Amazonで売れない時の原因と対処法!急に売れなくなった場合も解説!

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazonで商品が売れない場合の原因5選

商品にニーズがない

Amazonで商品が売れない場合は、まず商品を見直してみましょう。

商品にニーズがないものはもちろん、商品がシーズンを外していて今はニーズがない場合も、売れないからです。

また、商品自体にはニーズがあったとしても、価格がニーズとあっていない場合も、売れない原因になります。

まずは出品している商品がニーズとあっているかチェックしてみてください。

商品紹介ページがわかりづらい

商品紹介ページへのアクセスはあるのに購入にいたらない場合は、商品紹介の内容がわかりづらい可能性があります。

ユーザーは、まず商品を写真で確認し、確認したい内容が画像で見つからなかった場合、商品情報のテキストやレビューから情報収集します。

商品ページでユーザーが探しているものと合致するか判断できなければ、ユーザーは購入しません。

検討材料が少ないとユーザーが離れる原因になるため、商品紹介ページの情報に不足がないか確認してみてください。

新規出品者は売れにくい

新規出品者は、商品を出品してから売れるまでに時間がかかることが多いです。

Amazonでは、ユーザーから高評価をもらっている出品者や、販売実績がある出品者の方がSEOで有利になります。

そのため、レビューが一つもなく販売実績のない新規出品者は、いきなり検索結果の上位をとるのは至難の業と言えるでしょう。

また、販売実績がない出品者のアカウントには「新規出品者」というタグが付くため、出品者の評価を見て判断するユーザーからは選ばれにくくなります。

露出で競合に負けている

商品がユーザーの目に留まらなければ、クリックされることも購入されることもありません。ほとんどのユーザーは、商品の検索結果のページの上位から商品を選びます。

このとき、ライバルの出品が集中して、自身の出品している商品が埋もれてしまうと、購入されにくくなります。

SEO対策をするか、広告を強化するなどして、露出を増やしましょう。

悪いレビューが付いた

出品している商品や出品者に悪い評価が付いた場合も、商品は売れにくいです。

Amazonは評価の高い出品者を優遇するため、悪いレビューがついた商品はSEOで不利になることがあります。

また、レビューを参考にして購入を決めるユーザーも多いため、商品ページや出品者に悪いレビューがあれば商品も売れにくくなります。

悪いレビューが付かないよう、ひとつひとつの注文に丁寧な対応を心がけていきましょう。

Amazonで商品が売れない場合の対処法7選

売れやすい商品を選ぶ

Amazonで商品を売る場合、商品にニーズがあるかをリサーチするのが基本です。

まずは商品にニーズがあるか、シーズンに合っているか、どんな価格帯で出品されているのかリサーチしておきましょう。

レビューが多くついている商品をチェックしたり、競合がどんな売り出し方をしているか参考にしてみてください。

SEO対策をする

Amazonでは、検索をして商品を探す人がほとんどです。

そのため、Amazonで商品を売るには、検索結果の上位に表示させることが重要です。

表記に複数のパターンがある表現は全てタイトルに入れたり、商品と一緒に検索されるキーワードを商品紹介に盛り込むなど、商品紹介ぺージのテキストを見直してみてください。

キーワードを最適化するなど、検索の上位に商品が表示されるよう、SEO対策を強化していきましょう。

商品紹介ページの写真や文章を改善する

商品紹介の写真を充実させるだけでも、ユーザーは安心感を持ってくれます。

商品紹介ページを作りこんだだけで購入率があがることもありますので、画像が少ない場合は、7枚を目安に画像を増やしてみてください。

画像でわかりにくい部分は、商品紹介ページの「この商品について」という箇所で補足しておくと、より親切です。

テキストが増えるとSEO対策にもなるので、ユーザーの不安を払拭するつもりで改善してみてください。

広告を使って集客する

出品してもなかなか検索上位がとれない場合は、広告を使って集客してみましょう。

広告なしでAmazonで検索上位を取るためには、SEO対策やコンバージョン率、出品者のアカウントレベル、高評価、販売実績などが必要です。

出品していきなり検索の上位をとることはかなり難しいので、売りやすい商品やシーズンを絞って広告を出すなど、できるところからAmazon広告を利用して露出を増やしてみると良いでしょう。

良いレビューを増やす

Amazonでは、悪いレビューが付きやすく、良いレビューが付きにくい傾向があります。

その分、良いレビューが増えれば、Amazonから出品者への評価が良くなり、SEOで有利になったり、ユーザーの心象が良くなります。

メールでレビューを依頼してみたり、同梱物にレビューをお願いするチラシやサンキューカードを同梱してみるのもひとつの手です。

ただし、「高評価のレビュー」を依頼する行為はアマゾン規約で禁止されているので、あくまで「レビュー」を依頼するにとどめておくことが重要です。

カートを獲得する

Amazonでカートを獲得できれば、かなり有利に販売することができます。

FBAを使ったり、価格を安めに設定したり、在庫を多めに確保するなど、カートを獲得しやすくなるよう意識してみましょう。

プライムマークをつける

プライムマークは、Amazonが設定した出荷・配送やカスタマーサービスの基準をクリアした商品である証で、ユーザーに安心感を与えてくれます。

プライムマークがあるだけで商品がクリックされやすくなるので、FBAかマケプレプライムの利用を検討してみるのもおすすめです。

今までAmazonで売れていた商品が急に売れなくなった場合

商品のニーズを見直す

今まで売れていた商品が急に売れなくなった場合は、売れていた時と何が変わったのか確認が必要です。

その商品がシーズンに合わなくなったり、新しい型や規格が出て人気がなくなったなど、商品の人気が落ちた可能性からチェックしてみると良いでしょう。

また、新しいライバルの参入で価格に変動があった可能性もあるため、競合の価格も再調査して、軌道修正をしてみてください。

カート獲得率や露出が減ってないか確認する

もし商品のニーズは変わっていないのに売れなくなったのなら、商品の露出が減ったケースも考えられます。

出品している商品や出品者に悪いレビューが付いたり、商品の価格設定が高くなっていると、カート獲得率や検索順位が下がりやすくなります。

ユーザーの目に付かなくなれば、商品が売れなくなるので、以前と比べて商品のインプレッション数が変化していないか確認してみましょう。

Amazon売上改善ならWacwarksにお任せ!

Wacwarksは過去EC業界で実績のあるグロースハッカーを集めたプロフェッショナル集団です。

Amazon SEO対策や広告運用など売上を伸ばすための戦略を策定し、事業計画〜KPI設定まで 落とし込んだうえで、優先度の高い施策を洗い出します。

ありふれた対策でなく、サイトごとに最適化された戦略を策定して、成果にコミットすることが特徴です。

公式HPで詳細をチェック!

まとめ

Amazonで商品が売れない場合は、状況によって対応が変わってきます。

商品のニーズや露出、露出はあってもクリックされないのか、クリックされても購入に至らないのかなど、ひとつずつ確認して要因を絞り込んでみてください。要因に対して対処していけば、売れない要因は着実に取り除かれていきます。

ひとつずつ改善を積み重ねて、Amazonやユーザーに信頼されるショップを作っていきましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。