楽天市場におけるスマホ利用者の回遊率向上のための究極の戦略

楽天市場におけるスマホ利用者の回遊率向上のための究極の戦略をイメージさせるメイン画像

スマートフォンの利用者数は日々増加し続け、ECサイトにおけるユーザーエンゲージメントの最適化がますます重要となってきています。中でも、「回遊率」はユーザーの訪問頻度を示す指標であり、これを向上させることで購入機会の増加に繋がり、業績向上に大きく寄与します。本記事では、特に楽天市場におけるスマートフォンユーザーの回遊率向上に焦点を当て、現状の課題から改善策、さらには具体的な成功事例やアクションプランまでを詳細に解説します。EC事業を運営する方々にとって、回遊率向上のための貴重なガイドラインとなることでしょう。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

楽天市場でのスマホ回遊率の重要性

「楽天市場でのスマホ回遊率の重要性」をイメージさせる写真

スマホ利用者の増加と楽天市場の役割

近年、日本国内のスマートフォン利用者数は増加の一途をたどり、2023年現在では全人口の約80%以上がスマートフォンを利用していると言われています。このスマートフォンの普及が進む中で、ECサイトへのアクセスもスマートフォンからが大半を占めており、その中心となる存在が楽天市場です。

楽天市場は数多くの店舗が集まるマーケットプレイス型のECサイトで、幅広い商品カテゴリーが存在し、利用者にとっては一つのサイトで多くのニーズを満たすことが可能となっています。また、楽天市場は店舗運営者にとっては、その多様性と大規模なユーザーベースを活用して、様々な商品を販売し、新規顧客を獲得する大きな機会を提供しています。

しかし、ただ楽天市場に店舗を開設して商品を並べるだけでは十分な効果を得ることは難しいです。その理由の一つが、スマートフォンユーザーの購買行動の特性にあります。スマートフォンはパソコンと違い、移動中やちょっとした空き時間にサクッと情報を得ることができるため、利用者の行動は断片的であり、一度訪れたサイトに再度戻ってくる(回遊する)ことが少ないという特性があります。

回遊率の重要性とその影響

これが私たちが今回取り上げる「回遊率」の重要性につながります。回遊率とは、一言で言うと、一定期間内にウェブサイトを何度も訪れるユーザーの割合のことを指します。これは、そのウェブサイトがユーザーにとって魅力的であり、また役立つ情報やサービスがあることを示す重要な指標です。

回遊率が高ければ、それは顧客があなたの店舗を気に入り、何度も訪れてくれている証拠です。これは顧客ロイヤルティの高さを示し、それが高いほど、リピート購入や口コミによる新規顧客獲得の可能性も高まります。また、回遊率が高いということは、ユーザーがあなたの店舗や商品に深い関心を持っていることを示します。その結果、新しい商品やキャンペーンの情報を伝えやすく、宣伝効果も高まります。

逆に、回遊率が低いということは、訪れたユーザーが再び訪問する機会を失っているということです。これは、ユーザーにとってサイトが魅力的ではない、または必要な情報やサービスが不足しているという可能性を示します。この場合、ユーザーの関心を引きつけて再訪問を促すための改善が必要となります。

さらに、回遊率はSEO(検索エンジン最適化)にも大きく影響します。Googleなどの検索エンジンは、ユーザーのウェブサイトに対する行動を評価し、そのサイトの検索結果における順位を決定します。その評価の一つが「ユーザーがサイトに戻ってくるかどうか」、つまり回遊率です。したがって、回遊率が高いサイトはSEOにおいても有利となる可能性があります。

このように、回遊率はECサイト運営において多方面にわたって重要な影響を及ぼします。特にスマートフォンユーザーが中心となる現在、その回遊率向上は店舗の売上向上、ブランドの構築、そして顧客満足度の向上に直結します。

楽天市場のスマホ利用者の現状と回遊率に関する課題

「楽天市場のスマホ利用者の現状と回遊率に関する課題」をイメージさせる写真

スマートフォンの普及に伴い、楽天市場を訪れるユーザーの大半はスマホを通じてアクセスしています。このスマホ利用者たちは、移動中やちょっとした空き時間に楽天市場を訪れ、商品を探し、購入するという行動パターンを持っています。

これらのスマホ利用者は、デスクトップ利用者に比べて、セッション時間が短く、訪問回数が多い傾向にあります。つまり、彼らは多くの時間を費やすことなく、何度も楽天市場を訪れ、商品を探していることがわかります。これは、スマホの持つ利便性と携帯性を反映したもので、スマホ利用者の購買行動特性を理解する上で重要なポイントです。

スマホ利用者の購買行動についての統計と分析

しかし、スマホ利用者の行動特性には課題も存在します。その一つが、回遊率の低さです。スマホ利用者は、一度訪れた店舗や商品ページに再訪することが少ない傾向にあります。これは、スマホの画面が小さく、長時間の閲覧行動には向かないことや、他のアプリケーションや通知による中断が多いことなどが影響していると考えられます。

さらに、スマホ利用者は比較的若年層が多く、これらのユーザーは新しい情報やトレンドに敏感で、多様なECサイトやSNSを行き来することが多いです。そのため、一度訪れた店舗に再訪するよりも、新しい店舗や商品を探す行動が多いという特性もあります。

回遊率に関する課題と問題点の洗い出し

これらの課題を踏まえると、楽天市場での回遊率向上のためには以下の問題点を解決することが求められます。

  1. ユーザビリティの改善: スマホの小さな画面での操作性や視認性の向上、ページの読み込み速度の改善などが必要です。
  2. 情報提供の工夫: スマホ利用者が短時間で必要な情報を得られるように、商品情報のわかりやすさや、探しやすさを改善することが求められます。
  3. リピート訪問の促進: ユーザーが再訪したくなるような魅力的なコンテンツやサービスの提供、個々のユーザーに合わせたパーソナライズされた情報の提供が必要です。
  4. 顧客エンゲージメントの強化: ユーザーの関心を引きつけ、楽天市場への訪問を習慣化させるためには、各店舗のブランド力を強化し、ユーザーとのコミュニケーションを深めることが重要です。

これらの問題を解決するためには、店舗運営者自身がスマホ利用者の視点に立ち、その行動パターンやニーズを理解することが重要です。また、回遊率を向上させるための具体的な戦略や手法を導入し、その効果を定期的に検証し、改善を繰り返すことも求められます。

次のセクションでは、これらの課題を解決するための基本的な戦略と、楽天市場で成功した事例を紹介します。

楽天市場でのスマホ回遊率向上のための基本的な戦略

「楽天市場でのスマホ回遊率向上のための基本的な戦略」をイメージさせる写真

スマホ利用者の回遊率を向上させるためには、以下に述べる3つの基本的な戦略があります。それぞれの戦略は相互に関連し、組み合わせて実施することで効果を最大化することができます。

ユーザビリティ向上(操作性、サイト設計)

スマホユーザーはサイトを訪れる時間が短いため、その短い時間内に求める情報を得ることができなければ、すぐに他のサイトへ移動してしまいます。そのため、サイトのユーザビリティを向上させることは回遊率向上のための基本的な戦略となります。

具体的には、以下のような改善策を考えることができます。

  • 操作性: スマホの小さな画面でも簡単に操作ができるような設計を心がけます。大きすぎず小さすぎないボタンサイズ、直感的なメニュー構造、スムーズなスクロールなどが求められます。
  • 読み込み速度: スマホユーザーは待つことにストレスを感じる傾向があります。ページの読み込み速度を向上させることで、ユーザーがサイトを離れることを防ぎます。
  • 視認性: スマホの小さな画面でも内容がはっきりと見えるよう、文字の大きさや色、画像の品質などを考慮します。

サイト内のコンテンツの質向上(商品説明、レビュー、写真等)

ユーザーがサイトに戻ってくるためには、そのサイトが提供するコンテンツが魅力的でなければなりません。商品の情報はもちろん、レビューや写真など、ユーザーが購買決定をするための情報を充実させることが重要です。

具体的には以下のような改善策を考えることができます。

  • 商品説明: 商品の特徴や利点、使用方法などを詳しく説明します。また、ユーザーが商品を選ぶ際に重視する情報(例えば、素材やサイズ、配送情報など)をわかりやすく表示します。
  • レビュー: ユーザーの声は他の購入希望者にとって貴重な情報源です。レビューを積極的に募集し、それらを効果的に表示することで、商品の魅力を伝えるとともに、信頼性を向上させます。
  • 写真とビジュアル: ユーザーは商品を実際に見ることができないので、写真やビジュアルが商品の魅力を伝える重要な役割を果たします。クリアで魅力的な画像を多く使用し、商品の詳細や使用感を伝えます。

パーソナライゼーションの導入(AIを利用したレコメンド等)

パーソナライゼーションは、ユーザー一人ひとりに合わせた情報提供を行うことで、そのユーザーの関心を引きつけ、リピート訪問を促進します。特に、AIを利用したレコメンデーションは、大量のユーザーデータを分析し、個々のユーザーの嗜好や行動パターンに合った商品を提案することが可能です。

具体的には以下のような改善策を考えることができます。

  • 行動履歴に基づくレコメンド: ユーザーが過去に閲覧した商品や購入した商品に基づいて、関連する商品を提案します。
  • 類似ユーザーに基づくレコメンド: ユーザーが閲覧した商品や購入した商品と同じ商品を閲覧・購入した他のユーザーが閲覧・購入した商品を提案します。
  • 個別の通知やメールマーケティング: ユーザーの興味や行動パターンに合わせた情報を、通知やメールで個別に提供します。

これらの戦略は、ユーザーの満足度を向上させるだけでなく、回遊率の向上にも直結します。また、これらの効果を最大化するためには、定期的な分析と改善のサイクルが必要となります。次のセクションでは、これらの戦略を成功させた具体的な事例を紹介します。

楽天市場で成功した事例の紹介

「楽天市場で成功した事例の紹介」をイメージさせる写真

楽天市場では、様々な店舗が回遊率向上のための戦略を実施し、成功を収めています。以下にその中から、特に注目すべき事例をいくつか紹介します。

回遊率向上に成功した店舗の具体的な事例とその戦略

  • あるショップは、商品ページのユーザビリティ向上に取り組み、回遊率の大幅な向上を達成しました。商品ページのデザインを一新し、操作性を改善。また、商品画像の質を向上させ、詳細な商品説明と共に表示することで、ユーザーに商品の魅力を伝えることに成功しました。
  • あるストアは、レビューの活用とパーソナライゼーションの導入により、回遊率を高めました。購入者からのレビューを積極的に募集し、それらを商品ページに表示することで、新規訪問者に対する信頼性を高めるとともに、再訪者に対する新鮮な情報を提供しました。また、AIを利用したレコメンデーションを導入し、ユーザー一人ひとりに最適な商品を提案。これにより、ユーザーの滞在時間と訪問回数が増加しました。

それぞれの戦略がどのように回遊率に影響したかの分析

  • あるショップの事例では、ユーザビリティの改善が回遊率向上に繋がったことが示されました。操作性の向上により、ユーザーは商品を探しやすくなり、サイトに長く滞在するようになりました。また、質の高い商品画像と詳細な商品説明により、ユーザーは商品の魅力を理解しやすくなり、再訪問を通じて更なる情報を得る意欲を刺激しました。
  • あるストアの事例では、ユーザーの行動データを活用したパーソナライゼーションと、レビューの活用が回遊率向上に寄与しました。レビューは、新規訪問者だけでなく再訪者にとっても新鮮な情報を提供することができ、サイトの訪問動機を刺激します。また、パーソナライゼーションにより、各ユーザーに最適な商品を提案することで、ユーザーの満足度が向上し、再訪を促す結果となりました。

これらの事例からわかるように、ユーザビリティの改善、コンテンツの質向上、そしてパーソナライゼーションの導入という3つの戦略は、それぞれが回遊率向上に寄与する要素であり、それらを組み合わせて実施することで、より大きな効果を生むことが可能です。

また、これらの戦略を成功させるためには、定期的な分析と改善のサイクルが必要であり、それぞれの戦略がユーザーの行動にどのような影響を及ぼしているのかを理解し、必要に応じて戦略を調整していくことが求められます。

楽天市場を運営する店舗運営者は、これらの事例を参考に、自身の店舗の回遊率向上に取り組むことができます。それにより、店舗の競争力を高め、より多くのユーザーに対して魅力的なサービスを提供することが可能となります。

回遊率向上のためのアクションプラン

「回遊率向上のためのアクションプラン」をイメージさせる写真

回遊率向上のための具体的なステップと実行計画

回遊率向上のためのアクションプランを立てる際には、以下の具体的なステップと実行計画を考えることが重要です。

  1. ユーザビリティの評価と改善: まずは現在のサイトのユーザビリティを評価します。これには、自社でのテストや外部の専門家による評価などがあります。評価の結果に基づいて、操作性の改善やデザインの見直し等の改善点を洗い出し、その実行計画を立てます。
  1. コンテンツの質向上: 商品説明、レビュー、写真等のコンテンツの質を向上させるためのアクションプランを立てます。具体的には、商品説明の充実、レビューの積極的な募集、商品写真の質向上などが考えられます。
  1. パーソナライゼーションの導入: ユーザーの行動データを基に、パーソナライゼーションを導入します。これには、AIを利用したレコメンデーションの導入や、個別の通知やメールマーケティングの実施があります。

チェックポイントとKPIの設定方法

各ステップの実行後には、その効果を測定するためのチェックポイントを設定し、KPIを決定します。

  1. ユーザビリティの改善: チェックポイントとしては、改善後の操作性の評価や、ユーザーフィードバックの確認が考えられます。KPIとしては、ページビュー数や滞在時間、離脱率などを設定すると良いでしょう。
  1. コンテンツの質向上: チェックポイントとしては、商品ページの閲覧数やレビューの投稿数、商品写真のクリック数などがあります。KPIとしては、商品ページの閲覧数や、レビューの閲覧数、購入率などが設定できます。
  2. パーソナライゼーションの導入: チェックポイントとしては、レコメンデーションのクリック数や、個別通知の開封率、メールのクリック数などがあります。KPIとしては、レコメンデーションからの購入数、再訪問率、個別通知やメールからのコンバージョン率などが設定できます。

これらのチェックポイントとKPIを設定することで、アクションプランの効果を定量的に測定し、それに基づいてアクションプランの改善や調整を行うことができます。また、定期的にチェックポイントとKPIを確認し、必要に応じてアクションプランを見直すことで、回遊率の継続的な向上を目指します。

なお、これらのアクションプランやKPIの設定はあくまで一例であり、楽天市場での店舗運営の状況やユーザー属性によって最適なプランやKPIは異なります。そのため、自身の店舗の特性やユーザーの行動を理解し、それに合わせたアクションプランとKPIを設定することが重要です。

おすすめツールEC-UPの活用

「EC-UP」は、スマートフォンのユーザーエンゲージメントを大幅に高めるツールです。このツールは、ユーザーが自社商品を楽に閲覧できるように、商品の画像を自動的に表示します。これにより、ユーザーは検索結果に戻ることなく、自社の商品を網羅的に見ることができます。その結果、ユーザーと商品との接点が増え、スマートフォン上でのユーザーの滞在時間が延びます。

さらに、同時購入を推奨する機能やAIによる類似商品の推薦機能を搭載しています。これらの機能は、ユーザーが自社の商品を一層深く探索するきっかけを作り、さらなるエンゲージメントを引き出します。

メンテナンスも簡単で、スマートフォン上でのユーザーエンゲージメントを高めたい企業にとって、非常に効果的なツールと言えます。これにより、ユーザーは自社商品間の回遊を楽しみ、自然と滞在時間を延ばすことになります。

公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)
【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS

まとめ

「まとめ」をイメージさせる写真

スマートフォン利用者が増加する現代において、特に楽天市場のような大規模なECサイトでは、ユーザーの回遊率を向上させることが極めて重要となります。回遊率が高まるということは、ユーザーが再訪を行う頻度が増加し、結果的に購入の機会も増えることを意味します。

回遊率を向上させるための具体的な戦略としては、以下の3つが挙げられます:

  1. ユーザビリティの改善: ユーザーがサイトを容易に操作でき、必要な情報を効率よく得られるようなサイト設計にすることが求められます。
  1. 2. コンテンツの質向上: ユーザーがサイトを訪れた際に有益で魅力的なコンテンツが提供されていることで、再訪を促し、回遊率の向上に寄与します。
  1. パーソナライゼーションの導入: AI等を利用した個々のユーザーに合わせたコンテンツの提供は、ユーザーの満足度を高め、結果的に回遊率の向上につながります。

これらの戦略を適切に適用し、定期的に結果を分析し、改善を続けることで、回遊率の継続的な向上を目指すことが可能です。

テクノロジーの進化とともに、より高度なパーソナライゼーションやUX向上の施策が可能となるでしょう。AI技術の進化により、より個別化されたユーザーエクスペリエンスを提供できるようになり、回遊率の更なる向上が期待できます。

また、新たなツールや解析手法の導入により、ユーザー行動のより詳細な分析が可能となり、それに基づいた最適なアクションプランの策定やKPIの設定が可能となるでしょう。

回遊率向上は、ユーザーとの強固な関係を築くための重要な要素です。それにより、店舗の競争力を高め、継続的な成長を達成するための基盤を作ることができます。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。