Amazon販売個数ツール完全ガイド!ツールをお得に利用できる情報も紹介!

Amazonの販売個数をリサーチするためのツールは結局どれがおすすめ?

このような悩みを抱えている方に向けてこの記事ではおすすめ販売個数ツールを紹介します。

また、ツールをお得に利用できる情報やリサーチ方法、売れる商品の見つけ方なども解説しているのでぜひ参考にしてください!

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon販売個数ツールはセラースプライトがおすすめ!

Amazonで販売個数のリサーチをするにはセラースプライトがおすすめです。

セラースプライトは、Amazonにおける競合商品の販売個数とその推移・価格・レビュー・FBA送料などといった情報を一括で調べることができるマーケティングツールです。

実務レベルで必要なマーケティング情報を網羅的に、かつ調べやすい形で提供していることが最大の魅力です。

Amazonを利用する全ての事業者にとって、導入して損のないツールと言っても過言ではありません。

ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!

コード:JW6010

申し込みはこちら!

セラースプライトのメリット・特徴

①Amazon内の検索結果画面上でリサーチができる

Google Chrome拡張機能を使用することにより、Google Chrome内でAmazonのページを開き、実際にキーワードやカテゴリを検索しながら上位に表示されている商品の販売個数を調べることができます。

Amazon SEOを改善することでどれくらいの売上増が見込めるのか、どのようなコンセプトの商品が売れているのかを分析することができます。

実際にユーザーが見ているのと同様のAmazonの画面にてデータが表示されるので、データ上だけの分析よりユーザーの気持ちも加味した分析が行いやすいことが特徴です。

②カテゴリー内や関連キーワードの全ての商品データを元にリサーチできる

セラースプライトweb版の「ライバル商品」のカテゴリー検索を使用することで、指定したカテゴリー内やキーワードにおける売れている商品・売れていない商品のリサーチを行うことができます

検索結果上でのリサーチと異なり、例えばカテゴリー内の全て商品から販売個数の降順で並べ替えたりといったリサーチが可能です。

自社商品と同じカテゴリー内でどんな商品が売れているのか、どんな商品は売れていないのか分析することで、自社商品の改善に役立てることができます。

③マーケット状況の観点からリサーチできる

web版の「市場リサーチ」という機能を使用することで、マーケット状況の観点からリサーチできます。

例えば、

販売個数xx個以下で直近xxヶ月以内の販売個数がxx%以上増えている商品の一覧

といった調べ方が可能です。

まだ販売数が少なくまだ市場としては大きくないが、直近売れ行きが好調でトレンドになっている商品を探すことができます

セラースプライトを使った販売個数のリサーチ方法

競合との差分を分析して自社商品の改善に活かしたい場合

web版セラースプライトの「ライバル商品分析」「キーワード逆引き機能」と、Google Chrome拡張機能を利用してAmazonのサイトからリサーチする方法を合わせて利用することがおすすめです。

「ライバル商品分析」において競合の売れている商品をピックアップし、「キーワード逆引き機能」にてどのようなキーワードから流入しているかを確認。その後Amazonサイト上で実際に検索してみながら自社との比較を行う、というやり方です。

定量的で効率的な分析ができることに加え、実際のAmazon内の検索結果画面を見ながらリサーチを行うため、よりユーザーインサイトに沿ったリサーチが可能です。

新商品開発のために売れてる商品を探したい場合

web版セラースプライトの「市場リサーチ機能」を利用するのがおすすめです。

販売個数が上昇傾向にあるトレンド商品を効率的にリサーチ可能です。

また、「市場リサーチ機能」で商品案を出したあとに「ライバル商品リサーチ機能」などを使用することで売上予測に利用することができます。

ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!

コード:JW6010

申し込みはこちら!

Keepaを契約している方はKeezon(キーゾン)も便利!特徴を紹介!

KeezonとはAmazonの画面に月間販売個数を表示してくれる、Google Chromeの拡張機能ツールです。

機能としてはセラースプライトと似ていますが、販売個数の推移を見るのに特化しているのが特徴です。

ただし、Keepaという別のツールの有料版に登録しないと利用できないことに注意が必要です。

すでにKeepaの有料版に登録している方はKeezonを使ってみるのもよいでしょう。

Keezonの基本的な使い方

まず、Keezonのウェブサイトやアプリにアクセスし、必要な情報を入力します。その後、対象となる商品のASIN(Amazon Standard Identification Number)を入力することで、その商品の月間販売個数を確認することができます。

詳細な分析を行いたい場合は、Keezonの高度なフィルター機能を利用します。これにより、特定のカテゴリや価格帯、レビュー数などに基づいて商品を絞り込むことができます。

Keezonの導入方法

chrome ウェブストアにてKeezonを検索し、「Chromeに追加」とクリックします。

インストール後、拡張機能管理ページからKeezonを起動し、オプションからKeepa APIキーを入力します。

APIキーを入力後にAmazonサイト内を見ると販売個数推移のグラフなどが表示されます。

Amazonで競合の販売個数を知る重要性

「Amazon販売個数ツールの重要性」をイメージさせる写真

Amazonで販売個数を知ることは下記の3点から重要です。

  1. 自社商品の改善
  2. 予算管理
  3. 在庫管理

それぞれ解説します。

自社商品の改善

競合の販売個数と自社の販売実績を比べて差分がある場合、自社商品に改善余地があると考えられます。

なぜ競合の販売個数が多いのかを分析することで自社商品の改善に活かすことができます

また、競合と自社の販売個数に大きな差がある場合、今自社で行なっている施策よりもより大きな施策をうつ必要があることにも気づくことができる点で競合の販売個数を知ることは重要です。

予算管理

あらかじめ競合の販売個数を知っておくことで、売上を予測でき、競合に追いつくために広告費やマーケティングをどれくらいかけられるかといった予算管理を行うことができます

マーケティング施策を行なったけど思ったより売上が伸びなかったということを防ぐために、予め競合の販売数をもとに得られる利益を予測しておくことが重要です。

在庫管理

売れ行きを予測して在庫を抱える必要があるのがEC事業者の難しい点です。

競合の販売個数を知っておくことで必要な在庫数を予測することができます。

大量の在庫を抱えてしまったり、在庫数が足りず販売機会を失ってしまったりするリスクを予防できる点で販売個数を知っておくことが重要です。

Amazonで”売れる商品”の見つけ方・作り方

「Amazonで「売れる商品」の販売数を調べる方法」をイメージさせる写真

Amazonの売れる商品を見つける・作るのは結論簡単ではありません。仮説を立てながら分析を繰り返すことに尽きると考えられます。

しかし、分析の仕方・仮説の立て方の例などプロのやり方を参考することでリサーチの精度が上がっていくことは間違いなく言えることです。

以下の動画ではプロのコンサルタントが実際に競合を分析している様子が見られるのでぜひ参考にしてください。

その他のAmazon便利ツールを紹介

FBA料金シミュレーター

FBA料金シミュレーターはAmazonが提供するツールで、Fulfillment by Amazon(FBA)を利用した際の料金を事前に試算することができます。販売価格や商品のサイズ・重さを入力することで、FBAの利用料金を計算できます。

アマゾンサジェストキーワード一括DLツール

アマゾンサジェストキーワード一括DLツールは、Amazonの検索サジェストからキーワードを一括で取得・ダウンロードすることができるツールです。商品リサーチやキーワード戦略の策定に有効です。

AMZDataStudio

AMZDataStudioは、Amazonのマーケットプレイスデータを分析するためのツールです。キーワードリサーチ、競合分析、商品リサーチなど、Amazon販売に必要な情報を一手に提供します。

Helium10(ヘリウム10)

Helium10は、Amazon販売者のための全面的なソフトウェアツールです。製品リサーチ、キーワードリサーチ、リスティング最適化、競合分析など、Amazon販売を成功に導くための多くの機能を備えています。

tool4seller(ツールフォーセラー)

tool4sellerは、Amazon販売者向けの販売管理ツールです。売上・利益分析、広告管理、商品分析など、ビジネスを効率的に管理し、売上を向上させるための機能を提供します。

UbunBASE(ウブンベース)

UbunBASEは、Amazon販売者向けの商品リサーチツールです。市場情報の深度分析や商品の売上予測など、新商品を投入する際の参考情報を提供します。

perpetua(パーペチュア)

perpetuaは、Amazon広告の運用を自動化・最適化するためのツールです。広告パフォーマンスの詳細な分析とAIによる最適化機能を提供し、広告効果の向上を支援します。

ベストスポンサー

ベストスポンサーは、Amazon広告の効果を最大化するためのツールです。広告の最適化、パフォーマンスモニタリング、キーワードリサーチなどの機能を提供します。

LandingPagePromoter(ランディングページプロモーター)

LandingPagePromoterは、商品のランディングページを作成し、販売を促進するツールです。カスタマイズ可能なテンプレートを使用して、魅力的なランディングページを簡単に作成できます。

まとめ

今回は、Amazonで「売れる商品」の販売数を調べる方法について詳しく解説しました。売れ筋商品を調べることは、市場のトレンドを理解し、効果的なビジネス戦略を立てるための重要なステップです。また、同業他社の在庫状況を調べることで、競争状況の把握や自社の在庫管理、価格設定に役立つ情報を得ることができます。

さらに、ランキング変動ツールや在庫チェックツールの活用、Amazonビジネスレポートの利用など、多岐にわたるツールを駆使して情報収集を行うことが重要です。これらのツールは、商品の人気度や売れ行きの傾向を把握し、商品選定や価格設定の判断材料とすることが可能となります。

最後に、自社の販売情報を競合他社から保護する方法についても触れました。これにより、自社のビジネス戦略を守りつつ、競争力を保つことができます。

これらの情報を活用し、自社のビジネス戦略をより強固にし、売上向上に繋げることが可能となります。これらの知識を活用し、成功するビジネスを展開していきましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。