楽天広告の種類と費用!メリットや運用のポイントなども解説

楽天RPP広告とはをイメージできる画像

「楽天広告の種類を知りたい」などと悩んでいる方もいるでしょう。

楽天広告は大きく3種類ありますが、詳細に分けると7つあります。

広告ごとに特徴が異なるので、おさえておけば自社に適した広告が見つかります。

本記事では、楽天広告の種類とその費用を紹介しますので、参考にしてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

楽天広告は大きく3種類ある

楽天広告は大きく3種類あるをイメージできる画像
Businessman hand touch Document management data system ,document management concept ,

楽天広告は大きく以下の3種類あります。

  • 楽天掲載型広告
  • 楽天メルマガ配信型広告
  • 楽天成果報酬型広告

それぞれ解説します。

楽天掲載型広告

楽天掲載型広告は大きく以下の2種類あります。

  • 楽天市場広告
  • 特別大型企画

それぞれ解説します。

楽天市場広告のメリットや費用

楽天市場広告とは、楽天トップページなどに表示される広告のことです。事前に用意された広告枠を購入することで、必ず掲載されます。表示される場所が閲覧されやすいがゆえに、出稿すれば多くのユーザーにリーチできます。

一方で、不特定多数のユーザーに配信するので、費用対効果が見込めない可能性があるのです。

費用は、4〜120万円とピンキリです。出稿するなら、楽天市場で開催されるイベントに合わせるのがよいでしょう。そのうえで、割引キャンペーンなどを実施すれば、より費用対効果が高まるかもしれません。

特別大型企画のメリットや費用

特別大型企画は大きく以下の2種類あります。

  • 大口予算枠
  • 超目玉枠

大口予算枠を獲得するには、まず楽天市場のスーパーセールなどのイベント時に、200万円以上の広告枠を購入できる店舗であることが条件です。

ただし、200万円を払えば必ずしも出稿できるわけではありません。それ以上の予算をかける店舗や実績が豊富な店舗も同時期に出稿申請をすると、200万円の予算では出稿できない可能性があります。

もし出稿できれば、大きな売上アップを狙えるでしょう。

超目玉枠とは、予算が不要な広告のことです。楽天市場のキャンペーンに協力することで出稿できます。具体的には、セールなどのキャンペーン時に自社商品を一定額割り引いていれば、出稿条件を満たします。

ただし、出稿条件は都度変わります。超目玉枠はキャンペーン時などに楽天がオファーを出しているので、定期的にチェックしましょう。

楽天メルマガ配信型広告

楽天メルマガ配信型広告は大きく以下の2種類あります。

  • 楽天配信
  • 店舗配信

それぞれ解説します。

楽天配信のメリットや費用

楽天配信とは、楽天の運営が購入見込みのあるユーザーに対してメルマガを配信する手法です。ユーザーの行動履歴に基づき、適切な商品および店舗が該当ユーザーに知らされます。

商品は楽天がピックアップしてくれるのが、楽天配信のメリットといえるでしょう。また、メールの内容も楽天が決めてくれるので、社内リソースを他業務に割けます。費用は月額5,000円から設定可能です。

競合他社の出稿状況を確認しながら、予算を調整していくとよいでしょう。

店舗配信のメリットや費用

店舗配信とは、既存ユーザーに対して、メルマガを通して再購入を促す広告のことです。また、アフターケアなどの配信も行っています。メールの内容は店舗が決められるので、社内スキルがあれば効果的に訴求できるでしょう。

費用は3万円から設定できます。ポイントは、タイトルを魅力的なテキストにすることです。メルマガが閲覧されなければ広告の意味が薄れてしまうので、メルマガを閲覧してもらえそうなタイトルを設定しましょう。

楽天成果報酬型広告

楽天成果報酬型広告は以下の3種類あります。

  • RPP広告
  • クーポンアドバンス広告
  • CPA広告

それぞれ解説します。

RPP広告のメリットや費用

RPP広告とは、楽天市場の検索結果の上位に表示される広告のことです。商品名の冒頭に「PR」と表示されるのが特徴です。スマートフォンとパソコン版で表示される枠数は変動しますが、最大6位まで表示されます。

費用は月額5,000円から設定できます。RPP広告のメリットはターゲットを絞って広告を打てることです。キーワードを設定できるので、ターゲットが検索しそうなキーワードを選定できれば、費用対効果を高められるでしょう。

クーポンアドバンス広告のメリットや費用

クーポンアドバンス広告とは、設定した予算額から、楽天が見込み層にクーポンを発行してくれる手法のことです。楽天トップページや検索結果など閲覧されやすい箇所に表示されます。また、ターゲットにダイレクトにアプローチできることもあり、費用対効果が高い傾向にあります。

費用はクーポンが発生するごとに40円課金される方式です。出稿するだけでは費用はかからないので、コンバージョンに至らなくても自社商品をアピールできます。リーズナブルなので、店舗規模を問わずに活用しやすいでしょう。

CPA広告のメリットや費用

楽天CPA広告とは、楽天市場や楽天メールマガジンなど、さまざまな媒体に掲載される広告のことです。商品が購入された時点で費用が発生します。費用は、売上の20%です。商品が売れた段階でしか広告費が発生しないことから、無駄な費用が発生しづらいです。

ただし、利益率の低い商品を出稿してしまうと、最悪赤字に繋がるので注意しましょう。

楽天広告を代理店に依頼する際の費用相場

楽天広告を代理店に依頼する際の費用相場をイメージできる画像

楽天広告を代理店に依頼する際の費用相場は、初期費用と成果報酬で支払う形式が一般的です。初期費用は3万円もあれば足りるでしょう。成果報酬は広告費の20%が目安です。

代理店に依頼すれば社内リソースを別業務に割けたり、専門知識が不要で広告を運用できたりします。社内状況に応じて、代理店に依頼するかを検討するとよいでしょう。

まとめ

まとめをイメージできる画像

楽天広告の種類は大きく3種類あり、それぞれ費用や課金方式が異なります。特徴をおさえて自社に適した広告で出稿すれば、より費用対効果を高められるでしょう。

しかし、社内スキルがなければ、出稿しても望む効果は得られないかもしれません。この場合は、代理店に依頼するのも1つです。代理店は費用はかかりますが、社内スキルがない店舗でも楽天広告を運用できます。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。