売上アップを目指せるでしょう。

しかし、申請中の商品に関する設定や在庫数には、注意するべきポイントがあります。注意点を把握することで、あらかじめ対策をとれるはずです。

そこで本記事では、Amazonタイムセールの注意点を紹介します。タイムセールのチャンスを活かしたい出品者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazonタイムセールの注意点5選

Amazonタイムセールへの参加には、以下の注意点があります。

  • 手数料が発生する
  • 申請後に価格変更ができない
  • 申請後にバリエーションを変更できない
  • 同じ商品が毎回申請できるとは限らない
  • 在庫を確保しておく

注意点を把握しておくことで、Amazonのタイムセールが開催される前に適切な対応ができるでしょう。

手数料が発生する

Amazonのタイムセールのなかには、参加にあたって手数料が発生する場合があります。

たとえば、「7日間のタイムセール」や「数量限定タイムセール」などは手数料が発生します。一方で「特選タイムセール」や「在庫処分タイムセール」には、参加手数料が必要ありません。

手数料の金額は、大型セールの開催中かどうかや、出品形態などによって異なるので事前に手数料の有無や金額を確認しておきましょう。

申請後に価格変更ができない

タイムセールの参加申請中やセール開催中には、価格変更はできないと考えておくべきでしょう。機能としては変更が可能ですが、変更することで参加が取り消されたり、再度申請が必要になったりします。
なぜならタイムセールでは、申請時に提出される出品者からの情報にもとづいて参加可否を判断しているからです。商品価格が変わることで、事前に申請したセール中の割引率などに影響が及ぶ可能性があります。

申請後にバリエーションを変更できない

タイムセールの参加申請後には、バリエーションを変更できません。

ちなみにバリエーションとは、カラーやサイズといった、商品のパターンのことです。申請後にバリエーションを組み替えたり追加したりすることで、セールごとに定められている参加資格から外れる可能性があります。

たとえば一部のバリエーション商品のみ「数量限定タイムセール」に申請する場合、バリエーション全体の65%以上をセール対象にする必要があります。申請後にバリエーションを変更することでセール対象商品のパーセンテージに影響が及ぶ可能性があるでしょう。タイムセールの参加が取り消されないためにも、注意が必要です。

同じ商品が毎回申請できるとは限らない

タイムセールの参加可否については、Amazonによって商品の売れ筋やトレンドなどから総合的に判断されます。そのため、タイムセールによって申請できる商品は異なるでしょう。

一度参加できたとしても、次回や他のタイムセールには申請できないことも考えられます。タイムセールの参加申請をした後は、必ず結果を確認したうえで在庫などの準備を進めましょう。

在庫を確保しておく

タイムセールへの参加が決まった商品は、あらかじめ在庫を十分に確保しておきましょう。なぜならタイムセールでは、通常よりも売上が上がる可能性が高いからです。タイムセールで購入された商品の満足度が高ければリピート率が上がり、タイムセール後の売上にもつながりやすいといえます。

また、在庫が足りなくなると、AmazonにおけるSEO評価が低くなってしまいます。AmazonからのSEO評価が下がると、商品の検索結果画面の掲載順位が下がってしまいます。タイムセール前後は、普段より在庫を多めに確保するように注意が必要です。

Amazonタイムセールの種類

Amazonでは、以下のようなタイムセールが開催されています。

  • 特選タイムセール
  • 数量限定タイムセール
  • 7日間のタイムセール
  • 在庫処分タイムセール
  • プライム会員限定タイムセール
  • Amazonタイムセール祭り

それぞれの特徴を把握することで、タイムセールを有効活用できるでしょう。

特選タイムセール

「Amazon特選タイムセール」とは、Amazonから招待メールが届いた出品者のみ参加申請ができるタイムセールです。不定期で開催されており、24時間限定で特別価格の商品が出品されます。

「Amazon特選タイムセール」の招待基準は公開されていませんが、顧客満足度や売れ行きから判断されていると考えられています。

「Amazon特選タイムセール」参加中の商品は訴求力が高められ、Amazonユーザーからも注目されやすいといえます。

数量限定タイムセール

「数量限定タイムセール」とは、Amazonで毎日開催されているタイムセールです。タイムセールの対象商品は販売個数が決められており、1人のユーザーにつき1つのみ購入できます。

タイムセール開催中は、在庫のパーセンテージや残り時間が商品ページに表示されます。ユーザーの焦りを掻き立て、購買意欲を高める仕様になっているという特徴があります。

7日間のタイムセール

「7日間のタイムセール」は、ほかのタイムセールと比較して長期間開催されることが特徴です。タイムセールページに7日間商品が掲載されるため、訴求力を高められます。

「数量限定タイムセール」と参加資格や手数料が同じで、「数量限定タイムセール」の経験者はチャレンジしやすいと言えます。

在庫処分タイムセール

「在庫処分タイムセール」とは、FBAにて長期間保管されている商品を対象としたセールです。FBAで抱えている在庫を減らすことを目的に参加する出品者が多い傾向があります。

大幅な割引額で販売できるため、購買率の向上を目指せるでしょう。手数料が発生しないことや、タイムセールページに掲載されることなどから、在庫を処理したい出品者におすすめのタイムセールといえます。

プライム会員先行限定タイムセール

「プライム会員先行タイムセール」とは、プライム会員向けのタイムセールです。プライム会員であれば、「数量限定タイムセール」で通常よりも30分早く購入できるというタイムセールです。

出品者にとっては「数量限定タイムセール」とほぼ変わりませんが、セールがあることを知っておくことは重要でしょう。

Amazonタイムセール祭り

「Amazonタイムセール祭り」は、Amazonビッグセールイベントの1つです。「Amazonタイムセール祭り」開催中は、「特選タイムセール」や「数量限定タイムセール」の対象商品が大幅に増えるほか、通常よりも高い割引率で出品されやすいでしょう。

「プライムデー」や「ブラックフライデー」といったビッグセールがない時期に開催される傾向があり、売上を作りやすいセールといえます。

Amazonタイムセールの活用法

Amazonタイムセールへの参加に向けて準備をすることで、売上アップやリピーターの獲得を目指せるでしょう。そこで、タイムセールを有効活用する方法を紹介します。

商品ページを充実させておく

タイムセールに向けて、対象商品の商品ページを充実させる必要があります。

商品ページを整えることで、タイムセールによるアクセス数の増加が購入率の増加につながりやすいからです。たとえば、スマホ画面からも見やすい仕様や、商品のイメージがわきやすい写真、また初めて商品を見るユーザーでも理解しやすい商品説明文などです。

ユーザーは商品ページの情報から購入を判断するため、売上に影響しやすいポイントといえます。

FBAに加入する

顧客満足度を高めるには、FBAへの加入がおすすめです。

FBAとは、Amazonが顧客対応や配送手続きを代行するサービスです。いままで出品者が行っていた業務をAmazonに任せられることから、業務負担の軽減にもつながりやすいでしょう。たとえば、FBAには以下のようなサービスがあります。

  • Amazon倉庫からの商品発送
  • 返品対応
  • Amazon primeの対象として出品

FBAに加入しておくことで、タイムセールの参加による販売数の増加にも、迅速かつ丁寧な対応ができるでしょう。顧客満足度の向上はリピート購入にもつながりやすいため、ぜひ活用したいサービスといえます。

広告で露出を強化する

タイムセールに向けて、商品の露出を強化する必要があるでしょう。Amazon内での露出を増やすことで、タイムセール開催中に商品が上位表示されやすくなります。ユーザーの目に留まりやすいことから、アクセス数の向上につながるはずです。

Amazonで費用対効果が高い広告を出稿するなら、クリック課金型の「Amazonスポンサープロダクト広告」がおすすめです。検索ワードに連動して広告が表示されるため、購買意欲が高いユーザーに訴求できるメリットがあるでしょう。

ECモール構築ならWacwarks!

Wacwarksは過去EC業界で実績のあり豊富な知見を持ったパートナーが在籍するプロフェッショナル集団です。

ECモールの構築はもちろん、SEO対策や広告運用、コンテンツやメルマガなどの顧客対応など幅広くマーケティングの支援を行います。

実績のあるパートナーと提携するため、施策を高速で回し、短期間で利益を拡大できる仕組みが整っています。プロにECモール構築〜マーケティング支援を依頼したい方はぜひお問い合わせください!

公式HPで詳細をチェック!

注意点を把握してAmazonのタイムセールを有効活用しよう

Amazonでは、毎日さまざまなタイムセールが開催されています。タイムセールは売上アップやリピーターの獲得につながりやすいため、参加を希望する出品者が多いはずです。

しかし手数料が発生したり、申請後に価格やバリエーションの変更ができなかったりするため、注意が必要です。

事前に注意点を把握して、セール開催中に参加が取り消されるようなトラブルが発生しないように対策をしておくことが大切でしょう。業務の効率化や露出の強化にお悩みの方は、FBAやAmazonスポンサープロダクト広告といったサービスを活用してみてください。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。