amazon小口出品の登録できない?理由や原因を解説

Amazon小口出品登録で問題が発生することはありますが、その原因はさまざまです。

最も一般的な理由は、不足している情報や不正確な情報の提供、必要なドキュメントや許可の不備、またはアカウントの不備です。

この記事では、登録に失敗する一般的な原因を詳しく解説し、それぞれの問題に対する解決策を解説しています。

Amazonの小口出品登録で立ち往生している場合、この記事を参考にして問題を解決し、ビジネスを成功させる一歩を踏み出しましょう。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon小口出品は商品の新規登録ができない

Amazon小口出品は商品の新規登録ができない
イメージした写真

Amazon小口出品は、個人や小さなビジネスの出品者が商品をAmazonマーケットプレイスに出品するためのシステムです。

しかし、特定の条件下で新規商品の登録が難しくなることがあります。

Amazonが市場内の品質を維持し、偽造品や不適切な商品の出品を防ぐための方針として実施されています。

既存の商品カタログにない新しい商品を登録する際には、より詳細な情報の提供や承認プロセスを経ることが求められることがあります。

その結果、小口出品者は新商品の追加に関して一定のハードルを感じることがあります。

小口では出品登録が出来ないカテゴリーがある 

Amazonの小口出品プログラムには、出品登録ができないカテゴリーや制限があるカテゴリーが存在します。

これらの制限は、消費者の安全や品質の確保、また特定のカテゴリーに関連する法的な要件や基準を満たすために設定されています。

食品や健康に関連する商品、高価な宝石や時計、特定のブランドの製品など、特別な承認が必要なカテゴリーがあります。

カテゴリーでの出品を希望する時は、Amazonの指定する特定の条件や基準をクリアしなければならないことがあります。

不適切な商品や、模倣品、偽造品の出品を防ぐための制限もあるため、正規のライセンスや証明が必要とされるカテゴリーもあります。

小口出品者として商品を出品する際には、対象のカテゴリーに関するガイドラインやポリシーを事前に確認し、必要な手続きを行うことが求められます。

Amazon出品で審査がある

Amazon出品で審査がある
イメージした写真

Amazonマーケットプレイスにおいて、出品を行う際には特定のカテゴリーや商品に対して審査が実施されるケースがあります。

この審査プロセスは、消費者の安全を保障し、質の高いショッピング体験を提供するための重要なステップです。

多くのカテゴリーでは、誰でも自由に出品を開始できますが、食品、化粧品、医薬品、電気製品などの特定のカテゴリーでは、Amazonの承認を取得する必要が生じます。

出品者は審査の過程で、商品の詳細情報、製造元、成分リスト、安全性に関する証明などの必要なドキュメントをAmazonに提出する必要があります。これらの情報を基に、Amazonは商品の適切性や安全性を確認し、出品の承認を下します。

Amazon小口出品の登録ができない理由

Amazon小口出品の登録ができない理由
イメージした写真

Amazonの小口出品は、多くの個人や小企業にとって手軽な販売チャネルとなっていますが、特定の条件や制約により、一部の出品者が登録の障壁に直面することがあります。

制限されたカテゴリー、情報の不備、過去の違反、そして不正行為は、登録を難しくする主要な要因となっています。

販売出来ないジャンル・商品がある

Amazon小口出品は、個人や小規模な事業者にとって、商品をAmazonマーケットプレイスで簡単に販売するチャンスを提供しています。

しかし、全ての商品やカテゴリーが無条件で出品可能なわけではありません。特定のジャンルや商品には、出品が制限されるケースがあります。

Amazonが模倣品や偽造品の流通を防ぐため、疑わしい商品や確認が難しい商品の出品を制限することもあります。

出品前に本物であることの証明や、正規の取り扱い許可などの情報提供が求められることが一般的です。

Amazon小口出品では、一定の基準やガイドラインを満たす必要があり、これが満たされない場合、出品が難しくなる可能性があります。

資格や審査が必要になる商品のジャンルがある

特定の商品ジャンルにおいては、資格や審査が必要になる場合があります。

一部の商品カテゴリー、特に医薬品、健康補助食品、化粧品、子供向けの製品、電気製品などは、消費者の安全を確保するため、厳格な基準が設けられています。

これらのカテゴリーでの出品を希望する場合、出品者はAmazonからの審査を受ける必要があり、関連する資格やライセンス、製品の詳細情報、安全性の証明などのドキュメントを提出することが求められます。

これらの審査や資格要件は、Amazonが提供する高品質なショッピング体験の維持と、消費者の安全の確保のために設定されています。

出品者はこれらの要件を理解し、適切に対応することが重要です。

小口では出品登録が出来ないカテゴリーがある

多くの出品者は小口プランを利用して簡単に商品を出品できると認識していますが、実は全てのカテゴリーで小口出品が可能ではありません。

小口出品で登録できないカテゴリが存在する背景には、特定の商品に関する認証や資格、あるいは品質管理の要件が関与しています。

化粧品や健康食品のような商品は、消費者の安全を確保するための厳格な品質管理が求められるため、小口出品が制限される場合があります。

ブランドの正規品を取り扱うカテゴリでは、偽物の出品を防ぐための追加的な審査や承認が必要となることもあります。

出品者は、自身が取り扱う商品のカテゴリが小口出品の対象外でないかを事前に確認し、必要な手続きを行うことが重要です。

Amazon小口出品の種類

Amazon小口出品の種類
イメージした写真

Amazonの小口出品とは、個人や小規模なビジネスが自社の商品をAmazonのプラットフォームで販売するための出品方法です。

小口出品は、商品の数が少ない場合や販売規模が小さい場合に適しています。

以下のような種類があります。

1. 個別小口出品

商品を1つずつ登録し、販売する方法です。登録料は必要ありませんが、出品にかかる手数料が高くなります。商品の数や販売規模が少ない場合に適しています。

2. プロフェッショナル

プロのセラー向けの出品方法で、月額料金がかかりますが、手数料が割安になります。多くの商品を販売する場合に適しています。

3. フルフィルメント・バイ・アマゾン

Amazonが商品の保管・梱包・発送を代行するサービスです。

自社倉庫の運営や発送業務をAmazonに任せることで、セラーは負担を軽減することができます。

これらの方法を利用することで、セラーは自社の商品を簡単に販売できるだけでなく、Amazonが提供する広告や顧客サービスなどの恩恵も受けることができます。

小口出品は初めての出品者や新興ブランドにとっても利便性が高く、実店舗だけでなくオンラインでの販売を拡大する手段としても非常に有益です。

相乗り出品

Amazonマーケットプレイスでは、「相乗り出品」という独特の出品方法が存在します。

既に同じ商品のリスティングがAmazon上に存在する場合、そのリスティングに「相乗り」として自分の在庫を追加する形式の出品を指します。

相乗り出品のメリットは、新しい商品ページを作成する手間が省けることや、すでに認知されている商品ページに追加されるため、購入者からの視認性が高まる点にあります。

小口出品者にとっては、手軽に出品できる方法として人気があります。

ただし、価格競争が激しくなる可能性があるため、価格設定や在庫管理には注意が必要です。

また、リスティングの情報が正確でない場合や、商品の品質が異なる場合は、購入者からのクレームのリスクも増加します。

相乗り出品を行う際は、商品の詳細や状態を正確に確認することが大切です。

新規出品

Amazonの小口出品では、商品を新しくリスティングとして登録する「新規出品」が行えますが、全ての商品やカテゴリで新規出品が許可されているわけではありません。

特定のカテゴリやブランドは、Amazonによって新規出品の制限が設けられています。

偽造品や非正規の商品が流通するリスクを低減するためや、消費者の安全と信頼性を確保するための措置として導入されています。

新規出品が制限されているカテゴリでは、出品前にAmazonからの承認を得る必要があります。

正規の取引先との関係証明や商品の品質証明などの資料提出が求められることもあります。

出品を検討する前に、取り扱いたいカテゴリや商品が新規出品の制限対象でないかを確認し、必要な手続きや認証を受けることが重要です。

Amazonの大口と小口の登録は気を付けて

Amazonの大口と小口の登録は気を付けて
イメージした写真

Amazonでの販売を考える際、大口と小口の登録の違いを把握することは必須です。大口は大量の商品を取り扱うセラー向けで、月額費用が必要ですが、商品ごとの販売手数料は低く設定されています。

小口は少量の商品を取り扱うセラー向けで、月額費用はかかりませんが、商品ごとの手数料はやや高めです。

登録の際は、取り扱う商品の量や販売目標を基に選択を検討してください。また、各プランの詳細や関連する手数料を公式サイトで正確に確認することは不意のコストを避けるために不可欠です。

間違って大口出品アカウントに登録してしまった場合

Amazonの販売者アカウントを開設する際、大口と小口の登録選択があります。

それぞれには異なる特徴と費用が関連しているため、間違って大口出品アカウントに登録してしまった場合は、以下の点を確認して対処しましょう。

1月額費用の確認

大口アカウントには月額費用が発生します。登録後すぐに気づいた場合、無駄な費用を避けるために速やかな変更が必要です。

2変更手続き

Amazon セラーセントラルにログインし、「アカウント設定」に進むことで、出品アカウントの変更手続きを行うことができます。

小口アカウントへの変更を希望する場合は、指示に従って進めてください。

3コンサルティング

わからない点や不明点がある場合は、Amazonのサポートセンターに問い合わせることで、具体的なアドバイスや手順のガイダンスを受けることができます。

4注意点

一度大口アカウントに登録すると、その月の月額費用は返金されません。

しかし、速やかに変更することで次月以降の費用を抑えることができます。

最終的に、登録の際は必ず選択内容を確認することで、誤った登録を防ぐことができます。

Amazonカタログから出品登録をする、相乗り出品

Amazonカタログから出品登録をする、相乗り出品
イメージした写真

小口出品者が既存のAmazonカタログにある商品に対してのみ出品情報を追加できる、特徴を指しています。これは、新規の商品ページを作成することができないという制約があることを意味します。

この制約の背景には、カタログの一貫性を保つためや、膨大な数の同一商品に対するページの重複を防ぐための方針があります。

相乗り出品の利点は、商品ページの作成や維持の手間が省けること、既に多くのレビューや購入履歴がある商品ページに自身の出品情報を追加することで販売機会を増やせることなどが挙げられます。

しかし、相乗り出品では他のセラーとの価格競争が激しくなることが多いため、価格設定や在庫管理、顧客サービスには注意が必要です。

小口出品を選択するセラーは、この点をよく理解し、戦略的に取り組むことが求められます。

Amazonの小口出品ができない場合、手順を確認して問題を解消しよう。

Amazonの小口出品ができない場合、手順を確認して問題を解消しよう。
イメージした写真

Amazonで新規出品できない理由や原因を紹介してきました。

Amazonで商品登録する際には、正しい手順を踏む必要があり、商品によっては申請しなければ出品が許可されません。

時々出品の際に予期せぬ問題やエラーに直面することがあります。

そのような状況に遭遇したとき、焦らずにまずは手順や設定を再確認することが肝心です。

正しい手順に従っているか、必要な情報が全て正確に入力されているか、その他の設定や条件に問題がないかをチェックすることで、多くの問題は解決できる可能性があります。

出品作業は慎重に行うことが重要であり、何か問題が生じた際には、再確認と修正を通じて問題解決を目指しましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。