Amazonサンクスメールツールのおすすめ6選を比較して解説!

Amazonサンクスメールツールのおすすめ6選を比較して解説!の記事をイメージをできる写真

Amazonに出店している方にとって、商品や出品者への評価は大切な要素です。顧客に評価依頼を促せるAmazonサンクスメールの活かし方によって、自店舗の成長率は変わります。

しかし、商品を購入してもらうたびに手動でサンクスメールを送信していると、莫大な時間がかかります。時間を削減して効率的にAmazonビジネスの戦略を練りたい方は、Amazonサンクスメールツールを使って送信を自動化し、業務コストを削減しましょう。

本記事では、Amazonサンクスメールツールのおすすめやメリット、低評価をつけられた場合の対処法などを解説します。本記事を最後まで読み、自店舗に見合ったAmazonサンクスメールツールが見つけてみてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

そもそもAmazonサンクスメールとは

そもそもAmazonサンクスメールとはをイメージできる画像

サンクスメールとは、Amazonで商品を購入した際に、注文が完了したことを顧客にメールで知らせる機能のことです。このメールには、注文内容や注文番号、注文日時や発送予定日などの詳細が記載されています。

また、評価依頼の文言も記載できるため、レビューを効率的に増やしたい方は、積極的に送ることをおすすめします。ここからは、サンクスメールツールでできることを詳しくみていきましょう。

商品の注文後に自動で送信される

Amazonサンクスメールは、注文が完了した際に定型文で自動で送信されます。そのため、出品者は追加で作業をしなくとも、購入者への評価依頼が可能です。とはいえ、前述のとおり、自動で送信される内容は定型文です。

購入者への感謝を伝えたり、より効果的に評価依頼を促したりするには、Amazonサンクスメールの内容をアレンジする必要があります。また、アレンジすることにより、商品の保証内容や問い合わせ先を記載できます。

そのため、Amazonサンクスメールの内容により、顧客の満足度が変わる可能性があります。自動送信だけでもお礼や評価依頼を伝えられますが、顧客との関係性を深めるにはアレンジしたAmazonサンクスメールを送信しましょう。

評価やレビューをリクエストできる

サンクスメールでは、評価やレビューをリクエストできます。購入者からの意見は、Amazonのマーケットプレイスにおいて重要であり、自社商品の購入率に関わります。

Amazonの評価には「商品への評価」「出品者への評価」の2種類あります。高い評価を得られると、新規顧客を開拓しやすくなるでしょう。それぞれの評価の特徴は、以下にまとめました。

  • 商品への評価:商品への評価は、商品の品質や仕様、梱包状態などを評価するもの。商品レビューという形で、商品の使用感や特徴などを自由にコメントできる。
  • 出品者への評価:出品者のサービスや対応、配送状況などを評価するもの

商品への評価は売上に直結し、自社商品が軌道に乗るか否かが決まる重要なレビューです。出品者への評価が悪いと、魅力的な商品を出品していても、高い購入率は期待できないでしょう。

どちらの投稿においても、低い評価を受けると商品の売れ行きが悪化したり、出品者としての評判が下がったりすることにつながります。

Amazonサンクスメールツールとは

Amazonサンクスメールツールとはをイメージできる画像

Amazonのサンクスメールツールとは、商品に応じて感謝やレビューの気持ちを伝えるメールの送信を簡単に行えるツールです。手動で送信する時間と手間を省けるため、業務を効率的に進めることも可能です。

また、送信タイミングや頻度も設定できます。サンクスメールを効率的に送信し、社内業務を活性化するには、Amazonサンクスメールツールの導入が望ましいです。

Amazonのサンクスメールツールを使う5つのメリット

Amazonのサンクスメールツールを使う5つのメリットをイメージできる画像

Amazonサンクスメールツールを使うメリットは、次の5つです。

  • 業務コストを削減できる
  • 顧客との良好な関係を築ける
  • リピート率の向上につながる
  • 評価数の向上につながる
  • 低評価を避けられる可能性がある

それぞれ解説します。

業務コストを削減できる

サンクスメールツールを使用すると、業務コストが削減できます。出品者が手動で購入者にサンクスメールを送信する場合は、それぞれの注文に対して個別にメールを送信する必要があります。

Amazonサンクスメールツールは自動でメールを送信できるため、人件費や時間などの業務コストを削減できます。

顧客との良好な関係を築ける

Amazonのサンクスメールツールを使うと、顧客との良好な関係を築けるでしょう。定型文ではなく、人の手が加わったメールを受け取った顧客は、出品者に対して親近感を抱く可能性があります。

また、Amazonサンクスメールツールでは、送信する頻度やタイミングを設定できます。具体的には、「配送完了時の5日後に送信する」といった内容。商品が到着するであろう時期にサンクスメールを送信すれば、適切なタイミングでアフターケアが可能です。

リピート率の向上につながる

Amazonサンクスメールの内容に、商品のクーポン券を含めれば、リピート購入を促せます。クーポン券があるか否かで、リピート率は大きく変わるでしょう。

ただし「高評価をつけてくれたら、クーポン券を発行します」などの、高評価に対してインセンティブを付与するのはNGです。Amazonにより禁止されていますので、注意しましょう。

評価数の向上につながる

サンクスメールの内容に評価を促す文言が含まれていれば、評価数の向上につながります。また、メール内に評価をつけられるリンクを含めることで、購入者は手軽に評価できるでしょう。

細かな点にも配慮したサンクスメールを送信することは、評価を獲得するうえで欠かせません。

低評価を避けられる可能性がある

商品や出品者に対する低評価を避けるためには、サンクスメールツールの活用も有効な手段の1つです。サンクスメールツールで設定した文言に、問い合わせ先を記載できます。

低評価の要因の1つ「商品の故障」が起きた際に、問い合わせ先が明記されていることでユーザーにとって安心材料になるでしょう。

商品に故障や不具合が起きている場合、低評価の1つとしてレビューされる可能性が高くなります。サンクスメールには、商品の取り扱い方法やトラブルの対処法を記載し、購入者の不安を軽減させましょう。

mazonサンクスメールツールを使った例文・テンプレート

Amazonサンクスメールツールを使った例文をイメージできる画像

Amazonサンクスメールツールを使った例文を次のケースに分けて解説します。

  • 商品購入時
  • 評価依頼

それぞれ解説します。

商品購入時の例文

件名: ご注文ありがとうございます!【注文番号】

下記の商品をご注文いただきありがとうございます。

【注文内容の詳細】

この度は当店でのお買い物、誠にありがとうございました。お届けについては、別途メールにてご連絡差し上げます。商品がお手元に届くまでしばらくお待ちください。

もし商品やサービスにご不満がございましたら、ご連絡いただければ誠意をもって対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先:〇〇

今後とも、Amazonをご利用いただけますよう、心よりお待ち申し上げております。

上記では、商品やサービスに不満があった際の問い合わせ先を記載しています。万が一商品が故障していても、出品者に直接連絡してもらえる可能性があるため、低評価をつけられるリスクを避けられます。

商品購入に対するお礼も大切ですが、万が一に備えて、問い合わせ先を記載しておきましょう。

評価依頼の例文

件名: 商品の評価をお願いします。

この度は、当店で商品をお買い上げいただきましてありがとうございます。

ご購入いただいた商品につきまして、ぜひ商品ページでご意見・ご感想をお寄せください。お客様の貴重なご意見を反映し、サービス向上につなげてまいります。

商品ページでの評価は、商品を検討されているお客様の参考になります。ぜひご協力をお願いいたします。

評価の方法は下記の通りです。

【商品の評価方法】

  1. Amazonにログインする
  2. 注文の追跡と管理をタップする
  3. ご購入いただいた商品をタップする
  4. 商品レビューを書くをタップする

今後とも、当店をご愛顧いただけますよう、スタッフ一同心よりお待ちしております。

以上のように評価手順を記載しておけば、評価をつけてくれる可能性が上がります。評価を促す際は、顧客に負担をかけない配慮が必要です。

Amazサンクスメール送信はセラースプライトがおすすめ!

Amazon事業者向けマーケティングツール「セラースプライト」は、レビューリクエスト機能を使用してサンクスメールを一括送信できます。注文ごとにサンクスメールを送信せずに済むため、効率的に顧客満足度を上げられるでしょう。

また、サンクスメールの中にレビュー投稿を依頼する文言を入れることで、評価の獲得にもつながります。ショップの評価数でお困りの方は、セラースプライトのレビューリクエスト機能を活用してみてください。

セラースプライトの一括レビューリクエストは、Google Chromeの拡張機能ダウンロードページから導入可能です。ChromeからAmazonを開くと右下にマークが表示されるため、スムーズにツールを使用できます。

有料プランをお得に利用できる割引コードを紹介しているので、効率的にサンクスメールを送り、長期的にAmazonビジネスを成功させたい方は活用してください。

ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!

コード:JW6010

申し込みはこちら!

Amazonサンクスメールツールのおすすめ6選

Amazonサンクスメールツールのおすすめ6選をイメージできる画像

Amazonサンクスメールツールのおすすめを、次の6つ解説します。

  • セラースプライト
  • Cappy
  • マカド
  • Amahack
  • プライスター
  • ツールフォーセラー

それぞれ解説します。

Amazonサンクスメールツールのおすすめ1.セラースプライト

「Amazonサンクスメールツールのおすすめ1.セラースプライト」をイメージさせる画像

セラースプライトは、Amazonビジネスを行う上で必要な分析ができるツールです。一括レビューリクエスト機能を使うと、購入者にサンクスメールを送信できます。

評価が星3以下のユーザーや返金済のユーザーを除いて送信できるため、低評価をもらう可能性の高いユーザーを避けたレビューリクエストが可能です。

セラースプライトの一括レビューリクエストは、Google Chromeの拡張機能ダウンロードページから導入可能です。ChromeからAmazonを開くと右下にマークが表示されるため、スムーズにツールを使用できます。

セラースプライト公式サイトはこちら

Amazonサンクスメールツールのおすすめ2.Cappy

Cappyでは、FBAと自己出品ごとにサンクスメールの内容を設定できます。そのため、店舗形態に合わせたツールの運用が可能です。

また、注文IDのような商品ごとに情報が異なる内容は、自動で更新されます。商品ごとにサンクスメールの内容を決める必要がないため、初期設定さえ完了すれば、手軽に運用できます。

さらに、最大2ヶ月の無料期間が用意されています(2023年12月時点)。無料期間終了後は、月額3,980円(税込)で利用可能です。サンクスメールの機能が豊富に用意されていてこの価格は、十分お得でしょう。

cappy公式サイトはこちら

Amazonサンクスメールツールのおすすめ3.マカド

マカドのサンクスメールの機能は、従来のツールと変わりありません。しかし、本ツールの使い方について、運営社のホームページ上で丁寧に解説されています。画像付きで手順が記載されているため、Amazonサンクスメールツールをはじめて利用する方でも、設定方法に戸惑うことはないでしょう。

また、24時間対応の価格改定や電脳仕入れ機能なども備わっているため、せどりを営んでいる方にもおすすめのツールです。30日間の無料トライアル(2023年12月時点)が実施されているため、まずは申し込んでみてはいかがでしょうか。

なお、トライアル期間が終了したあとは、月額4,980円(税込)で利用できます。

マカド公式サイトはこちら

Amazonサンクスメールツールのおすすめ4.Amahack

「Amazonサンクスメールツールのおすすめ4.Amahack」をイメージさせる画像

Amahackは、月額980円(税込)で何度でもAmazonサンクスメールを送信できるツールです。また、特定の商品のみにメールを送信しない機能も備わっています。商品ごとに手動と自動を使い分けるなど、工夫次第で本ツールの用途は広がります。

さらに、商品ごとのメール内容の設定も可能です。商品ごとに丁寧に細かくメール内容を設定したい方にもAmahackはおすすめです。

Amahack公式サイトはこちら

Amazonサンクスメールツールのおすすめ5.プライスター

「Amazonサンクスメールツールのおすすめ5.プライスター」をイメージさせる画像

プライスターは、Amazonサンクスメールに加えて、店舗運営を活性化できる機能が備わったツールです。サンクスメールの自動送信はもちろん、月間売上ランキングの可視化機能により、モチベーションを保ちつつ店舗運営が可能です。

チャットボットでの問い合わせにも対応しているため、不明点はいつでも解消できるでしょう。1ヶ月のトライアル(2023年12月時点)も実施しているため、まずは無料期間を試してみてはいかがでしょうか。なお、トライアル期間終了後は、月額5,280円(税込)で利用できます。

プライスター公式サイトはこちら

Amazonサンクスメールツールのおすすめ6.ツールフォーセラー

「Amazonサンクスメールツールのおすすめ6.ツールフォーセラー」をイメージさせる画像

ツールフォーセラーは、Amazonサンクスメールを含む、さまざまな機能が無料で利用できるツールです。リアルタイムの販売データや検索キーワードのリサーチなど、店舗事業を活性化させる機能が充実しています。

さらに、有料のアップグレードが4段階用意されているため、店舗規模に合わせたプログラムを選べます。とはいえ、Amazonサンクスメールツールを利用するだけなら、無料の機能だけでも十分活かせるでしょう。

ツールフォーセラー公式サイトはこちら

Amazonレビューで低評価が付いたときの3つの対処法

Amazonで低評価された際の2つの対処法をイメージできる画像

Amazonで低評価された際の対処法は、次の2つです。

  • 運営に低評価を削除してもらう
  • 顧客に低評価を削除してもらう
  • 再発防止に努める

それぞれ解説します。

運営に低評価を削除してもらう

Amazonで低評価が付いた場合は、運営に削除申請ができるケースもあります。運営に低評価を削除してもらうには、正当な理由が必要です。たとえば「嫌がらせとも捉えられる評価」です。

商品の質や出品者の対応が低評価に直結すると考えられる場合は、低評価を削除できません。明らかに悪質な低評価は、運営に削除要請しましょう。

顧客に低評価を削除してもらう

顧客に低評価を削除してもらうには、購入者への丁寧なフォローが必要です。商品に不備があるなら補償交換するなど、購入者への親身な対応を心がけましょう。出品者がフォローに満足してくれれば、低評価を削除してもらえる可能性があります。

圧力や脅迫と捉えられる内容は、Amazonのポリシー違反に該当します。アカウント停止や何らかの処分につながる可能性もあるため、ユーザーへの丁寧な対応を心がけましょう。

再発防止に努める

Amazonのレビューで低評価が付いた際は、今後のレビュー評価で同じような評価が付かないように努める必要があります。サンクスメールの内容を充実させたり、分析ツールを活用したりして、再発防止策を練りましょう。

例えば、セラースプライトでは、サンクスメールを一括で送信できます。商品購入に対する感謝はもちろん、レビューリクエストも可能です。

顧客満足度を上げ、リピート購入につなげられるよう、レビューリクエスト機能を提供するツールを上手に活用しましょう。

セラースプライト公式サイトはこちら

セラースプライトでサンクスメールを送って顧客満足度につなげよう!

セラースプライトでサンクスメールを送って顧客満足度につなげよう!

セラースプライトでは、Amazonのポリシーを厳守しつつ、レビューリクエスト機能を使ってサンクスメールを送信できます。サンクスメールを送ることで、出品者の対応の良さがアピールできたり、顧客満足度が上がってリピートに繋がったりなど、さまざまなメリットが生じるでしょう。

セラースプライトは、Google Chromeの拡張機能を使って利用できるツールです。ダウンロードが完了したら、レビューリクエストを利用できます。

ツールがダウンロードできると、セラーセントラルの注文ページから「評価をリクエストする」をクリックし、「一括レビュー招待」を押すと簡単に一括でメールを送信できます。

無料でも利用できますが、回数制限なくセラースプライトの分析機能を活用したい方は、有料プランがおすすめです。有料プランは月額1万円ほどで利用できます。利用料金ごとの使える機能については、以下の記事も参考にしてください。

まとめ

まとめをイメージできる画像

Amazonサンクスメールツールを導入すれば、評価を促す工程を削減できます。また、リピート率や評価数の向上にもつながります。そのため、Amazonに出店している方は、Amazonサンクスメールツールの導入がおすすめです。

どのツールを選べばいいかわからない方は、本記事で紹介したツールを検討してみてください。もし、低評価をつけられた場合には、運営に問い合わせたり顧客とやり取りしたりして、対処しましょう。

今回紹介したセラースプライトは、レビューリクエスト機能を無料でも利用できます。顧客満足度を上げてリピートにつなげたい方は、ぜひセラースプライトの導入を検討してみてください。

セラースプライト公式サイトはこちら

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。