Amazon広告のキーワードターゲッティングやクリック単価とは?

Amazon広告を活用する上で忘れてはならないのが、キーワードターゲッティングです。

Amazon広告にはキーワードターゲッティングの他に自動ターゲッティング、商品ターゲッティング、興味・関心ターゲッティングがありますが、これらの中でもキーワードターゲッティングを重視する必要性があります。

同時に確認しておきたいのが、クリック単価です。

クリック単価とは広告をクリックしたときに支払う平均金額のことで、Amazon広告を活用する上で絶対に疎かにしては行けない要素です。

キーワードターゲッティングやクリック単価について詳しく知っておくと、上手にAmazon広告を活用できるようになります。

それでは、Amazon広告のキーワードターゲッティングとクリック単価についてご説明しましょう。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon広告のキーワードターゲッティングとは?

check

Amazon広告のキーワードターゲッティングとは、特定のキーワードを商品ごとに設定することにより、ユーザーが検索した結果のページや関連する商品ページに広告を表示させる方法です。

Amazonの検索結果ページに表示される広告にはスポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告、スポンサーディスプレイ広告といった種類があります。どの広告を利用するかによって、キーワードターゲッティングによる広告が表示される位置が変わってきます。

したがって、ユーザーが検索したキーワードによって、どの位置に広告を表示させるか考える必要性があるでしょう。

キーワードが完全一致する場合に広告を表示するのか、それともフレーズ一致にするのか、部分一致にするのかマッチタイプを決めるだけでも公告による費用対効果が変わってきます。

キーワードターゲッティングの特徴

特徴

キーワードターゲッティングを活用することによって、商品の購入を検討しているユーザーに対して広告を見せられるのが最大の特徴です。

顕在層となるユーザーに対して広告を見せることにより、欲しい商品に関連するキーワードで検索したユーザーに直接アプローチがかけられます。

広告のマッチタイプを変更すれば、より効果的にアプローチできるでしょう。

キーワードターゲッティングの重要性

相手との握手

冒頭でキーワードターゲッティングの他に自動ターゲッティング、商品ターゲッティング、興味・関心ターゲッティングがあることを説明しましたが、最も重要視する必要性があるのがキーワードターゲッティングです。

何故なら、ユーザーがAmazonで最初に行うのは、何らかのキーワードを入力することだからです。

適当なキーワードで検索したユーザーは、まだ商品を購入しようか考えている段階なので、しっかり広告表示することで売上拡大を図ることができます。売上実績を増やすことができれば、検索結果で上位に表示されやすくなるでしょう。

Amazon広告のクリック単価はどのくらい?

単価はどのくらい?

Amazon広告を活用する上で忘れてはならないのが、クリック単価がどのくらいかかるのかどうかです。

Amazon広告を運用する場合、クリック単価を抑えられるほど広告費に費やせる費用が低くなるため、クリック単価がどのくらいかかるのかはとても重要です。

それでは、Amazon広告のクリック単価についてご説明しましょう。

クリック単価の計算方法

クリック単価とは、基本的に広告が1回クリックされるたびに発生する平均金額のことです。

広告がクリックされた分だけ広告費用が発生する仕組みになっているため、キーワードの需要が高く、さらに広告の掲載枠が多いほど広告費が高くなります、

したがって、クリック単価で広告費をかけないようにするためにも、広告ごとに設定されているクリック単価をチェックして掲載する必要性があるでしょう。

平均クリック単価とは?

平均クリック単価とは、1回広告がクリックされるまでに必要とした平均金額のことです。

元々ブランド自体のクリック単価は決められていないため、どこに広告を掲載するかによってクリック単価が変わってきます。

基本的にブランドのWebサイトに掲載される広告よりも検索エンジンページに掲載される広告の方が安くなるため、Amazonに広告を掲載する場合は注意が必要です。

クリック単価の上限とは?

クリック単価の上限とは、広告の掲載枠とキーワードに対して行われるブランドの入札額です。

そのブランドが公告に対してここまでなら費用を出しても良いと言える最高価格がクリック単価の上限となります。

とはいえ、いきなり上限額を支払う必要性はなく、関連するブランドと検索の品質スコアを基準にしたクリック単価が設定されるため、入札単価が低い状態からスタートするでしょう。

クリック単価を下げるには?

長期的にAmazon広告を運用するためにも、クリック単価を下げる努力が必要になるでしょう。

低コストかつ高価値が得られる状態にするのが理想的なので、収入以上に広告費を割かないようにするためにも広告費を下げつつ効率的な予算編成を行って最適化する必要性があります。

クリック単価が違う3種類のAmazon広告を解説します

クリック単価

クリック単価が違うAmazon広告の種類は、以下の通りです。

  • スポンサープロダクト広告
  • スポンサーブランド広告
  • スポンサーディスプレイ広告

それでは、3種類のAmazon広告についてご説明しましょう。

スポンサープロダクト広告とは?

スポンサープロダクト広告とは、検索結果や商品の詳細ページにカタログのように個別に商品を表示させる広告メニューのことです。

Amazon広告の中でも手軽にできる方法なので、初めてAmazon広告を扱うときにおすすめです。

なお、クリック単価は数円~数千円、最低2円からです。自由に予算を設定できるので、低予算から始められるので、初心者にもおすすめできます。

スポンサープロダクト広告のメリット

スポンサープロダクト広告のメリットとして挙げられるのが、広告費の最適化ができること、認知度の向上、低予算で始められることです。

特にスポンサープロダクト広告は検索結果よりもスポンサー枠として商品が上位に表示されるため、クリックしてもらいやすいのがポイントです。

スポンサーブランド広告とは?

スポンサーブランド広告とは、Amazonの検索結果最上部と文中、商品詳細ページに表示される広告のことです。

広告が掲載される場所がユーザーの目に留まりやすいだけでなく、ユーザーが検索したキーワードに連動した広告を表示したり、商品カテゴリの分類に応じた広告が表示されたりするなど、柔軟な広告表示ができます。

なお、クリック単価は最低2円からです。

スポンサーブランド広告のメリット

スポンサーブランド広告のメリットは、何と言っても動画広告として掲載・配信できることです。

従来の方法では静止画による広告しかできませんでしたが、スポンサーブランド広告なら動画広告配信ができるので商品の情報を魅力的に発信することができます。

スポンサーブランド広告のデメリット

スポンサーブランド広告のデメリットは、最低入札額が高くなりやすいことと、ブランド登録が必須なことです。

特にスポンサーブランド広告は掲載枠が少ないので、競合との掲載枠争いのために入札額が上がる可能性があるでしょう。

スポンサーディスプレイ広告とは?

スポンサーディスプレイ広告とは、Amazonを利用しているユーザーの中で自社製品と関連性が高いユーザーに対してターゲッティング広告として表示される広告のことです。

なお、クリック単価は数円~数千円、最低2円からです。

スポンサーディスプレイ広告のメリット

スポンサーディスプレイ広告のメリットは、過去のユーザーの行動を基にした的確な広告アプローチができること、これまでリーチできなかった顧客層を獲得して新規顧客が増やせること、広告の掲載箇所が多いことなどが挙げられます。

Amazon内の至るところで的確にアプローチできる広告を掲載することで、新たな顧客を増やす見込みが期待できるでしょう。

まとめ

調べる

Amazon広告を掲載するのであれば、キーワードターゲッティングとクリック単価を意識することが大切です。

自社製品をどのユーザー層に向けてアプローチしていきたいのか、どの種類の広告で掲載していくのか、クリック単価を踏まえて広告を発信していかなければなりません。

まずは自社製品に関連するキーワードを決めて、ユーザーに効率良くアプローチする方法を考えていきましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。