楽天リスティング広告とディスプレイ広告の違いとは?メリットデメリットも解説

楽天リスティング広告とディスプレイ広告の違いとは?メリットデメリットも解説をイメージできる画像

「楽天リスティング広告とディスプレイ広告の違いを知りたい」などと悩んでいる人もいるでしょう。

両者の違いを一言で表すなら、訴求できるターゲット層です。

リスティング広告は顕在層に、ディスプレイ広告は潜在層に訴求できます。

本記事では、楽天リスティング広告とディスプレイ広告の違いやメリット、ポイントなどを解説するので参考にしてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

楽天リスティング広告とディスプレイ広告の違い

楽天リスティング広告とディスプレイ広告の違いをイメージできる画像

楽天リスティング広告とディスプレイ広告の大きな違いは、顕在層と潜在層のどちらに訴求できるかでしょう。リスティング広告はGoogleやYahooなどの検索結果、調べたキーワードに基づく広告が表示されます。

一方でディスプレイ広告は、楽天市場ないの検索結果や閲覧履歴などに表示されます。ターゲットに応じてリスティング広告とディスプレイ広告を使い分けることで、費用対効果の高い運用ができるでしょう。

楽天リスティング広告とは

楽天リスティング広告とはをイメージできる画像

リスティング広告とは、GoogleやYahooなどの検索結果にテキストで表示される広告のことです。検索したキーワードに基づく広告が表示されます。たとえば「リスティング広告」と検索した場合、リスティング広告に関する内容の広告が表示されます。わかりやすく解説するために以下の画像をご覧ください。

上記の画像は「リスティング広告」と検索した結果です。スポンサーと記載された項目がリスティング広告です。

リスティング広告の最大ともいえる特徴は、顕在ニーズのあるユーザーに訴求しやすいことです。Googleで特定のキーワードを検索すれば、会社や個人などが運営しているサイトが表示されますが、リスティング広告はそれよりも上に表示されます。

検索した後、まず目につくので訴求力の高い広告手法といえるでしょう。

楽天リスティング広告の設定方法

リスティング広告は出稿する媒体で設定する必要があります。たとえばGoogleに出稿するなら、Googleの設定が必要です。Googleの場合、Googleアナリティクスとの連携が必要なので設定手順は少し複雑です。

そのため、以下のGoogle広告公式サイトを確認しながら設定するのがおすすめです。

Google 広告 – リスティング広告を始めよう

楽天リスティング広告の費用

楽天リスティング広告の予算は最低1,000円で設定できます。予算は、1日と1ヶ月で上限を決められます。予算設定を誤らなければ損失が出てしまう可能性はないでしょう。

楽天リスティング広告は少額からはじめられるので、費用対効果を確認しつつ、徐々に予算を増やしていくのも1つです。

楽天リスティング広告のメリット

リスティング広告のメリットは以下の3つです。

  • 顕在ニーズを持ったユーザーに訴求できる
  • 低予算で始められる
  • 即効性がある

リスティング広告は検索するキーワードに基づく広告が表示されます。設定するキーワードによっては、アクションを起こす前提のユーザーに訴求できるでしょう。

また、最低予算が1,000円から始められるのもリスティング広告のメリットです。初めて広告を出稿する方でもお試し感覚で出稿できるでしょう。競合の少ないキーワードでどのくらいの費用対効果があるのかを確認する際にもリスティング広告は活用できます。

さらに、通常、webサイトを検索結果の上位に表示させるにはSEO対策が必要です。SEO対策の効果が現れるのは早くても3ヶ月といわれています。そのうえ、SEOの知識がなければ上位表示させるのは難しいです。リスティング広告は入札単価が高いほど露出するので、設定する費用によっては即日で上位表示させられるでしょう。

楽天リスティング広告のデメリット

リスティング広告のデメリットは以下のとおりです。

  • 潜在ニーズを持ったユーザーに訴求しづらい
  • テキストのみでしか訴求できない

前述のとおり、リスティング広告は検索したキーワードに基づく広告が表示されます。潜在層は自身のニーズに気づいていないので、設定したキーワードで検索してくれる可能性は低いでしょう。潜在層にもリーチさせるなら、楽天ディスプレイ広告を活用するのが無難です。

また、リスティング広告はGoogleやYahooなどの検索結果にしか表示されないがゆえに、テキストのみでしか訴求できません。そのため、キャッチコピーに関する知識がより必要です。

楽天リスティング広告を成功に近づけるコツ

楽天リスティング広告を成功に近づけるためのコツは以下のとおりです。

  • ターゲットのニーズを洗い出す
  • コンバージョンを明確にする

楽天リスティング広告はテキストベースでの訴求しかできません。テキストだけでいかにターゲットに響く広告を配信できるかが重要です。リスティング広告は顕在ニーズに訴いかけるので、いかにニーズを洗い出せるかがより重要になります。

また、コンバージョンを明確にすることも大切です。商品を購入して欲しいのか、それとも自社の商材をリーチさせたいのかなど、コンバージョンによりテキストも異なります。

ターゲットのニーズを洗い出したうえで、コンバージョンも明確にすれば、ターゲットに響きやすいテキストを作りやすくなるでしょう。

楽天ディスプレイ広告とは

楽天ディスプレイ広告とはをイメージできる画像
Two professional programmer cooperating and working on web site project in a software developing on desktop computer at company, codes and typing data code, Programming with HTML, PHP and javascript.

楽天ディスプレイ広告とは、ターゲットに対してバナーを配信できる広告のことです。ユーザー属性を絞って配信できるのが特徴です。テキストだけでなく、画像でも訴求できるのでターゲットにアクションを起こさせやすいでしょう。

楽天ディスプレイ広告の費用

楽天ディスプレイ広告は、インプレッション課金型を採用しています。インプレッション課金型は、ユーザーに広告が表示されると費用が発生する仕組みです。具体的には、広告の半数以上がユーザーに1秒表示された段階で費用が発生します。

クリック課金型などに比べると費用が発生する場合が多いですが、スクロールされても費用は発生しないので、余計に課金されるリスクがありません。

なお、楽天ディスプレイ広告の費用は、広告の表示回数×単価で計算できます。単価は、0.75円~10円の入札式で決められます。予算は5万円から設定可能です。

楽天ディスプレイ広告の設定方法

楽天ディスプレイ広告は以下の手順で設定できます。

  1. RMAにログイン
  2. プロモーションメニューの「ターゲティングディスプレイ広告(TDA)」をクリック
  3. 「キャンペーン」をクリック
  4. 「新規登録」をクリック
  5. 各項目を設定
  6. 完了

各項目では、キャンペーン名や単価、予算などを決めます。状況に合わせて設定しましょう。

楽天ディスプレイ広告のメリット

楽天ディスプレイ広告のメリットは以下のとおりです。

  • 楽天ユーザーデータを活用できる
  • さまざまなシーンでリーチできる

楽天ディスプレイ広告は、楽天が独自で有しているユーザーデータに基づいて配信できます。つまり、それほどノウハウのない方でも、効果的にアプローチできるのです。

また、RMSから確認できるマーケティングレポートを活かすこともできます。レポートには行動分析や顧客分析の項目があるので、これらを活用することでターゲット属性を詳細に知れるでしょう。

さらに、楽天ディスプレイ広告は検索結果や閲覧履歴などの画面に表示されるので、特定のシーンに限られず自社サービスを認知させられます。

楽天ディスプレイ広告のデメリット

楽天ディスプレイ広告のデメリットは、競合によっては広告枠が取りづらいことです。ディスプレイ広告の最低予算は5万円からですが、最低値の予算で設定しても競合の最低予算が多いほど、広告枠が取りづらくなります。

そのため、費用対効果を確認しづらいです。費用対効果を確認するなら、楽天CPA広告などのコンバージョンに基づく課金方式を採用したほうが良いかも知れません。

楽天ディスプレイ広告を成功に近づけるコツ

楽天ディスプレイ広告を成功に近づけるためのコツは、RMSのパフォーマンスレポートを分析することです。具体的には、広告効果がある程度出ており、かつ予算に余裕があるなら入札単価を上げるのがおすすめです。予算消化率が不十分であるものの効果が出ているなら、入札単価を上げることで更なる効果を期待できます。

逆に、広告効果が出ておらず、予算も上限値まで消費しているなら入札単価を下げましょう。予算が無駄になりかねません。この場合は、RMSの各項目の設定を見直したりパフォーマンスレポートを分析したりして、別の視点から出稿するとよいでしょう。

まとめ

まとめをイメージできる画像

楽天リスティング広告とディスプレイ広告の違いは、顕在層と潜在層のどちらに訴求できるかです。それぞれ使い分けることで、より効果の高い広告運用につながります。

ただし、リスティング広告は設定方法が少し複雑です。楽天市場ではなく出稿する媒体ごとに設定が必要です。たとえばGoogleで出稿するならGoogleの設定が必要です。

状況に応じて、リスティング広告とディスプレイ広告を使い分けるとよいでしょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。