セラースプライトをAmazonや楽天運用の参考に!分析機能を解説

セラースプライトをAmazonや楽天運用の参考に!分析機能を解説の記事をイメージできる写真

セラースプライトは、Amazonで市場やライバル商品などの詳細データを取得できる分析ツールです。楽天などの他モールや自社ECの分析はできませんが、戦略を立てるときの参考データのひとつとしてAmazonの詳細データを活用できるでしょう。

「オンラインでどのようなものが売れているのかわからない」「商品リサーチにかなり時間がかかっているので効率の良い方法を探している」「Amazonの商品ページが上位表示されない」という方におすすめのツールです。

世界中で使われているツールですが「具体的にどのようなデータが取得できるの?」「本当に自分に必要なツールなのかわからない」と考える方もいるのではないでしょうか。

今回は、セラースプライトでどのようなデータを取得できるのか解説していきます。リサーチにおける有効性をお伝えしますので、ツールの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

セラースプライトは、Amazonのキーワード解析や市場リサーチにより、ビジネス拡大や市場開拓をスムーズに行えるツールです。ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

セラースプライトをお得に利用してAmazon運営を効率化したい事業者は、申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!

コード:JW6010

申し込む

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

セラースプライトはAmazon事業者向けの分析ツール

セラースプライトはAmazonの分析ツール

セラースプライトとは、Amazon内のキーワード調査やライバル商品リサーチなどの詳細データを取得し、ビジネスをサポートしてくれるツールのことです。2024年2月時点でのユーザー人数は世界で90万人と、登録者数が急増している人気なツールといえます。

ライバルセラーや自社商品のデータを丸裸にして運用の戦略を立てることができるため、一部の事業者からは、Amazonの売上を伸ばしていきたい人に必須のツールといわれています。

また、海外Amazonのデータも取得できるため、海外輸入を行っている方でも使いこなせるでしょう。調査するデータによって異なりますが、セラースプライトは以下の国々の情報も解析できます。

  • アメリカ
  • 日本
  • イギリス
  • ドイツ
  • フランス
  • イタリア
  • スペイン
  • カナダ
  • インド

セラースプライトには、無料版と有料版がありますが、本格的に施策に活用して売上を伸ばしたい方には有料版をおすすめします。なぜなら無料版は機能に制限があり、データが部分的にしか見られないからです。

有料版であればほとんどの分析機能を制限なしで使えます。無料版と有料版の違いについては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

セラースプライトはAmazon以外の楽天や他モール運用者にもおすすめ!

セラースプライトは楽天など他モール運用者にもおすすめ!

「セラースプライトはAmazon専用のツール?」「楽天の分析はできないの?」と考える方もいると思います。結論から言うと、Amazon専用の分析ツールのため、楽天など他のプラットフォームを分析することはできません。

ただ、プラットフォームは違えど、取得したデータを仕入れや市場参入、商品開発の参考にすることはできます。プラットフォームごとに特徴はありますが、ひとつの目安として活用できるでしょう。プラットフォームに関わらず、モノを売るときはリサーチが重要です。ここからは、リサーチにおけるセラースプライトの有効性をお伝えしていきます。

AmazonやECサイト運営におけるリサーチの重要性

仕入れたものが売れるかどうかはリサーチにかかっています。「売れそうと思って仕入れたけど全然売れなかった……」という事態を防ぐためには、常に市場の動向をチェックしなければいけません。

まずは市場そのものの動向をチェックして、狙っている商品の競合やトレンド、利益率を確認しましょう。

市場に参入して良いかチェックしたら売れ筋商品をチェックします。事前にしっかりとリサーチをしておけば失敗リスクを抑えることができるでしょう。

Amazonなどで売上を伸ばすためにはデータに基づいた運用が必須です。

セラースプライトを活用してAmazon運営に期待できること

「セラースプライトを活用してAmazon運営に期待できること」をイメージさせる画像

ここまでリサーチの重要性をお伝えしてきましたが、毎日コツコツと市場の動向をチェックするのは手間がかかります。「リサーチにコストをかけすぎて他の業務に手が回らない……」という方もいるはず。

セラースプライトを使うと、リサーチのコストを削減して売上アップを目指せます。具体的には、以下の方法で販売数や売上を上げていけるでしょう。

  • 市場・商品分析で売れる新規商品を選定する
  • キーワード選定で商品ページを上位表示させる

浮いた時間を優先度の高い業務に回せるため、楽天などの他モールや自社ECを運用している方は無料版を試してみると良いでしょう。セラースプライトに期待できることの詳細は、以下で解説します。

市場・商品分析で売れる新規商品や市場を選定する

セラースプライトを使うと、Amazonの市場分析や商品分析が簡単にできるため、売れる商品や開拓すべき市場を選定できます。

「狙っている市場はどのくらいの売上があるのか」「ライバルの店舗で売上が上がっている商品はどれか」など市場周りの詳細データが丸裸になるため、本当に参入して良い市場なのか判断する材料になりえます。

売れ筋商品からは、ユーザーの層やニーズもわかるため、商品開発の参考にもなるでしょう。オリジナル商品を開発している方は、悪い点を都度改善することでユーザーの満足度の向上を期待できます。売れ筋商品や競合の少ないお宝商品を見つけられると、仕入れに役立つケースも。

分析をしてから市場開拓を行うことで、需要がない市場に参入したり、ライバルに埋もれてしまったりするリスクを避けられます。セラースプライトを活用し、リサーチを十分に行ってからビジネスを拡大することが大切です。

キーワード選定で商品ページを上位表示させる

セラースプライトを活用することで、Amazonの商品ページを上位表示させて売上が伸びる可能性が高くなります。セラースプライトには、検索されているキーワードや関連キーワードをチェックできる機能があります。

Amazonで売上を伸ばすためには、商品ページを上位表示させてユーザーから見つけてもらうことも重要です。ほとんどのユーザーは検索結果の1ページ目しか見ないといわれています。ページの1つ目の商品が気に入って購入した場合には、下に表示された商品を見てくれません。

設定したキーワードを商品タイトルや商品説明文、検索キーワードフィールドに散りばめましょう。上位表示施策は広告費用をかけずに集客ができるのがメリットです。

セラースプライトのキーワード解析機能を使い、商品ページが上位表示されると、Amazonの売上向上が見込めるでしょう。

セラースプライトのAmazon分析機能の使い方

セラースプライトのAmazon分析機能

セラースプライトには、Amazonを分析する機能が豊富に搭載されています。初心者の方はどのようなものが売れるのかを把握するのに多大な時間が必要になりますが、ツールを使うとリサーチコストを削減できます。Web版と拡張機能版があり、代表的な機能は次のとおりです。

  • キーワード解析
  • マーケット調査
  • モニタリング
  • レビュー分析
  • 分析以外の機能

Web版と拡張機能版の両方で使える機能もあれば片方だけでしか使えない機能もあります。併用して使うと効率的にリサーチができるでしょう。機能は随時アップデートされていますが、無料版だと制限があり、すべてのデータは見られないので注意が必要です。ここからは、それぞれの代表的な機能を紹介します。

キーワード解析

まずはキーワード解析の機能を解説します。AmazonのSEO対策に関わる機能で、商品ページが上位表示されないときに使います。Web版と拡張機能版に分けてお伝えします。

Web版

以下、Web版でできる主なキーワード解析機能です。

・キーワードリサーチ
・キーワードトレンドリサーチ
・キーワードマイニング
・キーワード逆引きリサーチ

どのようなキーワードがAmazonで検索されているのか、どのような商品が売れているのか、ライバル商品の検索キーワードや関連キーワードなどを抽出できます。適切なキーワードを選定したら、自社の商品ページの商品タイトルや商品説明文、検索キーワードフィールドに散りばめましょう。

拡張機能版

拡張機能版でできる主なキーワード解析機能は、「キーワード順位チェッカー」です。自社商品やライバル商品が特定のキーワードでどのくらいの順位を獲得しているのかがわかります。

自社商品の順位が低ければ商品ページを改善するなど対策を取りましょう。

マーケット調査

ここからはマーケット調査の機能を解説します。市場・商品分析に関わる機能で、仕入れや商品開発の参考にできるでしょう。Web版と拡張機能版に分けて詳しくお伝えします。

Web版

以下、Web版でできる主なマーケット調査機能です。

  • 商品リサーチ
  • ライバル商品リサーチ
  • 市場リサーチ

ライバル商品がどのくらい売れているのか、狙っている市場の規模はどのくらいかなどの情報がわかります。データを参考に市場参入を判断したり、自身の資金状況に合ったお宝商品を見つかることも。Web版を活用し、Amazonの競合リサーチを徹底的に行いましょう。

拡張機能版

拡張機能版でできる主なマーケット調査機能は、「売上詳細」です。売上詳細は、拡張機能版のライバル商品リサーチです。ある商品ページで拡張機能を開くとすぐにその商品の詳細データが画面上に表示されます。

なお、検索結果画面で拡張機能を開くと、ページ上にあるすべての商品データが抽出されるため効率的に分析できるでしょう。市場分析ボタンをワンクリックすると市場の詳細がまとめられたレポートをすぐに抽出できます。

モニタリング

以下のマーケット調査機能はWeb版で使用できます。

  • 商品モニタリング
  • キーワードモニタリング
  • 店舗新商品モニタリング

商品の検索順位やキーワードの検索数、ライバルセラーの新商品情報が毎日自動で更新されます。定期的にチェックして戦略を立てるときの参考にしましょう。無料版だとモニタリング機能は使えないので、注意が必要です。

レビュー分析

レビュー分析は拡張機能版で使用できます。商品ページで「レビュー分析」のボタンをワンクリックすると、自社商品やライバル商品の評価の詳細を表やグラフでわかりやすく表示してくれます。

バリエーションごとに表示されるため、どの種類が人気があるのかすぐに把握できますよ。ワンクリックで簡単にレビューのエクセルデータをダウンロードできる機能です。ダウンロードをする前に翻訳の有無を選べるので海外輸入をしている方も使いやすいでしょう。

ただし、有料会員でなければ使えないのでご注意ください。

分析以外の機能も

拡張機能版には、一括レビューリクエストの機能も付いています。レビューリクエストとは、注文してくれたユーザーにレビュー依頼をする機能のことです。

Amazonの公式にもレビューリクエスト機能はありますが、2023年現在、一括送信することができません。セラースプライトを使うと送信工数が削減できるのが嬉しいポイントです。

また、Amazonの利用規約に沿っているため規約違反になる心配も不要です。レビューリクエストメールの文面を考える必要もありません。

低評価のユーザーや返金済みのユーザーには送らないよう設定できるため、効率的にレビューを集められます。

セラースプライトをAmazonせどりで活用するときの注意点

「セラースプライトをAmazonせどりで活用するときの注意点」をイメージさせる画像

Amazonせどりをしている方はセラースプライトを重宝すると思いますが、単に売れ筋商品を大量に仕入れれば良いというわけではありません。

次の4つのポイントに注意しましょう。

  • 1.価格と量に注意する
  • 2.Amazonが出品している商品は仕入れない
  • 3.出品できない商品を確認する
  • 4.古物商許可証を取得する

なかには法律に関わるものもあるため、しっかりと目を通し、健全なAmazon運営を目指してください。

1.価格と量に注意する

特にせどり初心者の方は、高額商品の仕入れや大量の仕入れは避けましょう。ものを保管するスペースがなくなって場所を借りることになったり、資金不足になったりと失敗するリスクが高まります。

売れ筋商品を仕入れてもトレンドや季節性のものだった場合は、通年売れるものではないため、不良在庫になる可能性も。ただ売れ筋商品を仕入れれば良いというわけではないということですね。

狙いどおりに売れると良いのですが、特に初心者のうちは資金と相談しながら価格と量に注意して計画的に仕入れを行いましょう。

2.Amazonが出品している商品は仕入れない

基本的にAmazon本体が出品しているものは仕入れないことをおすすめします。なぜならシンプルにAmazonが強すぎるからです。「本体が出品していることに気づかず仕入れたら全然売れなかった……」という事態になりかねません。

価格を下げたり、在庫切れを待ったりする方法もありますが、初心者の場合は手を出さない戦略を取るのをおすすめします。全く売れなかったり、価格競争で安くなりすぎて利益が出なくなったりする可能性が高いです。

仕入れをする前に本体の出品有無を確認しておきましょう。

3.出品できない商品を確認する

Amazonせどりにかかわらず、せどり全般に言えることですが、どのようなものでも出品できるわけではありません。法律では、以下の販売行為が禁止されています。

これらのものを出品すると違法になってしまいます。せどりを行うときは関連法やAmazon規約を確認し遵守しましょう。

4.古物商許可証を取得する

Amazonせどりにかかわらず、せどり全般に言えることですが、中古品を販売する場合は「古物商許可証」が必要です。「古物商許可証」を持たずに中古品せどりを行うと古物営業法に違反してしまい「懲役3年以下または100万円以下の罰金」が課されます。

中古品を扱う場合は警察署に申請して「古物商許可証」を取得しましょう。

セラースプライトでAmazonの販売数や売上を伸ばそう!

セラースプライトでAmazonの売上を伸ばそう!

セラースプライトは、Amazonや楽天などでせどりをしている方やオリジナル商品を販売している方に必須のツールです。市場や商品のリサーチをすることで、大量の在庫を抱えたり、資金不足になったりする失敗を避けることができます。

商品開発をしている方は売れ筋商品からニーズを分析できるでしょう。「市場の規模はどれくらいなのか」「どのようなものが売れているのか」をチェックして、自分の資金状況に合ったものを仕入れるのをおすすめします

プラットフォームごとにそれぞれ特徴がありますが、楽天などAmazon以外のモールや自社EC運用者でも戦略を立てるときのひとつの目安として参考になるでしょう。

また、ライバル商品がどのようなキーワードで検索されているのかもわかるため、Amazon商品ページのSEO対策で上位表示を狙うことも可能です。

有料会員を検討している方は弊社の割引コードを使うと月額30%オフでご利用いただけます。申し込み画面で入力するだけでどなたでも使えますのでぜひ活用ください。

セラースプライトは、Amazonのキーワード解析や市場リサーチにより、ビジネス拡大や市場開拓をスムーズに行えるツールです。ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

セラースプライトをお得に利用してAmazon運営を効率化したい事業者は、申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!

コード:JW6010

申し込む

セラースプライトについては、こちらの動画でもご紹介しております。

他にもモールの運用やそれに付随するSNS周りのお役立ち情報を発信しておりますので、ぜひご覧になってみてください。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。