楽天バリエーション登録おすすめの方法!効率的に設定するやり方も紹介!

楽天市場で商品を出品する際、売り上げを伸ばすための工夫としてバリエーション登録という単語を耳にしたことのある方も多いでしょう。

単語だけを聞くとなんだか難しく感じてしまうかもしれませんが、その特徴やポイントを理解すれば誰でも気軽に登録することができます。売り上げを伸ばすためには、バリエーション登録の活用は非常に大切です。

この記事では、楽天のバリエーション登録をするメリットや登録時のポイントについてご紹介します。楽天市場に出品する予定がある方や、すでに出品しているけれど売り上げが低迷しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

楽天のバリエーション登録とは

楽天のバリエーション登録とは、「同一商品に複数のサイズや色がある場合、それらを一つの商品詳細ページにまとめて表示させられるように登録すること」です。

例えば服を出品するとして、S・M・Lサイズそれぞれにつき黒と白の2色があるとしましょう。3つのサイズがそれぞれ2色ずつあるため、全部で6種類の商品があることになります。

バリエーション登録を利用しない場合、6種類それぞれを別の商品として、6つの商品詳細ページを作成する必要があります。一方でバリエーション登録を利用すれば、すべてに共通する部分を記載した商品詳細ページを1つ作成することで、6種類を同一商品のサイズ違い、色違いとしてまとめて登録することができるのです。

楽天でバリエーション登録をするメリット

楽天CPA広告のメリットをイメージできる画像

バリエーション登録をするメリットは大きく分けて2つあります。これらのメリットは売り上げの増加に大きく影響しており、ぜひ抑えていただきたい部分です。それでは1つずつご説明します。

色やサイズの異なる同一商品を1つの商品ページにまとめられる

バリエーション登録の最大のメリットは、同一商品を1つの商品詳細ページにまとめることができる点です。

同一商品が1つのページにまとめられることで情報が整理されるため、購入者は自分の探している商品を見つけやすくなります。その結果、商品へのアクセス数や売り上げの伸びも期待できます。

出品者側は自分が出品している同一商品を1ページで確認できるため、商品の管理が簡略化されるでしょう。 

カスタマーレビューが集約される

バリエーション登録をすることで、それぞれの商品に対するレビューが1つの商品詳細ページに集約されるというメリットもあります。

同一商品のレビューが1つのページに記載されるようになれば、購入者はより多くのレビューを確認した上で購入することが可能となります。さまざまな色やサイズのレビューを参考にすることができるため、色やサイズに迷っている方も商品を選びやすくなり購入に繋がりやすいと考えられます。

レビューの内容にもよりますが、一般的にレビュー数の多さは販売者に対する安心感や信頼感にも影響します。実はレビュー数が多い方が返品率が下がるといった調査結果もあるのです。

これらのことから、バリエーション登録をしてレビューが集約されれば、売り上げの増加はもちろん、返品にかかる費用削減効果も期待できると言えるでしょう。

楽天でバリエーション登録をする際のポイント

せっかくバリエーション登録をするのであれば、合わせて取り入れたい工夫がありますので3つほどご紹介します。これらを取り入れれば、さらなる売り上げ増加に繋がるでしょう。

画像1枚目に色やサイズ展開を記載する

まずは画像の活用です。商品を検索すると、数多くの商品が画像とともに表示されます。

その中で自分の商品にアクセスしてもらうためには、検索画面に表示される画像にどれだけ分かりやすく情報を盛り込めるかが肝となります。購入者が画像に注意を向ける一瞬の間に「これは自分が探している商品かどうか」を判断できるようにしておく必要があるのです。

バリエーション登録している場合であれば、販売しているすべてのサイズや色などの情報を画像の1枚目に盛り込んでおくとよいでしょう。色に関しては文字だと理解しにくいこともあるため、具体的なカラーサンプルを載せておくこともおすすめです。

複数個単位で販売している場合は個数によって単価が変わってくるため、何個入りなのかという情報も併せて記載しておくとよいでしょう。

購入者が一目で情報を確認できるようにしておくことは、実は詳細ページへのアクセス数に大きく影響するのです。上記の方法を参考に、ぜひ取り入れてみてください。

そのページでどういった色やサイズが購入できるのかを明確に記載する

次に商品詳細ページでの工夫です。画像をクリックすることで表示される詳細ページでは、そのページでどういった種類の商品が購入できるのか、色やサイズといった情報を明確に記載しておくことが大切です。購入者に的確に伝わるよう、必要に応じて画像や図などを用いるとよいでしょう。

また、色・サイズ違いなど異なる種類が他のページで販売されている場合は、レコメンドバナーを出すなどの誘導のための工夫があると分かりやすいです。それだけで格段にアクセス数を上げることができるため、ぜひ活用してみてください。

項目選択肢別在庫を活用する

最後に、在庫状況を分かりやすく伝えるための工夫です。色・サイズ違いなどさまざまなバリエーションの商品を1つのページで販売する際には「項目選択肢別在庫」を登録することをおすすめします

項目選択肢別在庫では、それぞれの色やサイズごとの在庫状況が表で記載されています。購入者が現在の在庫状況を一目で確認することができるため、スムーズな購入に繋がるでしょう。

楽天SKUプロジェクトによる変更点

楽天市場では2023年4月から2024年3月までを移行期間として「楽天SKUプロジェクト」という出品に関する大幅な仕様変更が行われています。プロジェクト概要としては、商品の属性や分類をより細かく登録していくための仕様変更が主となっています

それに伴いバリエーション登録にも一部変更点がありました。新たに取り入れられるSKUの仕組みをしっかりと理解して、売り上げの増加に繋げましょう。 

登録できるバリエーションが豊富になった

1つ目の変更点は登録できるバリエーションの数が増えたことです。

今までは「色」と「サイズ」など2軸までの登録が可能でしたが、今回の変更で「服の着丈」や「左利き・右利き」など最大6軸までの登録が可能となりました

商品の情報をより細かく登録できるため、購入者のニーズに沿った商品提供が可能となるでしょう。 

バリエーションの情報が検索画面に反映されるようになった

2つ目は商品の検索画面にバリエーションの情報が反映されるようになったことです。

検索の時点でサイズや色が確認できるため、購入者も自分の探している商品が見つけやすくなります。この機能があれば、バリエーション登録されている商品のアクセス数が伸びるのは当然と言えるでしょう。

商品属性登録においてバリエーションを登録できるようになった

3つ目に、SKUプロジェクトでは商品属性登録において、バリエーションを登録できるようになりました。なんだかややこしいですが、要するに、それぞれ設定したバリエーションごとに商品の属性を登録することができるようになったという訳です。

楽天市場での出品において、検索結果にヒットしやすくするためには商品属性の登録が欠かせませんが、SKUプロジェクトにおいてその傾向は一層強まると言えるでしょう。商品属性登録でバリエーションを登録しておくことで、さらなる売り上げの増加が期待できるのです。

楽天商品属性登録はAIタッガーがおすすめ!

ここまでで、バリエーション登録や商品属性登録が売り上げに大きな影響を与えることはご理解いただけたかと思います。

バリエーションごとに商品属性が登録できるようになったことで、その分アクセス数を伸ばせる余地が増えました。このことは、SEOの技術が高い方にとってはメリットが非常に大きいでしょう

しかしその一方で、登録には多大な手間がかかってしまうというデメリットもあります。特に出品数が多い方やまだ不慣れな方にとって、バリエーションや商品属性を1つずつ登録していくというのは気の遠くなる作業です。そういった方におすすめなのが、AIタッガーです。 

公式サイトはこちら!

「商談予約」を押して「どこで知りましたか?」が出てくるので、

ECグロースチャンネル」と選択すると初期費用が無料になります!

ぜひ活用してください!

AIタッガーとは

AIタッガーとは、商品属性情報を自動で登録してくれるAIツールです。本来手作業で1つずつ登録しなければならない商品属性とバリエーションを、まとめて、さらに自動で登録することができるのです。

手動に比べて圧倒的に短い時間で、かつ精度の高いSEO対策まで実施できるAIツールであり、すでに2,000社以上が導入しています。今回のSKUプロジェクトなどを機に、こういったAIツールの需要は今後さらに高まっていくでしょう。出品している商品数が多くすべてを手動で登録するのは難しい方、まだ登録に慣れていない方はぜひ利用を検討してみてください。

登録後は専任の担当者から手厚いサポートを受けられるため、PC操作やAIツールの使用に不慣れな方でも心配ありません。まずは無料のシミュレーションを活用してその効果を実感してみてください。 

AIタッガーに依頼するメリット

バリエーション登録と商品属性登録の手間が省ける。

1つ目は大幅な時間削減ができる点です。バリエーション登録は売り上げを伸ばすために非常に大切ですが、一方でそれぞれのバリエーションについて的確に商品属性を登録しなければせっかく出品しても購入者の目に止まらないといった懸念があります。バリエーションが多いほど登録すべき項目数が増えてしまうため、それぞれを手作業で登録しようとすると、膨大な時間がかかってしまうのです。

AIタッガーであればバリエーションと商品属性の登録をまとめて実施してくれるため、何度も指示を出す必要もありません。大幅に時間が短縮できる、コストパフォーマンスのよいサービスであると言えるでしょう。

人的ミスを削減できる

AIタッガーはAIによるツールであるため、人的ミスが起こる心配がありません。バリエーションは同一商品に対して登録するため、非常にミスが起こりやすいです。手作業で行った場合、勘違いによるミスや項目の入れ忘れ、属性に対する認識のずれなどの人的ミスが起こってしまう可能性は否めません。

AIタッガーではそういった人的ミスを防げるため、完成度の高い仕上がりが期待できるでしょう。

SEO対策ができる

AIタッガーの利用は、SEO対策としても有効です。

バリエーション登録や商品属性登録はSEO対策に直結しており、どういったキーワードを利用するのかは検索にヒットするためにも非常に大切なポイントです。

AIタッガーを利用すればAIによる、ムラがなく、かつ精度の高い情報が登録ができるため、検索において商品がヒットしやすくなるでしょう。アクセス数が増え、結果的には売り上げの増加にも繋げることができます。

公式サイトはこちら!

「商談予約」を押して「どこで知りましたか?」が出てくるので、

ECグロースチャンネル」と選択すると初期費用が無料になります!

ぜひ活用してください!

まとめ

この記事では、楽天のバリエーション登録が売り上げの増加に大きく影響していることをご紹介しました。バリエーション登録をするのであれば、アクセス数を伸ばすためにもそれぞれの商品属性登録も欠かせません。

とはいえ、バリエーション登録と商品属性登録をすべて手作業で実施しようと思うと膨大な時間がかかってしまいます。SEO対策としても非常に重要な部分であるため、操作に不慣れな方や、出品商品数が多い方などは、ぜひAIタッガーといったツールの活用も検討してみてください。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。