【Amazonアカウント】 大口から小口移行で成功をつかむ方法

【Amazonアカウント】 大口から小口移行で成功をつかむ方法の記事をイメージできる写真

Amazonでの販売戦略は常に進化し続けており、ビジネスを成功させるためには柔軟な対応が求められます。その中でも、大口アカウントから小口アカウントへの移行は、多くのセラーにとって最適な戦略のひとつです。

この記事では、大口から小口移行で成功をつかむ方法を解説し、コスト削減や利益最大化、効果的な運営方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon大口と小口の違いとそれぞれの概要

「Amazon大口と小口の概要」をイメージさせる写真

Amazon大口出品と小口出品の違いは、利用料や出品数、受けられるサービスなどにあります。例えば、大口出品者の場合は、月額料金がかかりますが、小口出品者はかかりません。

以下では、大口と小口アカウントの主な違いと特徴について詳しく説明します。

Amazon大口アカウントとは?

Amazon大口アカウントとは、月額4,900円と販売手数料で利用できる、中~大規模な販売を行う事業者向けの出品サービスのことです。大量の在庫を持ち、ある程度の売上を見込める店舗が利用しています。大口出品アカウントのサービス概要は以下の通りです。

  • 商品の出品制限なし
  • 在庫ファイルを一括登録できる
  • 小口アカウントよりも手数料が少ない
  • カートボックスを使える
  • FBA(Fulfillment by Amazon)が利用できる

大口出品は、大量出品に嬉しい機能が付いています。小口出品アカウントで発生する基本成約料が発生しませんが、カテゴリーごとに異なる「カテゴリー別成約料」や「販売手数料」がかかります。

Amazon小口アカウントとは?

Amazon小口アカウントとは、初心者や小規模な販売を行いたい企業や個人に最適なアカウントです。このアカウントタイプの主な特徴は以下の通りです。

  • 販売手数料のみで月額料金はかからない
  • 大口プランよりも販売手数料が高い
  • 特定のカテゴリーで出品数に制限がある
  • FBAの利用に別途料金がかかる

小口出品者は、月額料金がかからず、商品が売れるたびに販売手数料を支払います。売上の目処が立っていない小規模出品者にとって負担が少ないプランといえるでしょう。一方で、大口アカウントよりも販売手数料が高いため、売上が伸びてきたら小口から大口に移行する選択がベターです。

Amazon大口アカウントのメリットとデメリット

「Amazon大口アカウントのメリットとデメリット」をイメージさせる写真

大口アカウントを利用する際に、メリットとデメリットが生じます。総合的に考慮し、自分のビジネス戦略や目標に合ったアカウントタイプを選択することが重要です。

メリット

Amazonの大口出品プランを選択する場合、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 大量に出品できる
  • 小口出品者と比べて販売手数料が低い
  • FBA(Fulfillment by Amazon)を利用できる
  • 複数のユーザー管理でチーム運営がしやすい
  • 割引クーポンやバンドル販売などのプロモーション機能がある

大口アカウントは、出品数の制限がないことから、大規模な販売や商品数が多い場合に適しており、特にFBAを利用することで効率的な運営が可能です。大量の商品を取り扱う場合は利益を上げやすく、チームでの運営も可能です。

プロモーション機能を積極的に活用し、売上アップを目指せるでしょう。

デメリット

大口アカウントは、以下の点でデメリットに感じる事業者も多いでしょう。

  • 月額料金が4,900円かかる
  • 手続きが面倒に感じる場合がある(事業者登録や納品書の発行など)
  • 大量の在庫管理が必要
  • FBA利用時にかかる在庫保管費用や出荷手数料の負担が必要

大口アカウントは、大規模事業者を想定したプラン内容になっているため、一定数の売上がない事業者の利用はリスクになる可能性も。利用を検討する場合は、月額料金やFBA利用時の費用、事務手続きなどについて知り、対処できるよう準備することが大切です。

小規模なビジネスや初心者の場合、まずは小口アカウントから始めて、ビジネスが成長した段階で大口アカウントへの移行を検討することも一つの方法です。最終的には、あなたのビジネスのニーズや将来の展望に応じて、適切なアカウントタイプを選択し、Amazonマーケットプレイスでの成功を目指しましょう。

Amazon小口アカウントのメリットとデメリット

「Amazon小口アカウントのメリットとデメリット」をイメージさせる写真

小口アカウントは、初心者や小規模な販売を行いたい企業や個人に最適です。しかし、ビジネスが拡大し、商品数や販売数が増える場合には、大口アカウントへの移行が望ましいでしょう。

ここからは、Amazon小口アカウントのメリットとデメリットを以下に詳細に説明します。

メリット

Amazonに出品したての販売者も手軽に使える小口アカウントが、以下のメリットが挙げられます。

  • 低コストでビジネスを始められる
  • 初心者でも運営や登録がしやすい
  • FBAを利用できる

小口アカウントは月額料金がかからず、商品が売れるたびに手数料が発生します。初心者や小規模なビジネスにとっては、費用の負担が少なく始められる利点があります。

FBAを利用することで、在庫管理や出荷業務、カスタマーサポートなどをAmazonに任せることができ、運営の効率化が図れるでしょう。

デメリット

小口アカウントを利用する際は、以下のデメリットが生じる可能性もあります。

  • 出品制限が設けられていて大規模な運営が難しい
  • 大口出品よりも販売手数料が高い
  • FBAの在庫保管費用や出荷手数料がかかる
  • 大口出品と比べてプロモーション機能が制限される
  • アカウントの共有ができず、チーム運営に工夫が必要になる

小口アカウントでは、カテゴリーによっては出品数に制限があります。多くの商品を扱いたい場合は、大口アカウントの方が適しています。販売手数料が大口アカウントよりも高く設定されています。さらに、販売手数料やFBAの手数料は、販売数が増えるにつれて利益率に影響を与える可能性があります。

初めてAmazonで販売を始める場合や、まだビジネス規模が小さい場合には、小口アカウントで始めて、ビジネスが成長した段階で大口アカウントへの移行を検討することも一つの方法です。自分のビジネスのニーズや将来の展望に応じて、適切なアカウントタイプを選択し、Amazonマーケットプレイスでの成功を目指しましょう。

競合分析や市場調査に役立つおすすめツール「セラースプライト」は、小口出品を成功させるために必要なデータを取得できます。ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!
コード:JW6010

申し込みはこちら!

Amazon大口から小口への転換を検討する理由

「Amazon大口から小口への転換を検討する理由」をイメージさせる写真

Amazon大口から小口への転換を検討する理由はいくつかあります以下に主な理由を詳細に説明します。

コストを削減したいから

大口アカウントは月額4,900円の料金がかかりますが、小口アカウントでは月額料金が発生しません。出品数や販売数が減少した場合や、利益率が低くなっている場合には、コスト削減のために小口アカウントへの転換を検討することが有益です。

ビジネス規模を縮小したいから

売上が減少したり、事業の規模が縮小した場合、大口アカウントで提供される機能やサービスが必要なくなることがあります。このような状況では、小口アカウントへの転換が適切な選択となります。

商品の出品数が減少したから

もし商品の出品数が減少し、大口アカウントでの出品制限が必要なくなった場合、小口アカウントへの転換が適切です。小口アカウントでは出品数に制限がありますが、商品数が少ない場合には問題なく運営できます。

シンプルな運営をしたいから

大口アカウントの運営は、登録や手続きが複雑であり、小口アカウントよりも手間がかかることがあります。もしシンプルな運営を求める場合、小口アカウントへの転換が適切です。

FBAの利用を見直したいから

もしFBAサービスを利用していたが、在庫保管費用や出荷手数料の負担が大きくなった場合、自己出荷を行う小口アカウントへの転換を検討することが有益です。

大口アカウントの特典利用が減ったから

大口アカウントで提供されるプロモーション機能やアカウント管理機能などの特典があまり活用されていない場合、これらの機能を維持するために余計なコストをかける必要はありません。このような状況では、小口アカウントへの転換が適切な選択となります。

サスペンションからの復帰をするため

アカウントがサスペンション(一時停止)された場合、条件によっては小口アカウントへの転換を検討することで、運営の再開が可能となることがあります。

大口アカウントから小口アカウントへの転換を検討する際には、大口アカウントでの販売履歴や評価を維持できるかどうか、またアカウントの移行に伴う作業負荷や時間を考慮する必要があります。適切な計画と準備を行い、スムーズなアカウントの転換ができるようにしましょう。

Amazon大口から小口への転換プロセス

「Amazon大口から小口への転換プロセス」をイメージさせる写真

Amazon大口から小口への転換プロセスを以下のステップに分けて説明します。

アカウントタイプの確認

まず、現在のアカウントタイプが大口であることを確認しましょう。Amazonセラーセントラルにログインし、左上の「設定」から「アカウント情報」を選択して確認できます。

商品の在庫管理

大口から小口への転換前に、在庫管理を行いましょう。現在の在庫状況を確認し、必要に応じて在庫の調整やFBA在庫の引き上げを行ってください。

大口アカウントのキャンセル

次に、大口アカウントをキャンセルします。セラーセントラルの「設定」から「アカウント情報」を選択し、「アカウントタイプ」の下にある「キャンセルサブスクリプション」をクリックして手続きを行ってください。

小口アカウントの作成

大口アカウントがキャンセルされた後、Amazonセラーセントラルで新たに小口アカウントを作成します。すでに登録しているメールアドレスは使用できない場合があるため、別のメールアドレスを使用して登録してください。

商品の再登録

小口アカウントが作成されたら、商品の再登録を行います。在庫管理画面から、各商品の詳細ページにアクセスし、必要な情報を入力して商品を再登録してください。注意点として、SKU番号が重複しないように新しいSKU番号を割り当てることが必要です。

旧アカウントからの評価や履歴の移行

大口アカウントから小口アカウントへの転換時に、販売履歴や評価を移行できるかどうかはケースバイケースです。Amazonのサポートに問い合わせて、評価や履歴の移行が可能かどうか確認しましょう。移行が可能であれば、Amazonサポートに移行のリクエストを行ってください。

ペイメントや納品設定の再設定

新しい小口アカウントで、ペイメント情報や納品設定を再設定します。セラーセントラルの「設定」から「支払い情報」および「納品設定」を選択し、必要な情報を入力して設定を完了させてください。

最終確認と運営開始

全ての設定が完了したら、商品ページや在庫状況、納品設定などを最終確認し、問題がなければ小口アカウントでの運営を開始します。

このように、Amazon大口から小口への転換プロセスは複数のステップに分かれています。プロセスをスムーズに進めるために、以下のポイントに注意してください。

  • 転換作業を行う際は、Amazonのガイドラインやポリシーを遵守する
  • 商品の再登録や設定の変更には時間がかかることがあるため、十分な時間を確保する
  • 売上が落ちるリスクを考慮して適切なタイミングで転換する
  • 分からないことはAmazonサポートにも頼る
  • AmazonセラーセントラルやAmazonマーケットプレイスに関する情報やノウハウを学び続ける

アカウントの転換に伴い、商品の販売戦略やマーケティング戦略も見直すことが重要です。オンラインフォーラムやセミナー、ワークショップなどを活用して、最新の知識や技術を習得し、自分のビジネスに適用していきましょう。

さらに、Amazon以外のマーケットプレイスや販売チャネルも検討してみることで、リスクの分散が見込めます。オムニチャネル戦略を採用することで、より多くの顧客にアクセスし、売上を向上させることが可能です。

Amazonの運営方法や経営戦略に迷った場合は、ツールを積極的に活用して作業効率を上げることも大切です。

競合分析や売上分析に役立つおすすめツール「セラースプライト」は、小口出品を成功させるために必要なデータを取得できます。

ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!
コード:JW6010

申し込みはこちら!

「Amazon小口アカウントで成功するための戦略」をイメージさせる写真

Amazon小口アカウントで成功するためには、以下の戦略を取り入れることが効果的です。

商品をリサーチする

市場で需要のある商品を見つけるために、Amazonのベストセラーランキングやキーワードリサーチツールを利用し、競合他社の出品商品を分析して、独自の商品ラインナップを構築しましょう。

高品質な商品リストを作成する

商品ページは、購入者に商品の特徴や利点を伝える重要な要素です。魅力的なタイトル、詳細な説明、高品質の画像を用意し、適切なキーワードを用いて検索順位を上げることが重要です。

顧客レビューを獲得する

良い評価やレビューは購入者の信頼を得る上で非常に重要です。購入後のフォローアップメールを送るなどして、顧客からのフィードバックを促しましょう

価格競争力を確保する

他の競合商品と比較して適切な価格設定を行い、購入者にとって魅力的な商品を提供しましょう。価格追跡ツールを使用して、競合他社の価格動向をチェックし、適宜価格を調整してください。

在庫管理と納期に対応する

適切な在庫管理を行い、商品の欠品がないように注意しましょう。また、納期対応を迅速かつ正確に行い、顧客満足度を向上させることが重要です。

プロモーションを活用する

Amazonのプロモーション機能を利用して、タイムセールやクーポンを設定し、商品の露出を高めましょう。また、外部のマーケティング活動(SNSやブログなど)も活用して、より多くの顧客に商品をアピールしてください。

顧客サポートを向上させる

顧客からの問い合わせや対応が迅速かつ丁寧であることが、顧客満足度やリピート購入の向上につながります。問題が発生した場合も、素早く解決策を提供し、顧客に安心感を与えましょう。

パフォーマンス指標をモニタリングする

Amazonのセラーパフォーマンス指標を定期的にチェックし、必要に応じて改善策を講じましょう。出品者評価やオーダー不達率などの指標を維持・改善することで、購入者からの信頼を獲得することができます。

効果的な広告戦略を立てる

Amazonスポンサードプロダクトやスポンサードブランド広告を活用して、商品の露出を増やし、売上を向上させましょう。広告の効果測定や最適化を繰り返すことで、より効果的な広告活動が可能になります。

最新情報やトレンドを見逃さない

Amazonマーケットプレイスは常に変化しているため、最新の情報やトレンドに敏感であることが成功への鍵となります。定期的にニュースやブログ、ウェビナーなどの情報源をチェックし、必要に応じて戦略を見直しましょう。

継続的に経営を見直す

商品リストや広告キャンペーン、顧客対応など、ビジネスの各側面を継続的に最適化していくことが重要です。データ分析を行い、効果的な改善策を実施することで、ビジネスの成長を促進できます。

これらの戦略を取り入れることで、Amazon小口アカウントでの成功を目指すことができます。最適な戦略を継続的に見直し、ビジネスの成長につなげていくことが大切です。

Amazon運営のサポートツール「セラースプライト」は、市場調査や競合分析を通して売上アップを目指します。「最適なキーワードが分からない」「売上が伸びずに困っている」といった方は、導入を検討してみてください。

競合分析や売上分析に役立つおすすめツール「セラースプライト」は、小口出品を成功させるために必要なデータを取得できます。

ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!
コード:JW6010

申し込みはこちら!

Amazon小口アカウントの運用での注意点

「Amazon小口アカウントの運用での注意点」をイメージさせる写真

Amazon小口アカウントを運用する際に注意すべき点は以下のとおりです。

在庫を管理する

在庫切れや過剰在庫が発生しないように、適切な在庫管理が重要です。在庫状況を定期的に確認し、適切な発注計画を立てましょう。

遵守すべきポリシーを確認する

Amazonは、出品者に対して様々なポリシーやガイドラインを定めています。これらのルールを遵守しない場合、アカウントが制限されたり、停止されるリスクがあります。Amazonセラーセントラルで最新のポリシーを確認し、遵守しましょう。

商品説明を正確に記載する

商品のタイトル、説明、画像など、すべての情報が正確であることが重要です。誤った情報を掲載すると、顧客の不満や返品、クレームが増えることがあります。商品情報を定期的にチェックし、必要に応じて更新しましょう。

適切なキーワードの使用: キーワードスタッフィングや不適切なキーワードの使用は、検索順位の低下や出品停止につながることがあります。適切なキーワードを用いて、自然な文章で商品説明を作成しましょう。

迅速に顧客対応を行う

顧客からの問い合わせやクレームに対して、迅速かつ丁寧に対応することが重要です。Amazonでは、24時間以内の対応が推奨されています。顧客対応の質を向上させることで、評価やレビューも向上します。

セラーパフォーマンス指標を監視する

Amazonは、セラーパフォーマンス指標を用いて出品者のパフォーマンスを評価します。オーダーディフェクト率(ODR)、キャンセル率、遅延出荷率などの指標を常に監視し、必要に応じて改善策を実施しましょう。これらの指標が悪化すると、アカウントの制限や停止のリスクが高まります。

適正価格を設定する

価格競争力は売上に大きく影響しますが、過度な価格競争は利益率の低下につながります。市場価格を調査し、適切な利益率を確保しながら価格設定を行いましょう。

商品の品質と安全性を確保する

顧客満足度を維持するために、商品の品質と安全性が重要です。商品の検品や品質管理を徹底し、顧客に安心して購入できる商品を提供しましょう。

海外発送の注意点を把握して取引する

海外発送を行う場合、関税や配送規制、配送期間の違いなどに注意が必要です。国や地域によって異なる規制を把握し、適切な配送方法を選択しましょう。また、商品の梱包や保護方法を工夫し、海外発送でも問題なく届くよう配慮が必要です。

レビューの重要性を理解する

商品の購入決定において、レビューは非常に重要な要素です。良いレビューが多いほど、購入者の信頼を得られるため、質の高い商品とサービスを提供し、積極的にレビューを獲得しましょう。ただし、不正な方法でレビューを獲得することは避けるようにしてください。

商品画像や説明文、ブランド名など、著作権や商標権を侵害する可能性がある要素に注意しましょう。権利侵害が疑われる場合、アカウントが制限されたり、停止されるリスクがあります。オリジナルのコンテンツを作成し、他人の著作物や商標を無断で使用しないように注意してください。

返品・返金ポリシーを明確に記載する

Amazonでは、出品者が返品・返金ポリシーを明確に示すことが求められています。顧客が返品や返金に関する情報を簡単に理解できるようにし、スムーズな対応ができるよう準備しておきましょう。

収益性の分析や改善をし続ける

小口アカウントの運用では、収益性が重要な指標です。定期的に利益率やコスト構造を分析し、改善策を実行して収益性を向上させましょう。

これらの注意点を把握し、運用を行うことで、Amazon小口アカウントでのビジネスがスムーズに運営され、成功につながる可能性が高まります。適切な戦略や効果的な運用を継続的に見直し、ビジネスの成長に対応しながら、顧客満足度の向上を目指して取り組んでいくことが重要です。また、Amazonのガイドラインやポリシーが変更されることもあるため、定期的に確認し、適切な対応を行ってください。

【併せて読みたい記事】
amazon小口出品に必要な手数料まとめ

Amazonの大口から小口に関するよくある質問

Amazonの大口から小口に変更する場合によく寄せられる質問を紹介します。

大口から小口に変更すると返金される?

大口出品に登録後、特典やプロモーション機能を利用していない場合は返金される場合があります。一方で、サービスを受け取っている場合は返金されないケースも。登録から90日以内に小口出品へに変更を希望する場合は、テクニカルサポートに問い合わせてください。

小口から大口に変更したらアカウント停止になったのはなぜ?

大口出品を申し込む際に必要な書類提出や手続きの段階で不備があると、アカウントを停止される場合があります。アカウントの停止は一時的なものが多く、数日たつと解決するケースがほとんどです。手続きの見直しから1週間以上経ってもアカウントが再開されない場合は、テクニカルサポートへ相談が有効な手段です。

小規模店舗でもAmazonで売上アップを目指せるおすすめツール「セラースプライト」

「小規模店舗がAmazonで売上アップを目指せるおすすめツール「セラースプライト」」をイメージさせる画像

Amazonで多くの商品を販売する大口出品者だけでなく、小口出品者にもおすすめのツールが、セラースプライトです。AmazonやECサイト運営では、競合分析や市場調査を徹底的に行い、商品ラインナップや商品ページを最適化していく必要があります。

セラースプライトでは、拡張機能を使ってライバル商品の価格変動を確認したり、市場調査でトレンドを分析できたりします。売上が伸び悩んでいている場合や販売する規模を増やしたい場合は、セラースプライトを活用して徹底的にリサーチを行いましょう。

競合分析や売上分析に役立つおすすめツール「セラースプライト」は、小口出品を成功させるために必要なデータを取得できます。

ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!
コード:JW6010

申し込みはこちら!

まとめ

「まとめ」をイメージさせる写真

この記事では、Amazon大口から小口への転換がビジネスにもたらすメリットと、そのプロセスについて詳しく解説しました。大口から小口への転換は、販売戦略の変更、コスト削減と利益最大化、そしてよりシンプルな運営を実現することができます。

また、小口アカウントの運用では、在庫管理やカスタマーサポート、フィードバックとレビューへの対応も大切なポイントとなります。これらの要素をうまく取り入れながら、ビジネスの柔軟性と効率性を向上させることができれば、小口アカウントでのビジネスも大成功に導くことができるでしょう。

最後に、Amazon大口から小口への転換は一度の判断で終わるものではありません。市場環境やビジネスニーズに応じて、柔軟にアカウントタイプを見直すことが重要です。これにより、自社のビジネスモデルに最適な運営スタイルを継続的に追求し、競争力を維持していくことが可能になります。

今後もAmazonでの販売戦略を見直しながら、小口アカウントを活用してビジネスをさらなる高みへと引き上げていきましょう。この記事が、その一助となることを願っています。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。