Amazon大口と小口の違い: 最適な選択をするためのガイド

Amazon大口と小口の違い: 最適な選択をするためのガイドの記事をイメージできる写真

Amazonでの販売を検討しているが、大口と小口アカウントの違いに悩んでいる方は多いでしょう。この記事では、Amazon大口と小口の違い と最適な選択をするための道筋を紹介します。大口アカウントと小口アカウントの特徴、メリット、デメリット、そしてそれぞれのアカウントで成功するための戦略を詳しく解説。あなたのビジネスに最適なアカウントタイプを見つけ、Amazon販売で成功への道を切り開きましょう。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon大口と小口の概要(違い概要も)

「Amazon大口と小口の概要(違い概要も)」をイメージさせる写真

Amazon大口と小口アカウントは、オンライン販売プラットフォームであるAmazonでビジネスを行うための2つの異なるアカウントタイプです。これらのアカウントは、販売者が取り扱う商品の量やビジネスの規模に応じて選択されることが一般的です。以下では、Amazon大口アカウントと小口アカウントの概要について説明します。

Amazon大口アカウント

大口アカウントは、販売ボリュームが高く、大量の商品を取り扱う販売者向けのアカウントタイプです。このアカウントでは、販売者は月額料金を支払うことで、無制限の商品リスティングが可能になります。また、大口アカウントの利用者は、AmazonブランドレジストリやAmazon広告などの高度なマーケティングツールや機能を利用することができます。さらに、Fulfillment by Amazon (FBA) サービスを利用して、在庫管理や出荷作業をAmazonに委託することが可能です。

Amazon小口アカウント

小口アカウントは、販売ボリュームが比較的低く、商品数が限られた販売者向けのアカウントタイプです。このアカウントでは、月額料金はかかりませんが、リスティングごとに手数料が発生します。小口アカウントの利用者は、一部のマーケティングツールや機能にアクセスできますが、大口アカウントほど幅広い機能を利用することはできません。また、FBAサービスは利用可能ですが、ストレージ料金や出荷手数料が大口アカウントよりも高くなる場合があります。

それぞれのアカウントタイプは、ビジネスの規模やニーズに応じて利用されるべきです。大口アカウントは、大規模な販売活動を展開し、より多くのマーケティングツールやリソースにアクセスしたい販売者に適しています。一方、小口アカウントは、コストを最小限に抑えながら、限られた商品数で販売を始めることができるため、新規販売者や小規模ビジネスに適しています。どちらのアカウントを選択するかは、ビジネスの目的や将来の成長に応じて慎重に検討する必要があります。

違い概要

Amazon大口アカウントと小口アカウントは、販売手数料とコスト、在庫管理とFBAサービス、プロモーションとマーケティングツールの面で主な違いがあります。大口アカウントは月額料金が発生し、無制限のリスティングが可能で高度なマーケティングツールが利用できますが、小口アカウントは月額料金が発生せず、リスティングごとの手数料がかかり、制限があるマーケティングツールしか使えません。販売者はビジネスの規模、販売ボリューム、商品ラインナップ、利益マージン、将来の成長計画などを総合的に考慮し、適切なアカウントタイプを選択することが重要です。適切な戦略を立てれば、Amazonでのビジネス成功が期待できます。

Amazon大口アカウントとは

「Amazon大口アカウントとは」をイメージさせる写真

Amazon大口アカウントとは

Amazon大口アカウントは、Amazonで販売を行う際に選択できるアカウントタイプの一つで、主に大量の商品を取り扱い、高い販売ボリュームを持つ販売者に適したアカウントです。大口アカウントには、より多くのマーケティングツールやリソースにアクセスする機能が提供されています。

大口アカウントの特徴

無制限の商品リスティング

大口アカウントでは、月額料金を支払うことで無制限の商品リスティングが可能になります。

高度なマーケティングツール

Amazon広告やAmazonブランドレジストリなどの高度なマーケティングツールを利用できます。

Fulfillment by Amazon (FBA)

FBAサービスを利用して、在庫管理や出荷作業をAmazonに委託できます。

優先サポート

大口アカウント利用者は、Amazonから優先的なサポートを受けることができます。

月額料金

大口アカウントでは、月額料金が発生します。

大口アカウントのメリット

販売規模の拡大

無制限の商品リスティングが可能なため、販売規模を大きく拡大することができます。

より効果的なプロモーション

 高度なマーケティングツールを利用することで、商品の露出を高め、売上を向上させることができます。

在庫管理の効率化

FBAサービスを利用することで、在庫管理や出荷作業を効率化し、運営負担を軽減できます。

優れたカスタマーサポート: 大口アカウントでは、Amazonからの優先サポートを受けることができます。

大口アカウントのデメリット

高い月額料金

大口アカウントでは、月額料金が発生するため、販売が規模に応じて十分な利益を上げられない場合、コストが負担となる可能性があります。

高い販売手数料

売上が高くなるにつれて、販売手数料も高くなることがあります。

FBAサービスのコスト

 FBAサービスを利用することで、在庫管理や出荷作業が効率化されますが、ストレージ料金や手数料が発生し、コストが増加する可能性があります。

複雑な運営管理

大口アカウントでは、商品リスティングやマーケティング活動が増えるため、運営管理が複雑化し、多くの時間と労力が必要になることがあります。

競合との競争激化

大口アカウントを利用している販売者は多く、同じ商品やカテゴリでの競争が激化する可能性があります。これに対処するためには、独自の戦略や差別化を追求する必要があります。

Amazon大口アカウントは、特に販売規模が大きく、多くの商品を取り扱いたい販売者に適しています。しかし、月額料金やFBAサービスのコストなど、運営費用が高くなることを考慮し、ビジネスの規模や利益マージンに応じて判断することが重要です。また、競争が激しい市場環境に対応するためには、独自の戦略や差別化を追求し、リスティング最適化や効果的なマーケティング活動を行うことが求められます。

【併せて読みたい記事】
amazon大口出品に必要な手数料まとめ

Amazon小口アカウントとは

「Amazon小口アカウントとは」をイメージさせる写真

Amazon小口アカウントとは

Amazon小口アカウントは、Amazonで販売を行う際に選択できるアカウントタイプの一つで、主に販売ボリュームが比較的低く、商品数が限られた販売者に適したアカウントです。小口アカウントでは、月額料金が発生せず、リスティングごとに手数料がかかります。

小口アカウントの特徴

ペイアズユーゴー制

月額料金が発生せず、商品リスティングごとに手数料がかかります。

商品数が限られる

商品数が限られており、大量の商品リスティングには不向きです。

Fulfillment by Amazon (FBA)

 FBAサービスを利用できますが、ストレージ料金や出荷手数料が大口アカウントよりも高くなる場合があります。

一部のマーケティングツール

大口アカウントに比べて、一部のマーケティングツールや機能にアクセスできます。

小口アカウントのメリット

低い初期コスト

月額料金が発生しないため、初期コストが低く抑えられます。

運用がシンプル

 商品数が限られているため、運営管理がシンプルで、小規模ビジネスや新規販売者に適しています。

リスクが低い

商品リスティングごとに手数料がかかるため、売上が低い場合でも、コストが抑えられます。

小口アカウントのデメリット

商品リスティングの制限

商品数が限られているため、販売規模を拡大する際に制限がかかります。

高い手数料

商品リスティングごとに手数料がかかるため、販売ボリュームが増えると、コストが高くなります。

限定的なマーケティングツール

大口アカウントに比べて、利用できるマーケティングツールや機能が限定されています。

FBAサービスのコスト

FBAサービスを利用する場合、ストレージ料金や出荷手数料が大口アカウントよりも高くなる可能性があります。

Amazon小口アカウントは、販売規模が小さい場合や商品数が限られている場合に適しています。しかし、販売ボリュームが増えると、リスティングごとの手数料が高くなり、運営費用が増加することを考慮する必要があります。また、利用できるマーケティングツールや機能が限定されているため、プロモーション活動に制約がかかることがあります。FBAサービスを利用する場合も、ストレージ料金や出荷手数料が大口アカウントよりも高くなることがあるため、運営費用を慎重に見積もることが重要です。

小規模ビジネスや新規販売者にとって、Amazon小口アカウントは低リスクで始められるため、魅力的な選択肢となります。しかし、ビジネスが成長し、販売規模が拡大するにつれて、商品リスティングの制限やマーケティングツールの限定性がボトルネックとなることがあるため、適切なタイミングで大口アカウントへの移行を検討することが重要です。

【併せて読みたい記事】
amazon小口出品に必要な手数料まとめ

大口と小口アカウントの主な違い詳細

「大口と小口アカウントの主な違い詳細」をイメージさせる写真

販売手数料とコスト

大口アカウントは、月額料金が発生し、無制限の商品リスティングが可能です。売上が増えると、販売手数料も高くなることがあります。

小口アカウントは、月額料金は発生せず、商品リスティングごとに手数料がかかります。販売ボリュームが増えると、リスティングごとの手数料が負担となることがあります。

在庫管理とFBAサービス

大口アカウントは、FBAサービスを利用して、在庫管理や出荷作業をAmazonに委託できます。ストレージ料金や手数料が発生しますが、一定の規模で利用するとコスト効率が良くなることがあります。小口アカウントは、FBAサービスを利用できますが、ストレージ料金や出荷手数料が大口アカウントよりも高くなる場合があります。

プロモーションとマーケティングツール

大口アカウントは、高度なマーケティングツール(Amazon広告やAmazonブランドレジストリなど)にアクセスでき、効果的なプロモーション活動を展開できます。また、優先サポートを受けることができます。小口アカウントは、一部のマーケティングツールや機能にアクセスできますが、大口アカウントに比べて制限がかかります。プロモーション活動において、競争力が低くなる可能性があります。

これらの違いを踏まえて、販売者はビジネスの規模、販売ボリューム、商品ラインナップ、利益マージン、将来の成長計画などを総合的に考慮し、適切なアカウントタイプを選択することが重要です。大口アカウントは販売規模が大きく、多くの商品を取り扱いたい販売者に適しており、小口アカウントは販売規模が小さい場合や商品数が限られている場合に適しています。適切なアカウントタイプを選択し、効果的な戦略を立てることで、Amazonでのビジネスが成功に向かう可能性が高まります。

大口アカウントは、より効果的なプロモーションとマーケティング活動を行うことができるため、市場での競争力を高めることができます。一方、小口アカウントではマーケティングツールが制限されているため、独自の戦略を立てる必要があります。しかし、小口アカウントは初期コストが低く、リスクが低いため、新規販売者や小規模ビジネスに適しています。

どちらのアカウントが適しているかを判断する方法

「どちらのアカウントが適しているかを判断する方法」をイメージさせる写真

どちらのアカウントが適しているかを判断するためには、以下の要素を考慮して総合的な判断を行うことが重要です。

ビジネス規模と販売ボリューム

大口アカウントは、中規模から大規模のビジネスや多くの商品を取り扱いたい販売者に適しています。小口アカウントは、小規模ビジネスや新規販売者、あるいは商品数が限られている場合に適しています。

利益マージンとコスト

大口アカウントは月額料金が発生し、一定の販売ボリュームがある場合にコスト効率が良くなることがあります。小口アカウントは月額料金が発生せず、リスティングごとに手数料がかかります。初期コストが低く、リスクも低いですが、販売ボリュームが増えるとコストが高くなることがあります。

在庫管理とFBAサービス

大口アカウントは、より効率的な在庫管理とFBAサービスを利用できます。一定の規模で利用すると、ストレージ料金や出荷手数料のコスト効率が良くなることがあります。小口アカウントは、FBAサービスを利用できますが、ストレージ料金や出荷手数料が大口アカウントよりも高くなる場合があります。そのため、コスト効率を慎重に検討する必要があります。

プロモーションとマーケティングツール

大口アカウントは、高度なマーケティングツール(Amazon広告やAmazonブランドレジストリなど)にアクセスでき、効果的なプロモーション活動を展開できます。小口アカウントは、一部のマーケティングツールや機能にアクセスできますが、大口アカウントに比べて制限がかかります。そのため、競争力が低くなる可能性があります。

これらの要素を総合的に考慮し、自分のビジネスに適したアカウントタイプを選択することが重要です。販売規模が大きく、多くの商品を取り扱いたい場合や、将来的な成長を見込んでいる場合は、大口アカウントを検討することが有益です。一方、販売規模が小さく、商品数が限られている場合や、初めてAmazonで販売を始める場合は、小口アカウントを選択してリスクを抑えることが有益です。

大口アカウントで成功するための戦略

「大口アカウントで成功するための戦略」をイメージさせる写真

大口アカウントで成功するためには、以下の戦略を効果的に活用することが重要です。

商品リサーチと選定

市場ニーズや競合状況を調査し、需要があり競争が激しくない商品を選定することが重要です。また、高い利益マージンを維持できる商品を選ぶことも成功への鍵です。

効果的な在庫管理とFBAサービスの活用

適切な在庫量を維持し、在庫切れや過剰在庫を防ぐことが重要です。また、FBAサービスを活用して迅速な出荷や顧客対応を行うことで、顧客満足度を向上させることができます。

高品質な商品ページの作成

わかりやすいタイトル、魅力的な商品説明、高品質な画像やビデオを用意し、商品の特徴や利点を明確に伝えることが重要です。また、適切なキーワードを使ってSEO対策も行いましょう。

レビュー管理と顧客サポート

良好なレビューは商品の信頼性を高めるため、顧客からのレビューやフィードバックに対応し、適切な対応を行うことが重要です。また、迅速で丁寧な顧客サポートを提供することで、リピート購入や口コミに繋がります。

マーケティング戦略の実施

Amazon広告やAmazonブランドレジストリを活用し、効果的なプロモーション活動を展開します。さらに、ソーシャルメディアやメールマーケティングなど、外部チャネルを活用して顧客を獲得することも考慮しましょう。

セールス分析と最適化

売上データや顧客行動を分析し、パフォーマンスの改善点や新たな機会を特定します。商品ページの改善やプロモーション戦略の見直しを定期的に行い、ビジネスの成長を促進しましょう。

常に市場動向を把握

市場の動向や競合状況を常に把握し、新たなニーズやトレンドに柔軟に対応できるようにしましょう。これにより、市場での競争力を維持し、継続的な成長が期待できます。

ブランド構築とブランドイメージの強化

独自のブランドを構築し、顧客に印象づけることが重要です。ブランドロゴやパッケージデザイン、一貫したメッセージングなどを通じて、強力なブランドイメージを確立しましょう。

販売チャネルの多様化

Amazonだけでなく、他のオンラインマーケットプレイスや自社ウェブサイトを活用して、販売チャネルを多様化することで、リスクを分散し、さらなる売上の増加を目指しましょう。

継続的なスキルアップと最新情報の取得

Amazonプラットフォームの変更や新機能の追加に対応するため、定期的にスキルアップや最新情報の取得を行い、ビジネスの適応力を高めましょう。

これらの戦略を効果的に活用し、自社のビジネスに適応させることで、Amazon大口アカウントでの成功が期待できます。成功への道のりは決して容易ではありませんが、市場の動向や競合状況に敏感になり、柔軟に戦略を見直すことで、継続的な成長が可能になります。最終的には、適切な戦略と努力がAmazon大口アカウントでの成功につながることでしょう。

小口アカウントで成功するための戦略

「小口アカウントで成功するための戦略」をイメージさせる写真

小口アカウントで成功するためには、以下の戦略を効果的に活用することが重要です。

商品リサーチと選定

市場ニーズや競合状況を調査し、需要があり競争が激しくない商品を選定することが重要です。また、高い利益マージンを維持できる商品を選ぶことも成功への鍵です。

低コストでの在庫管理

小口アカウントでは、在庫コストを低く抑えることが重要です。適切な在庫量を維持し、在庫切れや過剰在庫を防ぐことで、コスト効率を高めましょう。

高品質な商品ページの作成

わかりやすいタイトル、魅力的な商品説明、高品質な画像やビデオを用意し、商品の特徴や利点を明確に伝えることが重要です。また、適切なキーワードを使ってSEO対策も行いましょう。

顧客満足度の向上

良好なレビューは商品の信頼性を高めるため、顧客からのレビューやフィードバックに対応し、適切な対応を行うことが重要です。また、迅速で丁寧な顧客サポートを提供することで、リピート購入や口コミに繋がります。

ソーシャルメディアや外部チャネルを活用したマーケティング

小口アカウントでは、Amazon内のマーケティングツールが制限されるため、ソーシャルメディアやメールマーケティングなどの外部チャネルを活用して顧客を獲得しましょう。

データ分析と最適化

売上データや顧客行動を分析し、パフォーマンスの改善点や新たな機会を特定します。商品ページの改善やプロモーション戦略の見直しを定期的に行い、ビジネスの成長を促進しましょう。

ニッチ市場の開拓

小口アカウントでは、ニッチ市場や特定のターゲット層に焦点を当てることが有効です。競争が少なく、独自性が高い商品やサービスを提供することで、市場での競争力を維持し、継続的な成長が期待できます。

販売チャネルの多様化

Amazonだけでなく、他のオンラインマーケットプレイスや自社ウェブサイトを活用して、販売チャネルを多様化することで、リスクを分散し、さらなる売上の増加を目指しましょう。

継続的なスキルアップと最新情報の取得

Amazonプラットフォームの変更や新機能の追加に対応するため、定期的にスキルアップや最新情報の取得を行い、ビジネスの適応力を高めましょう。

顧客とのコミュニケーションの強化

顧客との継続的なコミュニケーションを通じて、信頼関係を構築しましょう。顧客ニーズに応えるカスタマイズ商品や、タイムリーなプロモーションを提供することで、顧客満足度を向上させ、リピート購入を促進します。

これらの戦略を効果的に活用し、自社のビジネスに適応させることで、Amazon小口アカウントでの成功が期待できます。成功への道のりは決して容易ではありませんが、市場の動向や競合状況に敏感になり、柔軟に戦略を見直すことで、継続的な成長が可能になります。最終的には、適切な戦略と努力がAmazon小口アカウントでの成功につながることでしょう。

Amazon小口アカウントでの成功する方法については、以下の記事でも解説しておりますので参考にしてみてください。

アカウントタイプを変更する場合の注意点

「アカウントタイプを変更する場合の注意点」をイメージさせる写真

アカウントタイプをAmazonの大口アカウントから小口アカウントへ、またはその逆に変更する場合には、以下の注意点を考慮することが重要です。

変更プロセス

アカウントタイプの変更は、Amazonセラーセントラルで行うことができますが、変更プロセスには時間がかかることがあります。そのため、事前に計画を立て、影響を最小限に抑えることが重要です。

販売手数料とコスト

アカウントタイプによって販売手数料や月額料金が異なるため、変更前後で発生するコストの違いを把握し、ビジネスに適した選択を行うことが重要です。

在庫管理とFBAサービス

アカウントタイプを変更することで、在庫管理やFulfillment by Amazon(FBA)サービスの利用条件が変わる場合があります。事前に変更がどのように影響するか調べておくことが重要です。

プロモーションとマーケティングツール

大口アカウントと小口アカウントでは、利用できるプロモーションやマーケティングツールが異なります。アカウントタイプを変更する場合、これらのツールの利用状況も検討し、適切な戦略を立てることが重要です。

リスティングと商品ページ

アカウントタイプを変更する際には、既存のリスティングや商品ページに影響が出ることがあります。変更後も引き続き適切な商品ページが表示されるよう、事前に準備しておくことが重要です。

アカウント履歴と評価

アカウントタイプを変更する場合、アカウントの履歴や評価が引き継がれるかどうかを確認しましょう。評価が引き継がれない場合は、新たな評価を獲得するための戦略を検討することが重要です。

サポートと問い合わせ

アカウントタイプの変更に伴い、サポート内容や問い合わせ先が変わる場合があります。変更後のサポート体制を確認し、必要に応じて連絡先を更新しておくことが重要です。

税金や規制の変更

アカウントタイプによって、税金や法規制に関する取り扱いが異なることがあります。変更後の税金や法規制に関する要件を把握し、必要な手続きや準備を行っておくことが重要です。

ビジネスインパクトの評価

アカウントタイプの変更は、ビジネス全体に影響を与える可能性があります。変更がどのようにビジネスに影響を与えるかを評価し、リスクを最小限に抑えるための対策を講じることが重要です。

時間とリソースの配分

アカウントタイプの変更は、手間や時間がかかることがあります。変更に伴う作業に十分なリソースを割くことが重要ですが、その一方でビジネスの他の部分にも注意を払い、バランスを保つことが大切です。

アカウントタイプの変更は、慎重な検討と準備が必要です。上記の注意点を考慮し、変更がビジネスにとってプラスの効果をもたらすよう、適切な判断と対策を行いましょう。アカウントタイプの変更が成功すれば、ビジネスの成長や利益の向上に寄与することが期待できます。

まとめ

「まとめ」をイメージさせる写真

Amazonの大口アカウントと小口アカウントは、それぞれ異なる特徴やメリット、デメリットを持っています。適切なアカウントタイプの選択は、ビジネスの規模や目標に応じて慎重に行うことが重要です。

大口アカウントでは、より多くの販売機会やマーケティングツールを利用できる反面、費用が高くなる場合があります。一方、小口アカウントは手数料が低いものの、利用できる機能が限られることがデメリットとなります。

成功するための戦略として、大口アカウントは効果的な在庫管理やプロモーション活動、効率的なコスト管理が重要です。小口アカウントでは、ニッチ市場の開拓や販売チャネルの多様化、顧客とのコミュニケーションが成功へのカギとなります。

また、アカウントタイプを変更する場合には、販売手数料や在庫管理、プロモーションツールなどの違いに注意を払い、変更がビジネスに与える影響を検討してから決定しましょう。

今後の展望として、Amazonプラットフォームは常に進化しており、新たな機能やサービスが続々と登場しています。アカウントタイプに関係なく、最新の情報を取得し、柔軟にビジネス戦略を見直すことが成功への道です。

アドバイスとして、どちらのアカウントタイプを選択するにしても、自社のビジネス目標や規模を明確にし、戦略を継続的に見直し、改善することで、Amazonでの販売活動を成功に導くことができます。最適なアカウントタイプを選択し、効果的な戦略を実行して、ビジネスの成長を実現しましょう。

Q
Amazon大口出品と小口出品の違いを教えて下さい。
A

Amazon大口アカウントと小口アカウントは、販売手数料とコスト、在庫管理とFBAサービス、プロモーションとマーケティングツールの面で主な違いがあります。大口アカウントは月額料金が発生し、無制限のリスティングが可能で高度なマーケティングツールが利用できますが、小口アカウントは月額料金が発生せず、リスティングごとの手数料がかかり、制限があるマーケティングツールしか使えません。

Q
Amazon大口出品と小口出品の成功のポイントを教えて下さい。
A

成功するための戦略として、大口アカウントは効果的な在庫管理やプロモーション活動、効率的なコスト管理が重要です。小口アカウントでは、ニッチ市場の開拓や販売チャネルの多様化、顧客とのコミュニケーションが成功へのカギとなります。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。