【初心者必見!】Amazonで小口出品を登録する方法や注意点を分かりやすく解説!

Amazonの小口出品登録は、オンラインビジネスを開始または拡大するための大切なステップです。

この手続きを通じて、商品は世界中の数百万の購買者に到達する可能性があります。

登録プロセスは簡単で、わずかなステップで完了できます。一度登録すれば、Amazonの巨大な顧客ベースを活用し、信頼性の高いプラットフォームで商品を販売できます。

販売ツール、広告オプション、顧客サポートを活用して、ビジネスを成長させるためのサポートを受けることができます。

Amazon小口出品登録を利用し、成功への第一歩を踏み出しましょう。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon小口出品を登録の際に用意しておくもの・注意点

Amazon小口出品を登録の際に用意しておくもの・注意点
イメージした写真

Amazonでの出品には、小口出品と大口出品があり、それぞれに用意するべきものが異なります。

小口出品は個人出品者や規模が小さいビジネスに最適で、主にAmazonアカウント、商品情報、バーコード、高品質な商品画像が必要です。

Amazonセラーセントラルでの基本登録が第一歩となります。

しっかりと用意しておけば、より多くの顧客に商品をアピールするチャンスが広がります。

短い期間での成功を収めるためには、これらの要素をきちんと準備しておくことが不可欠です。

顔付きの身分証明書

Amazonで小口出品を行う際には、いくつかの手続きが必要ですが、その中で特に重要なのが「顔付きの身分証明書」の提出です。

この手続きは出品者としての信頼性を確保するため、また、不正な取引や詐欺を防ぐ目的で求められます。

顔付きの身分証明書として受け付けられるのは、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(写真付き)、またはそれに準ずる公的な身分証明書です。    

(提出時の注意点)

・有効期限内のものを用意することが重要です。

・クリアで高解像度のスキャンまたは写真が必要です。

・提出する身分証明書の名前や住所が、登録するアカウント情報と一致している必要があります。

提出した身分証明書はAmazonによって確認され、問題がなければ出品者に承認されます。

顔付きの身分証明書は、小口出品には重要で、これを怠ると出品が許可されない可能性があるため、必ず事前に確認と準備をしましょう。

クレジットカード

クレジットカードの登録は欠かせないステップの一つです。

このクレジットカード情報は、出品手数料や月額費用、その他のサービス料を支払うために使用されます。

登録するクレジットカードは、国際的に利用可能なものに限られています。

(登録時の注意点)

・カードの有効期限が切れていないことを確認してください。

・利用限度額に余裕があるか確認しておきましょう。これが不足していると、販売手数料等が支払えず問題が生じる可能性があります。

・セキュリティカード情報は暗号化されて保存されますが、自分自身もセキュリティ対策をしっかりと行いましょう。

クレジットカードの情報を提供することで、出品活動がよりスムーズに進行します。費用が発生した場合には自動でカードから引き落とされるため、手続きが簡単です。

クレジットカード登録はAmazon小口出品において非常に重要なプロセスと言えます。

過去180日以内に発行された各種証明書

Amazonで小口出品を行うには、いくつかの重要な手続きが必要です。

その中でも特に注意が必要なのが「過去180日以内に発行された各証明書」の提出です。

これには、住所確認や事業証明、そして銀行口座の確認が含まれることが多いです。

必要な証明書は以下の通りです。

・住所確認電話や公共料金の請求書など、名前と住所が記載された公式な書類。

・事業証明個人事業主や法人であれば、商業登記証明書や営業許可証など。

・銀行口座確認銀行から発行された、口座所有者の名前と口座番号が明記された書 類。

これらの証明書は、Amazonによって厳密に確認されます。

(注意点)

・提出する各証明書は、過去180日以内に発行されたものでなければなりません。

・非英語の書類は翻訳が必要な場合があります。

 ・スキャンまたは写真は、文書のすべての部分が明確に読み取れる品質である必要があります。

書類に不備や不一致があると、出品アカウントの承認が遅れる、または拒否される可能性があります。

この手続きを正確に行うことで、Amazonでの出品活動がスムーズに進むでしょう。

銀行口座

銀行口座の登録は特に重要で、売上金の受け取りや、Amazonに対する様々な手数料の支払いに使用されます。

登録する銀行口座は、確実に国際送金が可能なものであることが望ましいです。

また、口座名義はAmazonの出品アカウントと一致している必要があります。

(登録時の注意点)

・ 正確な口座番号と支店コード、SWIFTコードやIBAN(国際的な場合)を用意してください。

・ 銀行口座の所有を証明する書類(通帳のコピー、銀行からの確認書類等)が必要です。

・銀行口座情報は機密情報であるため、安全なネットワーク経由での登録を心掛けましょう。

一度銀行口座が登録されたら、Amazonは小額のテスト送金を行い、口座の有効性を確認する場合があります。

この確認が成功した後に、正式に出品活動が開始できます。

銀行口座の情報を正確に登録することで、スムーズに売上金の受け取りや手数料の支払いが行えます。

銀行口座の登録はAmazon小口出品において非常に重要な手続きの一つです。

電話番号

Amazonで小口出品を始める際、多くの情報と共に「電話番号」も必要とされます。電話番号は、アカウントの確認、緊急連絡、さらには顧客サービスへの対応など、多くの場面で重要な役割を果たします。

登録に使用する電話番号は、一般的には携帯電話または固定電話が対象です。

ただし、仮想電話番号や一時的な電話番号は使用できない場合が多いです。

(登録時の注意点)

・ 同じ電話番号で複数の出品アカウントを作成することは通常は許可されません。

・電話番号を登録後、Amazonから確認コードが送られる場合があります。このコー

 ドを使用して電話番号の認証を完了させます。

・登録した電話番号は、緊急時や問題が発生した場合にAmazonからの連絡を受ける 手段となるため、常にアクセス可能な番号であることが推奨されます。

登録した電話番号は、顧客からの問い合わせやAmazonのサポートチームとのコミュニケーションにも使用されることがあります。そのため、信頼性とアクセス性が求められます。

電話番号の正確な登録と確認は、出品アカウントの安全性と運用のスムーズさに直結します。

メールアドレス/注意点

Amazonで小口出品を行うには、いくつかの基本情報が必要ですが、メールアドレスも必須項目の一つです。

メールアドレスは、アカウント作成、認証、およびAmazonや顧客からの重要な通知を受け取るための主要な連絡手段となります。

(登録時の注意点)

・メールアドレスで複数の出品アカウントを作成することは基本的には許されていません。

・アカウント作成後に送られる確認メールを受け取り、その指示に従って認証を完了させる必要があります。

・パスワードの再設定や重要なお知らせなどがメールで送られてくるため、セキュリティの高いメールアドレスを使用することをおすすめします。  

メールアドレスは、出品に関する通知や売上レポート、さらにはAmazonポリシーのアップデートなど、多岐にわたる情報の受け取り口になるので頻繁にチェックできるメールアドレスを登録することが望ましいです。

情報が不正確または不完全な場合、重要な通知を見逃すリスクが高まるため、注意深く選びましょう。

Amazon小口出品登録のやり方

Amazon小口出品登録のやり方
イメージした写真

Amazon小口出品は、個人や小規模事業者がAmazonのプラットフォームで商品を手軽に販売する仕組みです。

システムを利用することで、大手の販売業者と同じフィールドで商品を展開し、広範な顧客層にアクセスするチャンスが得られます。

出品手続きは直感的で、商品情報や写真を登録するだけで、短時間で商品の公開が可能です。

そのため、初めての出品者でも迅速に販売活動を開始できます。

ただし、競合が多いマーケットプレイスなので、商品の情報や写真は魅力的かつ正確に設定することが成功のカギとなります。

小口出品登録するために商品を見つける

Amazon小口出品を成功させるための第一歩は、適切な商品の選定です。

市場のニーズを正確に捉え、競合が少なく、利益率が高い商品を見つけることが必要です。Amazonのベストセラーリストやトレンド商品をチェックして、人気カテゴリーや商品を特定をします。

サプライヤーや卸売業者のサイト、地元の市場やフリーマーケットで独自の商品を探すことも一つの方法です。

その他に商品のサイズや重さ、発送の容易さも考慮して、利益を最大化できる商品を選ぶことが重要です。

事業についての詳細を入力する

Amazon小口出品を行う際、事業の詳細情報の入力は極めて重要です。

情報は、ビジネスを正確に表現し、購入者やAmazon自体との信頼関係を築くための土台となります。

登録する際には、事業の正式名称、所在地、連絡先情報、税金関連の情報などを正確に入力する必要があります。

事業の性質や取り扱っている商品の種類に関する情報も、顧客が安心して購入するための重要な要素です。

返品ポリシーやカスタマーサポートに関する情報を明確に記載することで、購入者の疑問や懸念を事前に解消し、スムーズな取引を促進することができます。

個人情報

Amazon小口出品を開始する際、個人情報の正確な入力は不可欠で、アカウントの確認や取引の信頼性を保つための重要なステップです。

登録時、Amazonは出品者の名前、住所、電話番号、電子メールアドレスなどの基本的な情報を求めます。

支払の受取のために銀行口座情報やクレジットカード情報も必要となります。

これらの情報は、Amazonの厳格なプライバシーポリシーに従い、適切に管理されます。

個人情報の入力や更新は、Amazonセラーセントラル内で簡単に行うことができます。

請求先情報を入力する

Amazon小口出品における請求先情報の入力は、取引の透明性と信頼性を確保するための重要なステップです。

請求先情報は、支払いを受け取るための銀行口座情報や、販売に関連した料金が請求されるクレジットカード情報を指します。

Amazonは、売上金の振込先として使用する銀行口座の詳細や、月間の販売手数料などを自動的に請求するためのクレジットカード情報を要求します。

これらの情報は、Amazonセラーセントラル内の「支払い設定」や「請求設定」のセクションで入力・更新が可能です。

正確な情報提供は、支払いの遅延や不具合を避けるために不可欠です。

ストア、商品情報を入力する

Amazon小口出品でのストアおよび商品情報の入力は、商品の魅力を最大限に伝えるためのカギとなります。

ストア情報には、ビジネスのブランド名やストアの説明を明確に記入します。

これにより、購入者は出品者のストアの特色や提供する価値を理解しやすくなります。

商品情報の入力では、商品名、価格、商品の詳細説明、写真などの基本情報を登録します。商品写真は購入の決定を左右する要素となるため、明るくクリアな写真を数枚用意します。商品の詳細説明では、商品の特長や使用方法、寸法、材料などを丁寧に記載することで、購入者の疑問や不安を解消します。

情報はAmazonセラーセントラル内で簡単に入力・編集でき、正確かつ魅力的な情報提供により、購入者の信頼と興味を引き付けることができます。

本人確認

Amazon小口出品において、本人確認はセキュリティを確保し、偽のアカウントの作成や不正行為を防ぐための重要な手続きとなります。

Amazonは、出品者として登録する際に、公的な身分証明書や住所確認書類の提出を要求されます。

免許証、パスポート、税関書類、公共料金の請求書などが一般的に受け入れられる書類です。

具体的な手続きとしては、Amazonセラーセントラルにログインし、指示に従って必要な書類をスキャンまたは写真撮影してアップロードします。

アップロード後、Amazonのチームが情報を検証し、アカウントの確認を行います。

ID認証

Amazon小口出品におけるID認証は、出品者の身元を確認し、プラットフォームの信頼性と安全性を保持するための要件として設けられています。

運転免許証、パスポート、住民票の抄本などの公的文書がID認証のための適切な書類として認められます。

Amazonセラーセントラルにアクセスし、指定されたセクションで必要な書類をデジタル化をしてアップロードすることで、ID認証の手続きを進めることができます。

アップロード後、Amazon側での確認が行われ、身元が正確に確認されると出品活動を開始することが許可されます。

Amazonで小口商品を登録する時に注意すべきポイント

Amazonで小口商品を登録する時に注意すべきポイント
イメージした写真

小口出品は、商品を1点販売するごとに100円かかるなど小口出品は手数料や制限があるので以下の項目を確認しながら登録しましょう。

1点の売り上げごとに手数料がかかる

出品者は1点の売り上げごとに発生する手数料を理解しておく必要があります。

Amazon小口出品では、商品が売れた際に、売上の一部として手数料をAmazonに支払うシステムとなっています。

この手数料は、商品のカテゴリーや販売価格によって異なり、特定の割合や固定料金が適用される場合があります。

手数料を軽視すると利益計算に誤差が生じ、思ったよりも利益が出ない、損失を出してしまう可能性があります。

商品を出品する前に、適用される手数料やその他のコストをしっかりと確認し、価格設定を行う際にこれを考慮に入れることが重要です。

手数料に関する具体的な情報は、Amazonセラーセントラルの情報ページや料金表で詳細を確認することができます。

小口出品は相乗りが基本

Amazonの小口出品制度では、すでにリストされている商品に、異なる出品者として自分の商品を追加(相乗り)する形式が基本となります。

「相乗り」の特徴は、新たに商品ページを作成する手間を省ける利点がありますが、同じ商品を複数の出品者が販売するため、価格競争が激しくなる可能性が高まります。

競争を勝ち抜くためには、商品の価格設定、在庫管理、迅速な配送、そして顧客サービスの品質が求められます。

売れる商品に限りがある

売れる商品に限りがあるという現実を理解することは必須です。

Amazonのプラットフォーム上、一部のヒット商品や定番アイテムは多くの販売者によって供給されており、これらの商品における競争は激しいものとなっています。

新規の小口出品者がこれらの商品を取り扱う際、すでに確立された出品者との価格競争やレビューの差により、売上を伸ばすのが難しくなる場合があります。

市場での需要と供給のバランスを考慮し、過剰な競争がない、かつ需要が見込めるニッチな商品を選定することが重要です。

出品が制限される場合がある

Amazonは、品質の維持や不正行為の防止を目的として、特定のカテゴリーやブランドに対して出品制限を設けています。

高価なブランド品、特定の健康製品、あるいは著作権に関わる商品などは、出品前にAmazonからの承認が必要となる場合があります。

一定の基準を満たしていない新規出品者が、制限されているカテゴリーでの出品を試みると、出品が拒否されることもあります。

商品を出品する前に、対象商品が制限カテゴリーに該当しないか、Amazonのガイドラインやヘルプページでの確認が欠かせません。

出品禁止商品を確認する

出品禁止商品を確認するという点が極めて重要です。

Amazonは、ユーザーの安全や法的な問題を考慮して、特定の商品やカテゴリーについて出品を禁止または制限しています。

違法ドラッグ、危険物、著作権侵害の恐れがある商品、偽造品、特定の成分を含む健康食品などが出品禁止リストに含まれています。

これらの商品を知らずに出品してしまうと、出品者アカウントが一時停止されるリスクや、最悪の場合、永久に利用停止となる可能性も考えられます。

出品で必要となる費用、手数料

出品で必要となる費用、手数料
イメージした写真

Amazon小口出品の際、いくつかの費用と手数料が発生します。まず、基本料金として商品が売れた場合に1点ごとの手数料が適用されます。

Amazonが配送を担当する場合は、フルフィルメント手数料も考慮する必要があります。

これらの料金を理解し、適切に価格設定を行うことが重要です。

基本料金

Amazonの小口出品における費用は、主に「基本料金」として知られるコストに焦点を当てる必要があります。

小口出品プランは、定期的に大量の商品を出品しない出品者向けのプランです。

このプランでは、商品が売れたときのみ「1点ごとの手数料」が発生するので月額固定費はありません。

1点ごとの手数料は、売れた商品の価格やカテゴリーによって異なる場合があります。

配送方法により「フルフィルメント手数料」などが追加でかかる場合があります。

小口出品を選択する際には、これらの基本料金や追加料金をしっかりと把握する必要があります。

販売手数料

Amazon出品において、販売手数料は出品者が最も注意を払うべき重要なコストの一つです。

この販売手数料は、商品が売れたときにAmazonへ支払う手数料であり、商品のカテゴリーごとに異なるパーセンテージが設定されています。

家電や本、ファッションアイテムなどのカテゴリーはそれぞれ異なる販売手数料率が適用されます。

販売手数料は、商品の売上価格に対してかかるため、商品の価格設定や利益計算を行う際には欠かせない要素です。

高い手数料がかかるカテゴリーでは、適切な価格設定が利益確保の鍵となります。

プロモーションやセールを実施する際も、この手数料を考慮して戦略を練ることが必要です。

Amazonの公式サイトには、各カテゴリーごとの販売手数料の詳細が掲載されているため、出品前にしっかりと確認しましょう。

カテゴリー成約料

Amazonでの出品において、「カテゴリー成約料」は特に重要な手数料の一つです。

カテゴリー成約料は、出品された商品のカテゴリーごとに設定されたパーセンテージとして売上から徴収されます。

料金は商品の売上総額に対してかかるため、利益を最大化するためには、カテゴリー成約料を考慮した価格設定が必要です。

特定のカテゴリーでの競争が激しい場合、適切な価格とカテゴリー成約料のバランスがビジネスの成功を左右します。

Amazon小口出品の登録の方法と注意点を確認して出品しましょ

Amazon小口出品の登録の方法と注意点を確認して出品しましょ
イメージした写真

Amazonの小口出品は、初心者でも手軽に商品をオンライン販売することができる方法です。

登録はAmazonセラーセントラルから簡単に行え、アカウント作成後に「出品プラン」で「小口出品」を選択し、必要な情報を順番に入力していきます。

重要なのは事業者情報や銀行口座の詳細を正確に記入することです。

商品の出品時には、価格設定は売上に応じて手数料がかかるため、考慮しながら適切な価格を決める必要があります。

また、出品できない商品リストも存在するので、確認して違反しないよう注意が必要です。購入者の信頼を得るためにも、商品の品質確保や正確な説明は欠かせません。

以上の手順と注意点をしっかり確認して、スムーズに出品を進めましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。