Amazon Vineは費用がかかる?レビュー対策に有効な理由とは!

レビュー獲得はAmazonセラーにとって最重要課題のひとつ。

そんなレビュー獲得の施策として「Amazon Vine」が有効だと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • Amazon Vineって何?
  • 何故Amazon Vineがレビュー獲得に有効なの?
  • どうやったら使えるの?
  • 費用はかかるの?
  • 注意点は?

などをまとめました。

レビュー獲得手段のひとつとして、Amazon Vineを押さえておきましょう。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon Vine先取りプログラムとは

新商品のレビューを集めることができる

Amazon Vine先取りプログラムは、他のユーザーの参考となる意見や感想をカスタマーレビューに投稿してもらうためのAmazon独自のレビュー施策プログラムです。

このプログラムに参加する出品者は、無料でVineメンバーへ商品を提供することで、提供者からのレビュー投稿が期待できます。

Vineでは洞察力のあるレビュアーを招待するため、購入者の参考になるようなレビューが欲しい出品者におすすめのプログラムです。

レビューを書く人はどんな人?

Amazon Vineのメンバーは、Amazon側に「洞察力があり、質の高いレビューを投稿するレビュアー」と認定され、招待されたユーザーです。

AmazonがVineメンバーの意見に影響を与えたり、AmazonがVineメンバーのレビューを編集することはありません。

そのため、Vineメンバーが必ずレビューを書いてくれるとは限りませんが、他のユーザーよりも参考になるレビューを投稿する可能性が高まります。

Amazon Vineに参加するために必要な条件

Amazon Vineメンバーにレビューを依頼するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 大口出品者である
  • レビュー依頼する商品がブランド登録されている
  • 商品のレビューが30件未満
  • 商品のコンディションが「新品」である
  • 購入可能なFBA在庫がある
  • 出品を開始している
  • 商品画像と説明が設定されている
  • アダルト商品でない
  • 制限対象商品やセット商品がないこと(替え刃が必要な髭剃りの本体のみ、など)

Amazon Vineの利用にかかる費用

Amazon Vineの登録手数料

Vineメンバーに無料で届けることができる商品数は、1親ASINごとに1〜30点とされており、商品ごとの無料配布数(Vineへの登録数)によって登録手数料がかかります。

登録数登録手数料レビュー獲得上限
1~2点0円2件
3~10点10,000円10件
11~30点22,000円30件

この手数料は、Vineメンバーの1つ目のレビューが公開されてから7日後に請求されます。

ただし、商品をVineに登録して90日以内にレビューがつなかければ、手数料はかかりません。

商品原価・FBA手数料・販売手数料

Amazon Vineを利用する際はVineの登録手数料以外にも費用がかかります。

Amazon Vineに登録した商品は無料で配布されるため、配布した商品数×原価の分だけコストがマイナスになります。

また、Vineを利用できるのはFBAを利用している商品に限られるため、FBAの手数料(FBA倉庫のスペース料や配送代行の手数料など)も必須です。

また、無料で販売したものであっても、販売手数料は通常通りかかります。

Amazon Vineは原価や手数料はかかる効率よく質の高いレビューを集められる施策だとという認識を持っておくのがよいでしょう。

Amazon Vineのメリット

短時間でレビューが集まる

Amazon Vineを使う最大のメリットは、短時間でレビューが集まる点です。

ネットショップで購入する際は、レビューの内容を参考にするユーザーも多く、レビューの有無によって商品の売れ方に大きく差が出ます。

特に、新商品は効果やメリット・使用感がわかりにくく、1件もレビューのない新商品はどうしても売れにくいため、短時間でレビューを集めることができるかどうかはかなり重要な要素です。

また、レビューが多いとAmazonSEOでも評価されやすくなるメリットもあります。

しっかりした内容のレビューを書いてもらえる

ユーザーの9割近くが「レビューを見て購入するかしないかを決定したことがある」というデータがあるほど、レビューは大きな影響力を持っています。

Amazon Vineに招待されたメンバーは、他の購入者の参考になるような質の高いレビューを書くレビュアーです。

写真や動画を添付したり、さまざまなシチュエーションでの活用方法などを想定して評価してくれることが多く、購入を迷うユーザーの最後の一押しになり得ます。

無償で提供している分、高評価がつきやすい

Amazon Vineメンバーは、お金を払うことなく商品を手に入れることができるため、率直に商品の使い勝手を評価してくれます。

通常のレビューであれば、「効果は良かったけど価格がもっと安ければ」という理由で評価が少し落とされることもあります。

その点、Vineメンバーのレビューはコスト面が評価に影響することがないため、高評価がつきやすい傾向にあります。

Amazon Vineのデメリット

必ずレビューを貰えるとは限らない

Amazon Vineを利用したからといって、必ずしも配布した分だけレビューが貰えるとは限りません。

そもそも、Vineメンバーはレビューの投稿率が高いユーザーをAmazonが招待しているだけで、「絶対に商品を使ってレビューを書かなければならない」といった縛りはありません。

目安としては商品を30人のVineメンバーに配った場合、25件前後のレビューが集まる」程度で想定しておくのが良いでしょう。

悪いレビューがつく可能性もある

Vineメンバーが書くレビューは、あくまで商品やサービスについての評価です。

そのため、無料でもらった商品であっても、効果が感じられないものや使い勝手が悪いものに最高評価のレビューをつけることはありません。

良いレビューの基本はあくまで「顧客満足度」です。「商品の品質」「サービスの品質」が悪ければ、それなりの評価になるので気を付けましょう。

Amazon Vineの注意点

通常のレビューとの見分け方

Vineメンバーが投稿したレビューは、通常のレビューと同じ場所に掲載されます。

ただし、Vineメンバーによるレビューには「Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー」と記載があり、通常のレビューと見分けることが可能です。

Vineメンバーは特に評価の高いレビュアーなので、問題点の指摘や商品情報の補足などがあれば、改善や販売促進に取り入れていくと良いでしょう。

在庫管理に注意

Amazon Vineを利用する際、意外と見落としがちなのが商品の在庫管理です。

「Amazon Vineに30個登録する」=「FBAの在庫30個がVineメンバーに発送される」ということなので、その数を考慮したうえでFBAに十分な在庫を置く必要があります。

在庫数が大きく減るため、十分な在庫を持っているつもりでも、Vine登録後は念のため通常販売分の在庫数を確認し、在庫切れにならないよう気をつけましょう

1親ASINにつき1回しか使えない

Amazon Vineは、1親ASINにつき1回しか登録することができません。

1商品(1親ASIN)ごとに最大30個まで登録できる、と聞くと「まずは10個、様子を見て後から10個追加」と慎重に進めたくなりますが、そういった追加はできませんので注意が必要です。

Vineに登録する前にレビューがいくつ欲しいのかを決めて、Amazon Vineの登録料やその他の費用を計算しておきましょう。

品質の良い商品を厳選して利用する

Amazon Vineを利用する商品は、品質が良く、高評価を貰える自信があるものを厳選しましょう。

実際に使ってみて微妙なものは、無料でもらったとしても良いレビューを貰うことは難しく、率直なレビューを書かれると商品が売れにくくなるリスクもあります。

お金をかけてVineでレビューを集めるのですから、高評価がもらえると自信をもって出せるような品質の良い商品を選びましょう。

ECモール構築ならWacwarks
POINT実績豊富なパートナーがECモール構築〜マーケティングまでご支援します!

Wacwarksは過去EC業界で実績のあり豊富な知見を持ったパートナーが在籍するプロフェッショナル集団です。

ECモールの構築はもちろん、SEO対策や広告運用、コンテンツやメルマガなどの顧客対応など幅広くマーケティングの支援を行います。

実績のあるフリーランスと提携するため、施策を高速で回し、短期間で利益を拡大できる仕組みが整っています。

詳細を公式HPでチェック!

まとめ

Amazon Vineは、「しっかりレビューを書いてくれる人」に商品を使ってもらう施策です。

Vineメンバーは、無料でもらったからといって、質が微妙な商品に良いレビューを書くような忖度はありません。貰えるのはあくまで率直なレビューです。

そのため、品質が良い商品なら有効な施策となります。

品質に自信があり、是非打ち出したい新商品があれば、Amazon Vineを利用してみると良いでしょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬