Amazonの商品名ルール7選!注意点や売れやすい商品名の付け方も紹介!

せっかくAmazonで商品を出品するのであれば、少しでも多くの利益を得たいですよね。実はAmazonでは、商品名が売り上げに大きく影響します。

そのためにはAmazonが定めたルールを守ることが大切です。ルールに沿って商品名を付ければ検索の際に上位に表示される可能性が高まるため、購入者から関心を持ってもらいやすくなるでしょう。

この記事では、Amazonの商品名の付け方のルールや、注意点、売れやすくするための工夫をご紹介します。Amazonに出品する予定がある方や、すでに出品しているけれど売り上げが低迷しているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazonの商品名の基本構成

商品名の基本構成は、「メーカー名+ブランド名+商品名+仕様(色・サイズ・タイプなど)+型番」とするようAmazonの規約で定められています。

それぞれの項目は半角スペースで区切るようにしましょう。

さらに、商品名では商品の正式名称を正しく記載する必要があります。

これは商品の名前だけでなく、型番なども記載するようにとの意味ですので、上記の構成に基づいていれば問題なさそうですね。正式名称が長い場合も省略はできませんので注意が必要です。

Amazonの商品名のルール7選

続いては細かいルールを7つご紹介していきます。これらもAmazonの規約によって定められていますので、しっかりと理解した上で商品名を付けるようにしましょう。

①商品と直接関係ない単語や記号の使用はしない

Amazonの商品名では、商品と直接関係ない単語や記号の使用が禁止されています。

のちほど詳しく説明しますが、商品の宣伝なども直接関係ない単語となるため注意が必要です。記号としては「!」や「?」、「☆」といった装飾を目的としたものが当てはまります。

こういった関係ない単語や記号を商品名に使用してしまうと、出品した商品が正しくサイト上に掲載されないことがあります。

せっかく出品したのに表示されないなんてことになってしまっては困りますよね。商品名を付ける際にはぜひこのルールを守るようにしましょう。

②全角50文字以内に収める

Amazonで出品する場合、商品名は全角50文字以内に収めるよう定められています。

数字や英文字、英数字やハイフンは半角で書くとのルールがありますので、その場合は2つで全角1文字としてカウントすることになるでしょう。半角スペースも同様です。

服やファッション小物、シューズ、バッグ、時計、ジュエリーなどは例外として、全角65文字以内となっています。

限られた文字数の中で、的確に商品名を伝えられるよう工夫が必要です。

③主観的・抽象的なキーワードを含めない

Amazonの商品名には主観的・抽象的なキーワードを含めることが禁止されています。

ここでは誤ってつい使ってしまいそうな表現を3つご紹介します。

  • 順位を表す:世界一、最安など
  • 断定する:完璧、永遠など
  • 商品の見た目を表す:かわいい、素敵、高級感があるなど

以上のように売り手の主観に左右されてしまう文言は商品名への使用が禁止されています。

思わぬトラブルを避けるためにも、疑わしい場合は避けるようにしましょう。

④特殊文字・機種依存文字は使用しない

Amazonの商品名では、特殊文字・機種依存文字は使用できません。

特殊文字・機種依存文字とは、特定のデバイスにしか存在しない文字のことです。その文字に対応していないデバイスで読み込もうとすると、正しく表示されない、文字化けを起こすなどのトラブルが発生してしまうのです。

ネットには無料で利用できる特殊文字・機種依存文字チェッカーというものもあります。

自分の使おうとしている文字が使用できるかどうか不安な方は、そういったツールを使ってみるとよいでしょう。ただし、特殊文字・機種依存文字が商品名に含まれているなど、商品の説明として欠かせない場合は例外として使用が認められています。

⑤◯%割引など宣伝文句などを含めない

Amazonの商品名を付けるにあたり、以下の宣伝文句は使用禁止ワードとしてホームページに明記されています。

  • セール
  • OFF率
  • 激安
  • 送料無料
  • 限定予約
  • 入荷日
  • シーズン

目につきやすい商品名の部分で宣伝をしたくなる気持ちもあるかと思いますが、そうするとAmazonの規約違反となってしまいます。商品名は商品の説明のみに特化し、宣伝にあたるような単語は使わないよう注意しましょう。

⑥分量・体験日数を明記する

Amazonの商品名には、分量や体験日数も明記する必要があります。

分量とは内容量のことです。「20本入り」「500ml」などを単位を用いて示すとわかりやすいでしょう。

体験日数は、文字通り体験可能な日数です。サブスクリプションなど体験型の商品の場合、日数の記載が必要となります。

これらは可能な限り数字を用いて、具体的に記載することをおすすめします。

⑦期間限定の場合はその日数を明記する

期間限定商品の場合はその日数も明記することが必要です。

購入可能な期限が決まっている商品や、期間限定で売り出す商品の場合は、忘れずにその情報を記載するようにしましょう。

ちなみに、個数限定や時間限定のタイムセールなどの場合は特に記載する必要がありません。期間限定の場合のみ注意が必要です。

Amazonの商品名の注意点

ここからは、Amazonで商品名を付ける際の注意点を2つお伝えします。面倒なトラブルを避けるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

商品登録後の商品名変更は原則不可能

実はAmazonの商品名は一度登録すると変更できません。これまでご紹介した通り、Amazonの商品名を付ける際は多くのルールを守る必要があります。

「見落としていた……」となっても変更ができませんので、1つずつ確認しながら慎重に商品名を決める必要があります。

取り扱う商品のサイズや色が増えた場合でも原則商品名を変更することはできませんので、出品前からさまざまな事態を想定して商品名を決めることが望ましいです。

どうしても変更したい場合は、Amazonのテクニカルサポートへの相談が可能です。

ただ変更のためには手続きが必要であり、時間もかかってしまいます。後から後悔しないためにも、よく考慮した上で商品名を付けるようにしましょう。

薬機法・景表法に気を付ける

Amazonでの出品を考えている方であれば、薬機法・景表法という法律を耳にしたことがあるかもしれません。非常に重要な法律ですので、ぜひ理解しておくようにしましょう。

薬機法は医薬品等に関して、過剰な広告を行うことを禁止するものです。化粧品においては広告として使える効能効果の表現が定められています。それらを明らかに超えたメリットを感じさせてしまうような広告は、違反となりますのでご注意ください。

景表法では特に対象は定められていません。商品やサービス全般において、品質や内容、価格が実際よりも過度に優れているかのような誇大広告を出すことを禁止しています。

簡単に言うと、薬機法・景表法はどちらも誇大広告を禁止する法律です。商品名だけでなく、商品説明などの記載の際にも違反しないよう注意しましょう。

Amazonで売れやすく商品名の付け方3選

①メインキーワードは商品名の左側に寄せる

メインキーワードを商品名の左側に寄せるという工夫は、簡単ながらも売り上げに大きく影響します。

人の視点は左から右へと流れていき、右に行くにつれて集中力が散漫になってしまいます。つまり、左側にある情報が最も購入者の目に留まりやすいという訳です。

購入のためには、まずその商品を認識してもらうことが大切ですよね。そのためにも、メインキーワードは商品名の左側に寄せるようにしましょう。

②検索キーワードを想定してタイトルに含める

検索した時にあなたの商品が上位に出てくれば、実際に購入してもらえる可能性も高まります。

そのためには、検索されるワードを想定してタイトルに含めておくことが重要です。

スマホケースであれば、「カード収納」「首から下げる」といったキーワードを入れておくといった具合です。

そうすれば、スマホケースがそれらのキーワードとともに検索された際、あなたの出品した商品が検索結果の上位に出てきます。

ぜひ購入者の考えを予測して、検索されそうなキーワードを商品名に取り入れてみてください。

③タイトルのスマホ表示を意識する

商品名がスマホではどのように表示されるかを意識することも、Amazonでの売り上げをアップさせるために必要な手法です。

スマホで商品をみている際、文字数が多すぎて商品名が途中で切れてしまっているものを見かけたことはありませんか。

先ほどAmazonの定めたルールとして「商品名は全角50文字以内に納めること」とお伝えしましたが、実はスマホで検索した場合はそのうちの30文字程度しか表示されないのです。

スマホを使用している人でも商品がどういったものなのか理解できるよう、重要な情報は初めの30字以内に書くようにしましょう。

Amazonの商品名ルールを守って売り上げアップを狙おう

この記事では、Amazonの商品名のルールや注意点、売れやすくするための工夫をお伝えしました。

商品名は商品の売り上げを左右する非常に大切な部分です。ルールを守っていないと、検索結果としてうまく反映されず、一向に売れないという可能性もあるでしょう。逆に言えば、商品名次第で売り上げアップも狙えるのです。

ルールによっては判断が難しいものもありますよね。その場合は、実際に売れている商品を参考にしたり、第三者の意見を聞いたりするのも効果的でしょう。Amazonの定めたルールを元に、ぜひ魅力的な商品名を付けてくださいね。

 

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。