Amazon小口出品が売れない時に考えるべき原因と対策を解説

楽天RPP広告とはをイメージできる画像

「Amazonの小口出品での売上が伸び悩んでいますか?成功の鍵は商品の魅力だけでなく、出品戦略や発送方法にも隠されていることが多いのです。

この記事では、売れない小口出品の原因とその解決策を詳しく解説します。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

小口出品が売れないのはなぜ?

[小口出品が売れないのはなぜ?」
イメージした写真

小口出品が売れない理由は多岐にわたります。

小口出品は、その規模から、消費者にとって未知の存在であることが多く、大手ブランドやメーカーの製品と比較して消費者の信頼を獲得するのが困難です。

そのため、広告やプロモーションの不足により、消費者の目にとどまりにくくなります。

信頼性の欠如も問題となります。小規模出品者の商品は、確立された信用を築いていないため、購入する際のリスクが高く perceived されることがあります。

価格競争が激しい市場では、小口出品者は大規模メーカーと比べてコスト競争力が低く、消費者を引きつけるのが難しい場合があります。

これらの要因が重なり、小口出品の売上が伸び悩むケースが見受けられます。

小口出品と大口出品の違いを紹介

「小口出品と大口出品の違いを紹介」
イメージした写真

Amazonの出品者向けのプログラムには、「小口出品」と「大口出品」という2つの主要なプランがあります。

出品者のニーズやビジネス規模によって異なる特徴やサービスを提供しています。

(小口出品)

小口出品は、特に月額料金を支払うことなく、商品をAmazonで販売したいと考える出品者に適しています。

しかし、商品が売れるたびに手数料が発生します。

小口出品者は、一部のカテゴリでの販売や、高度な出品ツールの利用が制限されることがあります。

このプランは、個人的に少数の商品を売りたいと考える出品者や、ビジネスとしての販売規模が小さい場合に適しています。

(大口出品)

大口出品は、月額の固定料金が発生しますが、その代わりに1商品あたりの出品料はかからないことが特徴です。

大口出品者は、一括での商品アップロードや、より詳細な販売データのレポート閲覧など、多くの高度なツールを利用することができます。

商売として大量の商品を持つ企業や、本格的にAmazonでの販売を拡大していきたい出品者に向いています。

大口出品では、より多機能なツールの利用や市場分析が可能なため、より戦略的な販売活動が行いやすくなります。

小口出品のメリットとデメリット

amazonの「小口出品」は、出品者が比較的簡単にAmazonマーケットプレイスで商品を販売できる仕組みです。この方法にはメリットとデメリットが存在します。

(メリット)

・初期費用

月額の固定料金が不要で、商品が売れた場合のみ手数料が発生するため、初めての出品者にとってリスクが少ない。

・手軽さ

 複雑な手続きを経ずに出品を開始でき、初心者にも取り組みやすい。

・フレキシビリティ

販売を試みたい商品が少数の場合や、一時的な販売を検討している場合に適しています。

(デメリット)

・手数料

売上ごとの手数料が発生し、大量に商品を販売する場合、大口出品と比較してコストが高くなることがある。

・機能制限

一括での商品アップロードや詳細な販売データのレポート閲覧など、大口出品で利用可能な高度なツールや機能が利用できない。

・カテゴリ制限

一部のカテゴリでは小口出品での販売が許可されていない。

「Amazon小口出品売れない」という悩みは、これらのデメリットに起因することが多いです。必要なデータやツールへのアクセス制限により、競合との差別化や効果的なマーケティングが難しくなることが考えられます。

販売規模や目的に応じて、小口出品と大口出品のどちらが適しているかを検討することが重要です。

小口から大口に切り替える

「小口から大口二切り替える」
イメージした写真

Amazonでの小口出品がうまく行かない場合、より多くの機能やツールにアクセス可能な大口出品に切り替えることを考えるかもしれません。

大口出品プランでは、月額料金が発生しますが、出品、管理、分析の各ツールが豊富に提供されます。

大口出品に切り替えると、一括商品アップロードや詳細な販売データのレポートなど、ビジネスの成長をサポートする多くの機能が利用可能になります。

これにより、市場の動向を把握し、販売戦略を最適化することができます。

大口出品では、より多くのカテゴリでの販売が許可されています。

しかし、大口出品に切り替える前に、月額費用や利用可能なツール、需要予測などを慎重に検討することが重要です。

大口出品があなたのビジネスモデルや販売戦略に合っているかどうかを判断できます。

正しいプランを選択し、適切な戦略を立てれば、Amazonでの販売は大いに成功する可能性があります。

小口から大口の変更方法

Amazonの出品アカウントを小口から大口に変更するには、以下の手順を実行します。

・Amazonセラーセントラルにログインします。

・ダッシュボードの「設定」メニューにアクセスし、「アカウント情報」を選択します。

・「出品プラン」セクションに移動し、「出品プランの変更」をクリックします。

・「大口出品プラン」のオプションを選択し、指示に従って手続きを進めます。

完了すると、大口出品者としての月額料金が発生し、多くの販売ツールと機能が利用可能になります。

販売戦略の最適化やビジネスの拡大が期待できます。

切り替えに際しては、大口出品に伴う月額費用や新たに利用できる機能を十分に検討し、ビジネスの規模や目標に合わせた適切な選択を行うことが重要です。

適切なプランと戦略を選ぶことで、Amazonでの販売の成功がより確実になります。

Amazonの小口出品が売れない理由

Amazonの小口出品が売れない理由
イメージした写真

Amazonの小口出品が売れない理由はいくつかあります。

小口出品では、利用できるツールや機能が限定されており、効果的な販売戦略やマーケティング活動が制約されるため、競合に対して不利になる可能性があります。

また、一部のカテゴリでの出品が許可されていないため、販売機会が限定されます。

価格競争も売れない要因となります。

他の出品者との価格戦争に巻き込まれると、利益マージンが減少し、持続可能なビジネスモデルを維持するのが困難になります。

また、商品リストや写真、説明が不十分または不適切であると、顧客の信頼を得るのが難しく、商品の売上に影響する可能性があります。効果的なリスティング作成と、顧客のニーズや期待に応える商品の選定が、成功への鍵となります。

これらの問題を解決するためには、市場調査を行い、価格戦略を見直し、リスティングの品質を向上させるなどの対策が必要です。

出品カテゴリーに制限がある

Amazon小口出品では、一部のカテゴリーでの出品が制限されています。

特定の商品についての品質や消費者への信頼性を確保するためです。

食品や美容製品、医薬品など、特定のカテゴリーでは、小口出品者は出品の際に追加の承認を必要とする、または出品が許可されていないことがあります。

これらの制約により、出品者は販売の機会を失い、「Amazon小口出品は売れない」と感じるかもしれません。

特定のカテゴリーでの出品を希望する出品者は、カテゴリーごとの要件を確認し、必要に応じて大口出品に切り替えることを検討すべきです。

大口出品に切り替えることで、より多くのカテゴリーでの出品が可能となり、ビジネスの拡大が期待できます。

ただし、大口出品には月額料金が発生するため、出品者はコストと利益を慎重に検討する必要があります。

取り扱われてない商品が出品できない

Amazonの小口出品では、出品できる商品が限定されており、特定の商品やカテゴリーの商品を扱うことができないことがあります。

これにより、出品者は取り扱いたい商品を出品できず、販売機会が制約される可能性があります。

「取り扱われてない商品が出品できない」問題は、出品者が期待する収益を得られない原因となることがあります。

これに対する一つの解決策は、大口出品への切り替えを考えることです。

大口出品プランでは、多くの制約カテゴリーに出品できるようになり、更に多くの商品をリストアップできます。

しかし、大口出品プランには月額料金が発生するため、そのコストと、利用できるようになる新しい機能や機会を慎重に比較検討する必要があります。

小口出品で出品できない商品を扱いたい場合、ビジネスモデルや販売戦略を見直し、大口出品への切り替えが適切かどうかを検討してください。

決済方法が大口より少ない

Amazonの小口出品者と大口出品者との間で、提供される決済方法やサービスに違いが存在します。

小口出品プランは個人セラーや小規模な事業者をターゲットとしており、手軽に出品を開始できる利点がありますが、いくつかの制約や機能制限も伴います。

決済方法に関して、小口出品者は基本的な決済手段を使用することができますが、大口出品者はより幅広い決済オプションや、ビジネス向けの特別なサービスを利用できることがあります。これにより、大口出品者は様々な顧客のニーズに対応しやすく、購入の障壁を下げることができます。

小口出品で「売れない」と感じる原因の一つとして、この決済方法の制約が考えられます。特定の顧客層が求める決済方法を提供できないことで、購入をためらう可能性があるからです。

大口出品に移行することで、決済の選択肢が増え、顧客の取引体験を向上させることが期待できます。

カートボックスの獲得権利がない

小口出品者は、大量の在庫を持たない個人や小規模なビジネスオーナーです。

カートボックスの獲得権利がないというのは、出品者が商品の「カート」に商品を加える権利を獲得できない状態を指します。

これがないと、購入者がその商品を購入しにくくなります。

通常、カートボックスの獲得には価格、在庫の量、出品者の評価などが影響します。

小口出品者がこれらの要素で競合他社と競争できない場合、商品が売れにくくなり、ビジネスに影響を与える可能性があります。

カートボックスの獲得権利がないと、出品者は商品の可視性や購入の可能性が低下し、売上が減少する可能性があります。

Amazonで小口出品が売れないときの対策

Amazonで小口出品が売れないときの対策
イメージした写真

Amazonでの小口出品が売れない場合、まず商品の価格競争力があるか確認しましょう。

価格が高いと消費者は他の出品者から購入する可能性が高まります。

商品リストの品質も重要です。

鮮明な画像と詳細な説明文を含め、キーワードを適切に使用して検索で上位に表示されるようにしましょう。

また、顧客の評価やレビューも購買意欲に大きく影響しますので、良いサービスを提供し、良いフィードバックを集めましょう。

最後に、Amazonの広告サービスを利用して、商品の視認性を向上させることも一つの方法です。

以上の点を踏まえ、戦略を見直すことで、売上の向上が期待できます。

最安価格で販売する

Amazonで小口出品が売れない際、最安価格で販売する戦略を取ることで、販売のチャンスを高めることができます。

最安価格での販売は、購入者が価格を重視して商品を検討する際に、他の競合他社よりも優位に立つことができます。

価格を下げすぎると、利益率が低下し、経営そのものが困難になる可能性があります。

価格だけが低いと、消費者が品質に疑問を持つこともありますので、価格設定は慎重に行う必要があります。

適切な価格と品質を維持しながら、顧客に価値を提供することで、長期的に成功することができます。

発送は1営業日以内にする

迅速な発送は顧客の満足度を向上させ、良い評価をもたらし、結果的に販売機会の増加につながる可能性があります。

特にオンラインショッピングが盛んな今日の市場環境において、商品の売上を向上させるための重要な要素となるでしょう。

顧客は迅速な配送サービスを期待しており、この期待を満たすことでリピート購入や口コミによる新規顧客の獲得が期待できます。

商品状態を詳しく記載する

Amazonで小口出品が売れない時、商品状態の詳細な記載は大変重要です。

商品の状態を正確かつ詳細に記載することで、購入者は商品を理解しやすくなり、信頼感が得られます。

商品状態の詳細な記載には、商品の寸法、色、素材、機能、及び使用感などが含まれます。商品に傷や汚れがある場合、これも正直に記載することが重要です。隠して購入後にクレームが入ると、評価が下がり、将来的な販売に影響する可能性があります。

写真も重要な要素です。複数の角度からの明瞭な写真を掲載し、実物を可能な限り正確に表現しましょう。写真と説明文が一致し、購入者の期待を裏切らないように心掛けることで、顧客満足度が向上し、良い評価やレビューが得られる可能性が高まります。

詳細な商品状態の記載と質の高い写真の使用は、小口出品の売上向上に繋がります。

FBA発送を利用する

Amazonでの小口出品が売れない場合、FBA(Fulfillment by Amazon)発送サービスを利用することが効果的な解決策となるかもしれません。

FBAを利用すると、出品者は商品をAmazonの倉庫に送り、Amazonが商品の保管、梱包、発送、顧客サービス、返品処理などを行います。

出品者は物流管理の手間を省くことができ、より集中して商品の品質やプロモーションに取り組むことができます。

また、FBAを利用する商品は、Prime対象商品となり、Amazon Prime会員にとって魅力的な選択肢となります。Prime会員は、送料無料や短期間での配送を求めており、これが購入の決定に大きく影響します。FBAを利用すれば、顧客満足度の向上やリピート購入の増加、そして良い評価や口コミによる新規顧客の獲得が期待でき、最終的に売上の向上に寄与するでしょう。

 まとめ

まとめ
イメージした写真

Amazonでの小口出品が売れない際の対策としては、価格競争力の確認、商品リストの品質向上、顧客の評価やレビューの重視があります。

最安価格での販売も一つの方法ですが、長期的に利益を得るためには、適切な価格設定が重要です。

商品状態の詳細な記載や鮮明な画像の使用も不可欠です。

これにより、顧客の信頼を勝ち取り、購入判断が容易になります。

正確で詳細な情報提供を通じて、顧客満足度と評価を向上させることで、売上及び利益の増加が期待できます。

これらの戦略を組み合わせて利用することで、小口出品の成功につなげることができるでしょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。