楽天タグIDとは?SKUプロジェクトのために必要な対応と合わせて解説!

楽天市場で商品を出品している方や今後出品を考えている方にとって、売り上げを上げるための工夫は必要不可欠でしょう。今回ご紹介するタグIDの登録もそのうちの1つです。

この記事では、楽天タグIDについてそのメリットを踏まえて詳しくご紹介します。2023年以降、新たに導入された「楽天SKUプロジェクト」による変更点も併せてお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

楽天タグIDとは

楽天では商品を分類するためにIDを利用しています。IDには2つあり、それぞれディレクトリIDタグIDと呼ばれています。ここではその2つについて説明していきます。

ディレクトリIDとは

ディレクトリIDとはその商品のジャンルを表すIDのことであり、商品の分類に使われます。分類としてはもっとも広義である第1階層から始まり、徐々に狭義になりつつ第5階層まで登録が可能です。最下層には商品名を登録するのが一般的です。

ディレクトリIDを登録する際、使えるジャンルは1つです。複数ジャンル、間違ったジャンルなどを登録をしてしまうと商品が見つけられなくなってしまったり、商品登録ガイドライン違反になったりしてしまう可能性がありますので、しっかりと確認することをおすすめします。 

タグIDとは

タグIDとは商品のブランドやサイズ、色など属性情報のことです。それぞれの属性情報が7桁の数字に対応しており、その数字がタグIDと呼ばれています。

こちらは1つの商品に対して最大32個まで登録することができるため、ディレクトリIDよりもさらに詳しい分類を登録するために利用されます。タグIDを登録すれば、商品に対してより具体的な情報が登録できるため、商品検索にヒットしやすくなるでしょう。

楽天SKUプロジェクトでタグidが商品属性情報に変わる

楽天市場では2023年4月から2024年3月までを移行期間として「楽天SKUプロジェクト」が始動しています。プロジェクト概要としては、商品の属性や分類をより細かく登録していくための仕様変更が主であり、それに伴いタグIDは「商品属性情報」という扱いへと変更になります

商品属性情報とは

商品属性情報とは、端的に言うと今までのタグIDのようなものです。タグIDと同様、ブランドや色など商品の属性を表すものであると思っていただければよいでしょう。こちらも商品検索のヒットに役立ちます。

商品属性情報には商品のジャンルごとに「属性定義書」というものがあり、商品属性や登録ルールが非常に細かく定められている点に注意が必要です。

楽天タグIDと商品属性情報の違い

タグIDと商品属性情報はどちらも商品の属性を表すものであり、大まかに言うと同じようなものであるとご説明しましたが、いくつかの異なる点があります。ここでは、具体的な違いについて、2つほど説明していきます。

登録必須の項目がある

1つ目の違いは、登録必須の項目があるという点です。これまでのタグIDはすべての項目において登録が任意でしたが、商品属性情報は登録が必須な項目がありますのでご注意ください。必須項目は全体の約1割であり、「カラー」「ブランド」「原産国」などそれぞれのジャンルによって異なります。

残り9割の任意項目に関しては登録しなくても出品できます。ただ、登録しておくと商品検索のヒット率が上がる、表に反映されるなど多くのメリットが得られるため、できる限り登録することをおすすめします。これらのメリットについては後ほど詳しく説明しますのでご参照ください。

番号ではなく文字で登録する

2つ目の違いは、商品属性情報は文字で登録するという点です。タグIDは7桁の数字でしたが、商品属性情報では文字によるキーワードを登録します。数字よりは手間が省けるかと思いきや、選択式ではなく記述式で登録しなければならない項目も多いため、タグIDの登録に比べて時間がかかるといった声もあるようです。

商品属性情報のメリット

過去の楽天ランキングを調べるメリットをイメージできる画像

続いては商品属性情報を登録することで得られるメリットについてお伝えします。売り上げにも直結してくる部分ですので、ぜひ参考にしてみてください。

商品仕様が表でまとめられるため、情報が伝わりやすい

商品属性情報を登録すると、その内容が自動で表として商品ページに掲載されます。表であれば一目で商品の情報が分かるため、購入者にも伝わりやすいでしょう。

登録が任意のものも含めて商品属性項目はすべてこの表に反映されるため、詳細は文章中や画像内に記載しているからいいだろうと軽視するのではなく、しっかりと登録しておくことをおすすめします

検索結果にヒットしやすい

商品属性情報を登録することは、楽天SEOの観点からも非常に大切です。商品属性情報が登録されていれば楽天市場におけるキーワード検索や絞り込み検索、サジェスト検索などの検索にヒットしやすくなります。

登録されている商品属性情報が多ければ多いほどSEOで有利になることを考えると、アクセス数を増やすためには、全体の9割を占める任意項目の登録は欠かせません。むしろ、商品属性情報を登録していないとアクセス数が格段に落ちてしまう可能性すらあるのです。売り上げにも大きく影響してきますので、任意項目といえども登録は必須とも言えるでしょう。

楽天タグID登録はAIタッガーがおすすめ!

これまで、タグIDや商品属性情報とは何か、またそれらを登録するメリットについて説明してきました。商品属性情報の登録はアクセス数や売り上げに大きな影響を与えるため、可能な限り登録するようにしてください。

ただ、先ほどお伝えしたように商品属性情報には登録ルールが非常に細かく定められています。出品数が多い方や登録に慣れていない方にとって、商品属性情報の登録は非常に手間やコストがかかる面倒な作業となってしまうでしょう

「売り上げを上げるために商品属性情報を登録したいけれど、自力で行うには限界がある」とお悩みの方は、商品属性自動登録ツールであるAIタッガーの利用がおすすめです。

公式サイトはこちら!

「商談予約」を押して「どこで知りましたか?」が出てくるので、

ECグロースチャンネル」と選択すると初期費用が無料になります!

ぜひ活用してください!

AIタッガーとは

AIタッガーとは、タグID(商品属性情報)を自動で登録してくれるAIツールです。

手動よりも非常に短時間で、かつ精度の高いSEO対策まで実施することができます。現時点で2,000社以上が導入しており、今後も需要は高まっていくことが予想されます。

タグIDの登録に不慣れでどういった情報を登録すればよいのか分からず時間がかかってしまう方、出品している商品数が多くすべてを手動で登録するのは難しい方などはぜひ利用を検討してみてください。

登録後はサポート担当者が専任でつくため、PC操作やAIツールの使用に慣れていない方でも安心してご利用いただけます。まずは無料のシミュレーションを利用してみるのもよいでしょう。 

AIタッガーに依頼するメリット

タグIDの登録の手間が省ける

まず、最大のメリットは大幅に作業時間が削減できる点です。AIタッガーを使えば、1000商品分のタグID登録をなんと約10分で終わらせることができるのです。手作業で登録しようとすると、慣れないうちは特に膨大な時間がかかってしまうため、その速さは圧倒的であると言えるでしょう。

すでに商品を出品している場合、少しでも早くタグIDを登録すれば、その分検索にヒットする回数も増えてきます。登録にかかる時間の大幅短縮に加えて、その後の効果までを考慮すると、非常にコストパフォーマンスがよいサービスであることが分かります

人的ミスを削減できる

AIタッガーはAIによるツールであるため、人的ミスが起こる心配がありません。先ほどお伝えした通り、タグIDの登録には多くの手順やルールが定められています。手作業で行った場合、項目の入れ忘れや勘違いによるミス、また属性に対する認識のずれなどの人的ミスが起こってしまう可能性は否めません

AIタッガーの場合、そういった人的ミスは決して起こりませんので、安心してお任せください。

SEO対策ができる

AIタッガーの利用は、SEO対策としても有効です。

タグIDの登録はSEO対策に直結しており、タグIDにどういったキーワードを使用するかは非常に大切なポイントでした。

AIタッガーを利用すればAIによる、ムラがなく、かつ精度の高いタグIDが作成できるため、検索において商品がヒットしやすくなるでしょう。アクセス数が増えればその分だけ売り上げの増加も期待できます。

公式サイトはこちら!

「商談予約」を押して「どこで知りましたか?」が出てくるので、

ECグロースチャンネル」と選択すると初期費用が無料になります!

ぜひ活用してください!

まとめ

この記事では、楽天のタグIDや商品属性情報、それらを登録するメリットについてご紹介しました。検索において商品をヒットさせるためには、任意項目を含めたタグID(商品属性情報)の登録が欠かせません。もちろんアクセス数や売り上げにも大きく影響してきます。SKUプロジェクトが本格始動した場合、むしろタグIDを登録していなければアクセス数が格段に落ちてしまうといった可能性も否定できません。

そうは言っても、タグIDの登録はなかなか複雑であり手間もかかってしまいます。登録に慣れていない方や出品商品数が多い方などは、必要に応じてAIタッガーなどツールを活用することを検討してみてください。うまく活用すれば、作業時間を大幅に削減しつつ、売り上げもしっかりと伸ばすことができるでしょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。