【Amazon広告運用代行】重要性と戦略

Amazon広告は、現代のオンラインビジネスで成功するために欠かせない要素です。

しかし、Amazonでのビジネス競争は激化の一途をたどり、成功するためには賢明な広告戦略が必要です。

さて、ではAmazonで広告戦略をどのように立て、運用するとよいのでしょうか。

そこで必要なのが「Amazon広告運用代行」です。

こちらでは、Amazon広告代理店が持つ重要性と、成功への鍵となる戦略についてご紹介します。

Amazon広告の世界は日々変化し、どんどん複雑になっています。新たな競合相手が登場し、顧客の購買行動も変化しています。

このような状況下で、広告キャンペーンを最適化し、ROI(投資対効果)を最大化するのは容易ではありません。

ここでAmazon広告運用代行が注目され、多くのビジネスオーナーにとって頼りにされているのです。

本記事では、Amazon広告運用代行の基本的な役割とその利点について詳しくご紹介します。Amazon広告運用代行がどのようにビジネスを支え、成果を最大化するのかを理解しましょう。

そして、オンラインビジネスの成功に向けた第一歩を踏み出しましょう。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon広告運用を代行してくれる代理店とは?

Amazon広告運用を代行してくれる代理店とは?をイメージできる写真

Amazon広告運用代行の代理店は、Amazon広告キャンペーンの設計、運用、最適化、分析など、あらゆる側面を専門的にサポートしてくれるプロのチームです。

これらの代理店は、個別にビジネスのニーズに合わせた戦略を策定し、Amazon広告の最高のパフォーマンスを引き出す手伝いをしてくれるでしょう。

Amazon広告運用代行の代理店の機能は3つです。

  • キャンペーン設計
  • データ分析と最適化
  • 予算管理

キャンペーン設計

Amazon広告代理店は、効果的な広告キャンペーンを立ち上げる際に、ターゲットの分析やキーワードの選定、広告フォーマットの決定など、専門的な知識を活用します。

これにより、ターゲット市場に最適な広告が表示されるのです。

データ分析と最適化

Amazon広告代理店は、広告キャンペーンの実行中にデータを詳細に監視し、クリック率(CTR)、コンバージョン率、収益などの重要な指標を分析します。

データ分析によってキャンペーンを最適化し、リアルタイムで調整できるでしょう。

予算管理

Amazon広告における広告予算の最適化は、物販ビジネスの成功に不可欠です。代理店は広告予算を最大限に活用し、無駄な広告費用の浪費を防いでくれます。

Amazon広告運用代行代理店の特徴

Amazon広告運用代行代理店の特徴をイメージできる写真

Amazon広告代理店は、Amazon広告キャンペーンの成功をサポートする専門家で構成されており、以下の6つの特徴を持っています。

  • 専門知識と経験
  • データ駆動のアプローチ
  • カスタマイズされた戦略
  • 効果的な予算管理
  • カスタマーサポートとコミュニケーション
  • 最新のトレンドとテクノロジーの活用

これらのAmazon広告代理店の特徴は、Amazon広告キャンペーンの成功に向けて不可欠な要素です。

ビジネスの事業主は、Amazon広告代理店の専門家の知識とサポートを利用して、Amazonでのビジネスを成長させられるでしょう。

専門知識と経験

Amazon広告代理店は、Amazon広告プラットフォームに精通しており、広告運用に関する専門知識と豊富な経験を持っています。

彼らの専門知識は、キーワード選定から広告クリエイティブの最適化まで、広告キャンペーンのあらゆる側面に及びます。この知識と経験を活用して効果的な広告戦略を構築し、競争相手を上回ることができるでしょう。

データ駆動のアプローチ

Amazon広告代理店は、データ駆動のアプローチを重視します。

キャンペーンの実行中にデータを細かく分析し、クリック率(CTR)やコンバージョン率の変化をモニタリングします。このデータ分析により、リアルタイムでキャンペーンを最適化し、収益を最大化できるのです。

カスタマイズされた戦略

Amazon広告代理店は、各クライアントのニーズと目標に合わせたカスタマイズされた広告戦略を策定します。

ビジネスの業種や市場状況に応じて、最適な戦略を提供し、競争力を高めます。また、戦略は定期的に見直されるので、変化する市場状況に適応できるでしょう。

効果的な予算管理

広告予算の最適化は、Amazonでの物販ビジネスの成功に不可欠です。

Amazon広告代理店は広告予算を最大限に活用し、無駄な広告費用を削減するための戦略を策定します。

これにより、コスト効率を向上させ、ROI(投資対効果)を最大化できるでしょう。

カスタマーサポートとコミュニケーション

Amazon広告代理店は、クライアントとの密接なコミュニケーションを重視し、質問や懸念に対する迅速な対応を提供してくれます。

カスタマーサポートを通じてクライアントは広告キャンペーンの進捗状況を把握し、戦略に関するフィードバックを提供してくれるでしょう。

最新のトレンドとテクノロジーの活用

Amazon広告代理店は、広告業界の最新トレンドやテクノロジーを常に追跡し、最新のツールやアプローチを活用してキャンペーンを改善してくれます。これにより、競争相手に一歩先んじた広告戦略を実現できるでしょう。

Amazon広告運用代行代理店の選び方

Amazon広告運用代行代理店の選び方をイメージできる写真

Amazon広告を成功させるために、多くの企業はAmazon広告代理店の協力を得ています。適切な広告代理店を選ぶのが成功の鍵なのです。

では、どのようにして最適なAmazon広告代理店を見つけ、選び、利用するかを6つに分けて詳しくご紹介しましょう。

  • ニーズと目標の明確化
  • 参考事例と評判の確認
  • スキルと専門知識の確認
  • コミュニケーションとカスタマーサポートの充実
  • コストと契約条件
  • チームのサイズとリソース

Amazon広告代理店の選択はビジネスの成功に大きな影響を与えます。注意深く調査し、自社のニーズに最適な広告代理店を見つければ、Amazon広告キャンペーンの成功に近付けるでしょう。

選択肢を比較し、信頼性のあるパートナーを見つけるために時間をかけ、検討を重ねましょう。

ニーズと目標の明確化

最初に考えなければいけないのは、自社のニーズと目標を明確にすることです。

広告代理店は異なる専門性やスキルを持っており、特定のニッチ領域に強い場合があります。自社の業界、商品、サービスに関連する広告代理店を選ぶことが、成功の第一歩ですよ。

参考事例と評判の確認

Amazon広告代理店の選択肢は多岐にわたりますが、過去の実績や評判を確認するのが大切です。

広告代理店のウェブサイトや資料、クライアントの成功事例を調査し、その信頼性を調べましょう。また、業界の口コミや評判を調べるのも役立ちますよ。

スキルと専門知識の確認

代理店がAmazon広告の専門知識やスキルを持っていることは重要です。

Amazon広告は独自のルールやプラットフォームを持っているので、それらを理解し活用できる代理店が物販ビジネスの成功に貢献してくれます。

広告代理店を選ぶ際には、色々調べたり質問したりして、代理店のスキルや専門知識を確認しましょう。

コミュニケーションとカスタマーサポートの充実

広告代理店とのコミュニケーションは、スムーズな方がビジネスで有利です。

なぜなら、何か問題が発生した際にすぐに対応ができるからです。

Amazon広告運用代行代理店を選ぶ際には、カスタマーサポートの品質を確認し、問題が発生した際に迅速な対応ができるかを確認しましょう。

オープンで透明性のあるコミュニケーションは、関係を円滑に保つ上で重要ですよ。

コストと契約条件

広告代理店の料金体系や契約条件を詳しく調べて検討しましょう。

サービス料金、契約期間、提供されるサービスの範囲などを明確に理解し、ビジネス予算に合致する広告代理店を選ぶのです。

また、契約解除や変更に関するポリシーも確認しておきましょう。

チームのサイズとリソース

広告代理店のチームのサイズやリソースは検討事項です。

大手代理店は多くのスタッフとリソースを持っていますが、小規模な代理店も専門知識とカスタマイズされたサービスを提供する場合があります。

自社の規模やニーズに合った代理店を選びましょう。

Amazon広告運用代行代理店選定のポイント

Amazon広告運用代行代理店選定のポイントをイメージできる写真

広告代理店を選ぶ際に重要なポイントについて詳しく探ってみましょう。

以下は代理店選定の際に考慮すべき5つのポイントです。

  • ニーズのマッチング
  • 実績と評判
  • スキルと専門知識
  • カスタマーサポートの充実
  • コストと契約条件

ニーズのマッチング

まず最初に、自社のニーズに合った代理店を選びましょう。

業界、商品、サービスによって必要な広告戦略や専門知識が異なるため、代理店の専門分野が自社と一致しているのが重要です。

実績と評判

広告代理店の実績と評判を調査しましょう。

過去の成功事例やクライアントの評判を確認すれば、代理店の信頼性を評価できます。業界内での口コミや評判も参考にしましょう。

スキルと専門知識

広告代理店が、Amazon広告の専門知識やスキルを持っているかどうかを確認しましょう。

Amazon広告は特有のルールやプラットフォームを持っており、それらを理解した上で活用できる代理店が成功に貢献してくれるからです。

広告代理店を選定する際は、確かなスキルや専門知識の有無を確認しましょう。

カスタマーサポートの充実

選択した広告代理店が提供するカスタマーサポートは、問題が発生した際にとても頼りになる存在です。以下の3つの点を確認しましょう。

  • 対応時間
  • 対応スピード
  • 専門知識

対応時間

広告代理店のカスタマーサポートが提供される時間帯を確認しましょう。ビジネス上、都合の良い時間帯でサポートを受けられるかどうかを確認します。

対応スピード

サポート要求に対する広告代理店の対応スピードが速いかどうかを確認します。迅速な対応は、問題の早期解決につながりますよ。

専門知識

カスタマーサポート担当者がAmazon広告について専門知識を持っているかどうかを確認します。問題を迅速に理解し、解決策を提供できるのが重要です。

コストと契約条件

広告代理店の料金体系や契約条件を詳しく知ったうえで検討しましょう。

サービス料金、契約期間、提供されるサービスの範囲などを明確に理解し、ビジネス予算に合致する代理店を選ぶのです。

また、契約解除や変更に関するポリシーも確認しましょう。

代理店を選ぶ際にこれらのポイントを考慮すれば、自社のニーズに最適なパートナーを見つけられます。

選択肢を比較し、信頼性のある代理店を見つけるために時間をかけ、検討を重ねましょう。

Amazon広告運用代行代理店のコストと価値

Amazon広告運用代行代理店のコストと価値をイメージできる写真

Amazon広告運用代行代理店を利用する際に考慮すべき重要な要素の一つは、代理店のコストと提供する価値です。適切な代理店を選ぶために、コストと価値について詳細に考えましょう。

以下の4つについて検討しましょう。

  • サービス料金
  • ROI(投資対効果)
  • 透明性と追加費用
  • カスタマーサポート

サービス料金

代理店のサービス料金は、ビジネス予算に大きな影響を与えます。

代理店ごとに料金体系が異なり、一部は固定料金、一部は広告支出に対するパーセンテージベースの料金を設定しています。

広告代理店は、自社の予算に合った会社を選びましょう。ただし、最も低コストの代理店が常に最適な選択肢ではないので注意が必要です。

サービス料金と提供される価値をバランス良くさせるとよいでしょう。

ROI(投資対効果)

代理店を利用する主な目的は、ROIを最大化することです。

代理店の提供するサービスが広告キャンペーンの効果を向上させ、収益を増やす価値を提供してくれるかどうかを考えましょう。

安価な代理店であっても、ROIを改善できなければ意味がありません。過去の成功事例やクライアントの成果を確認し、代理店の能力を評価しましょう。

透明性と追加費用

代理店のコストに関して透明性があるかどうかは重要です。

追加で隠れた費用や手数料がある場合、予算計画が狂ってしまう可能性があります。

代理店との契約前に、全ての費用と契約条件を詳細に確認し、透明性があるかどうかを確認しましょう。

カスタマーサポート

代理店が提供するカスタマーサポートは、コストと価値に影響を与えます。

広告運用で何か問題が発生した際に、迅速かつ効果的に対応できる代理店を選びましょう。

カスタマーサポートが充実している代理店は、プロジェクトの成功に大いに貢献してくれますよ。

成功を支える戦略とベストプラクティス

成功を支える戦略とベストプラクティスをイメージできる写真

Amazon広告代理店を選んだ後、成功を収めるためには戦略とベストプラクティスを確立する必要があります。

以下に、成功を支える戦略とベストプラクティスを7つご紹介します。

  • ターゲットの明確化
  • キーワードの効果的な選定
  • 広告クリエイティブの最適化
  • レビューと評価の管理
  • データ分析と最適化
  • 競合分析
  • シーズンやイベントに合わせた調整

これらの戦略とベストプラクティスを組み合わせて、Amazon広告キャンペーンの成功を支えましょう。そして、定期的な評価と最適化を通じて、持続的な成果を確保しましょう。

ターゲットの明確化

Amazon広告キャンペーンの成功の鍵は、正確なターゲットの特定と明確化です。

顧客の属性、購買履歴、興味関心を分析し、広告を最適化するための基盤を築きましょう。

ターゲットが正確であれば、クリック率(CTR)とコンバージョン率が向上し、ROIが向上します。

キーワードの効果的な選定

キーワード選定は、Amazon広告キャンペーンの基本です。

適切なキーワードを選び、競合相手と差別化を図りましょう。ロングテールキーワードや関連キーワードも含め、幅広いキーワード戦略を検討しましょう。

また、キーワードの定期的な見直しと最適化が必要です。

広告クリエイティブの最適化

広告のクリエイティブはクリック率とコンバージョン率に大きな影響を与えます。魅力的なタイトル、説明文、画像を使用し、商品やサービスの魅力を引き立てましょう。

広告クリエイティブのA/Bテストを実施し、最も効果的なバージョンを特定しましょう。

レビューと評価の管理

商品のレビューと評価は消費者の意思決定に大きな影響を与えます。

積極的にレビューを獲得し、顧客の信頼を築くための戦略を構築しましょう。また、ネガティブなレビューに対する迅速な対応も重要です。

データ分析と最適化

Amazon広告キャンペーンの実行中にデータを詳細に分析し、広告運用の最適化を行いましょう。

クリック率(CTR)、コンバージョン率、収益などの指標を監視し、不要な広告費用の浪費を防ぎながら収益を最大化します。データ駆動のアプローチを採用し、戦略をリアルタイムで調整しましょう。

競合分析

自社の競合相手の広告戦略を理解し、競合を上回る方法を模索しましょう。

競合分析を通じて、市場での競争優位性を確立できます。競合の弱点を特定し、自社の戦略に取り入れることも考慮するとよいですね。

シーズンやイベントに合わせた調整

季節や特定のイベントに合わせて広告戦略を調整しましょう。

クリスマス、バレンタインデー、ブラックフライデーなどの特別な時期に、Amazon広告運用を最適化して売上を伸ばすチャンスを逃さないようにしましょう。

Amazon広告運用代行代理店の選択と契約

Amazon広告運用代行代理店の選択と契約をイメージできる写真

Amazon広告運用の成功に向けて、適切な代行代理店を選択し契約するプロセスはビジネスにとって極めて重要です。

選択と契約の7ステップを詳しく見ていきましょう。

  • ニーズと目標の明確化
  • 候補代理店のリサーチ
  • 実績と評判の確認
  • スキルと専門知識の確認
  • サービス料金と契約条件の交渉
  • 契約文書の詳細確認
  • 契約の締結

代理店の選択と契約はビジネスの成功に直結する重要なプロセスです。注意深く検討して適切な代理店を選んで、Amazon広告運用を成功に導きましょう。

ニーズと目標の明確化

代理店を選ぶ前に、自社のニーズと目標を明確にしましょう。

どのような広告戦略が必要か、どの市場に焦点を当てるか、予算はどれくらいかなどを考慮するのです。

明確な目標設定は、代理店選定の際に適切なパートナーを見つけるのに役立ちますよ。

候補代理店のリサーチ

適切な代理店を見つけるために、複数の代理店候補をリサーチしましょう。

インターネット検索、業界の口コミ、業界団体の紹介など、さまざまな情報源を活用して代理店のリストを作成します。

実績と評判の確認

候補代理店の実績と評判を確認しましょう。

過去の成功事例やクライアントの評判を調査し、代理店の信頼性を評価します。特に、自社業界や商品に関連する実績がある代理店を優先的に検討しましょう。

スキルと専門知識の確認

Amazon広告運用代行代理店を選ぶ際、代理店のスキルと専門知識を確認するのが重要です。

まずは成功事例やクライアントの成果をチェックします。代理店の能力を評価するために、代理店の過去の実績を確認しましょう。

次に専門知識を確認します。Amazonに関する専門知識を持っているか確認しましょう。Amazon広告のプラットフォームやルールを見据え、戦略を立てる能力が求められるからです。

最後に代理店がAmazon広告に関する認定資格を持っているかどうかを確認します。認定資格は専門知識の証拠となるからです。

さらに、自社の業界に特化した知識や実績があるかどうかも確認できるとよいでしょう。

サービス料金と契約条件の交渉

Amazon広告運用代行代理店を選び、ビジネスにとって最適なサービス料金と契約条件を確保するためには、交渉が必要です。

サービス料金

最初に、代理店が提供するサービス料金の詳細について確認しましょう。料金体系は代理店ごとに異なります。以下の点を確認しましょう。

まずは基本料金です。代理店の基本的なサービス料金を確認しましょう。これには広告運用の基本的なサービスが含まれます。

次に追加費用です。追加のサービスや特別な要件に追加費用があるかどうかを確認しましょう。

最後に成功報酬型契約です。一部の代理店は成功報酬型契約を提供しています。この場合、広告の成果に応じて報酬を申し受けます。報酬の条件を確認しましょう。

契約条件の調整

まずはサポート範囲です。代理店の提供するサービスの範囲を詳細に確認し、ビジネスの要件に合致した範囲を確保しましょう。特定の広告キャンペーンやプロモーションに関するサポートが必要な場合、サポートが契約に含まれているのを確認します。

次にデータの取り扱いです。ビジネスにとって重要なデータの取り扱いに関する契約条件を確認しましょう。データの保護や機密性に関する規定が含まれているのを確認します。

最後に契約更新です。契約が期限切れになる場合、更新に関する条件を確認しましょう。更新の際に料金やサービス内容に変更があるかどうかを確認します。

さらに、値段と品質のバランスが大事です。

サービス料金と契約条件を交渉する際に、安い代理店が常に最適の選択とは限りません。品質と価格のバランスを検討しましょう。高品質なサービスは、ビジネスにとって価値のある結果を生み出す可能性が高いですよ。

サービス料金や契約条件の交渉が複雑な場合は、法的なアドバイスを受けることを検討しましょう。 弁護士や契約専門家のアドバイスは、ビジネスの利益を守るのに役立ちます。

選んだ代理店とのサービス料金と契約条件の交渉は、ビジネスの成功に真っ向から取り組む重要なプロセスです。自社の要件に合わせて契約をカスタマイズし、最適な条件を確保しましょう。

契約文書の詳細確認

契約を結ぶ前に、契約文書を詳細に確認します。特に、サービス内容、料金、契約期間、解約条件などを注意深くチェックし、不明確な点がないかを確認します。必要であれば法的なアドバイスを受けることも検討しましょう。

契約の締結

最終的に、選んだ代理店と正式な契約を締結しましょう。契約書にはすべての合意事項と条件を明記し、双方の義務と責任が明確になるようにします。契約が締結されたら、広告運用を広告代理店に任せる準備が整ったといえるでしょう。

Amazon広告運用代行代理店20選

Amazon広告運用代行代理店には、たくさんの種類があります。その中で20社を選びましたので、順にご紹介します。

  • 株式会社Wacworks(ワックワークス)
  • 株式会社グラッドキューブ(Glad Cube)
  • デジタルアスリート株式会社(DIGITAL ATHLETE)
  • ASUE株式会社
  • 株式会社いつも
  • アナグラム株式会社(ANAGRAMS)
  • AnyMind Group
  • 株式会社アイレップ(IREP)
  • Hamee株式会社
  • NEXT ENGINE(ネクストエンジン)
  • アグザルファ株式会社(axalpha)
  • 株式会社サイバーエージェント
  • Commerce Flow
  • 株式会社Proteinum(プロテーナム)
  • GMOコマース株式会社
  • 株式会社オプト
  • Perpetua(パーペチュア)
  • 株式会社SIS
  • デジマール株式会社
  • 株式会社DataSpoon

株式会社Wacworks(ワックワークス)

株式会社Wacworks(ワックワークス)をイメージできる写真

株式会社Wacworksは、フリーとして実力のある運営者のみが担当してくれるところが一番のポイントです。実力のある運営者が担当してくれるので、高いサービスの質は他社に負けないでしょう。

また、Amazonサーチの攻略を目的とした運用を行ってくれます。

Wacworksが独自で開発した「モール内検索キーワード取得ツール」や「サジェスト取得ツール」などを使って、定量的なSEO対策と高いパフォーマンスの実現が可能です。

広告配信データの分析に加え、様々な数値を複合的に考慮した解析で広告運用を行ってくれるでしょう。

株式会社グラッドキューブ(Glad Cube)

株式会社グラッドキューブ(Glad Cube)をイメージできる写真

株式会社グラッドキューブは、様々な広告媒体から、商品内容、ターゲット、目標にあわせて最適な媒体を提案してくれます。Amazonにはいくつかの広告の種類があるので、目的に応じた広告媒体の提案は、物販ビジネスでの成果の向上に役立つでしょう。

また、株式会社グラッドキューブには専門チームによる最適な運用ができるサポート体制があり、コミュニケーションを大切にしている会社です。サポートの満足度が高いのも頷けますね。

英語と中国語に対応しているので、海外での物販ビジネスを考えている方にはよいでしょう。

デジタルアスリート株式会社(DIGITAL ATHLETE)

デジタルアスリート株式会社(DIGITAL ATHLETE)をイメージできる写真

デジタルアスリート株式会社は、各媒体のスペシャリストが専任担当としてつき、媒体ごとの特長や強みを最大限に活かしての運用が特長です。

また、デジタルアスリート株式会社は1社につき3名体制で、いつでも運用担当者に直接相談できます。メインの運用担当、サポート担当、品質チェック担当でチームが組まれているので、対応が遅れるリスクが無いのです。

運用状況を、リアルタイムで共有してくれるので、不安要素が削減できますよ。

ASUE株式会社

ASUE株式会社をイメージできる写真

ASUE株式会社は、商材にあった費用対効果の高い提案をしてくれます。Amazon内での売上アップ、ブランドや商品の認知向上をサポートしてくれるので、事業主には心強い存在でしょう。

また、ASUE株式会社は広告配信前に市場や競合を調査して分析し、配信の準備を行ってくれます。配信後も検証と改善を重ねてROASの向上を目指し、「配信しっぱなし」ではない運用が可能でしょう。

広告配信だけではAmazonの売上増加が厳しい場合は、ターゲットを引きつけるページ作成やストアページ作成代行を行ってくれる「Amazon売上支援」を別料金で利用できますよ。

株式会社いつも

株式会社いつもをイメージできる写真

株式会社いつもは、Amazonを知り尽くしたECコンサルタントが、チャネル単位の専任チームでサポートしてくれます。モール運営側と情報交換しているので、解像度の高いコンサルティングが可能です。

また、株式会社いつもでは複数のモールや自社ECサイトなど、各チャネルを複合的に支援する「クロスチャネル支援」が可能です。これにより、売上アップのチャンスが増え、一社完結だからこその高速PDCAが実現できるでしょう。

店舗の現状やスケジュールを考慮して、タスクを実行可能なレベルまで細分化して一緒に施策を実行してくれる徹底的にやり切る支援でサポートしてくれますよ。

アナグラム株式会社(ANAGRAMS)

アナグラム株式会社(ANAGRAMS)をイメージできる写真

アナグラム株式会社は、リスティング広告のプロフェッショナル集団が常に最新のトレンドを反映したアカウントの運用を行ってくれます。担当者がじっくりと時間をかけてアカウントを構築してくれるので、ビジネスの成果を大きく伸ばせるでしょう。

また、アナグラム株式会社はクリエイティブ専門のチームを設けています。目標達成のために戦略やディレクションから考えてくれるので、目標達成への成果がでやすいでしょう。

サービス向上のために定期的に顧客満足度調査を実施しているので、よりよいサービスの持続が可能です。

AnyMind Group

AnyMind Groupをイメージできる写真

AnyMind Groupは、ECモールへの出店手続きからページ作成、データと実績に基づいたページや広告配信の最適化まで、ECモール運営をトータルサポートしてくれます。

また、AnyMind Groupは各国・地域拠点の現地メンバーが現地の文化や商習慣に合わせた翻訳や広告配信を実施してくれるので、現地の事情に合ったEC展開を協力にサポートしてくれるでしょう。

複数のECチャネルのデータを一元管理しているので、業務効率化・機会損失削減につながる細やかな運用を可能にしてくれますよ。

株式会社アイレップ(IREP)

株式会社アイレップ(IREP)をイメージできる写真

株式会社アイレップは、Amazon独自の指標を念頭においた広告プランニングと運用を行ってくれます。一時的な売上アップだけではなく、商品ページ自体が充実するような広告効果を提供してくれるでしょう。

また、株式会社アイレップは博報堂DYグループとしての知見を有しているので、総合的な観点での提案が可能です。

Amazon Marketing Service(AMS)を活用することで、顧客のAmazonでの商品購入促進と検索結果表示順位の向上が見込めるでしょう。

Hamee株式会社

Hamee株式会社をイメージできる写真

Hamee株式会社は、2022年9月5日にNE株式会社と合併しています。

次にご紹介していますので、ご覧ください。

NEXT ENGINE(ネクストエンジン)

NEXT ENGINE(ネクストエンジン)をイメージできる写真

NE株式会社のNEXT ENGINEは、広告運用代行代理店ではないものの、広告運用と合わせて業務の効率化を行い、運用コストを下げながら売上アップを図れます。

業務を効率化しながら無駄なコストを削減できるので、広告運用と合わせればさらなる売上アップを図れるでしょう。

アグザルファ株式会社(axalpha)

アグザルファ株式会社(axalpha)をイメージできる写真

アグザルファ株式会社は、Amazonコンサルのパイオニアとして10年以上の知見がある企業です。商品やカテゴリーを問わず、Amazonデータの解析や競合調査をもとに最適な施策で、自社の売上アップにつなげてくれるでしょう。

また、アグザルファ株式会社は代表が元Amazon社員で5期連続のトップセールスを獲得したという記録を持つ、信頼性の高い企業です。

Amazon専門のコンサルティングで、自社が抱える課題の解決に向けてしっかりサポートしてくれるでしょう。

株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェントをイメージできる写真

株式会社サイバーエージェントは、AIを活用した革新的なプロセスで広告クリエイティブを制作し、広告効果が出た時のみクリエイティブ制作費を成功報酬とする「極予測AI」を提供しています。

また、株式会社サイバーエージェントはAIを活用して広告配信前にクリエイティブの効果を予測、再学習を行い、より広告効果を高められるサービスがあります。

広告効果を最大化させる運用体制が整っているので、「運用の仕組み化」に貢献してくれるでしょう。

Commerce Flow

Commerce Flowをイメージできる写真

Commerce Flowは、他社では人が行っているオペレーション作業をAIが行っているため、その分料金が安くなっています。

AIが24時間365日効果が出るように運用してくれますし、実績値を基に次の戦略の提案をしてくれます。

また、Commerce Flowは商品のフェーズに応じた戦略を立案してくれるので、自社商品に最適な広告戦略を提案してくれるでしょう。

2022年4月時点で、世界10ヵ国のAmazonマーケットプレイスでの広告自動運用が可能です。

株式会社Proteinum(プロテーナム)

株式会社Proteinum(プロテーナム)をイメージできる写真

株式会社Proteinumは、幅広い知識と経験を持つ専門家がECに関わる全てのサービスをワンストップで支援してくれます。

広告運用のみのプランが可能ですが、運用金額によって見積もりが必要なので、その際は問い合わせしましょう。

GMOコマース株式会社

GMOコマース株式会社をイメージできる写真

GMOコマース株式会社は、マニュアルターゲティングを併用した効果的な運用で、広告の無駄打ちによる集客の取りこぼしや頭打ちを防いでくれます。

マニュアルターゲティングを併用した効果的な運用をサポートしてくれるでしょう。

また、GMOコマース株式会社はマニュアルターゲティングの細かな設定で商品ごとの適切なキーワードや入札単価を設定し、購買意欲の高いユーザーを集め売上につながるようサポートしてくれるでしょう。

スポンサープロダクト広告の掲載により、広告拡大の好循環サイクルを生み出せますよ。

株式会社オプト

株式会社オプトをイメージできる写真

株式会社オプトは、メディアや広告商品の特性を知り尽くしたトップ企業ならではのノウハウを活かしてマーケティングの効果を最大化してくれます。

気になる方は、データを共有すれば現状分析からの提案が可能です。希望に応じて、広告メニューと組み合わせて提案してもらいましょう。

Perpetua(パーペチュア)

Perpetua(パーペチュア)をイメージできる写真

Perpetuaは、Amazon広告各種を利用してファネル全体を強化してくれます。常に最適化された状態で、人の創造性と組み合わせて、自社ブランドを適切なオーディエンスに適切なタイミングで届けられるでしょう。

また、Perpetureは専門家チームによるセルフサービスとマネージドサービスが利用できます。

自社の目標達成をサポートしてくれるでしょう。目標ACoSと1日の予算を設定するだけで、あとは広告エンジンに任せましょう。

株式会社SIS

株式会社SISをイメージできる写真

株式会社SISは、元Amazon社員による専門知識をインプットされた集団が、自社のフォローをしてくれます。Amazonの最新情報のアップデートをいち早く届けてくれるのも魅力です。

また、株式会社SISはAIツールを駆使した、最適で信頼性のある施策を立案してくれますよ。

AIツールの導入により無駄な社内リソースを削減し、小規模出品者でも利用しやすい低価格料金のサービス提供を実現しています。

デジマール株式会社

デジマール株式会社をイメージできる写真

デジマール株式会社は、Amazon広告の掲載に必要な事項を迅速に網羅して対応してくれます。スポンサーブランド広告やスポンサーディスプレイ広告を活用して、Amazonでの認知拡大やユーザーの再購入が可能でしょう。

また、社内のデザイナーが協力して魅力的な商品ページを作成してくれるので、ユーザーのブランドイメージを高められるでしょう。

最低出稿予算に下限がないので、予算に応じて柔軟に対応してくれますよ。

株式会社DataSpoon

株式会社DataSpoonをイメージできる写真

株式会社DataSpoonは、運用型広告の専門家による「成果にこだわる」広告運用をしてくれます。

また、最初から終わりまで、自社のビジネスを深く理解した施策展開が可能です。

Chatworkやslackなど、様々なコミュニケーションツールでやり取りが可能なので

、不安や疑問に迅速に対応してくれるでしょう。

まとめ

まとめをイメージできる写真

Amazon広告キャンペーンを成功させるためには、適切な代理店の選択と契約が不可欠です。

以下は代理店の選択と契約に関する重要なポイントをまとめたものです。

まずは代理店の選択です。

  • 自社のニーズと目標を明確にし、それに合った代理店を選ぶ。
  • 候補代理店をリサーチし、実績と評判を確認する。業界に特化した代理店が望ましい。
  • 代理店のスキルと専門知識を確認し、Amazon広告に精通しているかを確かめる。
  • カスタマーサポートが効果的か、コミュニケーションがスムーズかを確認する。

契約プロセスはこちらです。

  • サービス料金と契約条件を詳細に検討し、予算に合致する代理店を選ぶ。契約の際に追加費用に注意する。
  • 契約文書を詳細に確認し、すべての合意事項と条件を明示する。法的なアドバイスが必要な場合は専門家に相談する。
  • 最終的に、代理店と正式な契約を締結し、キャンペーンの実行に進む。

適切な代理店の選択と契約は、Amazon広告キャンペーンの成功に向けて不可欠です。これらのステップを慎重に実行し、ビジネスの成果を最大化しましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。