Amazonで売れてる商品をリサーチする方法!おすすめツールを紹介します!

「Amazonで売れてる商品を知りたいけど、効率的なリサーチの方法がわからない……」

「おすすめのリサーチツールを教えて!」

と悩んでいませんか?

物販事業で利益を出すためには、仕入れる前に売れてる商品をリサーチしなければいけません。リサーチ→仕入れ→販売の流れです。

とはいえ、リサーチには膨大な工数がかかります。

「時間をかけて調べたけど結局どの商品を仕入れたらいいのか判断ができない……」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、Amazonで売れてる商品をリサーチする方法を紹介します。ぜひ参考にしてください!

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazonで売れてる商品をリサーチするにはセラースプライトがおすすめ!

Amazonで売れてる商品をリサーチをするにはセラースプライトがおすすめです。

セラースプライトは、Amazonにおける競合商品の販売個数とその推移・価格・レビュー・FBA送料などといった情報を一括で調べることができるマーケティングツールです。

実務レベルで必要なマーケティング情報を網羅的に、かつ調べやすい形で提供していることが最大の魅力です。

Amazonを利用する全ての事業者にとって、導入して損のないツールと言っても過言ではありません。

ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!

コード:JW6010

申し込みはこちら!

セラースプライトの特徴・メリット

セラースプライトがおすすめ

売れてる順に商品の並び替えができる

セラースプライトはカテゴリー・価格帯などを指定した上で、商品を売れてる順に並び替えてリサーチできる機能がついています。

Amazonランキングを見たり、Amazonで自分でキーワードを検索して上位表示している商品を見たりするだけでは網羅的なリサーチができません。

またAmazonツールとして有名なKeepaでは特定の商品の詳細な価格情報を知ることができますが、「そもそもどんな商品が売れているのか」をリサーチすることは難しいです。

セラースプライトはどんな商品が売れているかをリサーチすることに向いていることが特徴です。

最近販売数が増えているトレンドの商品をリサーチできる

セラースプライトでは、「直近xxヶ月」で「販売数の増加率がxx%以上」という調べ方が可能です。

このような調べ方により最近トレンドになってきている商品を見つけることができます

また、「販売数xx個以下」というリサーチ条件をつければまだあまり知られていないが今後伸びていくことが予想される商品を探すことができ、新商品開発に役立てることができます。

当然季節要因といったことも考えられるため、最終的には自分で考える必要はありますが、リサーチの切り口として重宝します。

直感的な操作でさまざまなリサーチニーズに対応できる

セラースプライトは、売れてる商品を探す以外にAmazon内の様々なリサーチニーズに対応しています。

例えば競合他社が出品している商品の流入キーワードを調べることもできますし、Amazonのサイトを開いて表示されている商品の販売数を見ることもできます

さらに直感的な操作が可能なうえ、リサーチ方法においても初心者向けにおすすめテンプレート条件が設定されているなど、使いやすいことが魅力です。

セラースプライトでAmazonで売れてる商品をリサーチする方法

拡張機能版もあります

特定のジャンルで売れている商品を探す方法

web版セラースプライトの「商品リサーチ」を利用することがおすすめです。

商品リサーチによってどんな商品が売れているかや、その商品の販売数の増加率、レビューの増加数などの情報を調べることができます。

また、ジャンルや販売期間、価格帯などといった条件指定も可能で、より細かいリサーチを行うことができます。

全てのジャンルの中で直近売れてきている商品を探す方法

web版セラースプライトの「市場リサーチ」を利用することがおすすめです。

市場リサーチによって、販売個数が増加しているカテゴリーを見つけることができ、またそのカテゴリー内で売れている商品を探すことができます。

また商品集中度によってスクリーニングすることも可能です。商品集中度が低いほど、販売数の分布が分散し、特定商品の独占率が低いカテゴリーと言えるため、新規参入の余地があると考えられます。

ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!

コード:JW6010

申し込みはこちら!

無料でAmazonで売れてる商品をリサーチする方法

料金

無料で売れてる商品を網羅的にリサーチすることは困難ではありますが、おおよその目安としてリサーチすることは可能です。

以下ではその方法を紹介します。

①Amazonで検索する

Amazonランキングをチェックする・Amazonでカテゴリやキーワードで検索して上位表示されている商品をチェックすることによって売れている商品の目安を知ることができます。

おおよそAmazonランキングや検索結果上で上位表示されている商品は売れている商品ということになります。

しかし、1位と2位でどれくらいの販売数の差があるか、販売”額”や利益額の比較が困難といったデメリットがあります。

②無料リサーチツールを使う

無料のリサーチツールを使うことでおおよその傾向を知ることができます。

例えばセラースプライトでは無料でも利用できるプランがあります。有料版は全てのリサーチ結果が表示されるのに対して、無料版は上位5件しか表示されないため、詳細なリサーチはできないかもしれませんが、目安をつけることができます。

本格的にEC運営をする場合は有料リサーチツールを導入することをおすすめしますが、EC運営を始める検討段階であれば、市況や売れている商品の概要を把握するために無料リサーチツールを使用するのはよいかもしれません。

なぜ売れてるか?を考えるポイント

Amazonで売れてる商品をリサーチする前に知りたい3つのこと

トレンドの状況や季節性などの外部要因

売れている理由が季節の要因やテレビで紹介されたことなど外部要因であることがあります。

他社と比較して自社商品の改善を行いたい場合に、外的要因を考慮せずに改善を行なってしまうと、適切でない施策を行なってしまうことになりかねません。

外部要因を考慮した上でなぜ売れているかを考えるようにしましょう。

売れやすいキーワードで上位表示している

売れやすいキーワードでAmazon内で上位表示されていることが最も売れやすい理由と言っても過言ではありません。

ユーザーは基本的にAmazonでキーワードを検索して上位に表示された商品から詳細を見て購入の判断をするため、上位に表示されていれば購入されやすくなります。

Amazonで上位表示させるためにAamzonのアルゴリズムを理解した上で商品のタイトルや説明文など適切な対策をする必要があります。

商品のコンセプトがユーザーニーズとマッチしている

商品のコンセプトがユーザーのニーズとマッチしていることが重要です。

例えばアウトドアのリュックを探しているユーザーに対しては収納量が多いなど機能性が高いリュックが好まれる一方、普段使いのリュックでは見た目がかっこいい・可愛いリュックが好まれる、といった傾向があるかもしれません。

ユーザーのニーズを理解してコンセプト設計した商品を作ることが重要です。

商品画像などクリエイティブの質が高い

商品画像の質が高いことも商品が売れる要因になります。

人は商品のタイトルや説明文など文字から得られる情報よりも画像から得られる情報の方が意識しやすい傾向があります。

そのため、商品の画像が魅力的であったり特徴が分かりやすかったりすることが商品の購入率にポジティブな影響を与えます。

売れている商品と売れていない商品の商品画像を比べてどのような画像が売れやすいかを分析することでより具体的に売れている理由が分かるでしょう。

Amazonで売上を伸ばすポイント3つ

主な機能

ポイント①SEO対策を行う

AmazonのSEO対策とは、Amazonで検索したときに自分の商品を上位に表示させるための対策です。

まだやったことがない方は、ぜひ以下の取り組みを実行してみましょう。

ツールを使ってキーワードを選定する
商品タイトル、商品説明文、検索キーワードフィールドにキーワードを散りばめる

メインとなるキーワードから左詰めで設定するのがポイントです。

検索キーワードフィールドには、その商品を使うときにユーザーが検索しそうな関連キーワードを設定します。商品説明文のコピーと一致させるといいでしょう。

セラースプライトの逆引きリサーチでライバルセラーのキーワードを参考にするのもおすすめです。

日頃からターゲットの解像度を高めておくとスムーズですよ。

ポイント②商品説明文を充実させる

商品説明文が魅力的だと購入の可能性が高まります。

文がごちゃごちゃしていたり、説明が不足していたりするとなかなか購入につながりません。

以下のポイントを抑えて作成しましょう。

・短文でわかりやすく
・商品の強みを記載する
・サイズや容量を記載する
・発送方法を記載する
・返品保証を記載する
・キーワードを含める

Amazonの商品ページを調査して、いいなと感じたページをお気に入りに入れておきましょう。

説明文を作成するときに参考になります。

ポイント③商品画像を充実させる

商品画像による訴求も大切です。

ベタ塗りの背景に商品画像を貼り付けただけのものはNG。

canvaなどのデザインツールを使うと、初心者でも簡単にデザインすることができます。

丸パクリはNGですが、ライバルセラーの画像も参考にしてみてください。

画像でしっかりアプローチしたいという方は、プロのデザイナーに外注するといいでしょう。

Amazonで売上を伸ばす方法について詳しく知りたい方はこちらの動画をご覧ください。

Amazonで売れてる商品をリサーチして売上を伸ばそう

Amazonで売れてる商品をリサーチすると、赤字のリスクを抑えることができます。

Amazonで売れてる商品をリサーチするにはセラースプライトがおすすめなのでぜひ利用してみてください。

ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!

コード:JW6010

申し込みはこちら!

【補足】Amazonリサーチツールの比較

無料ツール

まずは、無料ツール5選を紹介します。

①セラースプライト無料版
②アマゾンサジェストキーワード一括DLツール
③ERESA
④モノサーチ
⑤Keepa

料金と特徴をまとめました。

セラースプライト無料版KeepaERESAモノサーチアマゾンサジェストキーワード一括DLツール
料金無料無料無料無料無料
特徴販売手数料や利益額を算出する・商品リサーチ・価格変動をグラフで確認できる・有料版あり・商品リサーチ・無料でランキンググラフが表示される・商品リサーチ・楽天市場やYahoo!ショッピングと価格比較ができる・有料版あり入力したキーワードのサジェストワード(予測変換)を取得する

有料ツール

ここからは、有料ツール5選を紹介します。

①セラースプライト
②Helium10
③PRIMA
④ARROWS 10
⑤アマテラス

料金と特徴をまとめました。

セラースプライトHelium10PRIMAARROWS 10アマテラス
料金【月単位プラン】
・無料会員:月額0円
・スタンダード会員:月額98ドル(およそ12,500〜13,000円)【年単位プラン】
・スタンダード会員:年額980ドル(およそ125,000〜130,000円)
・アドバンス会員:年額1,880ドル(およそ250,000〜290,000円)
・VIP会員:年額2,380ドル(およそ305,000~310,000円)
・Free:月額0円
・Starter:月額39ドル・Platinum:月額99ドル
・Diamond:月額279ドル
・Adtomic & Diamond Bundle:月額449ドル
月額7,980円・スタータープラン:月額97ドル
・標準プラン:月額197ドル
・ビジネスプラン:月額397ドル
・ベーシックプラン:月額4,980円
・アドバンスプラン:月額9,800円
・プロプラン:月額19,800円
特徴・商品リサーチ、市場リサーチ、キーワードリサーチなどが可能
・レビューリクエスト配信が可能
・無料版あり
・商品リサーチ、市場リサーチ、キーワードリサーチなどが可能
・無料版あり
・商品リサーチなどが可能
・30日間無料お試しあり
・Mac に対応していない
・商品リサーチ、キーワードリサーチなどが可能
・年間プランにするとリサーチできる数が倍になる
・商品リサーチ、市場リサーチ、キーワードリサーチなどが可能
・サンクスメール配信が可能

Amazonリサーチツールの比較はこちらの記事でも行っています。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。