売上を伸ばすAmazonキーワード戦略:文字数とその最適化!

売上を伸ばすAmazonキーワード戦略:文字数とその最適化!の記事をイメージする写真

Amazonでのビジネス成功を追求する上で、キーワード戦略は避けて通れない重要な要素です。その中でも、キーワードの文字数は、検索結果のランキング、商品の視認性、最終的な売上へ大きな影響を与える要素の一つです。この記事では、Amazonでのキーワード戦略に焦点を当て、特に文字数とその最適化について深掘りします。具体的な理論から実践的な戦略、成功事例に至るまで、あなたがAmazonでの売上を伸ばすための有用なガイダンスを提供します。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazonでの成功を掴むためのキーワード・文字数戦略

「Amazonでの成功を掴むためのキーワード・文字数戦略」をイメージさせる写真

Amazonは、消費者に対する広範な商品カタログを持つ世界最大のオンラインマーケットプレイスの一つです。何百万もの売り手がこのプラットフォームを利用して、さまざまな商品を販売しています。しかし、この大規模な競争環境の中で成功するためには、商品の見つけやすさを向上させるための戦略が不可欠となります。ここでキーワード戦略が登場します。これは、販売者が商品を検索結果の上位に表示するために利用する、SEO(検索エンジン最適化)の一部です。

Amazonビジネスの重要性と概観

Amazonビジネスは、今日の電子商取引の重要な一部を占めています。ユーザーが商品を探し、評価し、購入するためのプラットフォームとして、Amazonはその独自のアルゴリズムを利用して、消費者の検索に最も適した商品を提供します。そして、これらの商品は何千万ものオプションから選ばれます。これは、消費者が商品を簡単に見つけられるようにするため、また、販売者が適切な検索結果に表示される機会を得られるようにするためのものです。しかし、この過程は販売者にとっても挑戦的です。なぜなら、彼らは自分の商品を顧客の目に触れる機会を得るために、適切なキーワードを見つけ、それらを適切な方法で使用する必要があるからです。

キーワード戦略の必要性について

Amazonのキーワード戦略は、販売者がそのプラットフォームで成功を収めるための重要な要素です。検索はAmazonでの購買行動の大部分を占めており、キーワードはその中心的な役割を果たしています。顧客が商品を探すとき、彼らは特定のキーワードを使用して検索します。これらのキーワードが販売者の商品リストに適切に含まれていれば、商品は検索結果に表示され、購買の可能性が高まります。

キーワード戦略は、商品を見つけやすくするだけでなく、販売者が自分の商品を競争の激しいマーケットで目立たせるのに役立ちます。適切なキーワード・文字数を用いることで、特定のニッチ市場または顧客のセグメントに対して商品を最適化し、その結果、より購買につながる可能性のある特定の顧客層に対する露出を増加させることができます。

さらに、効果的なキーワード戦略は、商品のランキングを向上させることが可能です。Amazonの検索アルゴリズムは、消費者が何を検索しているのか、そしてそれがどの商品と最も関連性が高いのかを判断するために、商品リスト内のキーワードを解析します。適切なキーワードが用いられ、それが適切な方法で配置されていれば、商品は検索結果の上位に表示され、その結果、より多くの視認性と売上げ機会を得ることができます。

したがって、Amazonでの成功を目指す販売者にとって、適切なキーワード戦略の構築と実装は、競争をリードするための重要な手段となります。これは商品の適応性を高め、販売者にとって有利な状況を作り出し、結果的には売上げと利益を増大させる可能性があります。

 Amazonキーワード選定と文字数の理論と実践

「 Amazonキーワード選定と文字数の理論と実践」をイメージさせる写真

キーワード選定は、Amazonでの商品リストの成功に直接的に寄与します。適切なキーワードを選択することで、消費者が商品を見つけやすくなり、その結果、販売の機会が増えます。しかし、このプロセスは、市場の理解と戦略的思考が必要となります。

キーワード選定の基本原則

キーワード選定の最初の原則は、消費者が商品を検索するときにどのような言葉を使用するかを理解することです。これには、消費者のニーズ、検索傾向、そして競争の激しいキーワードを避けるための洞察が必要です。

次に、キーワードが商品の特性や機能を適切に表現していることを確認する必要があります。消費者は、検索結果が自分のニーズに合っているかどうかを判断するために、商品リスト内のキーワードを使用します。適切なキーワードを使用することで、検索結果の妥当性を高め、商品が顧客の期待に応える可能性を増加させることができます。

最後に、キーワードは短く、明確で、具体的であるべきです。これは、Amazonの検索アルゴリズムがキーワードを解析しやすくするため、また、消費者が短い時間で商品を理解できるようにするためです。

キーワードの種類とその活用方法

キーワードは主に二つのタイプに分けられます:一般キーワードとロングテールキーワード。

一般キーワードは広範で競争が激しいですが、一方で、大量の検索トラフィックを引き付ける可能性があります。これらは、商品の一般的なカテゴリーや特性を説明するのに最適です。

ロングテールキーワードは、特定のニッチや特性を対象としたものです。競争は少ないですが、特定の消費者層に対する精度が高く、より具体的な検索意図を持つ消費者を引き付けることができます。

これらのキーワードのバランスが重要で、一般キーワードは商品の可視性を広範囲に確保し、ロングテールキーワードは特定の消費者層に向けて商品を最適化することで、より購買につながる可能性を高めるのに役立ちます。

キーワードを活用する方法は様々あります。一つは商品タイトルにキーワードを組み込むことです。これは、検索結果で消費者が最初に目にする部分なので、キーワードはここで重要な役割を果たします。また、商品説明やリストの詳細部分にもキーワードを組み込むことで、さらに検索結果のランキングを向上させることができます。

ただし、キーワード選定に際しては、Amazonのガイドラインを遵守することが重要です。誤解を招く表現や誤った情報を提供するキーワードの使用は避け、正確で具体的なキーワードを選ぶことが求められます。

Amazonにおけるキーワードの最適な文字数

「Amazonにおけるキーワードの最適な文字数」をイメージさせる写真

Amazonでのキーワード戦略は、ただ適切なキーワードを選ぶだけでなく、その長さや配置も重要です。商品リストのキーワードは、一定の文字数制限内に収まる必要があります。この制限を超えると、検索エンジンがキーワードを適切に認識し、商品が適切な検索結果に表示される能力が低下します。

Amazonの検索アルゴリズムとキーワードの文字数

Amazonの検索アルゴリズムは、消費者が商品を検索する際にどの商品が最も関連性が高いかを判断します。このアルゴリズムは、商品リスト内のキーワードを解析し、それを基に商品をランキングします。そのため、キーワードの文字数はこのプロセスに大きな影響を与えます。

Amazonは一つの商品リストについて、一定の文字数制限を設けています。この制限は商品タイトル、詳細、そしてbackend keywordsに対して適用されます。たとえば、backend keywordsの場合、制限は通常250バイトまでとなっています。

最適な文字数とは何か?

最適なキーワードの文字数は、Amazonの「商品名ガイドライン」によると、「英数字および全角文字を合計で80文字未満にすることをお勧めします。」と記載があります。

しかし、商品の種類、市場、そして特定の消費者の検索傾向により異なる可能性があります。一般的には、キーワードは短く、明確で、具体的であるべきです。これは、消費者が短い時間で商品を理解し、購入の決定をするため、そして、Amazonの検索アルゴリズムがキーワードを適切に解析するためです。

最適な文字数を見つけるためには、様々なキーワードとその文字数を試すことが重要です。これはA/Bテストを行うことで可能で、それによりどのキーワードが最も高い変換率をもたらすかを特定することができます。また、競合他社の商品リストを調査し、彼らがどのようなキーワードを使用し、どの程度の文字数を保っているかを観察することも有効です。

文字数とキーワード最適化の関連性

「文字数とキーワード最適化の関連性」をイメージさせる写真

Amazonでのキーワード最適化には、キーワードの文字数が重要な役割を果たします。適切な文字数のキーワードは、商品の検索結果のランキングを改善し、その結果、商品の露出を増加させ、売上げ機会を増やすことができます。

文字数が検索結果に与える影響

Amazonの検索エンジンは、商品リスト内のキーワードを解析し、消費者の検索クエリとの関連性を判断します。このため、キーワードの文字数は、商品がどのようにランク付けされ、検索結果にどのように表示されるかに直接的な影響を与えます。

特に、Amazonは商品リストの各部分に対して一定の文字数制限を設けています。これを超えると、キーワードは途切れてしまい、検索エンジンがその全体を解析することができなくなります。これは、商品が適切な検索結果に表示されなくなる可能性があるため、避けるべきです。

最適化の具体的な方法と手順

キーワードの最適化は、以下の手順で進めることが一般的です。

  1. キーワードリサーチ: 最初に、どのようなキーワードが商品や目標とする市場に最も関連性が高いかを調査します。この過程では、消費者の検索傾向、競合他社の戦略、そして市場の動向を考慮します。
  1. キーワード選定: 次に、リサーチしたキーワードから最も適切なものを選びます。ここでは、キーワードが商品を適切に表現しているか、そしてその競争力や検索ボリュームを考慮します。
  1. キーワード配置: 選定したキーワードを商品リストの各部分に配置します。ここでは、各部分の文字数制限を遵守することが重要です。
  1. 結果のモニタリングと調整: 最後に、配置したキーワードがどのような結果をもたらすかをモニタリングし、必要に応じて調整を行います。これには、検索結果のランキング、クリック率、変換率などの指標を分析することが含まれます。さらに、これらの指標に基づき、キーワードの選定や配置を最適化するための追加的なステップを踏むことが重要です。

このプロセス全体を通じて、キーワードの文字数は常に重要な考慮点であり続けます。キーワードが短すぎると、その詳細度が足りず、商品が特定の検索クエリと関連付けられにくくなる可能性があります。一方、キーワードが長すぎると、Amazonの文字数制限を超え、全体が適切に表示されないか、あるいは検索エンジンがキーワードを完全に解析できない可能性があります。

そのため、最適なキーワードの文字数を見つけるためには、試行錯誤と継続的な最適化が必要です。また、Amazonのガイドラインや最新の市場動向に常に注意を払い、適切な戦略を維持することも重要です。

Amazonにおけるキーワードの文字数制限とその対策

「Amazonにおけるキーワードの文字数制限とその対策」をイメージさせる写真

Amazonでの成功を確保するためには、キーワードの文字数制限を理解し、それに対応する必要があります。制限を無視すると、商品が検索結果に適切に表示されなくなり、その結果、販売機会を失う可能性があります。

Amazonのキーワード文字数制限について

Amazonは商品リストの各部分に対して一定の文字数制限を設けています。具体的には、商品タイトル、商品の詳細、バックエンドキーワードなど、各部分にそれぞれ制限があります。

たとえば、商品タイトルの文字数制限は一般的に200文字であり、商品の詳細(bullet points)はそれぞれ1000文字まで、そしてバックエンドキーワードは合計で250バイトまでとされています。ただし、これらはカテゴリーや特定のガイドラインによって変わる場合があるため、常にAmazonの最新のガイドラインを確認することが重要です。

制限に適応するための戦略と技術

制限に適応するための最初のステップは、キーワードの選定と配置を慎重に行うことです。特に重要なのは、文字数制限を最大限に活用し、同時にキーワードが商品を適切に表現することです。

具体的には、以下の戦略を考慮すると良いでしょう:

  1. 重要なキーワードを優先: 最も重要なキーワードを最初に配置します。これにより、もし制限に達した場合でも、重要なキーワードが確実に含まれるようになります。
  1. 短いキーワードを選択: できるだけ多くのキーワードを含めるためには、短いキーワードを選ぶことも有効です。ただし、それが商品を適切に表現しているかを確認することが重要です。
  1. 冗長性を避ける: 同じキーワードを何度も繰り返すのではなく、新たなキーワードを追加することで、さらに多くの検索クエリに対応することができます。

これらの戦略を組み合わせることで、文字数制限に対応しつつ、商品の検索結果のランキングを向上させることが可能です。

また、Amazonの検索エンジンは、検索クエリが商品リストのいずれかの部分に一致する場合に商品を表示します。これは、あらゆるキーワードが商品タイトルに含まれる必要はないということを意味します。したがって、商品の詳細やバックエンドキーワードにも重要なキーワードを配置することを忘れないでください。

また、Amazonのガイドラインや市場の動向に常に目を光らせ、必要に応じて戦略を調整することも重要です。特に、Amazonは頻繁にガイドラインを更新し、新たな機能を導入することがあります。そのため、これらの変化に対応することで、競合他社に先んじて機会をつかむことが可能となります。

最後に、このプロセスは一度きりのものではありません。Amazonでのビジネスは常に進化しており、そのため、キーワード戦略も進化し続ける必要があります。定期的な分析と最適化を通じて、商品のパフォーマンスを継続的に改善しましょう。

おすすめツール「セラースプライト」

Seller Spriteは、アマゾンの商品リサーチ、市場分析、キーワード提案、スポンサー広告の洞察、商品追跡など、Amazonセラー向けのオールインワンツールです。

このようなツールを活用し、適切なキーワードを選定することも大切です。

割引コードだけをお求めの方は先に以下を記載しますので是非ご利用ください。

コード:JW6010

お申し込みはこちらから。全ての料金プランで月額金額が30%オフになります。

成功事例としてのキーワード最適化

「成功事例としてのキーワード最適化」をイメージさせる写真

キーワード最適化がどのように実際のビジネスに成功をもたらすかを理解するためには、具体的な成功事例を見てみると良いでしょう。以下に示すのは、キーワード最適化により業績を大幅に改善した実際のAmazonビジネスの事例です。

実際のビジネスにおける成功例

例えば、ある電子機器の販売業者は、Amazon上での売上が停滞していました。彼らは様々なマーケティング戦略を試みましたが、なかなか改善の兆しが見られませんでした。そこで、彼らはキーワード戦略の再構築に取り組むことにしました。

商品リスト全体を見直し、適切なキーワードを選択し直すことから始めました。また、これらのキーワードの配置を最適化し、Amazonの文字数制限を最大限に活用しました。更に、商品の詳細やバックエンドキーワードにも重要なキーワードを追加しました。

結果として、この業者の商品は検索結果で高いランキングを得ることができ、クリック率と変換率が大幅に向上しました。これにより、同社の売上は数ヶ月で2倍以上に増加し、Amazonビジネスは新たな成長段階に入りました。

成功例から学べる教訓と改善点

この成功事例からは、キーワード戦略の重要性と、それが具体的にビジネスにどのような影響を及ぼすかが明確に示されています。キーワードの選定と配置の最適化、そしてそれらの継続的な改善は、商品の検索結果のランキングを向上させ、結果として売上増加につながる可能性があることがわかります。

しかし、キーワード戦略は一度きりのものではありません。市場の動向、競合他社の行動、消費者の行動傾向など、外部環境は常に変化しています。そのため、成功した戦略も時間とともにその効果を失う可能性があります。

この点から、キーワード戦略の継続的なモニタリングと改善が重要であることが理解できます。成功事例からは次のような教訓と改善点が洗い出されます:

  1. キーワードの選定と配置: 適切なキーワードを選び、それを効果的に配置することが、Amazonの検索エンジンの動作を理解する上で重要です。
  1. 文字数制限の活用: Amazonの文字数制限を最大限に活用し、商品タイトル、商品の詳細、バックエンドキーワードなどの各部分に重要なキーワードを含めることが、商品の検索結果のランキングを向上させます。
  1. 継続的な改善: 市場や消費者の嗜好は常に変化しています。そのため、定期的にキーワード戦略を見直し、最新の消費者行動や市場動向に対応することが必要です。

これらの教訓を念頭に置き、自社のキーワード戦略を見直すことで、Amazonでのビジネスを成功に導くことができるでしょう。

まとめ

「まとめ」をイメージさせる写真

本記事では、Amazonのキーワード戦略における文字数の最適化について詳細に見てきました。それでは最後に、これらの情報をまとめ、今後のビジネスに対する提言とアクションプランを提供します。

キーワードはAmazonの商品検索における中心的な要素であり、検索結果のランキングと結果的には売上へ大きな影響を与えます。そのため、適切なキーワードを選択し、それらを最大限に活用することが重要です。特に、文字数制限を考慮に入れた上でキーワードを選定し配置することは、商品の見つけやすさを向上させ、購買につなげるために不可欠です。

それでは、これらの知識をどのように活用すべきでしょうか?

  1. キーワード選定の再評価: まず、現在のキーワード戦略を見直し、商品リスト全体のキーワード選定を再評価してみましょう。その上で、最も効果的なキーワードを特定し、それを商品リストに反映させることが求められます。
  1. 文字数制限の最適化: 次に、Amazonの文字数制限を考慮に入れて、キーワードを配置しましょう。商品タイトル、商品詳細、バックエンドキーワードなど、各部分で最適なキーワードが配置されているか確認しましょう。
  1. 戦略の継続的な見直し: 最後に、市場の動向と消費者のニーズは変化し続けるため、定期的な戦略の見直しと更新が必要です。成功事例から学んだ教訓を活かし、キーワード戦略を継続的に改善することで、商品の検索結果のランキングを維持・向上させることができます。

このようなアクションプランを通じて、Amazonでのビジネスをさらなる成功へと導くことができるでしょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。