効果的なEC受注管理システムでネットショップの受注管理を効率化

近年ネットショッピングの人気が高まり、多くの企業がオンラインでの販売に参入しています。

ネットショップを運営する上で、効率的な受注管理は売上に関わる重要な要素です。

しかし、受注が増えたり複雑化するプロセスに対応するのは簡単ではありません。

そこで便利なのが、EC受注管理システムです。

EC受注管理システムを活用すれば、手作業管理からの解放と自動化、正確な在庫管理などが可能です。

さらに、顧客情報の一元管理やスムーズな受注処理によって、お客様の満足度の向上につながります。

本記事では、効果的なEC受注管理システムの選択や活用方法などについてご紹介します。

ネットショップ経営における受注管理の重要性を見極め、最適な受注管理システムを導入して、効率的な運営を実現しましょう。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

ネットショップ運営者に欠かせないEC受注管理システム

ネットショップ運営者に欠かせないEC受注管理システムを
イメージできる写真

ネットショップ運営者にとって、EC受注管理システムは欠かせないツールです。

ネットショップの運営上、スムーズかつ効率的な受注管理は、物販ビジネスで成功への鍵となるからです。

そのため、EC受注管理システムの導入はネットショップ運営者にとって必須といえます。

なぜEC受注管理システムが重要なのか、その特徴や機能についてみていきましょう。

EC受注管理システムでは、受注プロセスを効率化するための機能を利用できます。また、自動化された受注処理や在庫管理機能が利用できます。

受注情報や顧客情報の一元管理により、注文の追跡や顧客への迅速な対応が可能です。

また、EC受注管理システムは在庫管理にも役立ちます。

これにより、商品の売り逃しや過剰な在庫を恐れるリスクを軽減し、効率的な在庫管理を実現できるのです。

EC受注管理システムは、販売データの分析やレポート作成に役立ちます。

売上データや受注分析などの情報を基に注目商品や顧客の傾向を把握できるので、マーケティング戦略で売上の最大化につなげられます。

また、セキュリティは重要なポイントです。

EC受注管理システムは、顧客情報や取引データの保護に対する高度なセキュリティ対策が講じられています。

顧客の個人情報やクレジットカード情報が安全に管理されることは、顧客の信頼を築く上でも重要な要素です。

自社のニーズに合ったEC受注管理システムを選び、ネットショップ運営の最適化を図りましょう。

成功するネットショップ経営に欠かせないEC受注管理の重要性

成功するネットショップ経営に欠かせないEC受注管理の重要性をイメージできる写真

EC受注管理は、ネットショップ経営で成功するために欠かせない重要な要素です。

受注管理の重要性についていくつかのポイントをご紹介しましょう。

EC受注管理が効率的に行われれば、顧客にスムーズかつ正確なサービスを提供できます。

迅速な受注処理、正確な在庫情報、迅速な発送手続きなどは、顧客の満足度を高める要素となります。

EC受注管理の効率化は、リピート購入を促進する上で重要です。

顧客がスムーズに注文を完了し、正確な商品を迅速に受け取れたならば、ショップの評価が上がりリピートにつながりやすいでしょう。

EC受注管理には在庫管理が含まれます。適切な在庫管理を行えば、在庫不足や過剰な在庫を回避し、効率的な在庫運用を実現できます。

コストの最小化が期待できるでしょう。

受注管理システムから得られるデータは、売上データや顧客の傾向など貴重な情報源です。これらのデータを分析し、必要な予測やマーケティング最適化などの意思決定に活用できます。

受注数が増加する場合、EC受注管理システムで注文の増減に対応する必要があります。

適切な受注管理を行えば、徐々に受注数への柔軟な対応ができ、成長に対する基盤を築けるでしょう。

これらの要点からわかるように、EC受注管理は顧客満足度の向上、リピート購入の促進、効率在庫管理、ビジネス分析と意思決定の基盤、そして成長への支援など、ネットショップ経営においてとても重要です。

EC受注管理を正しく実践すれば、競争力の強化と長期的な成功につながるでしょう。

【メリット】EC受注管理システムでネットショップの運営を効率化する

【メリット】EC受注管理システムでネットショップの運営を効率化するをイメージできる写真

ネットショップの運営を効率化するためには、EC受注管理システムの利用が非常に重要です。 

受注数が増えたりプロセスが複雑化すると、手作業では対応しきれなくなる場合があるからです。

そういった場合は、EC受注管理システムを備えたシステムの導入が、ネットショップ販売の運営において重要性を発揮します。

ネットショップの受注管理で受注管理システムを導入すれば、効率化に大きく役立ちますよ。

EC受注管理システムでネットショップの運営を効率化するメリットは3つです。

  • 自動化で手作業の手間を大幅に削減できる
  • 受注プロセスの追跡や管理を簡単に行える
  • レポートや分析機能が利用できる

では、1つずつみていきましょう。

自動化で手作業の手間を大幅に削減できる

EC受注管理システムでは、自動化された受注処理によって、手作業の手間を大幅に削減できます。

受注情報、顧客情報の自動入力や在庫管理の自動更新など、ネットショップでの多くの作業をシステムが代行してくれるため、時間とエネルギーを節約できるのです。

受注プロセスの追跡や管理を簡単に行える

EC受注管理システムは、ネットショップの受注プロセスの追跡や管理を簡単でスムーズに行えます。

注文のステータス管理や納品状況の把握、顧客への自動メール通知など、重要な情報を一元管理できるため、ミスや漏れを防げるのです。

また、顧客に対するスピーディな対応や正確な情報の提供は、顧客満足度の向上にもつながります。

レポートや分析機能が利用できる

EC受注管理システムでは、レポートや分析機能が利用できる場合があります。

売上データや受注分析などのレポートを簡単に作成でき、ネットショップ販売の成果やトレンドを把握できるのです。

顧客の傾向を把握すれば、マーケティング戦略の改善や新たな販売方法の開拓に役立ちます。

レポート作成や分析結果により、ビジネスの成果を捉え、改善策の検討も可能です。

【デメリット】EC受注管理システムでネットショップの運営を効率化する

【デメリット】EC受注管理システムでネットショップの運営を効率化するをイメージできる写真

残念ながら、EC受注管理システムでネットショップの運営を効率化するデメリットは見つかりませんでした。

しいてデメリットを挙げるのであれば、システムの利用に費用がかかるところでしょうか。

ただ、無料の使用期間を設けてくれているところがほとんどなので、まずは無料で試してみるとよいでしょう。

EC受注管理システムでネットショップの受注管理ストレスを解消

EC受注管理システムでネットショップの受注管理ストレスを解消をイメージできる写真

インターネットショップの運営者にとって、受注管理は日々の重要な業務ですが、その複雑さや手間は多くのストレスを伴います。

受注のストレスを軽減し、効率的な運営を実現するためのEC受注管理システムについてみていきましょう。

受注管理におけるストレスの一つは、手作業による作業量の増加です。

 注文情報の入力や在庫管理、顧客情報の管理など、これらを手動で行うと時間と労力がかかります。

EC受注管理システムを導入すれば、時間のかかる手動の作業を効率化できます。

自動化された受注処理や在庫管理機能によって、手作業の手間を軽減し、作業時間を大幅に短縮できるでしょう。

ネットショップの受注管理でストレスを抱えている場合は、そのストレスを解消するために、EC受注管理ツールの活用を検討しましょう。

受注プロセスを自動化して生産性を向上させる方法

受注プロセスを自動化して生産性を向上させる方法をイメージできる写真

ネットショップの運営上、受注プロセスの効率化は生産性向上の鍵となります。

受注情報の入力や在庫管理、顧客への連絡など、これらの作業を手動で行うと時間と手間が省けるからです。

さらに受注プロセスを自動化することで、生産性を向上させられます。

受注プロセスの自動化は、ネットショップの運営上生産性向上を実現するための重要な手段です。

受注情報の自動入力によって、手動での情報入力作業を省けます。これにより、受注データの入力作業が大幅に削減され、時間と労力を節約できるでしょう。

また、受注プロセスの自動化は、在庫管理を効率化する効果があります。

受注があるたびに在庫数を手動で更新する必要はありません。システムが在庫数を自動的に更新し、在庫不足を解消できます。

適切な在庫管理が可能となり、商品の売り逃しや過剰在庫のリスクを軽減できるのです。

受注プロセスの自動化には顧客への連絡や通知も含まれます。

受付注文の自動確認メールや配送状況の自動更新通知など、顧客への情報提供が迅速に行われます。

満足度を向上させるだけでなく、お問い合わせやクレームの数を減らせるでしょう。

EC受注管理システムの選び方と活用法

EC受注管理システムの選び方と活用法をイメージできる写真

自社の受注管理のニーズや要件に合った機能を持つ、EC受注管理システムを選びましょう。

受注処理、在庫管理、顧客管理、売上分析など、必要な機能を確認し、ソフトウェアがそれらをカバーできるかどうかチェックするとよいでしょう。

ビジネスの成長で受注数が増加する場合、EC受注管理システムが拡張可能であるかが重要です。

将来のニーズやビジネスの変化に対応できるように、柔軟性を持ったソフトウェアを選ぶとよいでしょう。

他のビジネスシステムやプラットフォームとの連携は重要です。

受注管理システムは、他のシステムやツールとスムーズに連携できるのが重要です。

EC受注管理システムが他のシステムやツールとの統合に対応しており、APIや連携機能を提供しているかどうかを確認しましょう。これにより、受注データの受け渡しや在庫管理の連動など、複数のシステムを連携させることができます。

連携がスムーズに行われることで、業務の効率化や正確な情報の共有が実現できますよ。

ネットショップでおすすめのEC受注管理ツール5選

ネットショップでおすすめのEC受注管理ツール5選をイメージできる写真

ネットショップでおすすめのEC受注管理ツールを5つご紹介します。

  • NEXT ENGINE(ネクストエンジン)
  • GoQSystem(ごくーシステム)
  • CROSS MALL
  • クロスマ
  • タテンポガイド

では順にご紹介します。

NEXT ENGINE(ネクストエンジン)

NEXT ENGINE(ネクストエンジン)をイメージできる写真

(出典:https://next-engine.net/)

ネクストエンジンは、導入実績業界No.1の受注管理システムです。

実際にECを運営する中での、様々な意見から生まれた便利なサービスが特徴です。

アプリで、利用する機能のカスタマイズができるので、事業規模や社会環境が変化してもずっと利用できるので便利ですよ。

さらに、電話とメールでのお問い合わせに対応しています。

基本料金に加えて、商品や店舗がどれだけ増えても使った分だけの従量課金制の料金プランなので、無駄な固定費がかかりませんよ。

30日間の無料体験ができるので、試してみてはいかがでしょう。

ネクストエンジンについて、こちらの記事で詳しく説明していますので、一度読んでみてください。

GoQSystem(ごくーシステム)

GoQSystem(ごくーシステム)をイメージできる写真

(出典:https://goqsystem.com/)

GoQSystemは、利用者数の全サービス累計39,200社突破のECサイト受注管理システムです。

実際に自社の通販店舗を運営する中で、あったらいいなと感じた機能を盛り込んだ、通販業務の一元管理システムが特徴です。

初期設定が簡単で、即日利用開始ができますよ。

専任のスタッフが初期設定からフルサポートしてくれるので、システムに苦手意識があっても大丈夫です。

電話とメールのサポートに加え、LINE@での日・祝緊急対応、さらにAIチャットボットによる自動回答を利用できるので、サポートが充実しているといえるでしょう。

注文件数が増えても定額料金なので、ずっと金額が変わりません。

20日間の無料お試しがあるので、そちらを利用してみてはいかがでしょう。無料期間中でもすべての機能を利用できますよ。

CROSS MALL(クロスモール)

CROSS MALL(クロスモール)をイメージできる写真

(出典:https://cross-mall.jp/)

クロスモールは、ユーザーリピート率98.4%(2021年7月末現在)のEC運営の一元管理クラウドサービスです。

利用者の状況をヒアリングし、最適な状態になるようフロー図を作成、提案してくれるのが特徴です。

電話のサポートだけでなく、ソフト導入前からソフト導入後へのフォロー体制が整っているので、誰でも安心して利用できますね。

商品課金、受注課金なしの月額固定で安心です。

初期費用0円プランでは、月額費用5,000円からで始めやすいですよ。

Crossma(クロスマ)

Crossma(クロスマ)をイメージできる写真

(出典:https://crossma.roborobo.co.jp/?gad=1&gclid=Cj0KCQjw8NilBhDOARIsAHzpbLBVno6VHHU9kD86D6ELtFiQYp9j61ud56f1Xhz1aMaduHHXnpt4GLsaAl4-EALw_wcB)

クロスマは、累計ユーザー数1,000名突破の複数モール運営効率化ツールです。

商品、在庫、受注情報の一元管理だけではなく、豊富な機能がオールインワンなのが特徴です。

また、新規ショップ作りを低コストで代行してくれます。

運営者の作業はほぼ最初の出品だけなので、作業時間が91%削減できるのです。(モデルケース : 3モールに出店 / 月1,000件受注 / FBA利用の場合)

従量課金ではなく、初月の初期設定費用と月額制というシンプルな料金プランなので費用が分かりやすくていいですね。

タテンポガイド

タテンポガイドをイメージできる写真

(出典:https://tatempo.guide/)

タテンポガイドは、複雑なネットショップ業務フローをシンプルにするクラウドサービスです。

一元管理で複雑な業務削減や自動化ができ、ネットショップ複数運営で必要な業務を、運営者に代わって管理してくれます。

専任担当のサポート体制があるので、システムの導入に不安を感じる方やITに詳しくない方でも安心です。

初期費用0円、さらに3ヶ月間は無料で全ての機能を利用できます。

継続して利用するか検討できる期間があるのは嬉しいですね。

ネットショップの受注管理における課題と解決策

ネットショップの受注管理における課題と解決策をイメージできる写真

ネットショップの受注管理にはさまざまな課題があり解決策があります。

どれも重要なので、課題がある場合は確実に一つ一つ解決しましょう。

EC受注管理システムの機能を利用して課題解決を簡素化できる場合があるので、自社の課題に合わせたツールを探すのもいいですね。

では、4つの課題とそれに対する解決策をご紹介します。

  • 受注処理の遅延やエラー
  • 在庫管理の困難
  • 顧客サービスの向上
  • データ分析と改善

【課題と解決策①】受注処理の遅延やエラー

受注処理を自動化すれば、手作業によるエラーや遅延を軽減できます。

ぜひ受注確認メールや発送手続きなどの自動化を導入しましょう。

受注管理システムやECプラットフォームを見直し、処理能力や安定性を向上させれば、スムーズな受注処理が可能ですよ。

【課題と解決策②】在庫管理の困難

在庫管理システムを導入すれば、在庫情報を把握し、万が一の在庫切れや過剰在庫を防げます。

適切な在庫予測モデルを利用し、必要な予測や在庫管理を行います。これにより、在庫の最適化や追加発注のタイミングを把握できますよ。

【課題と解決策③】顧客サービスの向上

お客様からのクレームに対しては、丁寧に対応することが重要です。

カスタマーサポートチームの強化や自動応答システムの導入を検討しましょう。

 メール、電話、チャット、ソーシャルメディアなど、顧客とのコミュニケーションチャネルを多様化させ、顧客の選択好に合わせた対応が提供できればよいでしょう。

【課題と解決策④】データ分析と改善

受注データや顧客の行動データを収集し、分析すれば、必要な予測やマーケティングの最適化が可能です。

データ分析ツールやBIツールの活用が有効です。

受注管理プロセスや顧客サービスにおける課題や改善点を特定し、継続的な改善を行いましょう。

顧客フィードバックやモニタリング、そして改善に取り組めるとよいですね。

まとめ

まとめをイメージできる写真

EC受注管理システムの導入は、ネットショップの受注管理を効率化する重要な手段です。

システムの機能や利点を活用し、受注処理の自動化や在庫管理の最適化を実現しましょう。

適切な受注管理システムの選定とスタッフへのトレーニングで、ネットショップの業務効率を向上させ、顧客満足度を高めましょう。

ネットショップを運営しているならば、効果的なEC受注管理システムを検討し、迅速かつ正確な受注管理を実現するようおすすめします。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。