Amazon成功への道!無料・有料リサーチ&分析ツール徹底解説

Amazon成功への道!無料・有料リサーチ&分析ツール徹底解説の記事をイメージさせるサムネイル写真

Amazonビジネスの成功には、適切なリサーチと分析が欠かせません。本記事では、最強のAmazonリサーチツールと分析ツールをご紹介します。無料・有料のツールを徹底比較し、それぞれの特徴と活用方法を解説。効果的なリサーチ戦略の立て方やツール活用のポイントと注意点もご紹介します。これらの情報を活用し、売上アップを実現しましょう!

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazonリサーチ・分析ツールの重要性

「Amazonリサーチ・分析ツールの重要性」をイメージさせる写真

Amazonリサーチツールは、オンラインショップを運営する上で非常に重要な役割を果たしています。これらのツールは、売上向上、プロダクトリサーチ、コンペティター分析など、多岐にわたる目的で利用できるため、ビジネス戦略の策定やマーケティング活動を効果的に行う上で欠かせません。以下では、Amazonリサーチツールの重要性を3つの視点から詳しく解説します。

売上向上

Amazonリサーチツールを利用することで、売上を向上させるための有益な情報を入手することができます。これには、人気商品のトレンドや需要の高いキーワードなどが含まれます。これらの情報を活用し、商品の選定や価格設定、キーワード最適化などを行うことで、検索結果の上位表示や購入率の向上を実現し、結果的に売上を伸ばすことができます。

プロダクトリサーチ

プロダクトリサーチは、新しい商品を選定する際に重要な要素となります。Amazonリサーチツールを利用することで、市場のニーズや人気商品、競合他社の取り扱い商品など、多様な情報を手に入れることが可能です。これらの情報をもとに、自社の商品ラインナップを充実させたり、新たな市場ニッチを見つけ出すことができます。また、市場の飽和度や売れ筋商品の価格帯なども分析できるため、商品選定におけるリスクを最小限に抑えることができます。

コンペティター分析

Amazonリサーチツールを使って、競合他社の商品や戦略を分析することができます。これにより、自社の強みや弱みを把握し、競争力を高めるための戦略を立てることが可能です。具体的には、競合他社の価格設定やプロモーション活動、レビュー数や評価などを調査し、自社の商品やサービスを改善することができます。また、競合他社が取り扱っていない商品や、顧客満足度が低い商品を見つけ出すことで、差別化を図ることができます。さらに、競合他社が利用しているキーワードや広告戦略を分析し、自社のマーケティング活動を最適化することもできます。

Amazonリサーチツールを活用することで、売上向上、プロダクトリサーチ、コンペティター分析といった様々な面で有益な情報を得ることができます。これらの情報を元に、自社の商品選定や価格設定、キーワード最適化、マーケティング戦略などを効果的に行うことで、Amazon市場での競争力を高め、ビジネスの成功につなげることができるでしょう。リサーチツールを活用し、より効果的な戦略を立てていきましょう。

おすすめの無料Amazonリサーチ・分析ツール

「おすすめの無料Amazonリサーチ・分析ツール」をイメージさせる写真

Helium 10の無料プラン

Helium 10は、Amazonセラー向けの総合的なツールセットであり、無料プランでも多くの機能が利用できます。無料プランでは、キーワードリサーチ、商品リサーチ、競合分析、リスティング最適化、販売スパイクを検出する機能などが利用できます。特に、CerebroやMagnetといった強力なキーワードリサーチツールが無料で利用できることが魅力です。ただし、無料プランでは機能や使用回数に制限があるため、本格的に活用する場合は有料プランへのアップグレードがおすすめです。

Sonar by Sellics

Sonar by Sellicsは、Amazon専用の無料キーワードリサーチツールで、検索ボリュームや関連キーワードを調査することができます。Sonarの特徴は、Amazonの実際の検索データに基づいてキーワードを提案してくれることで、リスティング最適化や広告キャンペーンの設計に役立ちます。また、リバースASIN検索機能を利用すれば、競合商品のキーワード戦略を調査することも可能です。

Unicorn Smasher

Unicorn Smasherは、Amazon商品リサーチに特化した無料ツールで、商品検索やランキング、推定売上、レビュー数などの情報を取得できます。Chrome拡張機能として動作し、Amazonの検索結果ページで直接データを分析できるので、使い勝手が良いのが特徴です。また、ダッシュボード機能でリサーチデータを管理し、エクスポートも可能です。ただし、キーワードリサーチ機能はありませんので、他のツールと併用することが望ましいです。

AMZScoutの無料プラン

AMZScoutは、商品リサーチ、キーワードリサーチ、競合分析などの機能を提供するAmazonリサーチツールです。無料プランでは、限定的な回数の検索やデータ分析が可能で、商品の売上や価格、ランキング、レビュー数などの基本情報を取得できます。キーワードリサーチ機能も利用できますが、回数制限があるため、無制限で利用したい場合は有料プランへのアップグレードが必要です。

おすすめの有料Amazonリサーチ・分析ツール

「おすすめの有料Amazonリサーチ・分析ツール」をイメージさせる写真

Jungle Scout

Jungle Scoutは、Amazonリサーチの分野で非常に有名なツールで、プロダクトリサーチ、キーワードリサーチ、競合分析、リスティング最適化、追跡、販売管理などの多機能を提供しています。特に、Niche HunterやOpportunity Finderなどの独自の機能で、新たな市場ニッチや売れ筋商品を見つけることができます。また、教育コンテンツやサポートが充実しており、初心者にも使いやすいです。

Viral Launch

Viral Launchは、Amazonセラー向けのデータドリブンなリサーチツールで、市場情報、キーワードリサーチ、競合分析、リスティング最適化、広告運用サポートなどの機能があります。特に、Market Intelligenceという機能を使って、市場のトレンドや需要を把握することができます。また、キーワードリサーチ機能も強力で、最適なキーワードを見つけることができます。

SellerApp

SellerAppは、Amazonセラーのための包括的なリサーチツールで、プロダクトリサーチ、キーワードリサーチ、競合分析、リスティング最適化、広告運用サポートなどの機能が提供されています。AI技術を活用したデータ分析や、Amazonのアルゴリズムに基づく最適化戦略が特徴で、効率的なリサーチが可能です。また、ダッシュボードやアラート機能で、売上や在庫管理も簡単に行えます。

Helium 10の有料プラン

Helium 10の有料プランは、無料プランでは制限されている機能や使用回数をフル活用できるようになります。プロダクトリサーチ、キーワードリサーチ、競合分析、リスティング最適化、販売スパイク検出などの機能が無制限に利用できるほか、独自の機能やアラート、教育コンテンツも充実しています。プロフェッショナルなセラーには、有料プランがおすすめです。

AMZScoutの有料プラン

AMZScoutの有料プランでは、無料プランで制限されている機能や使用回数が大幅に拡充されます。商品リサーチ、キーワードリサーチ、競合分析、リスティング最適化などの機能が無制限に利用でき、より深くリサーチを行うことが可能になります。また、Pro Extensionやニッチファインダーなどの独自機能も利用できるようになり、市場ニッチの発掘やプロダクトリサーチがさらに容易になります。さらに、教育コンテンツやサポートも充実しており、初心者から上級者まで幅広いセラーに対応しています。

これらの無料・有料ツールをうまく組み合わせることで、Amazonリサーチを効果的に行い、売上を最大化することができます。無料ツールは基本的なリサーチに役立ちますが、より詳細なデータや機能が必要な場合は、有料ツールへの投資を検討することも重要です。最適なツールを選び、効率的なリサーチ戦略を立てることで、Amazonビジネスの成功に繋げましょう。

各ツールの特徴と活用方法

「各ツールの特徴と活用方法」をイメージさせる写真

無料ツールの特徴と活用方法

無料のAmazonリサーチツールは、手軽に利用できる点が大きな魅力です。主な特徴と活用方法は以下の通りです。

コストを抑えられる

無料ツールは、初期費用や月額費用がかからず、低コストでリサーチを始められます。特に、初めてのAmazonビジネスや小規模なセラーには最適です。

基本的なリサーチ機能

無料ツールでは、プロダクトリサーチ、キーワードリサーチ、コンペティター分析などの基本的なリサーチ機能が利用できます。これらの機能を活用して、市場ニーズや競合状況を把握し、適切な商品を選ぶことができます。

利用制限があることを理解する

無料ツールの多くは、使用回数や機能に制限があります。そのため、無料ツールを上手に活用するには、制限を理解した上で、効率的にリサーチを行うことが重要です。

有料ツールの特徴と活用方法

有料のAmazonリサーチツールは、より高度な機能やデータにアクセスできる点が特徴です。主な特徴と活用方法は以下の通りです。

豊富な機能とデータ

 有料ツールでは、無料ツールでは制限されている機能やデータが無制限に利用できます。これにより、より詳細なリサーチが可能になり、商品選定や戦略立案の精度を向上させることができます。

独自機能の活用

有料ツールには、独自の機能が搭載されていることが多く、他のツールでは得られない情報や分析が可能です。これらの機能を活用して、競合他社との差別化や市場ニッチの発掘を行いましょう。

教育コンテンツやサポート

 有料ツールでは、教育コンテンツやサポートが充実しています。初心者から上級者まで、幅広いセラーがスキルアップできる環境が整っています。また、サポートを活用して、リサーチや戦略立案における悩みや問題を解決することができます。

ROIの考慮

有料ツールは無料ツールに比べて費用がかかりますが、その分、より高度な機能やデータが利用できるため、投資対効果(ROI)を考慮することが重要です。売上や利益を向上させるための戦略立案に有料ツールが役立つ場合は、そのコストを払う価値があると言えます。

無料トライアルを利用する

多くの有料ツールには、無料トライアル期間が設けられています。この期間を活用して、ツールの機能や使い勝手を試し、自分に合ったツールを選ぶことができます。

まとめると、無料ツールはコストを抑えつつ、基本的なリサーチ機能を利用することができますが、利用制限があるため効率的なリサーチが求められます。一方、有料ツールは高度な機能やデータが利用でき、教育コンテンツやサポートが充実していますが、その分コストがかかります。自分のビジネス規模やニーズに合わせて、最適なツールを選択し、効果的なリサーチ戦略を立てましょう。

効果的なリサーチ戦略の立て方

「効果的なリサーチ戦略の立て方」をイメージさせる写真

効果的なリサーチ戦略の立て方は、プロダクトリサーチ、キーワードリサーチ、およびコンペティター分析の3つの要素に焦点を当てます。

プロダクトリサーチ

プロダクトリサーチは、新しい商品のアイデアを見つけ、既存の商品を改善するための過程です。効果的なプロダクトリサーチ戦略を立てるためには以下のステップに従います。

市場ニーズの把握

 まず、ターゲット市場のニーズと要望を理解し、それに基づいて商品アイデアを考えます。顧客レビューやソーシャルメディアの投稿をチェックし、消費者の悩みや要望を把握しましょう。

トレンドの追跡

売れ筋商品や業界のトレンドを把握することで、競合他社に先駆けて新しい商品を投入するチャンスが生まれます。Google TrendsやAmazon Best Sellersなどのツールを活用しましょう。

利益率の高い商品を探す

高い利益率を持つ商品は、ビジネスの収益性を向上させる可能性があります。各商品の売上、価格、製造コストなどを比較し、最も利益が見込める商品を見つけましょう。

キーワードリサーチ

キーワードリサーチは、商品ページや広告キャンペーンの最適化に役立ちます。以下のステップで効果的なキーワードリサーチ戦略を立てましょう。

シードキーワードのリストアップ

まず、商品やカテゴリーに関連する基本的なキーワード(シードキーワード)をリストアップします。

関連キーワードの検索

シードキーワードをベースに、Amazon AutocompleteやKeyword Tool Dominatorなどのツールを使って、関連するキーワードを見つけます。

キーワードの競合度と検索ボリュームを分析

見つけたキーワードについて、競合度や検索ボリュームを調べ、最も効果的なキーワードを選びます。

コンペティター分析

コンペティター分析は、競合他社の戦略や商品を調査し、自社の強みや弱みを理解することで、ビジネスをより競争力のあるものにするためのプロセスです。以下のステップで効果的なコンペティター分析戦略を立てましょう。

競合他社の特定

まず、主要な競合他社を特定します。同じカテゴリーや商品を扱っている企業や、顧客層が重なる企業が対象となります。

商品の比較

競合他社の商品を自社の商品と比較し、価格、品質、機能、レビューなどを検討します。これにより、自社の商品の強みや改善点が見えてきます。

販売戦略の分析

競合他社の販売戦略を分析し、どのようなキーワードや広告を使っているか、価格戦略やプロモーション活動があるかなどを調査します。これにより、自社の戦略を見直すきっかけが得られます。

SNSやレビューの分析

競合他社のソーシャルメディアや顧客レビューを分析し、顧客のニーズや不満点を把握します。これらの情報をもとに、自社の商品やサービスを改善しましょう。

これらのステップを踏むことで、無料および有料のAmazonリサーチツールを活用した効果的なリサーチ戦略を立てることができます。これらの戦略により、自社の商品やサービスの競争力を向上させ、Amazonでの売上を加速させることが期待できます。

無料ツールと有料ツールの違いとメリット・デメリット

「無料ツールと有料ツールの違いとメリット・デメリット」をイメージさせる写真

Amazonリサーチツールは、無料と有料のものが存在します。それぞれの違いやメリット、デメリットを理解することで、自分に適したツールを選ぶことができます。

無料ツールのメリット

コスト

無料ツールは、費用をかけずに利用できるため、初心者や予算が限られているセラーにとって魅力的です。

アクセシビリティ

誰でも手軽に使い始めることができるため、リサーチを始める際の敷居が低くなります。

無料ツールのデメリット

機能制限

無料ツールは、機能が限定されていることが多く、有料版で提供されている高度な機能やデータにアクセスできない場合があります。

データの正確性

無料ツールは、データの正確性や更新頻度が有料ツールに比べて劣る場合があります。これにより、最新の情報や詳細なデータに基づいた分析が難しくなります。

有料ツールのメリット

高度な機能

有料ツールは、無料ツールに比べて高度な機能やデータ分析が利用できます。これにより、より詳細かつ正確なリサーチが可能になります。

データの正確性と更新頻度

有料ツールは、データの正確性や更新頻度が高く、最新の情報に基づいた分析が可能です。これにより、競争力のある戦略を立てることができます。

サポート: 有料ツールでは、専門的なサポートが受けられることが多く、問題が発生した際に迅速な対応が期待できます。

有料ツールのデメリット

コスト

有料ツールは、無料ツールに比べてコストがかかります。このため、初心者や予算が限られているセラーにとっては、利用を検討する際の負担となる場合があります。

機能の使いこなし

有料ツールは、機能が豊富であるため、使いこなすまでに時間がかかることがあります。特に初心者の場合、機能の多さに戸惑うことがあるため、効果的な活用が難しい場合があります。

まとめると、無料ツールと有料ツールにはそれぞれメリットとデメリットが存在します。無料ツールは、コストを抑えられる反面、機能やデータの正確性に制限があることがデメリットとなります。一方、有料ツールは、高度な機能やデータの正確性が期待できるものの、コストがかかることがデメリットです。

自分のニーズや予算に合わせて、無料ツールと有料ツールを組み合わせて利用することで、最適なリサーチ戦略を立てることができます。初心者の場合は、まず無料ツールを使いこなし、慣れてきたら有料ツールに移行することを検討してみてください。そして、どちらのツールを選ぶにしても、定期的に分析やリサーチを行い、市場の動向や競合他社の状況に対応していくことが、Amazonでの成功に繋がります。

ツール活用のポイントと注意点

「ツール活用のポイントと注意点」をイメージさせる写真

データの正確性と更新頻度

Amazonリサーチツールを活用する際には、データの正確性と更新頻度が重要です。正確なデータが提供されていることで、適切な分析や戦略立案が可能になります。また、Amazon市場は日々変化しているため、最新の情報に基づいて判断することが求められます。そのため、定期的にデータが更新されるツールを選ぶことが大切です。

ツールの使いやすさとサポート

Amazonリサーチツールを効果的に活用するためには、ツールの使いやすさやサポート体制も重要なポイントです。使いやすいインターフェースであれば、効率的に作業が進められますし、初心者でも簡単に扱えることが求められます。また、ツールに関する疑問や問題が生じた際に、適切なサポートが受けられることも重要です。そのため、ツール選びの際には、使いやすさやサポート体制にも注目しましょう。

無料プランの制限を理解する

無料プランを提供しているAmazonリサーチツールも多く存在しますが、一部の機能やデータに制限があることが一般的です。例えば、無料プランではデータの取得件数や分析できるキーワード数が制限されていることがあります。また、データの正確性や更新頻度も有料プランに比べて劣る場合があります。

無料プランを活用する際には、これらの制限を理解し、どの程度の情報が得られるのか把握しておくことが重要です。また、無料プランで得られる情報だけでは不十分な場合や、ビジネスの成長に合わせてより高度な分析が必要になった場合には、有料プランへの移行を検討することも必要です。

まとめると、Amazonリサーチツールを活用する際には、データの正確性と更新頻度、ツールの使いやすさとサポート体制、無料プランの制限を理解することがポイントとなります。これらのポイントを押さえながら、自分のビジネスに最適なツールを選択し、効果的なリサーチ戦略を立てましょう。

無料ツールと有料ツールを組み合わせた成功事例

「無料ツールと有料ツールを組み合わせた成功事例」をイメージさせる写真

Amazon市場で成功を収めるためには、無料のAmazonリサーチツールと有料ツールを組み合わせて効果的に活用することが重要です。ここでは、実際にそのようなアプローチを行って成功を収めた事例を紹介します。

事例1:スポーツ用品のプライベートブランド立ち上げ

あるセラーは、スポーツ用品のプライベートブランドを立ち上げることを決めました。彼は最初に無料のAmazonリサーチツール(Helium 10の無料プランやSonar by Sellicsなど)を利用して、市場調査やキーワードリサーチを行いました。この段階で、市場のニーズや競合状況をある程度把握することができました。

しかし、無料ツールだけではデータが限定的であり、より詳細な分析が必要でした。そこで彼は、有料のAmazonリサーチツール(Jungle ScoutやHelium 10の有料プランなど)を導入しました。これにより、より深い市場分析や競合分析が可能となり、具体的な商品開発やマーケティング戦略の策定に役立てました。

彼は無料ツールで得た情報を基に有料ツールを活用し、プロダクトのリスト作成やPPC広告戦略を最適化しました。その結果、短期間でプライベートブランドの知名度を上げ、高い評価と売上を得ることができました。

事例2: 既存のビジネスの売上拡大

別のセラーは、既存のビジネスでの売上拡大を目指して、無料のAmazonリサーチツールを活用して市場調査を行いました。彼はその結果、自社の商品ラインナップに改善の余地があることに気付きました。

そこで彼は、無料ツールだけでは得られなかったデータや分析を手に入れるために、有料のAmazonリサーチツールを導入しました。これにより、より多くのキーワードや競合分析が可能となり、新たな商品開発やマーケティング戦略の策定が容易になりました。

彼は無料ツールと有料ツールを組み合わせて、商品の改良や新商品の開発、PPC広告戦略の最適化に取り組みました。その結果、彼のビジネスは売上を大幅に拡大し、市場シェアを獲得することができました。

事例3: ニッチ市場の発掘と利益最大化

あるセラーは、競争の激しい市場であるAmazonで利益を最大化するため、ニッチ市場を発掘することを決めました。彼はまず無料のAmazonリサーチツールを使って、市場全体の傾向や需要を調査し、潜在的なニッチ市場を見つけ出しました。

しかし、無料ツールだけでは十分な情報が得られなかったため、彼は有料のAmazonリサーチツールを導入しました。これにより、より詳細な市場分析や競合分析が可能となり、ニッチ市場での成功に必要な戦略を立てることができました。

彼は無料ツールと有料ツールの組み合わせを活用して、ニッチ市場に特化した商品開発やマーケティング戦略を実行しました。その結果、競争が激しい市場にも関わらず、高い利益率を維持しながら売上を伸ばすことができました。

これらの事例から分かるように、無料のAmazonリサーチツールと有料ツールを組み合わせて活用することで、より効果的な戦略を立てることが可能です。無料ツールで基本的な情報を収集し、有料ツールでより深い分析や戦略策定を行うことで、Amazonでの成功を実現することができます。重要なのは、無料ツールと有料ツールの違いや制限を理解し、適切なタイミングでそれぞれのツールを活用することです。

まとめ

「まとめ」をイメージさせる写真

本記事では、Amazonリサーチツールの重要性やおすすめの無料・有料ツールについて解説しました。これらのツールを活用することで、売上向上、プロダクトリサーチ、コンペティター分析など、Amazonでのビジネスに必要な情報や戦略を得ることができます。

無料ツールと有料ツールそれぞれの特徴や活用方法を理解し、効果的なリサーチ戦略を立てることが重要です。また、ツールの選定や活用にあたっては、データの正確性や更新頻度、ツールの使いやすさやサポート、無料プランの制限を理解することが求められます。

無料ツールと有料ツールを組み合わせた成功事例を参考に、自分のビジネスに適したツールと戦略を選択しましょう。Amazonリサーチツールを効果的に活用することで、競争力のある商品開発やマーケティング戦略を構築し、Amazonでの成功を実現できるでしょう。

最後に、Amazonリサーチツールの活用は一度だけではなく、ビジネスの成長や市場状況の変化に応じて継続的に行うことが大切です。定期的にリサーチを行い、戦略を見直すことで、より効果的なビジネス展開が可能となります。今回紹介したツールを上手に活用し、Amazonでの成功を目指しましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。