Amazonセラースプライトの販売数は正確?より正確に推定する方法も紹介

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

セラースプライトの販売数は正確?

セラースプライトは、競合や市場の調査に使えるAmazonのセラー向けツールですが、販売数で誤差が出やすいと言われています。

販売数の誤差は大きいと30〜50%ほど出ると言われており、表示されている販売数はあくまで「目安」として活用するのがおすすめです。

特に、絶対的な数として活用するよりも、相対的な比較を目的として活用するのがよいでしょう。

セラースプライトで販売数をより正確に推定する方法

セラースプライトの販売数をより正確に推定するとしたら、以下のような方法があります。

まずは販売数を把握したい商品を検索し、その商品のランキングと在庫数をチェックしましょう。

その商品のランキングと在庫数を翌日、翌々日と追跡していくと、「何位の商品は1日あたり何個程度売れている」という大体の数を掴めますよ。

その数字とセラースプライトの販売数を突き合わせて実数との誤差を算出し、セラースプライトの販売数を補正すれば、より正確な数を推定することができます。

この方法でも精緻な値を導くことはできませんが、よく正確な数を推定することは可能です。

セラースプライトの販売数の活用方法 

楽天の運用型広告の種類をイメージできる画像

Amazon内の市場規模を知る

商品を販売するには、Amazon内の市場で動いている金額を把握することが必要不可欠です。

一般的に、市場で動くお金以上の売上が上がることはありません。市場規模がわかれば、その規模の中でどれだけシェアを獲得するか予測すればよいので、仕入れのリスクを減らすことができます。
販売数で市場の規模がわかるから、必要な分だけ仕入れることができ、無駄のない運営ができるでしょう。 

売上予測が立てやすい

Amazonで商品を出品しても、商品が売れなければ利益は生まれません。

商品がどれくらい売れるか予測を立てずに仕入れてしまうと、思ったよりも商品が売れず、仕入れた金額を回収できないような事態もあり得ます。また、仕入れた数が足りなければ、せっかくの販売機会を逃してしまいます。

どれぐらい売れるのか正確に予測できれば、それだけ多くの売上を上げることができ、無駄のない効率的な運営が実現できます。 

在庫や仕入れの判断材料にする

商品の販売数は、シーズンやトレンドに影響されることもあるため、どれくらい在庫を持っておくか判断する必要があります。

どのシーズンに売りやすく、いつまでに売り切れると良いのか、毎年売れているのか今しか売れないものなのか、商品のニーズを把握して仕入れをするのが理想です。

セラースプライトでは販売数の推移が分かるので、売れるタイミングにあわせて在庫を仕入れたり、新たに仕入れずに売り切るなど、在庫管理のための適切な判断が可能になります。

Amazon販売個数ツールはセラースプライトがおすすめ!

Amazonで販売個数のリサーチをするにはセラースプライトがおすすめです。

セラースプライトは、Amazonにおける競合商品の販売個数とその推移・価格・レビュー・FBA送料などといった情報を一括で調べることができるマーケティングツールです。

実務レベルで必要なマーケティング情報を網羅的に、かつ調べやすい形で提供していることが最大の魅力です。

Amazonを利用する全ての事業者にとって、導入して損のないツールと言っても過言ではありません。

ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!

コード:JW6010

申し込みはこちら!

セラースプライトの販売数リサーチ機能紹介

セラースプライトでは、複数の機能から販売数が確認できます。販売数の精度は確実なものではない分、いくつかの予測を組み合わせてチェックできるのが理想です。

また、セラースプライトには無料でも使える機能や無料だと一部しか見れない機能、有料でなければ使えない機能がありますので、併せて確認していきましょう。 

①販売数予測

商品リサーチ機能で商品を検索すると販売数予測という項目があり、無料で見ることができます。
Google ChromeでAmazonを開き、調べたいキーワードで検索をかけましょう。検索結果が表示されたページに「売上詳細」と出るので、それをクリックすれば、検索結果で表示される全商品のデータが取得できます。

過去3年間までの販売数の推移を確認したいなら、まずはここから確認するのがおすすめです。 

②市場リサーチ

市場リサーチは、無料で使う場合は一部のみ見れる機能です。

市場リサーチ機能では、月間販売数や月間平均販売数など、調べたい項目を自分で指定して絞り込むことができます。

一般的には、市場規模が大きければ大きいほど競合も強くなるため、市場規模の見極めが重要です。

市場に新しく参入するか検討しているなど、市場の規模をしっかり掴んでおきたい場合は市場リサーチから確認すると良いでしょう。 

③ライバル商品リサーチ

ライバル商品リサーチは、無料で使う場合は一部のみ見ることができます。

この機能では、国や期間、キーワード、カテゴリ、ASINなどをもとにライバル商品の月間販売数などのデータを抽出できます。

データをもとに、商品の仕入数などを参考にしたい場合に使うとよいでしょう。

ただし、ASINはバリエーションごとに見ようとしても親ASINの数値しか出てこないので、バリエーションごとに見たいなら⑥レビュー分析から見る必要があります。 

④商品リサーチ

商品リサーチは、特定の商品の月間販売数が表示されます。分析カテゴリー、検索ボリューム、月間販売数、成長率などでデータを絞りこみが可能です。

無料だと直近3ヶ月の月間販売数まで表示されます。

③ライバル商品リサーチは競合商品を分析するのに向いていますが、④商品リサーチはいつの商品よりもっと広い「市場」規模の分析に秀でています。

ピンポイントで見るなら③ライバル商品リサーチ、大枠を見たいなら④商品リサーチで使い分けてみると良いでしょう。

⑤商品モニタリング

商品モニタリングは、商品の販売数のほか、在庫数やランニングの推移やレビューを毎日自動で取得します。

有料の会員のみが使える機能で、会員ランクごとに100件まで、300件まで、500件までと制限があります。

自店商品や競合商品の日々のデータを蓄積していき、動向や推移を追ったり、ライバル商品を比較したい場合に活用してみましょう。 

⑥レビュー分析

レビュー分析は、有料会員限定で利用できる機能で、商品の色やサイズ、価格、ランキング、レビューの星の数やレビュー本文などが一覧で確認できます。

他の機能のように「販売数」という項目があるわけではありませんが、商品のバリエーションごとに評価された数が表示されているため、評価数を販売数に読み替えることが可能です。

商品の販売数をバリエーションごとに知りたい場合も、レビューの評価数から見ることができます。

Amazon販売個数ツールはセラースプライトがおすすめ!

Amazonで販売個数のリサーチをするにはセラースプライトがおすすめです。

セラースプライトは、Amazonにおける競合商品の販売個数とその推移・価格・レビュー・FBA送料などといった情報を一括で調べることができるマーケティングツールです。

実務レベルで必要なマーケティング情報を網羅的に、かつ調べやすい形で提供していることが最大の魅力です。

Amazonを利用する全ての事業者にとって、導入して損のないツールと言っても過言ではありません。

ECグロースラボではセラースプライトの全ての料金プランが30%オフになるクーポンを配布しています。

申し込み時に以下コードを入力してご利用ください!

コード:JW6010

申し込みはこちら!

まとめ

セラースプライトで見れる販売数は、1点単位で正確な数字ではありませんが、目安として活用することができます。

また、ただ販売数を見られるだけでなく、キーワードのリサーチやライバルの商品の傾向、レビューの分析など、便利な機能が多く備わっています。

まだ使っていないのであれば、まずは無料で使ってみるのをおすすめします。セラーにとってかなり有用なツールになっているので、リサーチや分析の際に活用してみてください。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。