【Amazon広告運用成功への鍵】効果的な戦略と最適化のポイント

オンラインショッピングの急成長にあたり、Amazonは現代のビジネスに関して重要なプラットフォームとなりました。

商品やブランドの認知度を高め、顧客とのつながりを構築するために、Amazon広告は強力なツールなのです。

しかし、広告運用の成功には広告を出すだけではなく、戦略的なアプローチと最適化のスキルが求められます。

競争の激しいオンライン市場において、Amazon広告は効果的なビジネス戦略の一翼を担っています。

顧客が商品を見つけ、購入するためのプロセスで、目標層に正しいメッセージを届けるのは至上の課題です。

この記事では、成功するための鍵となるAmazon広告の戦略と最適化のポイントと、Amazon広告の運用成功へのアプローチについて詳しくご紹介します。 

効果的な戦略と最適化するポイントを捉え、Amazon広告を有効に活用し、ビジネスの成果を最大化するための一歩を踏み出しましょう。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

戦略と最適化のポイント【Amazon広告運用】

戦略と最適化のポイント【Amazon広告運用】をイメージできる写真

Amazon広告の運用で重要な戦略と最適化のポイントは、まず異なる広告形式を理解し、それぞれの特徴と適した計画を明確にすることです。 

スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、スポンサーディスプレイ広告、AmazonDSPなど、各種広告のメリットと活用法を知れば、最適な戦略を立てられます。

また、広告戦略の成功にはターゲット層を正確に特定し、一般のニーズや行動を理解することが重要です。適切なキーワードの検討やセグメンテーション、リターゲティングの導入など、データ駆動のアプローチが効果的なターゲティングを実現しましょう。

広告も同様に重要です。顧客の興味を引き、商品やブランドの特長を魅力的に伝える広告は、クリック率やコンバージョン率に直結します。クリエイティブのテストと改善を行いながら、最適なメッセージの広告にしましょう。

最後に、成功した広告戦略の継続的な最適化が重要です。 データ分析した広告の効果を測定し、クリック率やコンバージョン率の向上を図るための調整を行えば、持続的な成果を実現できますよ。

Amazon広告の種類

Amazon広告の種類をイメージできる写真

まずはAmazon広告の種類を確認しましょう。Amazon広告の種類をすでにご存知の方、そうでない方、どちらも今一度確認してみてください。

Amazon広告は、ビジネスの成功に向けて重要なツールです。その中でも正しい広告を選び、効果的な活用方法を理解し、成果を最大化するのが重要なのです。

Amazon広告の種類は、それぞれ異なる特徴と効果を持ち、正しい戦略が求められます。 

戦略データの分析と適切な最適化を行いながら、目標に向かって広告活用のプロセスを進めましょう。

まずは、Amazon広告の主要な種類を再確認しながら、それぞれの特徴と成功へのアプローチについて詳しく解説します。

Amazon広告の種類は4つです。

  • スポンサープロダクト広告(キーワード選定)
  • スポンサーブランド広告(ブランドアピール)
  • スポンサーディスプレイ広告(リターゲティング)
  • AmazonDSP(ターゲティング)

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、Amazonの検索結果や商品ページ上に表示される広告形式です。関連キーワードに基づいてターゲット層にリーチし、興味を持ったユーザーへアプローチできます。

また、常にデータを分析してキーワードの最適化や予算配分の見直しの作成を行うことが重要です。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、ブランドの認知度向上や複数の商品の一括紹介に適した広告形式です。トップページや検索結果ページにブランドのロゴと複数の商品を表示できます。 

ブランドの存在を強調する広告を作成し、特定の商品カテゴリに興味を持つユーザーにリーチするのが重要です。

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告は、リターゲティング広告や関連商品ページでのリーチに特化した広告形式です。過去に自社商品ページを訪問したユーザーや、カテゴリに興味を持つユーザーに対して広告を表示できます。

関連成功の鍵は、リターゲティングリストの活用や関連性の高い広告の設計です。

AmazonDSP(デマンドサイドプラットフォーム)

AmazonDSPは、広告主が自社商品をAmazon内外のウェブサイトで広告表示するためのプラットフォームです。豊富なナターゲティングオプションを活用し、特定のユーザーに効果的にリーチします。広告は、戦略が成功の鍵なのです。

目標設定と戦略【Amazon広告運用の基盤】

目標設定と戦略【Amazon広告運用の基盤】をイメージできる写真

Amazon広告を効果的に運用するためには、明確な目標設定と緻密な戦略が重要です。

広告費用を最適に活用し、ビジネスの成果を最大化するための、戦略的なアプローチが必要ですよ。

こちらでは、Amazon 広告運用の基盤としての目標設定と戦略について詳しく解説します。

目標設定の重要性

広告運用を開始する際には、明確な目標を設定するのが重要です。

目標はビジネスの性質や目的に応じて異なりますが、一般的な目標としては以下の3つが考えられます。

  • 売上の増加
  • ブランド認知度の向上
  • 新顧客獲得

売上の増加

商品やサービスの売上増加を目指す場合、クリックからコンバージョンまでのプロセスを最適化する戦略が必要です。

「最適化」には、適切なキーワード評価や広告表示ページの最適化などが含まれます。

ブランド認知度の向上

ブランドの知名度を高めるためには、スポンサーブランド広告やスポンサーディスプレイ広告を活用し、多くのユーザーにブランドメッセージを届ける戦略が重要です。

新規顧客獲得

新しい顧客層へのリーチを目指す場合、広告のターゲティングとクリエイティブ設計を工夫して、新たな層にアピールする戦略が必要ですよ。

戦略の立案と実行

目標設定の後は、それに向けた具体的な戦略の立案と実行が必要です。

目標設定と戦略の策定は、Amazon広告運用の基盤となる重要なステップです。明確な目標と戦略を持ちながらデータを活用して随時調整すれば、広告運用の成果の最大化が可能でしょう。

以下の5つは、戦略を構築する際のポイントです。

  • ターゲット層の定義
  • キーワードリサーチ
  • 広告の設計
  • 広告予算とスケジュール
  • データの分析と最適化

ターゲット層の定義

目標に合ったターゲット層を特定しましょう。デモグラフィック情報や興味関心などを基に、効果的なターゲティングを行います。

キーワードリサーチ

スポンサープロダクト広告やAmazonDSPを活用する場合、適切なキーワードのリサーチが必要です。商品やブランドにするキーワードを特定し、競争力のあるキーワードを選択しましょう。

広告の設計

広告のクリエイティブ設計は、ターゲット層に訴求するための重要なステップです。魅力的な画像とキャッチコピーを組み合わせて、ユーザーの関心を引きつけましょう。

広告予算とスケジュール

広告に投資する予算とそのスケジュールを設定します。効果を評価しながら、予算配分や広告表示のタイミングの最適化が重要です。

データの分析と最適化

広告の効果をモニタリングし、データ分析や広告戦略を最適化します。クリック率やコンバージョン率などのデータを活用して、改善策を見つけ出しましょう。

キーワードリサーチとターゲティング【Amazon広告運用で成功の鍵を握る要素】

キーワードリサーチとターゲティング【Amazon広告運用で成功の鍵を握る要素】をイメージできる写真

Amazon広告運用の成功に関して、適切なキーワードリサーチとターゲティングの選択は必須です。 

正しいキーワードを見つけ、関心のあるターゲット層に効果的にアプローチすれば、広告効果の最大化が可能です。

こちらでは、キーワードリサーチとターゲティングに焦点をあて、成功へのアプローチを探っていきます。

キーワードリサーチの重要性

適切なキーワードの選定は、Amazon広告運用の基盤となる重要な要素です。

キーワードリサーチとターゲティングの正確な実行は、広告の効果を最大化するために重要なのです。

適切なキーワード選定とターゲティングの組み合わせにより、関心を持つユーザーに対して魅力的な広告を配信し、クリック率やコンバージョン率の向上を実現しましょう。

では、キーワードリサーチの重要性を3つご紹介します。

  • 関連キーワードの洗い出し
  • キーワードプランナーツールの活用
  • ロングテールキーワードの発見

関連キーワードの洗い出し

自社の商品やブランドに関連するキーワードをリストアップします。

キーワードプランナーツールの活用

Amazon広告のキーワードプランナーツールを使用して、関連キーワードの検索量や競争率を確認します。このツールは、キーワードの効果を予測するのに役立ちます。

ロングテールキーワードの発見

単語とフレーズを組み合わせて、より具体的なロングテールキーワードを見つけ出します。競争が少なく、特定のニーズにマッチする可能性が高いですよ。

ターゲティングの戦略

適切なキーワードリサーチの後は、ターゲティング戦略の進め方が重要です。ターゲティングには以下のポイントを考慮することが重要です。

では、ターゲティングの戦略を3つご紹介します。

  • デモグラフィックターゲティング
  • 興味関心ターゲティング
  • リターゲティング

デモグラフィックターゲティング

年齢、性別、地域などのデモグラフィック情報を活用して、ターゲット層を絞り込みます。これにより、広告を関心のあるユーザーに届けられます。

興味関心ターゲティング

ユーザーの購入履歴や興味関心に基づいてターゲットを絞り込むことが可能です。過去の行動データを活用して、関連性の高い広告を表示させましょう。

リターゲティング

過去にサイトを訪れたことがあるユーザーや、特定の商品を閲覧したことのあるユーザーに広告を表示するリターゲティング戦略も有効です。

Amazon広告の作成と最適化【効果的なクリエイティブとデータに基づく運用改善】

Amazon広告の作成と最適化【効果的なクリエイティブとデータに基づく運用改善】をイメージできる写真

広告の作成と最適化は、Amazon広告運用の鍵となるポイントの一つです。魅力的な広告クリエイティブを設計してデータに基づいた改善を続ければ、広告の成果の最大化ができます。

こちらでは、広告の作成と最適化のポイントに焦点をあて、成功を見極める方法を探ってみましょう。

魅力的な広告クリエイティブの設計

広告のクリエイティブ要素は、ユーザーの関心を引きつけるキーとなります。以下のポイントを考慮して、魅力的な広告クリエイティブを設計しましょう。

まずは、広告内で商品の特徴やメリットを明確に伝え、商品の利点を協調しましょう。ユーザーが一目で理解できるようにすれば、購入への期待を高めます。

また、商品の画像は控えめで高品質なものを選び、魅力を最大限に引き出せるとよいですね。ターゲット層の好みに合わせたデザインを選び、ユーザーに親近感を持って広告を制作しましょう。

A/Bテストによる最適化

広告の最適化は、データに基づいた改善を行うことで実現します。

A/Bテスト(Webサイトなどを最適化するために実施するテストの1つ)を活用して、異なるバリエーションの広告を比較しましょう。

Amazon広告のA/Bテストによる最適化には、こちらの3つが有効です。

  • 要素の比較
  • データの分析
  • 改善の継続

「要素の比較」では、タイトル、画像、コピーなどの要素を変更して広告を複数作成し、どの要素がより効果的かを比較します。

「データの分析」では、クリック率、コンバージョン率、広告費用対効果 (ROAS) などの指標を分析し、最適な設定を考えます。

「改善の継続」では、テスト結果に基づいて広告を改善し続け、継続的な最適化を行いましょう。

広告の作成と最適化は、デザインとデータの両面を考慮するプロセスです。 魅力的な広告クリエイティブを制作し、データに基づいた改善を続け、広告の成果を最大限に引き出しましょう。

予算管理とAmazon広告出稿の最適なタイミング【成功への対効果を高める運用方法】

予算管理とAmazon広告出稿の最適なタイミング【成功への対効果を高める運用方法】をイメージできる写真

Amazon広告運用に関して、適切な予算管理と広告出稿のタイミングは、成功のために重要な要素です。

効果的な予算配分と広告出稿のタイミングを見極めれば、広告の費用対効果を最大化でき、ビジネスの成果を高められます。

こちらでは、予算管理と広告出稿のタイミングに焦点をあて、成功へのアプローチを探ってみましょう。

予算管理の戦略

予算管理は、広告運用の鍵となる要素の一つです。適切な予算配分を行いながら、最大の成果を得るためのポイントをご紹介しましょう。

まずは、ビジネスの目標と広告キャンペーンの性質に合わせて、広告に投資する予算を設定します。

そして、1日あたりの予算を設定し、1日あたりの広告費をコントロールします。そうすれば、広告費を効果的に分散できます。

最後に、コンバージョン率の高いキーワードや広告に重点的に予算を配分し、効果を最大化しましょう。コンバージョン率に基づいた予算の最適化が重要ですよ。

広告出稿のタイミング

広告出稿タイミングも重要な要素です。適切なタイミングで広告を出稿すれば、目標層に最も効果的にリーチできるでしょう。

まずは、目標層のオンライン行動パターンを分析し、最もアクティブな時間帯や曜日を特定します。

また、特定のセールやイベント期間中に広告を出せばユーザーの注目度を高め、売上の増加を狙えます。Amazonのセールやイベントは十分に活用しましょう。

最後に、競合の動向分析が重要です。競合の広告出稿タイミングを分析し、ユーザーへの影響を考えて戦略を練るのです。

データの活用と最適化

広告運用中に得られるデータを活用して、予算管理と広告出稿のタイミングを最適化するのが重要です。データ分析をしながら、成果を最大化するための改善策を見つけ出しましょう。

予算管理と広告出稿のタイミングは、広告運用の核となる戦略です。効果予算配分と適切な広告出稿タイミングにより、広告の効果を最大補正し、ビジネスの成功に最適しましょう。

Amazon広告の成果測定とデータ分析【効果的な広告運用】

Amazon広告の成果測定とデータ分析【効果的な広告運用】をイメージできる写真

Amazon広告運用の成功には、効果の測定とデータ分析が欠かせません。正しいデータを収集して適切な分析を行えば、広告戦略の改善ポイントを見極め、持続的な成功の可能性が高まります。

こちらでは、成果測定とデータ分析に焦点を当て、成功へのアプローチをご紹介します。

成果測定の重要性

広告の成果を測定することは、どの戦略が効果的であるかを知る上で目安です。以下の指標を大切に、広告の成果を評価しましょう。

  • クリック率(CTR)
  • コンバージョン率(CVR)
  • 広告費用対効果(ROAS)

クリック率(CTR) 

クリック率とは、広告が表示された回数に対するクリック数の割合を示し、広告の魅力度を測る指標です。

コンバージョン率(CVR)

コンバージョン率とは、広告やオーガニック検索などのサイト流入の数に対してどのくらいの割合でコンバージョンを獲得できたかを示す指標です。 

広告費用対効果(ROAS) 

広告費用対効果とは、広告に投資した金額に対する売上の割合を示し、効果的な広告戦略の収益性を評価します。

データ分析の活用

収集したデータを分析し、改善の方向性を見つけることが成功への道です。データ分析には以下のステップが含まれます。

  • データの収集と整理
  • 傾向の分析
  • A/Bテストの結果の評価

データの収集と整理

クリック率、コンバージョン率、売上データなどを収集し、整理します。Amazon広告のダッシュボードや分析ツールを活用しましょう。

傾向の分析

データを基に、広告の効果がどのように変動しているかを分析します。特にクリックやコンバージョンの上昇や下降の傾向を把握できますよ。

A/Bテストの結果の評価

広告の異なる要素を比較したA/Bテストの結果を分析し、どのバリエーションが最も効果的かを判断しましょう。

改善と最適化のサイクル

成果測定とデータ分析を通じて得た知見を元に、広告戦略の改善を行います。データに基づく改善サイクルを繰り返し、持続的な成功を実現しましょう。

リターゲティングと顧客ロイヤリティ向上【継続的な成功を実現する方法】

リターゲティングと顧客ロイヤリティ向上【継続的な成功を実現する方法】をイメージできる写真

Amazon広告運用に関して、リターゲティングと顧客獲得の向上は、継続的な成功を実現するための重要なステップです。

過去の顧客にアプローチを継続し、何らかの関係構築を行えば、売上の増加や継続した売上の実現ができるでしょう。

こちらでは、リターゲティングと顧客満足向上の重要性に焦点を当て、ビジネス成功へのアプローチを解説します。

リターゲティング戦略の構築

リターゲティングは、過去にサイトを訪れたことのあるユーザーや、特定の商品を閲覧したことのあるユーザーに対して広告を表示する戦略です。

顧客市場の細分化

過去の購入履歴に基づいて顧客を色々な切り口で分類し、特定の属性ごとにグループ化します。これにより、ターゲット層を見直し、よりパーソナライズされた広告を提供できますよ。

興味のある関心に基づくリターゲティング

ユーザーの興味のある関心に合わせて、関連商品を提案する広告を出稿します。これにより、関連性の高い広告を配信できますよ。

特別オファーや割引の提供

リターゲティング広告に特別なオファーや割引を盛り込めば、再度購入を促進できるでしょう。

消費者向上の方法

顧客重視の向上は、継続的な成功を支えるための鍵です。顧客に対する価値提供と継続的な関係構築を考えてみましょう。

まずは、ニュースレターや特別コンテンツを用いて、顧客との良好な関係性を促進します。

そして、カスタマーサポートの強化は重要です。お客様からのお問い合わせフィードバックに迅速に対応し、信頼感を獲得しましょう。

最後に、過去の購入履歴に基づいて関連商品を提案し、顧客の再購入を促進します。

Amazon広告トレンドと新機能への対応【進化する環境で成功を維持する方法】

Amazon広告トレンドと新機能への対応【進化する環境で成功を維持する方法】をイメージできる写真

Amazon広告の成功を維持するためには、常にトレンドや新機能への対応が求められます。オンライン広告の環境は常に変化しており、新しい機能や効率の良い方法が必ず登場しているのです。 

トレンドと新機能への対応の重要性に焦点を当て、成功を維持する方法を探ってみましょう。

トレンドの把握と活用

業界やマーケットのトレンドを把握し、それに合わせて広告の戦略調整が重要です。以下の方法でトレンドを活用しましょう。

まずは競合の動向分析を行いましょう。動向分析によって、競合の広告活動や戦略モニタリング、新しいアイデアや方向性を発見できます。

また、消費者の行動パターンの分析も重要です。オンラインショッピングの傾向や行動パターンを分析し、効果的なターゲティングを行いましょう。

最後に、ソーシャルメディアのトレンド活用です。ソーシャルメディア上のトレンドを取り入れた広告戦略を展開し、関心を引きつけます。

新機能の活用と実験

広告プラットフォームは常に進化しており、新しい機能やツールが追加されます。これらの新機能を活用すれば、競争力を高められますよ。

まずは、新しい広告フォーマットやレイアウトを試して、ユーザーの関心を引く新しい方法を模索します。

そして、自動化ツールの活用です。自動化ツールAI技術を活用して、広告運用の効率を向上させましょう。

また、プラットフォームのベータテストに参加すれば新機能を先行して試用し、販売するために一歩先を行けるでしょう。

トレンドと新機能への対応は、成功を維持するためのステップです。常に業界の最新情報を把握し、新しいアイデアや手法を取り入れて、ビジネスの成果を向上させましょう。

Amazon広告運用の成功事例と効果的な方法【実際の成功を学び成果を最大化する方法】

Amazon広告運用の成功事例と効果的な方法【実際の成功を学び成果を最大化する方法】をイメージできる写真

Amazon広告運用で成功するためには、過去の成功事例と効果的な方法を学び、戦略に取り入れることが重要です。

Amazon広告における成功事例と効果的な方法を理解すれば、効果的な戦略を構築し、成果を最大化する道を見つけられます。

こちらでは、成功事例と効果的な方法に焦点を当て、成功へのアプローチを解説します。

成功事例の探求

成功事例は、他の企業やビジネスがどのようにAmazon広告を活用して成功をたかを学ぶための貴重な資源です。以下の方法で成功事例を探しましょう。

まずは、同じ業界で成功を収めたリーダー企業のケーススタディを研究し、その戦略やアプローチを理解します。

次に、インサイトの共有です。マーケティング関連のセミナーやカンファレンスで、成功事例を共有する企業からのインサイトを収集しましょう。

最後に、オンラインコミュニティの参加が有効です。オンラインコミュニティやフォーラムで、他のマーケターや広告担当者からの成功事例を学べますよ。

効果的な方法の適用

成功事例を元にして効果的な方法を適用すれば、自身の広告戦略を強化できます。

まずは、ターゲット層の理解です。成功事例から得られるインサイトを活用して、ターゲット層のニーズや行動を分析し、ターゲティングを最適化しましょう。

そして、重要なのはキーワードリサーチです。成功事例、幼児効果、キーワードリサーチの手法やツールを学び、効果的なキーワード選定を行います。

最後に、魅力的なクリエイティブの設計です。成功事例から得られるやコピーライティングのアイデアを活用して、魅力的な広告クリエイティブを設計しましょう。

成功事例と効果的な方法の学習は、自分の広告戦略の進化と最適化に努めます。他の成功者のアイデアと実際の手法を取り入れれば、ビジネスの成果を最大限に高められるでしょう。

まとめ

まとめをイメージできる写真

Amazon広告の世界では、成功を収めるためには戦略的なアプローチと継続的な最適化が前提です。

この記事では、効果的なAmazon広告運用のためのポイントを詳しく解説してきました。では、ここまでご紹介してきた内容をまとめてみましょう。

  • 戦略と最適化のポイント
  • Amazon広告の種類
  • 目標設定と戦略
  • キーワードリサーチとターゲティング
  • Amazon広告の作成と最適化
  • 予算管理とAmazon広告出稿の最適なタイミング
  • Amazon広告の成果測定とデータ分析
  • リターゲティングと顧客ロイヤリティ向上
  • Amazon広告トレンドと新機能への対応
  • Amazon広告運用の成功事例と効果的な方法

Amazon広告の成功には、戦略と最適化が欠かせません。明確な目標設定と適切なターゲティングに基づく戦略を構築し、データ分析による継続的な改善を行い、広告の成果を最大化しましょう。戦略的なアプローチとデータに基づく最適化を行えば、Amazon広告運用の成功への道を歩めます。

Amazon広告は、商品を宣伝して売上を増やすためのプラットフォームであり、多くの種類の広告フォーマットを提供しています。商品の露出を増やし、効果的なターゲティングを行えば、効果的な広告運用を実現できますよ。

スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、スポンサーディスプレイ広告、店舗広告、AmazonDSPなど、様々な広告の種類が存在します。広告の目的やターゲットに応じて、最適な広告フォーマットを選択しましょう。

明確な目標を設定し、広告運用戦略を立てます。売上向上、ブランド認知の増加、新規顧客獲得など、目標に合わせた戦略を構築しましょう。

効果的なキーワード調査を行い、ターゲット層のニーズと行動を理解します。適切なキーワードとターゲティングを選定し、広告の対象を絞り込むのです。

魅力的な広告クリエイティブを設計し、効果的なコピーライティングを行います。A/Bテストを活用してさまざまなバリエーションの広告を比較し、最適な設定を見つけましょう。

予算を効果的に管理し、広告出稿のタイミングを最適化します。セールやキャンペーンのタイミングに合わせて広告を調整しましょう。

広告の成果を測定し、データ分析し改善の方向性を捉えます。クリック率、コンバージョン率、ROAS(広告の費用対効果)などの指標を活用して効果を評価しましょう。

これまでの顧客に対するリターゲティング戦略を構築し、顧客ロイヤリティを向上させましょう。顧客再購入の促進や特別オファーの提供など、顧客との継続的な関係を築くのです。

業界のトレンドや新機能を捉え、それに合わせて広告戦略を調整します。

他の成功事例や効果的な方法を学び、その知見を自身の広告戦略に取り入れます。ターゲティング、キーワード選定、広告クリエイティブ設計などに成功事例から得られるアイデアを活用しましょう。

Amazon広告運用の成功は、計画的な戦略と継続的な最適化によって実現されます。 多くのポイントを考慮しながら戦略を構築し、データに基づいた改善を続けることで、ビジネスの成果を最大化する道を拓くことができるでしょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。