Amazonの相場価格・推移を検索すべき重要性とは?方法も紹介

Amazonの相場価格・推移を検索すべき重要性とは?方法も紹介の記事をイメージできる写真

Amazon販売において、利益を最大化するには商品の相場価格・推移の確認が欠かせません。

商品をいち早く売りさばくには、カートの獲得が必須といえます。

カートを獲得するには、大口出品者であることや、配送スピードが早いことのほかに、競争力が高い価格(最安値がカートを取りやすい)であることなどが条件となります。

そこで、売り出す予定である商品の相場となる値段や変動を検索(調べる)すれば、仕入れ時や値下げ競争の回避につながるのです。

この記事では、Amazonの相場価格・推移を検索すべき重要性や、おすすめのツールを紹介します。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazonの相場価格・推移を検索する重要性

Amazonの相場価格・推移を検索する重要性

商品の相場となる売り値や価格の変化は、専用のツールを活用すれば簡単に検索できます。
出品中の商品価格や変化を調べる重要性としては、下記の3つがあります。

  • 仕入れ商品の買い時が分かる
  • 在庫切れが生じているかが分かる
  • 値下げ競争を回避できる

ツールに関してはのちほど詳しく紹介しますので、まずは物販ビジネスにおいて販売している商品の価格状況を調べるべきなのかを見ていきましょう。

仕入れ商品の買い時が分かる

商品をツールで検索し、値段に関する情報を調べれば仕入れ商品の買い時が分かります。

相場価格を把握し、どのように推移しているかを確認すれば、底値に近い価格で仕入れることが可能です。

仕入れ値と販売価格との差額を大きくするためにも、いかに安い価格で仕入れられるかがポイントです。

仕入れ先をAmazonにしている場合、仕入れ商品の買い時を把握できればビジネス成功に大きく近づきます。

在庫切れが生じているかが分かる

値段の変化や履歴をツールで調べれば、在庫切れが生じているかどうかも確認できます。

在庫切れが起きている場合、需要に対して供給が追い付いていないほどのトレンド商品なのか、もしくは売れない商品のため仕入れ数を減らしているのかなどの分析が可能です。

トレンド商品なら出品者が多いためライバルが増えますし、需要がない商品なら売れるまで時間がかかります。

Amazon内で在庫切れが生じているかどうかは、仕入れ前に確認しておきたいポイントのひとつです。

値下げ競争を回避できる

出品者を悩ませる問題が激しい値下げ競争です。

値下げ競争とは、ライバル出品者の値下げに対抗して自分の商品も値下げをおこなう行為で、商品を早く売るために避けては通れない現象といえるでしょう。

同じ商品の出品者が増えると、競争率が高まります。

ツールを活用して、Amazon内の最安値や相場価格を仕入れ前に確認しておけば、値幅が広い商品を見つけやすくなります。

出品者が少ない場合、値動きは比較的緩やかである傾向にあるため、値下げ競争に巻き込まれるリスクを軽減できますし、相場も若干高い推移で安定しやすいです。

Amazonで頻繁に価格変動が起こるのはなぜ?

Amazonで頻繁に価格変動が起こるのはなぜ?

Amazonでの販売物の価格は、短いスパンで変化する場合も多く、なぜなのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

原因としては、カートを獲得している商品が優先的に売れる仕組みであるためです。

Amazon販売プラットフォームでは、商品価格が最安値だとカートを獲得しやすい傾向にあります。

「カートに入れる」や「今すぐ買う」の表示をクリックした際、ユーザーが購入するのはカートを獲得している商品です。

良く売れている商品は、最安値の出品者が頻繁に変動するため、価格も変わります。

仕入れ値の高騰や在庫不足が起こるなど、売れ行きの良い商品は相場価格が上がります。

人気商品は多少高めに値段を設定しても売れやすい傾向にありますが、不人気な商品だと在庫を処理するために相場価格が下がっていく傾向にあるのです。

仕入れ値・販売数・在庫数に応じて、商品価格は短いスパンで変わっています。

Amazonの相場価格の変動が起こった際に検索すべき2つのこと

出品予定もしくは既に出品している商品の相場価格が大きく変動した場合、下記を検索すべきです。

  • ほか出品者が抱える在庫数を調べる
  • 過去にどのような値段の変動があったか調べる

適正価格で商品を仕入れ・販売し、値下げ競争に巻き込まれないようにするためにも、価格の値動きを予想することは非常に重要です。
それでは、Amazonの相場価格の変動が起こった際に検索すべき2つのことを順に解説します。

ほか出品者が抱える在庫数を調べる

競合の在庫数を調べれば、今後どのように価格が変動するかある程度の予想を立てることが可能です。

商品価格の変動は、需要と供給のバランスで決まります。

希望する価格で売るためには、需要と供給が釣り合っているかをときおり調べつつ、どのタイミングで売り抜けるか見極めることが重要です。

商品価格は、出品者の数が多くなれば下がり、少なくなれば上がる傾向にあります。

ただし、1人の出品者が大量の在庫を保有している場合は注意が必要です。

最安値でカートを獲得している出品者の在庫数が多い場合、販売チャンスを得るためにほかの出品者が値下げを始めます。

その結果、商品価格が徐々に下がっていき、値下げ競争となるでしょう。

したがって、競合となる同一商品の出品者が保有する在庫数を調べることで、相場価格の変動を予め予想しやすくなります。

競合の在庫数は、商品をカートに入れれば確認できます。

実際には購入せず、カートに商品を入れるだけ入れてみましょう

過去にどのような値段の変動があったか調べる

商品の値段が昔と今でどう変わっているか、値動きの変化を調べることも大切です。

Amazon販売プラットフォーム内では、多少なりとも常に価格の変化が起こっています。

ターゲットとなる商品の値動きを見て、同じパターンで変化していないか確認しましょう。

過去にも同じような価格変動を起こしている場合、今回も同じような値動きとなる可能性が高いため、希望する販売価格に戻るのはどのタイミングか予想できます。

ただし、過去とは異なる値動きの場合、テレビやSNSで紹介されて一時的に話題となっている商品や、既に廃盤となっている商品の可能性があります。

一時的に価格が高騰している商品はできる限り高値で売り抜き、廃盤でもう発売されていない商品は供給数の減少にともなう相場の売り値が上がってから売り抜く。

値動きに合わせた販売方法が売上アップにつながります。

Amazonの相場価格・推移を検索する際に役立つKeepaとは?

Amazonの相場価格・推移を検索する際に役立つKeepaとは?

値動きや価格履歴を見れるツールとして有名なのが、商品で生じた価格の変化をPCやスマホから簡単に確認できるツールであるKeepaです。

有料版もありますが、基本的には無料で利用でき、現在価格と過去価格の比較が可能です。

Keepaの機能や利用する際の注意点を解説します。

Keepaの機能

商品ページ内に複数のデータグラフが表示され、過去にどのような価格変動を起こしているかを確認できます。

通知機能(トラッキング機能)もあり、購入したい希望価格になった際にメールやSNSで知らせてくれます。

Amazonで商品を仕入れるなら商品が指定金額まで値下がりしたら即座に買い取れますし、需要の上昇を考慮して出品する販売価格を決める判断が素早くできるでしょう。

日本だけでなく海外のAmazon出品情報も検索できるため、仕入れ先を日本にしてアメリカで出品する(逆も可能)などにも活用できます。

Keepaを使用する際の注意点

対応しているブラウザは、Chrome・Safari・Microsoft Edge・firefoxの4種類です。

したがって、対象以外のブラウザを利用している場合、Chrome・Safari・Microsoft Edge・firefoxのどれかでないとKeepaが使えません。

また、基本的に費用がかからないツールですが、すべての機能が無料で使用できるわけではありません。

価格変動を表示するグラフやトラッキング機能は無料で使用できますが、競合となる出品者の在庫状況や売れている商品ランキングなどは有料版に変える必要があります。

有料版だと月々19ユーロ(日本円で約2,660円)ほどかかりますので、使用したい機能を考慮し、ほかツールとの併用なども検討してみてください。

Amazonの相場価格・推移の検索でKeepa以外に役立つツール3選

Amazonの相場価格・推移の検索でKeepa以外に役立つツール3選

値動きや過去の情報を調べられるのはKeepaだけではありません。

無料版Keepaとの併用もしくは、ほかツールを利用することで利益の最大化を図れるでしょう。

それでは、物販ビジネスで役立つKeepa以外で価格情報を調べられるツール3選を紹介します。

Amacode

商品の価格がどのように変化しているかを確認できるスマホアプリです。

商品のバーコードを読み取れば、カート価格や商品の最安値と損益分岐点(売り値から販売手数料を差し引いた金額)などが分かります。

損益分岐点を下回ってしまうと損失となってしまうため、仕入れる際の目安にできます。

バーコードがない商品に関しては、商品名や型番を検索すれば情報を読み取ることが可能です。

有料版だと過去3ヶ月間で売れ行きが良い商品も確認できます。

AmaAlert

価格が変わったタイミングを知りたい商品を登録できるスマホアプリです。

ASINコードやURLで商品を検索・登録すれば、価格の変化が生じた際にアラートで通知できます。

グラフやチャートによる価格推移は確認はできませんが、欲しい商品を安い価格で仕入れる際に役立ちます。

ターゲットとなる商品の価格推移をアラーム通知によって確認すれば、競争力の高い価格で仕入れることも可能です。

HOW MUCH

商品の値動きをグラフによって可視化できるスマホアプリです。

登録せずに利用でき、Amazonページやバーコードでターゲットとなる商品の検索が可能です。

Amazon以外の価格履歴も確認できるため、最安値で販売しているECモールを調べられます。

Keepaと同じグラフで価格の履歴を確認でき、商品を最安値で仕入れたい場合に役立つツールといえます。

Amazonの相場価格・推移をツールで検索してカートを獲得しよう

Amazonの相場価格・推移の検索でKeepa以外に役立つツール3選

この記事では、Amazonにおける商品の相場価格・推移を検索すべき重要性や、おすすめのツールを紹介しました。

Amazon販売で成功するには、カートの獲得がカギを握ります。

カートは最安値の商品が獲得しやすい傾向にありますので、値下げ競争に巻き込まれないためにもほかの出品者と競争力のある価格での販売が重要といえます。

売り値の相場や値動きを調べるにはツールを活用した方が効率的かつ確実です。

本記事で紹介したツールを用いてカート獲得を目指しましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。