Amazonで法人が出品する流れや費用、成功のポイントを解説!

最近では、何か買い物をする際、まずはAmazonで検索する層が出てきました。

そんな層にリーチするために、Amazonにネットショップを構える法人もかなり増えてきています。

法人でAmazonに出店する際、事前に決めておくべきことや知っておくべきこと・準備しておくべきものなどをまとめました。

Amazonに出品する流れや費用、法人が成功するためのポイントと併せて紹介していきますので、出店を考えているなら目を通してみてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

【法人向け】Amazonへの出品の流れ

出品プランの選択する

法人がAmazonに出品するには、まずショップの出品プランを選択します。

出品プランは「小口出品」「大口出品」の2つがあり、小口出品の場合は1点売れるたびに100円(税抜)、大口出品の場合は販売数に関わらず月額4,900円(税抜)の費用がかかります。

出品プランについては後程詳しく説明しますが、ここでは「Amazonに出品するなら、先にプランを決めておく必要がある」という点を押さえておいてください。

出品用アカウントを登録する

出品プランをどちらにするか決めたら、次に出品用のアカウントを登録します。

出品用のアカウントは、Amazonで買い物をする際に使用するアカウントを使うこともできますが、ビジネス用のEメールアドレスで新規作成するのがおすすめです。

Amazonの出品者登録ページで必要な情報を入力し、本人確認書類と取引明細書をアップロードして登録は完了です。

登録の際は審査があり、登録後3営業日程度でEメール宛てに審査の結果が届きます。

審査後完了後、出品

審査をクリアし出品用のアカウントが発行されたら、Amazonで出品していきましょう。

Amazonでは、1つの商品につき1つしか販売ページを作成できません。そのため、販売商品が既に他ショップで出品されている場合、その商品の販売ページを新しく作ってはいけません。

既に出品されている商品を自社でも出品する場合、既存の商品ページに「相乗り出品」する形になりますので、Amazon独自の出品ルールをしっかり押さえておいてください。

他ショップでは出品されていない「自社のオリジナル商品」をAmazonに出品する場合は、自身で商品ページを作成して出品します。

自社商品が商標登録されているのであれば、Amazonのブランド登録もしておくと良いでしょう。

Amazon出品に必要なもの

法人がAmazon出品用アカウントを作成する際に必要なものは、以下の表で確認しておきましょう。

必要な情報・書類内容
会社情報登記簿謄本に記載の法人名等の情報
13桁の法人番号登記簿謄本の写しや国税庁の「法人番号公表サイト」で確認しておく※法人の登録の場合、登記簿謄本に記載されている13桁の法人番号が必要です
担当者情報担当者の氏名や連絡が取れる電話番号等
Eメールアドレス新規で登録するビジネス用のEメールアドレスもしくは既存のAmazonアカウント
※本人確認書類代表者・担当者・申請者のうち一名の運転免許かパスポート(マイナンバーカードは不可)
クレジットカード情報Amazonへ支払いが発生した場合に支払うためのクレジットカード(クレジットカード名義は代表者でも担当者でも可)
※過去180日以内に発行された取引明細書以下のうち1点・クレジットカードの利用明細書・インターネットバンキング取引明細(PDF形式)・預金通帳
銀行口座情報Amazonから売上金を受け取る口座
※印がついている書類は、アカウント開設時にアップロードにて提出が必要です

Amazonの2つの出品プラン

Amazonのコンサルを利用するメリット・デメリットをイメージできる画像

Amazonで出店する際は、以下の手数料がかかります。

小口出品大口出品
月額登録料なし4,900円/月
基本成約料100円/1商品なし
販売手数料8~15%(Amazonデバイス用アクセサリのみ45%)8~15%(Amazonデバイス用アクセサリのみ45%)
カテゴリー成約料メディア商品(本・ミュージック・DVD・ビデオ)80円~140円メディア商品(本・ミュージック・DVD・ビデオ)80円~140円

大口出品

大口出品は販売数に関わらず月額4,900円のプランなので、毎月49点以上商品を販売する見込みなら大口出品を選びましょう。

また、大口出品のプランだと、商品の広告を出せたり、APIやレポートなどのツールが使用できます。本格的な運営を考えているなら、大口出品の登録がおすすめです

小口出品

商品の販売数の見込みが毎月49点以下なら小口出品が向いています。

ただし、小口出品では広告が使えなかったり、大口出品でしか取り扱えないカテゴリーやツールがあるなど制限が多くあります。

小規模運営で様子を見たり、ゆっくり慣れていきたいなら、小口出品からはじめてみましょう。

AmazonFBAとは

FBA(フルフィルメント by Amazon)は、注文を受けてから配送が完了するまでの一連の業務をAmazonに委託できるサービスです。

FBA倉庫に商品在庫を納品すると、商品在庫の保管、管理、問合せ対応、梱包、発送をAmazonが全て代行してくれるため、在庫管理に時間を割かなくて済みます。

また、FBAを使っている商品はAmazonPrimeのマークが付くため、購入意欲の高く「すぐに欲しい」ユーザーに選ばれやすくなります。

Amazon出品にかかる手数料・費用

出品プランに応じた費用

Amazonでは、出品プランに応じて、小口出品なら1点販売するごとに100円、大口出品なら月額4,900円がかかります。

ポイントになるのは、大口出品だと「月額制」に、小口出品は「従量制」になる点です。

大口出品なら数量に左右されないので、毎月50点以上販売しても4,900円を超えることはありません。

一方、小口出品なら、ひと月で50点以上販売すると4,900円を超えてしまいますが、49点までなら大口出品より安く済みます。

販売手数料

Amazonでは、商品が売れた際に「販売手数料」が発生します。

Amazonの販売手数料は、基本的には販売した商品のカテゴリーによって8~15%が設定されています。

ただ、Amazonデバイス用アクセサリは45%となっていたり、一部のカテゴリーでは1商品あたりの売上に応じて販売手数料率が変動する場合もあるので、必ず事前に確認しておきましょう。

カテゴリー別成約料

Amazonでは、メディア商品のカテゴリーのみ「カテゴリー別成約料」があります。

カテゴリー別成約料が発生するメディア商品は「本」「ミュージック」「DVD」「ビデオ・VHS」に該当するものを指し、本は1点80円、ミュージックやDVD、ビデオ・VHSは1点140円です。

カテゴリー別成約料は、出品プランごとの費用や販売手数料に加えて別途発生しますので、注意しておきましょう。

FBAの手数料

FBA(フルフィルメント by Amazon)を利用する際は、出品プランや販売手数料とは別にFBA手数料がかかります。

FBAを利用すると、FBA倉庫に保管するための在庫スペース料として「在庫保管手数料」や、注文商品のピッキングや梱包・配送料として「配送代行手数料」が発生します。

また、365日を超えてFBA倉庫に保管する在庫については「長期在庫保管手数料」が発生する他、在庫を引き上げる際の配送料やFBA倉庫へ納品する際の配送料も負担することになります。

Amazon出店で法人が成功するためのポイント

商品ページを作り込む

Amazonに自社商品を出品する際は、商品ページをしっかり作り込みましょう。

Amazonでは、1つの商品は1ページしか作成できないという独自ルールがあり、他店では取り扱いのない自社商品なら独占販売が可能です。

自社商品を持っているのであれば、商品画像やタイトル・商品説明文などしっかり作りこめば、他店との差別化ができ、独自の販売路線を打ち立てていくことができます。

AmazonSEOを強化する

Amazonで出店するなら、検索結果表示で上位に表示されることが必要不可欠になるため、AmazonSEOの強化は必須事項です。

ECモールでは、商品の検索結果画面に自店の商品ページが表示されなければ、商品をクリックされることはほとんどありません。

商品と関連性の高い検索キーワードを調べる検索キーワードを盛り込んだ商品紹介ページを作りこむなど、基本的なSEO対策はしっかり固めておきましょう。

商品レビューを集める

Amazon出店での成功のためには、商品レビューを集めることも重要な要素です。

購入者へレビューリクエストを送る、商品にレビューを依頼する内容のカードや手紙を同梱するなど、レビューを書いてもらえるよう促進していきましょう。

ただし、高評価レビューと引き換えに金品を渡すなどのAmazon規約に抵触する行為は、アカウント削除などの厳しい処分にも繋がりかねないので、絶対にしないでください

Amazon広告を利用する

効率的にユーザーを自社商品に集めるには、Amazon広告を活用していきましょう。

Amazonでは競合が数多く存在しているため、出品するだけでいきなり検索上位を取るのは至難の業です。

自社のSNSからの誘導でAmazonの商品が売れる等の戦略があるなら別ですが、Amazonに買いに来たユーザーを呼び込みたいのであれば、積極的に広告を使って露出を増やしましょう。

Amazon運用に困ったらプロに相談!

Amazonは、他のECモールと比べて審査に通りやすいこともあり、個人から法人まで出店しているショップ数はかなり膨大です。

その中で埋もれずに存在感を発揮するためには、知識と経験が不可欠。

wacworksはECモール運用のプロなので、法人の新規出店に効果的なノウハウを提供できます。

最短で利益を最大化したいなら、Amazon運用のプロに相談してみてください。

ECモール構築ならWacwarks
POINT実績豊富なパートナーがECモール構築〜マーケティングまでご支援します!

Wacwarksは過去EC業界で実績のあり豊富な知見を持ったパートナーが在籍するプロフェッショナル集団です。

ECモールの構築はもちろん、SEO対策や広告運用、コンテンツやメルマガなどの顧客対応など幅広くマーケティングの支援を行います。

実績のあるフリーランスと提携するため、施策を高速で回し、短期間で利益を拡大できる仕組みが整っています。

詳細を公式HPでチェック!

まとめ

法人がAmazonで出品し利益を出すには、出品プランの選定・出品用アカウントの登録はもちろん、出品にかかる費用や手数料もしっかり把握しておく必要があります。

ネットショップとして確固たる地位を確立させているAmazonにショップを構えることで、今までとは違う層にリーチできます。

新しい販路を開拓し、事業を拡大するためにも、Amazonへの出店を考えてみてください。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬