Amazon広告ツールとは?広告自動化ツールの導入ポイントなどを解説します

皆さんはAmazon広告ツールを活用していますか?

Amazon広告ツールを最大限活用するには、どのくらいの広告効果があったのか、もっと最大限効果が発揮できる運用方法がないかなど、多方面から計画を立てていく必要性があるでしょう。

しかし、手動で最大限の効果を発揮するのはかなり難しいです。誰もが常に最大限の効果を発揮できるとは限らない以上、最高のパフォーマンスを保つ方法を取り入れる必要性があります。

そこでおすすめなのは、Amazon広告自動化ツールです。

Amazon広告自動化ツールであれば、手動ではなくAIが代わりに最適化された広告運用によって常に最大限の効果を発揮してくれます。広告運用を最大限効率良く行うためにも、導入する時のポイントや注意点を知ることが大切です。

それでは、Amazon広告自動化ツールとは何か、導入する時のポイントや注意点についてご説明しましょう。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINTAmazon売上UPのための最新情報まとめを配布中!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

今なら、Amazonで売上を上げるための最新情報をまとめた資料を無料で配布しています!

また、限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しているのでぜひ登録してください!

公式LINEを追加する!

Amazon広告ツールとは?

Amazon広告ツールとは?

Amazon広告は広告を含むプロモーションツールのことです。

購入意欲高いユーザーにアプローチしたり、膨大な顧客データを基にターゲッティングができるようになったり、競合他社製品のページにも広告が配信できるようになったりと様々なメリットがあります。

効率良く広告運用ができれば、自社製品の売上を伸ばすことができるでしょう。

Amazon広告自動化ツールとは?

Amazon広告自動化ツールとは?

Amazon広告自動化ツールとは、Amazonにおける広告運用に関する業務を自動化してくれるツールです。

入札調整や予算配分、多角的な分析、レポーティングといった様々な業務をAIが自動的に行ってくれるため、利用者はその他の業務に集中することができます。

提供されているツールによって搭載されている機能等の様々な違いがあるので、自社に合う機能を搭載した自動化ツールを選ぶことが大切です。

広告自動化ツールを導入するポイント

広告自動化ツールを導入するポイント

広告自動化ツールを導入するポイントは、以下の通りです。

  • ツールを導入する目的を明確にする
  • 自動化したい媒体と連携できるか確認する
  • 予算で選ぶ

それでは、導入ポイントについてご説明しましょう。

ツールを導入する目的を明確にする

広告自動化ツールを導入する場合、どんな目的で導入するのか明確にすることが大切です。

導入目的によって求められる機能が変わるため、先に目的を明確にしないと失敗する可能性があります。

まずは広告運用において何を効率化させたいのか、自動入札を調整したいのか、自社に合った目的を明確にして選びましょう。

自動化したい媒体と連携できるか確認する

広告自動化ツールを導入するといっても、自動化したい媒体と連携できなければ意味がありません。

したがって、自動化したい媒体と連携できるか確認しましょう。

ツールによっては多くの媒体と連携できる一方で、限られた媒体としか連携できないこともあります。導入前に自動化したい媒体と連携できるかチェックしましょう。

予算で選ぶ

基本的に費用が高いツールほど高機能が揃っています。

また、定額制、成果報酬型、従量課金といった料金体系から選ぶ必要性があるため、使い方によっては損をする可能性があるでしょう。

自社の広告運用の規模や李鵬頻度などを考慮してコスパが良いツールを選ぶことが大切です。

広告自動化ツールを導入する時の注意点

広告自動化ツールを導入する時の注意点

広告自動化ツールを導入する時の注意点は、以下の通りです。

  • 広告運用の知識がないと運用しにくい
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 導入に手間がかかる

それでは、導入する時の注意点についてご説明しましょう。

広告運用の知識がないと運用しにくい

広告自動化ツールを導入する場合、広告運用の知識がないと運用しにくいので効果を最大限発揮できません。

様々な広告自動化ツールがありますが、それぞれ多くの特徴や独自の機能が搭載されているため、自社に合うかどうか比較できないと選び方にも支障が出てしまいます。

それ以前に適切に運用できているかどうかも分からないので、費用対効果が悪化してしまう恐れがあるでしょう。

定期的なメンテナンスが必要

広告自動化ツールを導入した後は放置していればいいというわけではありません。

定期的にメンテナンスを行って、仕様変更等があった時に無事に連携できているか、問題が発生した時にツールの設定や運用方法の見直しが必要になるなど、様々な対応が必要になる可能性があります。

定期的なメンテナンスに備えて準備しましょう。

導入に手間がかかる

広告自動化ツールを導入する場合、安定して動作するまでに手間と時間がかかるので注意しましょう。

初期設定や各媒体のデータ移行、各システムとの連携など、無事に安定して動作させるためにはかなりの工数を要することがあります。

とはいえ、手間や時間がかかるのは最初だけで、安定して運用できるようになれば広告運用の効率化がにつながります。

おすすめのAmazon広告自動化ツール3選

おすすめのAmazon広告自動化ツール3選

おすすめのAmazon広告自動化ツールは、以下の通りです。

  • Perpetua
  • Commerce Flow
  • m19

それでは、おすすめのAmazon広告自動化ツールについてご説明しましょう。

Perpetua

PerpetuaとはAmazon広告を自動化するAIを搭載したクラウドツールで、シンプルな設定になっているのがポイントです。

簡単な設定を行うだけでスポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告がAIによって自動化される仕組みになっています。

AIなので利用し続けるほど学習するのが特徴で、24時間365日常に学習し続けるAIが自動的に集客に繋がるキーワードを収集し続けます。手動で設定しなくてもAIが自動的に対応してくれるので、キャンペーンの実行に必要な時間を大幅に削減できるのがポイントです。

さらに、コンバージョンが期待できるキーワードを選出し、適切なタイミングで適切な入札が行われます。自分で設定したACOSの目標値に合わせて毎日自動的に入札するかどうかが調整されるため、効率良くキャンペーンの運用ができます。

また、独自のアルゴリズムによってACOSを最小限に抑えつつ確実に売り上げが伸ばせるように設計されているだけでなく、効率良くブランドの認知度を高めてくれるでしょう。

複雑な設定が必要ないため、初心者にもおすすめできるAmazon広告自動化ツールです。

Commerce Flow

Commerce FlowはAmazon広告を最新AIツールで自動化してくれるツールです。

最先端のAIエンジンと洗練されたUIの融合によって売上の最大化が期待できます。

Amazon広告を運用するのは利用者ではなく、AIが行います。自動的にAIがAmazon広告を運用してくれるため、広告運用にかかる工数の削減や費用対効果の向上が実現できるでしょう。

また、広告代理店の業務に即した各機能が搭載されているのもポイントです。

キーワードごとに指名するタイプを設定できる機能や、それぞれの広告アカウントに対してFeeを設定する機能、自動Excel出力レポート機能など多数の機能を搭載しています。

初心者から上級者まで使いこなせる便利な機能が搭載されているのはもちろん、洗練されたダッシュボードによって広告運輸がやりやすいのが特徴です。

いち早く広告のコンディションを把握できるようにAmazon Advertisingの各種設定に素早くアクセスできるようになっています。各種情報が一目で分かる視認性の高さや利便s寧が高いフィルター機能など、広告運用が手軽にできるようになるでしょう。

m19

m19はフランスで開発・提供されているAmazonスポンサー広告自動化ツールです。

海外の最先端マーケティングテクノロジーが採用されており、業界最高レベルのAIによる広告運用ができます。

また、キーワードの入札を行う際にオーガニック検索の順位が唯一考慮される仕組みになっていて、競合のASINやキーワードを入力することで競合他社のキーワード戦略も把握できるのがポイントです。

単なる広告運用のみならず、商品の在庫管理や損益管理まで対応しているのもメリットです。レポーティング機能も充実しているので、広告運用の精度を上げるのに大いに役立ってくれるでしょう。

まとめ

まとめ

Amazon広告自動化ツールは非常に高性能な機能性を持ったものばかりなので、まだ手動でツールを使用しているなら、是非とも導入を検討するのがおすすめです。

自社に合った機能を搭載したツールを厳選して導入することで、今までの業務が格段にやりやすくなり、効果的な広告運用や業務効率化等が実現できるでしょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。