【初心者必見】amazon広告の始め方!戦略はどう考える?

Amazon広告の戦略を正しく行うことで売り上げに繋がります。

しかし、Amazon広告の始め方や戦略の知識を知らないと始めてみたけど売り上げに繋がりません。

広告の費用、戦略や運用を計画的に立てることが大切です。

この記事では、広告費用や広告が売れない原因など、初心者でも分かりやすく広告のやり方や、戦略を解説しています。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon広告とは?

Amazon広告とは何かをイメージできる写真

Amazon広告は、Amazonのオンラインマーケットプレイス内で企業が製品やサービスを宣伝するためのプラットフォームです。さまざまな広告形式を提供し、特定の顧客層へ効果的に広告を表示できます。広告効果の分析も容易で、企業のマーケティング戦略に合致したプロモーションが可能です。

Amazon広告のやり方!ステップごとに解説

Amazon広告のやり方とステップを解説をイメージできる写真

Amazon広告は簡単に登録して始められます。

1.出品アカウントの作成

2.Amazon広告の設定

3.ターゲティング

上記のステップを解説していきます。

出品用アカウントを作る

Amazon広告をするには普段使っているアカウントとは別に、出品用アカウントを作る必要があり、アカウントを持っている方はすぐに始められます。

・大口出品、毎月4900(税抜)+販売手数料

大口出品は、毎月49点以上商品を販売する方、販売する商品が決まっていない方におすすめです。

・小口出品、1つの商品に100(税抜)+販売手数料が含まれます。

小口出品は、1か月に販売する予定の商品数が49点以下の方、具体的に何を販売するのかを決めていない方がおすすめです。

Amazonへの出品にかかる費用は、料金プラン、商品カテゴリー、配送方法によって変わります。

Amazon広告の設定を行う

・広告キャンペーンの作成

広告の目的と予算を決定し、キャンペーンを作成し期間も設定できます。

・商品の選定

広告に掲載する具体的な商品またはカテゴリーを選びます。

・ターゲティング

広告を表示したい特定の顧客層を定めます。これには年齢、興味、購買履歴などが考慮されることが一般的です。

・入札戦略の設定

広告の表示頻度や位置をコントロールするための入札額を設定します。自動または手動で調整が可能です。

・広告コピーの作成

商品を効果的に宣伝するためのテキストや画像を作成します。

・測定と最適化

キャンペーンの進行状況を監視し、効果を分析します。必要に応じて広告設定を最適化し、目標達成に向けた改善を行います。

ターゲティングの設定

広告を表示する対象の顧客を絞り込みます。これには年齢層、性別、趣味などの情報が使用されることが一般的です。

Amazonの戦略的な広告のやり方とは?

Amazonの戦略的な広告のやり方をイメージできる写真

競争に勝つための目的と計画を立てる必要があります。

Amazonの戦略的な広告のやり方は、Amazonプラットフォーム内での売上向上とブランド認知の拡大を目的として、計画的かつ効果的に広告活動を行う手法です。

・キーワードリサーチ

・ターゲットオーディエンス

・広告タイプの選択

・パフォーマンスマーケティング

これらの戦略的な要素は、Amazon広告を使って効果的なプロモーションを実現するための基盤を提供します。

成功する広告キャンペーンは計画、実行、分析、そして最適化の継続的なサイクルに基づいています。

キーワードリサーチ

キーワードリサーチは、検索エンジンで使用される特定の言葉やフレーズの人気度や競合度を分析するプロセスです。

選定されたキーワードは、ウェブサイトのコンテンツや広告キャンペーンを効果的に計画し、実行するのに使用されます。

適切なキーワードリサーチは、ウェブサイトの可視性を高め、ターゲット市場に対してより関連性のあるアプローチを提供します。

ターゲットオーディエンスの特定

ターゲットオーディエンスの特定は、マーケティング戦略の基盤で、特定の商品やサービスが主に訴えるべき消費者層を識別するプロセスです。

ターゲットオーディエンスを正確に理解することで、広告、プロモーション、製品開発などがより効果的になります。

企業は、最も関心を持っている可能性のある顧客に直接アピールし、必要なメッセージと価値提案し、この戦略はリソースを最適に活用し、マーケティングのROIを最大化するために不可欠です。

広告タイプの選択

広告タイプの選択は、マーケティング戦略の中で重要なステップで、製品やサービス、ターゲットオーディエンス、ブランドの目標に最も合った広告形式を選ぶプロセスです。

広告タイプは、異なる視聴者層にアピールし、異なる目的に対応します。ターゲットオーディエンスの嗜好、予算、広告の目的などを考慮に入れて、最適な広告タイプを選ぶことは、効果的なメッセージ伝達とリソースの効率的な利用につながります。

ページの最適化

ページの最適化は、ウェブページのパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを向上させるプロセスです。これには、構造、デザイン、コンテンツ、ロード速度などの要素が考慮されます。検索エンジン最適化(SEO)の一環としても行われることが多く、ページのランキングを向上させることが目的です。

サイトへの訪問者が望むアクション(例:購入、登録など)に至る確率を高め、全体的なコンバージョン率を向上させるために重要なステップです。

パフォーマンスマーケティング

パフォーマンスマーケティングとは広告の有効性を具体的な成果で測定し、それに基づいて広告主が支払うマーケティング手法です。

成果に対してのみ支払うため、投資対効果が明確になります。

パフォーマンスマーケティングは効率的な広告戦略を追求し、ターゲットとなる顧客層に対して最適化された広告を提供することを目的としています。

Amazon広告3種類の解説・やり方/設定の違い

広告3種類の解説・やり方、設定の違いをイメージできる写真

Amazon広告はすぐに始められますが広告キャンペーンを作成をクリックして、スポンサープロダクト、スポンサードブランド、スポンサードディスプレイがあります。

3種類について解説していきます。

スポンサードプロダクト

Amazonスポンサープロダクトは、Amazon上で商品を販売しているセラーが自分の商品を広告としてプロモートするサービスです。

ユーザーがそのキーワードで検索すると、スポンサー付きとして表示されるので商品の露出が高まります。

広告形式は商品の販売を促進し、ブランドの認知度を向上させるために利用されます。

スポンサードブランド

Amazonスポンサードブランドは、Amazon上でブランドの認知度を高めるための広告サービスです。

広告は、特定のブランドや製品ラインを強調し、消費者にそのブランドのメッセージを効果的に伝えます。

通常、検索結果ページの上部に表示され、ユーザーがクリックするとブランドのランディングページまたはストアへと誘導します。

Amazonスポンサードブランドは、特定の商品だけでなく、ブランド全体のストーリーや価値を強調し、消費者とのつながりを深める効果的な手段です。

スポンサードディスプレイ

スポンサードディスプレイは、広告主が自社の製品やサービスを特定のターゲット層に対して広告する形式です。

Amazonの場合、スポンサードディスプレイは、消費者の購買履歴や閲覧履歴に基づいてパーソナライズされます。

Amazonサイト内外で表示され、広告は商品の詳細ページや検索結果ページなど、さまざまな位置に表示されることがあります。

タイプの広告は、特定の商品を強調したり、関連商品を紹介したりするのに役立ち、消費者の関心を引きつける効果があります。

スポンサードディスプレイは、ブランドの認知度を高めたり、製品の購買を促進する為のものです。

Amazon広告の費用

Amazon広告の費用がイメージできる写真

Amazon広告の費用は、広告のタイプ、競合状況、ターゲットキーワード、広告の配置などによって変動します。

1. ペイ・パー・クリック(PPC)

セラーは、広告がクリックされるたびに料金を支払います。

クリック単価は、競合他社との入札競争によって決まることが多く、人気のキーワードでは高額になることがあります。

2.予算設定

広告主は日々の予算、またはキャンペーン全体の予算を設定できます。予算に達すると広告は表示されなくなります。

3.広告の種類と配置

スポンサードプロダクト、スポンサードブランド、スポンサードディスプレイなど、広告の形式や表示位置によっても費用が異なることがあります。

最終的な費用は、これらの要素の組み合わせによって異なるため、具体的な費用を知りたい場合は、Amazon広告プラットフォームでの見積もりやシミュレーションの利用をおすすめします。

広告の料金の仕組み

Amazon広告の料金の仕組みは主にペイ・パー・クリック(PPC)モデルに基づきます。

広告がクリックされるたびに課金されるクリック課金型です。

実際に興味を持った消費者に対してのみ費用が発生します。

広告主は日々の予算を設定し、予算に達すると広告は表示されなくなる仕組みです。

広告費用の相場

相場は1クリック当たり5〜10円となります。

クリック上限額は自由に決められるので、広告予算の範囲内で無理なく運用が可能です。

リスティングなど他のWeb広告を運用と比べても、少ないコストで成果に繋げやすいので

運用開始までのハードルは低くなります。

広告戦略を立てて無理なく運用しましょう。

amazon広告で売れない場合に考えること

売れない時に考えることをイメージできる写真

広告で売れない場合商品ページを改善する必要があります。

商品ページのどこを改善したらいいのか解説します。

ターゲット層

商品の対象となる顧客が明確か、また広告がターゲットに適切に到達しているか見直す必要があります。

価格設定

商品の価格を競合他者と比較して価格が妥当か見直す必要があります。

価格が高すぎる、低すぎる場合購入意欲をそぐうことがあるので注意しましょう。

検索キーワード

検索キーワードは重要な項目です。自分が売りたいマイナーなキーワード設定だとユーザーの検索需要と一致しないので見直す必要があります。

商品やターゲット層によって異なるため、適切な戦略を立てる事が大切です。

広告の戦略は特性の効果を理解し、適切な戦略を立てることで広告の成功に繋がる!

広告の戦略や戦略を立てて成功につながることがイメージできる写真

Amazon広告の戦略とやり方を解説してきました。

広告の戦略を特徴の効果を深く理解し適切な計画を立てる事で成功に繋がります。

売れない時に考えるべきポイントは以下の通りです。

・ターゲットに適切なターゲット層か見直す

・価格が適切が見直す

・マイナーな気ワードになっていないが確認する

売れないと感じた際、ポイントを見直すことで改善します。

商品の特性や顧客のニーズを明確に把握して広告戦略を展開することで広告効果を最大化できます。

Amazon広告の戦略を立てて無理のない広告運用をしましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。