【Amazon】販売数調査で売れる商品を見つけて戦略を立てよう!

楽天RPP広告の4つの特徴!設定方法やポイントも紹介をイメージできる画像

Amazonは誰もが知っている世界最大のオンライン販売のサイトです。

多くの個人や企業が商品を販売しているので、Amazonに事業で参入するには戦略がとても重要です。

売りたい商品がすぐに売れればいいのですが、実際は「売りたい商品」と「売れる商品」は異なります。

販売を始めてから間違いに気付くのでは遅すぎます。

ぜひこちらの記事を読んでいただき、あなたのAmazonでの物販ビジネスに活かしてください。

Amazonの物販ビジネスでは、戦略が成功の鍵を握りますよ。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazonで商品販売数を調査する必要性

Amazonで商品販売数を調査する必要性をイメージできる写真

Amazonで商品販売数調査が必要なのは、市場規模や市場動向を知るために欠かせないからです。

Amazonは世界最大のオンライン販売のサイトで、数億人以上の顧客が利用しています。世界最大規模の中で物販を行うわけですから、もちろん競合が無数に存在します。

そのような状況では、戦略なしで成功する確率はとても低いといえるのです。

販売数調査を行い、市場の傾向やニーズの動向を把握できれば、売れる商品を判別できるでしょう。

Amazonの物販ビジネスで失敗しないためにも、商品販売数を調査し、必ず戦略を立てましょう。

市場規模・市場動向の把握と売れ筋予測

商品販売数を調査すれば、Amazonの市場動向や売れ筋を把握できます。

また、販売数やベストセラー商品の分析を行えば、売れ筋予測やトレンドに合わせた商品開発、販売戦略の立案が可能なのです。

なんとなくの感覚ではなく、売れている商品をデータで把握していれば、物販ビジネスでとても有利です。

あなたが参入しようとしているAmazonの市場での規模は大きいのか、需要はあるのか、必ず把握しておきましょう。

競合分析と差別化戦略

競合他社の商品販売数やマーケティングなどを調査分析し、自社で差別化戦略を立てれば、競合への勝ち目が見えるでしょう。

同じ商品でも、競合とは見せ方を変えたり差別化できれば、売れる可能性が上がります。

さらに自社独自の付加価値や顧客ニーズに合った戦略を展開できれば、競争力を高められますよ。

Amazonで販売数を調査する方法

Amazonで販売数を調査する方法をイメージできる写真

Amazonで販売数を調査する方法は3つあります。

  • 市場規模とカテゴリ別ランキングの調査
  • ツールの活用とデータ分析(SellerSpriteの活用)
  • ランキングとレビューの分析

1つの方法だけではなく色々な方法を活用すれば、商品の販売数を把握しやすいでしょう。

市場規模とカテゴリ別ランキングの調査

Amazonでの市場の大きさを知るためには、調査が必要です。

売れ筋の調査は、Amazon売れ筋ランキングで確認しましょう。

Amazonトップページで、調査したいカテゴリを選び、検索します。

選んだカテゴリのトップページで「Amazonランキング」をクリックすれば、簡単に売れ筋ランキングを確認できますよ。

商品を選び、商品ページ内の「登録情報」に大カテゴリのランキングと小カテゴリのランキングが表示されています。

カテゴリの順位や販売数を定期的に把握するために、表を作っておけばデータが視覚的に分かりやすいでしょう。

Amazonは定期的に販売データを公表しており、トップセラーやベストセラーの商品ランキングなどが公開されています。

Amazonの公式ウェブサイトを確認し、カテゴリー別の商品販売数を調査してみましょう。

販売数の多いカテゴリーを見極め、自社の商品開発や販売戦略を立てることをおすすめします。

ツールの活用とデータ分析(SellerSpriteの活用)

Amazonの販売数調査には、さまざまなツールが活用できます。

売上分析ツールやキーワードリサーチツールを活用すれば、販売数や競合他社のデータを収集し、効果的な戦略立案に役立てられるのです。

データに基づいた販売戦略が、成功への近道となります。

ツールでおすすめなのが、SellerSprite(セラースプライト)です。

セラースプライトは、Amazon物販に特化した登録ユーザー70万人以上のリサーチツールで、Web版と拡張機能版があります。

セラースプライトについての詳しい説明はこちらで確認してみてください。

ランキングとレビューの分析

Amazonでは商品のランキングやレビュー情報が提供されています。

販売数の多いランキング上位商品や高評価の商品を分析すれば、需要の高い商品やユーザーの好みを把握できます。

ランキングとレビュー分析で、自社の商品開発やマーケティング戦略の最適化を行いましょう。

顧客レビューの活用について詳しくは、次の項目で紹介しています。

ぜひ読み進めてください。

顧客レビューの活用

顧客レビューの活用をイメージできる写真

顧客レビューは、Amazonの物販ビジネスにおいて非常に貴重な情報源です。

顧客レビューの活用方法は3つあります。

  • レビューの重要性と分析
  • レビューへの対応と顧客満足度の向上
  • レビューの活用と商品改善

顧客レビューでは、多くのユーザーが商品の使用体験や満足度などを書き込み、共有しています。

レビューのフィードバックを活用して、自社商品の品質向上や改善点の分析に役立てましょう。

レビューの重要性と分析

顧客レビューは、購買意欲に大きな影響を与える要素です。

商品の品質や満足度、顧客の声を把握するために、レビューの分析を行いましょう。

ポジティブなフィードバックを活用してマーケティングに活かすと共に、ネガティブな意見も改善策に活かすのが重要です。

レビューへの対応と顧客満足度の向上

顧客からのレビューには積極的に対応し、感謝の気持ちを示しましょう。また、問題や不満に対しては素早く対応し、解決策を提供しましょう。

顧客満足度の向上は、リピーター獲得や口コミにつながります。

レビューの活用と商品改善

顧客レビューは商品改善の重要な情報源です。

顧客の意見や要望を収集し、製品やサービスの改善点を特定しましょう。

改善点を分析すれば、顧客満足度の向上や競合他社との差別化を図れます。

また、良いレビューに対しては感謝の意を示し、顧客の購買意欲向上のために活用しましょう。

販売数調査のデータ活用【Amazon】

販売数調査のデータ活用【Amazon】をイメージできる写真

販売数調査でのデータ活用は、Amazonでの物販ビジネスにおいて、成功するために必要な要素です。

データを活用して以下の4つを行いましょう。

  • データの収集と分析
  • A/Bテストと改善のサイクル
  • フィードバックの活用と顧客への対応
  • ニッチ市場の発掘

データを分析すれば、ニーズの動向や評判状況や顧客のニーズを把握でき、改善すべき点が見えてくるでしょう。

データの収集と分析

Amazonの物販ビジネスでは、データの収集と分析が欠かせません。

販売数データ、トラフィックデータ、レビューなどの情報を収集し、傾向やパターンを分析します。さらに、売上ランキングを定期的に調べておくとよいでしょう。

分析によって売上の低下や需要の変化などにいち早く気付き、適切な対策を講じられます。

A/Bテストと改善のサイクル

A/Bテストとは、バナーや広告文、Webサイトなどを最適化するために実施するテストのひとつです。

Amazonの物販ビジネスで成功するためには、常に改善を続ける必要があります。

改善を続けるためにA/Bテストを実施し、異なる戦略やアプローチの比較を行いましょう。データに基づいた改善策を実施し、売上や顧客満足度の向上を図るのです。

改善のサイクルを回せば、競合に負けない力を維持し続けられるでしょう。

フィードバックの活用と顧客への対応

顧客からのフィードバックは、貴重な情報源です。

商品の品質やサービスに関する意見、要望などを収集し、きちんと対応すれば顧客満足度が上がります。

顧客の声に耳を傾け、迅速かつ適切な対応を行うことが重要です。

顧客満足度の向上は、ビジネスの成功に直結しますよ。

ニッチ市場の発掘

Amazonでは、特定のニッチ市場を発掘できれば、競争の激しい一般市場から差別化を図れます。

ニッチ市場とは、特定のニーズを持つ規模の小さいマーケットや、可能性はあるがまだビジネスとして確立していないマーケットを指します。

販売数の少ないカテゴリーや需要のある特定のニッチ商品を見つければ、競合が少ないため物販ビジネスで勝機が見えますよ。

自社商品で独自性を追求してみましょう。

競合他社の在庫数を調べる方法【カート機能使用】

競合他社の在庫数を調べる方法【カート機能使用】をイメージできる写真

Amazonでは、販売数だけでなく、競合他社の在庫数も調べておきましょう。競合の在庫数を知っておけば、物販ビジネスで役立つでしょう。

Amazonでは商品をカートに入れる際、在庫が30個以下の場合に「残り◯点」といった表示が出ます。

そして購入する際は、表示の在庫数までしか入力できないようになっています。

これが在庫数です。

また、在庫が30個以上の場合は「在庫あり」と表示されます。そういった場合は商品をカートに入れてから、購入数を999に訂正して数量を更新します。

そうすれば、出品者の商品取り扱い数について表示が出るはずです。

この取り扱い数が実際の在庫です。

ショップによっては、購入数の上限を設定している場合があります。

そういった場合は「在庫あり」商品の実際の在庫を調べるのは難しいでしょう。

しかし裏を返せば、自社の商品在庫数を他社に知られるのを防ぐためには、商品の購入数に上限を設定すればいいということです。

自社の在庫数を知られたくないときにお試しください。

Amazonで成功するための戦略とアクションプラン

Amazonで成功するための戦略とアクションプランをイメージできる写真

Amazonで成功するためには、販売数の調査だけではなく、戦略とアクションプランが重要です。

以下の4つをおさえておきましょう

  • 商品・サービスの差別化
  • 商品ページの最適化
  • プロモーションとマーケティング
  • 顧客サービスの向上

では、順にご紹介しましょう。

商品・サービスの差別化

競合他社の分析を行い、自社や商品サービスの差別化を考えましょう。

価格、品質、機能、デザインなどを比較し、他社との差別化ポイントを明確にします。そして自社商品の独自性や付加価値を強調します。

Amazonユーザーに対して、商品の特徴やメリットを伝えるために効果的な商品ページであれば、よいでしょう。

値段での勝負では利益に支障が出ますし、値下げ合戦ではビジネスが長続きしません。独自性や付加価値で勝負できるとよいですね。

商品ページの最適化

Amazonでは、プロフィールや商品ページの最適化を行うとよいでしょう。

商品名、商品説明文、画像などを改善し、魅力的なページを作成します。

商品名は正しい商品の名前を入力しましょう。

ユーザーは商品を購入する場合、まず商品名で商品を検索します。その時に商品名のキーワードで検索に上がらなければ、商品をユーザーが目にすることすらないのです。

まずそんな状況は避けないといけません。

商品説明文には、商品のサイズや仕様、カラーバリエーションなどを全て記載し、簡潔で分かりやすい文章を心がけましょう。

商品を実際に知らないユーザーにとって、商品情報はその商品を知る唯一の情報源なのです。

必要な情報を入れ込み、かつ伝わりやすい商品情報にするとよいでしょう。その際は、キーワードを盛り込みすぎて伝わりにくい内容にならないように注意するとよいですね。

ユーザー目線であることも重要です。

例えば、サイズや重さ、素材、使用感などです。

商品情報が整っていて、かつユーザーに伝わりやすい内容ならば購入意欲が湧くでしょう。

そして、画像画像にも力を入れます。

購入の際に、視覚的にいいと思った商品をクリックするのはよくあることです。

こちらも商品のサイズや特徴、仕様、カラーバリエーションを、写真で確認できるとよいですね。

最後に、キーワードリサーチを忘れないようにしましょう。

SEO(検索エンジン最適化)を意識して適切なキーワードを使用すれば、商品ページの安定性を向上させられます。

プロモーションとマーケティング

プロモーション戦略で、販売促進を行います。

定期的にセール、クーポン、割引などのプロモーションを活用してユーザーの関心を引くのです。

ソーシャルメディアやメールマーケティングなど複数を活用して顧客にアプローチしたら、その成果を定期的に測定して、効果的なタイミングを見極めます。

プロモーションとマーケティングを継続し、成果に応じて最適化すれば、Amazonでの物販ビジネスが有利になるはずです。

顧客サービスの向上

顧客サービスの品質と効率性を向上させるために、取り組みを行いましょう。

迅速な問い合わせ対応、適切な問題解決、返品交換のスムーズな処理などに取り組めば、顧客サービスの向上につながります。

また、顧客の声を積極的に収集しフィードバックを活用すれば、サービスの改善点が特定できます。

フィードバックを自社の顧客サービス改善に活かしましょう。

また、顧客の信頼感を向上させるために、特典を利用するのもよいでしょう。

これらの戦略を実行するための計画を立て、実施する際には目標や期限を設定し、進捗を追います。

継続的な改善と戦略の評価を行いながら、ビジネスの成果を最大化することが重要です。

まとめ

まとめをイメージできる写真

Amazonでの販売数調査は、市場トレンドの把握や競合分析、顧客ニーズへの適切な対応など、物販ビジネスで成功するためには必要不可欠です。

販売数の調査だけではなく、データの収集と分析、改善策の実施、顧客のフィードバックへの対応など、具体的な手法と戦略を組み合わせて取り組むのが重要です。

さらに、ニッチ市場の発掘やブランド構築など、成功のための戦略を継続的に展開しましょう。 

これらの取り組みは、持続可能なビジネスの構築と成長にもつながります。

販売数調査や分析を通じて自社の競争力を高め、物販ビジネスで成功を収めましょう!

事業主として、いつでも戦略的でいてください。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。