Amazon出品ツールおすすめ8選を徹底比較!

Amazon出品ツールおすすめ8選を徹底比較!の記事をイメージさせるサムネイル写真

「Amazon出品ツールの導入を検討している」

「どのようなツールを選べばいいかわからない」

上記のような悩みを抱えている方は多いでしょう。

結論、Amazon出品ツールを選ぶ際に重視すべきポイントは、コストと機能面です。
自社の費用や業務に合ったツールをを選ぶことで、Amazon事業を活性化できるでしょう。

しかし、選び方がわかっても、自社に適したAmazon出品ツールを絞り込むことは難しいかもしれません。そこで本記事では、Amazon出品ツールのおすすめや選び方、メリットなどを解説します。

本記事を最後まで読めば、自社に適したAmazon出品ツールがわかるはずですので、ぜひ参考にしてください。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon出品ツールとは?

Amazon出品ツールとはをイメージできる写真

Amazonでの商品販売を円滑に進めるためのツールが「Amazon出品ツール」です。具体的には、商品の在庫や価格の管理、売上データや出品状況の確認などを容易に行えます。

また、自動的に在庫を補充する機能を搭載したツールも存在します。これらの機能により、商品販売に必要な業務を迅速かつ効率的に遂行できるのです。

Amazon出品ツールを使う2つのメリット

Amazon出品ツールを使うメリットをイメージできる写真

Amazon出品ツールを使うメリットは、次の2つです。

  • 労働コストの削減
  • 業務の活性化

それぞれ解説します。

労働コストの削減

Amazon出品ツールでは、出品作業を一括化したり委託できたりします。そのため、従来の手動作業よりも効率的に業務を進められます。

たとえば、商品登録や在庫管理、価格の自動変更など、多くの業務の自動化が可能です。これにより、従業員の時間を節約につながります。

また、出品ツールを利用することで、作業ミスのリスク低減も可能です。手動で作業を行うと、入力ミスや在庫数の把握ミスなどが発生する可能性があります。ミスが発生すれば、それを補修するためにより多くの時間が必要です。

しかし、ツールは機械化されているため、ミスが発生する可能性は低いです。

以上のことから、Amazon出品ツールを導入すれば、労働コストの削減が可能です。

業務の活性化

機能が優れたAmazon出品ツールを活用すれば、商品登録を数秒で行えます。これまで出品作業に費やしていた工程を大幅にカットできるでしょう。削減できた時間で他の業務に人員を割り当てれば、業務の活性化が可能です。

さらには、手動作業よりもスピーディーに出品業務を進められます。

Amazon出品ツールの5つの選び方

Amazon出品ツールの選び方をイメージできる写真

Amazon出品ツールの選び方は、次の5つです。

  • 自社に見合ったコストか
  • 機能が優れているか
  • サポートは手厚いか
  • 評判はいいか
  • ブログは更新されているか

それぞれ解説します。

自社に見合ったコストか

Amazon出品ツールを選ぶ際には、自社の事業規模に見合ったコストかどうかを見極めることが大切です。出品ツールには、無料のものから有料のものまで様々な種類があり、利用できる機能や価格が異なります。

小規模な事業であれば、まずは無料のAmazon出品ツールから触ってみるのもいいでしょう。出品ツールを導入すれば、社内コストの削減や生産性の向上につながるのかを、肌で触れてみるのが大切です。

無料のAmazon出品ツールで成果が出たのであれば、有料のツールに切り替えると、より業務が活性化するかもしれません。

一方、大規模な事業であれば、はじめから有料の出品ツールの利用を検討してみてもいいでしょう。有料のツールには、市場分析のような優れた機能も導入されているケースが多いです。出品作業を効率化させたうえで分析ツールを利用すれば、生産性の向上が見込めます。

以上のことから、自社に見合ったコストかを見極めて、導入するAmazon出品ツールを決めましょう。

機能が優れているか

Amazon出品ツールを選ぶ際には、機能が優れているかどうかも大切です。出品ツールには、自動化機能や在庫管理機能、販売促進機能などがあります。これらの機能が優れているほど、業務の効率化や売上の増加など、事業の成長が期待できます。

ただし、機能が優れているほど、導入コストもかかります。予算を決めてから、機能面を重視してAmazon出品ツールを選ぶのがおすすめです。

サポートは手厚いか

Amazon出品ツールを利用しはじめると、出品に関するトラブルが発生するケースがあります。そのため、万が一の場合に適切なサポートを提供してくれることが望ましいです。

手厚いサポートを提供している出品ツールでは、専門のカスタマーサポートが電話やメールで問い合わせに応じてくれます。また、FAQやマニュアルなどを、文面でサポートしてくれるケースもあります。

サポート内容が手厚ければ、導入したツールを有効に活用できるでしょう。とくに、Amazon事業をはじめたばかりの場合や、はじめて出品ツールを利用する場合は、サポートの手厚さを重視して選ぶことが望ましいです。

評判はいいか

Amazon出品ツールは数多くありますが、すべてのものが優れたツールとは限りません。中には、サポートが不十分であったり、使い勝手が悪かったりするものもあります。

そのため、自分が選んだ出品ツールが他のユーザーからどのように評価されているかを、口コミサイトやSNSなどで確認することが重要です。

ただし、あくまでも口コミやレビューは参考程度にとどめ、自身で出品ツールを試してみることも大切です。有料のAmazon出品ツールは、基本的に無料トライアル期間が設けられています。

有料版に移行する前に、無料トライアルを試して、自社に必要なツールかを見極めましょう。

ブログは更新されているか

Amazon出品ツールを運営する企業が、自社のブログを定期的に更新している場合。その企業は、出品ツールの開発やアップデートに積極的に取り組んでいる可能性があります。最新の機能を備えたAmazon出品ツールを利用するに越したことはないでしょう。

またブログには、Amazon事業の運営に関する情報が記載されているケースもあります。そのため、企業のメディアは、Amazon事業の運営に関わる最新情報を入手する手段の一つとしても活用可能です。

ただし、ブログの更新頻度や更新内容だけで判断するのはNGです。ブログを更新しているからといって、必ずしもその企業のAmazon出品ツールが優れているとは限りません。

コストや機能性などを重視したうえで、ブログが更新されているかは一つの判断材料として考えましょう。

Amazon出品におすすめの有料ツール5選

Amazon出品におすすめの有料ツールをイメージできる写真

Amazon出品におすすめの有料ツールを、次の5つ紹介します。

  • プライスター
  • Cappy
  • MAKAD
  • アマストリーム
  • アマゾンクリエイト

それぞれ解説します。

プライスター 

プライスターは、Amazonでのせどりに優れた出品ツールとして、11,000人以上のユーザー数を誇っています。このツールは、商品のバーコードを読み込むだけで、その商品の粗利を計算し、販売スピードを予測してくれます。

さらに、店舗で仕入れた商品をすぐに出品するための設定も、かんたんかつ迅速に可能です。また、月額5,280円(税込)というリーズナブルな価格設定のため、小規模な企業でも導入しやすいでしょう。

導入は、1ヶ月の無料トライアル(2023年4月時点)を試してから検討するのがおすすめです。

Cappy 

Cappyは、Amazon出品ツールとして、5年以上の提供実績を誇ります。Cappyでは、出品から納品までワンストップで行えるための、さまざまな機能が導入されています。

たとえば、Cappyのツール内で、出品作業が完結する機能です。Amazonセラーセントラルへのログイン不要で出品作業を行えるため、効率的に作業を行えます。

また、一括出品の機能もあります。一つずつ出品しなくて済むため、商品数が多い企業は、大幅な時間削減が望めます。

実際、Cappyを利用したとある企業は、導入前と後で、作業時間が30%以上も短縮されたと実感しています。

さらに、1点70円〜出品代行を依頼できるため、自社の規模に応じて柔軟に活用できるのも魅力です。

30日間の無料トライアルも実施(2023年4月時点)しているため、導入を検討している方は、まずは問い合わせてみてはいかがでしょうか。

MAKAD

MAKADは、累計7,000以上の顧客を誇る、Amazon事業をサポートするツールです。迅速な商品登録や出品後の価格改定、販売フォローなど、Amazon運営に必要な業務全般をフォローしてくれるのが特徴です。

1商品の登録にかかる時間は、わずか数秒です。通常、1商品を登録するには、ページをいくつかまたいだり、ボタンを何度もクリックしたりする必要があります。これでは、効率的に業務を進められません。

また、出品後の価格改定や販売フォローなどの手厚いサポートにより、Amazon事業を活性化できるでしょう。

実際、MAKADの顧客の売上は、2023年3月だけで39億9853万6366円にものぼります。

売上を伸ばされたい方は、まずは30日間無料トライアル(2023年4月時点)への申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

アマストリーム

アマストリームは、せどりに適したAmazon出品ツールです。バーコードをスキャンするだけで商品登録ができるため、スムーズな出品が可能です。

また、SKU(商品を識別するための番号)に出品日やカテゴリーなどを設定しておけば、事前に決めた内容で自動発番されます。SKUを商品ごとに決めるのは手間がかかりますが、アマストリームではスムーズに行えます。

出品後も、24時間の監視体制による価格改定の機能により、常に市場に適した商品販売が可能です。さらに、年間契約すれば、月額2,980円で契約可能です。コストをおさえてAmazon出品ツールを導入したい方にも、アマストリームはおすすめです。

30日間の無料期間(2023年4月時点)もあるため、せどりを行う方はアマストリームの導入を検討してもいいでしょう。

アマゾンクリエイト 

アマゾンクリエイトは、商品ページの作成に特化したAmazon出品ツール。自社商品を有している方におすすめです。Amazonクリエイトでは、10,000件以上の実績を誇るクリエイターが、自社商品の販売ページ制作および登録を行ってくれます。

自社商品を販売する際、商品ページが魅力か否かで売上率は大きく変動します。社内のノウハウによっては、魅力的な商品ページを制作するのは難しいでしょう。

しかし、実績が豊富なアマゾンクリエイトであれば、魅力的な商品ページを制作してくれるはずです。さらに、電話対応が可能な専属サポートを配備してくれるため、はじめてAmazon事業を運営する方でも安心して利用できます。

魅力的な商品ページを制作したい方は、アマゾンクリエイトを検討してみてはいかがでしょうか。

Amazon出品におすすめの無料ツール3選

Amazon出品におすすめの無料ツールをイメージできる写真

Amazon出品におすすめの無料ツールを、次の3つ紹介します。

  • セルモア
  • aucfan connect
  • Amazon Seller

無料ツールは有料版に比べると、機能面は優れていませんが、はじめてAmazon事業を運営する方は、まずは無料ツールから試してみるのがいいかもしれません。

Amazon出品におすすめの無料ツールをみていきましょう。

セルモア

セルモアは、メルカリや楽天、Amazonなどの複数のECサイトに対応したツール。月間受注件数が30件までであれば、完全無料で利用できます。一番の魅力は、アプリ1つで複数のECサイトへの出品や商品管理ができることでしょう。

機能はシンプルで、商品にチェックを入れるだけで、Amazonを含むECサイトに出品できます。また、価格改定も、アプリ1つで複数のECサイトで同時に行えます。

複数のECサイトを運営している方は、セルモアの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

aucfan connect 

aucfan connectは、Amazonに特化した出品ツールです。1点あたりの商品登録が数十秒で行えるのが特徴です。出品する商品数が多い場合、これまで手作業で行っていた商品登録作業にかかる時間を大幅に短縮できるでしょう。

また、アカウントの作り方やAmazon事業のノウハウを動画で学べます。登録も1分で行えるため、Amazon事業に新規参入する方にも適したツールといえるでしょう。

Amazon Seller 

Amazon Sellerとは、iOSとAndroid向けのスマートフォンアプリです。Amazonのセラーアカウントを有している方であれば、無料で利用できます。商品の出品や在庫管理、価格設定など、Amazon事業に必要な業務をスマートフォンで完結できます。

また、リアルタイムの売上情報や顧客からの問い合わせにも対応。外出中でも自店舗の情報を確認できるため、Amazon事業を運営している方は、インストールしておいて損はありません。

Amazonの出店事業を活性化させるなら他ツールの導入もおすすめ

他ツールの導入をイメージできる写真

Amazon事業を活性化させるには、次のようなツールの導入もおすすめです。

  • Amazon分析ツール
  • Amazon在庫ツール
  • Amazon売上管理ツール

通常、これらのツールは、有料のAmazon出品ツールに含まれています。

しかし、無料のAmazon出品ツールには含まれていないのが基本です。出品だけスムーズに行っても、その後の動向を分析しなければ、売上の向上は見込みにくいでしょう。

また、Amazon事業を活性化させるには、在庫ツールや売上管理ツールも利用するのが大切です。

それぞれのツールの特徴を解説します。

Amazon分析ツール

Amazon分析ツールは、Amazonでの販売やマーケティング活動を効率的に進めるためのツールです。具体的には、商品のランキングや競合他社の情報など、Amazon上で得られる様々なデータを分析し、販売戦略やマーケティング施策の立案に活用できます。

さらに、競合他社との差別化や顧客ニーズの把握にも役立てられます。市場分析によるニーズに合った商品を出品することは、Amazon事業を成功させるために欠かせません。

Amazon在庫ツール

Amazon在庫ツールとは、Amazon上で販売する商品の在庫状況を管理するためのツールです。在庫管理の効率化や在庫切れを防げるため、Amazon販売において重要です。

もし在庫切れに気づかなければ、商品ページにユーザーが訪れても商品を購入できません。つまり在庫切れは、見込み客を逃すことを意味します。中には、商品の入荷に関する問い合わせをしてくれる方もいるかもしれません。

しかし、在庫は常に保有しておくことに越したことはないでしょう。

Amazon売上管理ツール

Amazon売上管理ツールとは、Amazon上での販売実績や収益の管理を支援するツールです。売上管理は、Amazon事業を活性化させるために重要です。

なぜなら、売上の把握によって、コストマネジメントにつながるからです。売上管理ができれば、それに対する販売費用や生産コストなどの把握につながります。

これによって、コストの削減や生産性の向上など、経営改善に取り組めるでしょう。

まとめ

まとめをイメージできる写真

Amazon出品ツールとは、出品に関する業務を効率的に行えるツールです。活用すれば、労働コストの削減や業務の活性化を実現できるでしょう。

ただし、コストや機能面を重視してAmazon出品ツールを選ばなければ、満足できる結果にはつながりません。もし、Amazon出品ツール選びに迷っているなら、本記事で紹介したツールがおすすめです。

ぜひ本記事を参考に、Amazon出品ツールを導入するか検討してください。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。