楽天の検索順位はチェックツールの活用がおすすめ!理由やコツを紹介

楽天の検索順位はチェックツールの活用がおすすめ!理由やコツを紹介の記事をイメージさせるサムネイル写真

楽天市場の検索順位は、チェックツールを使って確認するといいでしょう。順位の変動をしらせてくれるツールや売上に貢献しやすいキーワードも教えてくれるツールもあります。

楽天市場は多くの店舗が商品を出品しているため、検索順位を上げて売上を伸ばすことが効果的です。

この記事では、楽天の検索順位をチェックツールで確認すべき理由や最適化するためのコツ、おすすめのツールを紹介します。楽天市場で検索順位を上げて売上を伸ばしたい事業者は参考にしてください。

当サイト限定で、EC-UPの有料プランで使える50%の割引コードをご用意しました。
EC-UPをお得に利用したい方は、以下のクーポンコードをご活用ください。

【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS
EC-UPの公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)

申し込みはこちら!

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

楽天の検索順位はチェックツールで確認できる

楽天の検索順位はチェックツールで確認できる

楽天にはGoogleやヤフーのような検索順位が存在します。ユーザーから商品を購入してもらうためにも、自社ページの検索順位を最適化することが大切です。

なお、楽天の検索順位はチェックツールで確認できます。ここでは、楽天SEOと広告・検索結果の違いを解説します。

検索順位に関係する楽天SEOとは?

楽天SEOとは楽天で商品を探す際、検索結果で上位表示させる対策です。SEOは検索エンジン最適化を意味する言葉で、Googleやヤフーなどでキーワード検索する際に上位表示させる対策です。

検索結果で上位を取れれば、多くのユーザーが自社サイトへアクセスし、売上アップが期待できるため、企業やアフィリエイターはSEO対策によってWebサイトを構築します。

楽天で売上を伸ばすためには、多くのユーザーから自社ページで流入してもらう必要があります。そこで、楽天でもSEO対策によって、購買意欲が高いユーザーを集客することが売上アップにつながるのです。

広告枠と自然検索枠の違い

検索結果には、広告枠と自然検索枠の2種類あります。広告枠は費用がかかるものの、検索によって表示されるページの上部へ優先して表示されます。

広告による表示には、商品名の横に「PR」と記載される仕組みです。自然検索枠はページの下部へ表示されますが、費用はかかりません

資金力がある企業なら広告によって自社ページを目立たせることが可能ですが、できるだけコストをかけたくない場合には自然検索枠で上位表示を目指す必要があります。

楽天の検索順位をチェックツールを活用して最適化すべき理由

楽天の検索順位をチェックツールを活用して最適化すべき理由

チェックツールを用いて自社ページが今、どれくらいの位置に表示されているか確認する必要性としては下記の2つです。

  • 商品を検索で探すユーザーが多いため
  • 広告のような費用がかからないため

広告を活用するのも方法のひとつですが、自然検索枠で上位表示の獲得を目指すことで高い費用対効果を得られます

それでは、楽天SEOに取り組むべき2つの理由を順に解説します。

商品を検索で探すユーザーが多いため

楽天で商品を購入する際、ユーザーのほとんどがキーワードによる検索をおこないます。欲しい商品を探しているわけですので、検索によって生じた商品は購入されやすくなります。

購買意欲が高く、検索意図を持ったユーザーによる検索で上位表示された商品ページほど売上アップが期待できるでしょう。

ピンポイントで欲しい商品の場合は商品名で探しますが、多くのユーザーは大まかなキーワードで調べるはずです。

自社製品を知らない人へアプローチするためにも、楽天SEOへの取り組みが大切です。

広告のような費用がかからないため

うまく楽天SEO対策ができれば、広告にかかる費用を抑えつつ幅広いユーザーへ自社製品を認知してもらえます。

開業当初の事業者やテスト段階で運用している場合、まずは自然検索枠で上位を取れるようにしましょう。どうしても検索順位が上がらない場合や、売上が上がってきたら広告を打つのも方法のひとつです。

ただし、広告宣伝費に予算を使い過ぎると利益が下がりますので、資金に余裕がある段階で広告は検討すべきでしょう。

楽天の検索順位をチェックツールで最適化する際のコツ

楽天の検索順位をチェックツールで最適化する際のコツ

Webサイトの検索順位が激しく変動するように、楽天での検索順位も変動を繰り返します。そのため、チェックツールによって最適化し、上位を維持し続ける取り組みが大切です。

ページの上部へ表示させるコツとしては、下記の5つがあります。

  • 商品名に対策キーワードを入れる
  • サジェストキーワードを入れる
  • 季節キーワードを入れる
  • 全商品ディレクトリIDとタグIDを正しく設定する
  • キーワード選定に力を入れる

ひとつずつ見ていきましょう。

商品名に対策キーワードを入れる

商品名にユーザーが使用するであろう対策キーワードを入れることは大切です。専門用語ではなく、一般的に使われているキーワードを入れ、検索エンジンに商品の属性を認識させます。

キーワードは商品名の前半に含めましょう。商品名の文字数は127文字まで記載可能ですが、検索結果に表示されるのは30字程度までです。

ユーザーが一目で認識できない部分にキーワードがあると、クリック率が下がる可能性があります。

少しでもクリック率を高めるためにも、対策キーワードやキャッチコピーは商品名の前半に入れましょう。

サジェストキーワードを入れる

サジェストキーワードとは、検索窓に自動表示される検索キーワード候補を指す言葉です。

ユーザーは特定のキーワードに加えて、さまざまな言葉で検索します。たとえば、キーワードが「ヘアオイル」だとすると、「ヘアオイル 洗い流さない」「おすすめ」などヘアオイル以外に入力する言葉がサジェストキーワードです。

サジェストキーワードを含めて商品を探すユーザーも多いため、対策キーワードとあわせて商品名や説明文に入れると効果的です。

サジェストキーワードは検索窓に商品名を入力すると調べることが可能ですので、ユーザーがどのような検索をしているのか分析できます。

季節キーワードを入れる

季節キーワードを商品名や説明文に入れるのも効果的です。季節キーワードとしては下記があります。

  • 母の日
  • 父の日
  • 敬老の日
  • ハロウィン
  • クリスマス
  • 正月
  • バレンタイン
  • ホワイトデー

イベントでプレゼントを購入する目的で商品を探しているユーザーに対してアプローチできます。

なお、楽天SEOの効果は約1〜2か月で実感できるケースが多いため、イベントの1〜2か月前から季節キーワードによる商品ページ作成に取り組むことが大切です。

繁忙期に効率よく商品を販売できれば、購買意欲の高いユーザーから購入されやすく、結果として売上アップが期待できます。

全商品ディレクトリIDとタグIDを正しく設定する

楽天市場におけるジャンルを指す言葉が全商品ディレクトリIDです。楽天が設けたジャンルから1商品につき1つの全商品ディレクトリIDを登録する仕組みです。

適した全商品ディレクトリIDを選ばなければ、ユーザーから探してもらいにくくなり、売れにくい商品ページとなってしまいます

タグIDとはジャンルをさらに細分化したもので、全商品ディレクトリIDによって設定できる項目が変わります。

商品ディレクトリIDとタグIDを正しく設定しなければ、ユーザーに認知されにくくなるだけでなく、検索結果で表示されない事態にもなりかねませんので注意してください。

キーワード選定に力を入れる

対策キーワードの設定には力を入れるべきです。検索エンジンが商品を正しく認識しなければ検索順位が上がりません。

どんなに良い商品であってもユーザーに認知してもらえないと意味がないため、売上にならないでしょう。

何となく商品を探して購入するユーザーより、検索によって商品を探しているユーザーの方が楽天では多いと言えます。

検索ボリュームが高いキーワードを選定すれば、多くのユーザーに効率よくアプローチできます。

販売する商品に適したキーワードを選定し、商品名や説明文に記載しましょう。

楽天の検索順位を最適化するキーワード選定のポイント

楽天の検索順位を最適化するキーワード選定のポイント

キーワード選定におけるポイントとしては、下記の3つがあります。

  • ビッグキーワード以外のキーワードも使う
  • 商品と関連性の高いキーワードを入れる
  • 記号を使いすぎない

順に解説します。

ビッグキーワード以外のキーワードも使う

ビッグキーワードとはユーザーから検索されやすいキーワードを指します。高い売上が期待できる反面、競合企業が多くなり、競争が激しくなる点が特徴です。したがって、ビッグキーワード以外のキーワードも使うのが売上アップのコツです。

楽天のアルゴリズムでは、商品の売上やクリック率も検索順位に影響するため、ビッグキーワードで上位表示を狙うのは簡単ではありません。

そこで、ミドルキーワードやスモールキーワードで上位表示を狙うと、ビッグキーワードより早く効果を得られる可能性が高まります。

ミドルキーワードやスモールキーワードで運用しつつ、販売実績を徐々に作っていきましょう。

商品と関連性の高いキーワードを入れる

商品と関連性が低いキーワードを入れると、検索順位が上がりにくいですし、クリック率も下がってしまいます。

検索されやすいキーワード選びや工夫は大切ですが、商品と関連する内容でなければ意味がありません。

場合によっては、楽天が定める「不適切な検索対策行為」に該当し、ペナルティを受ける恐れもあるため十分に注意が必要です。

記号を使いすぎない

記号はユーザーの興味を惹くうえで効果的ですが、使いすぎには注意が必要です。

あまりに多くの記号を羅列すると、ユーザーに伝えたい情報がうまく伝わりませんし、離脱率が高まってしまいます

送料無料や売上1位、公式など目立たせたい言葉には【】や!を用いることで強調できます。記号は適度に使用し、ユーザーの興味を掻き立て、クリック率を高めましょう。

楽天の検索で表示されない原因と対処法

楽天の検索で表示されない原因と対処法

楽天の検索でなかなか表示されない場合、必ず原因が存在します。

前述した商品ディレクトリIDやタグIDの設定が問題の場合もありますが、競合企業が強すぎる場合や、売上規模の低さが原因の可能性もあります。

競争率が高い商品の場合、多くの企業が楽天SEOや広告によって自社製品をページの上部へ表示させる対策を取っているため、苦戦するかもしれません。

あまりに競争率が高い場合には、別キーワードを使用したり、ほかの商品で対策したりと柔軟な方向転換も大切です。

また、売上規模が低い場合、楽天のアルゴリズムによって検索に引っかからない可能性もあります。チェックツールで検索順位を確認しつつ、少しずつでも販売実績を積み重ねることが大切です。

楽天市場で検索順位を上げるためにはツールの活用がおすすめ

「楽天市場で検索順位を上げるためにはツールの活用がおすすめ」をイメージさせる画像

楽天市場での売上が伸び悩んでいる場合は、マーケティングツールやコンサルティングサービスを利用することも1つの手です。プロやAIに依頼することで、自分では気が付かなかった問題点や改善点が見つかるかもしれません。

例えば、季節ごとの対策ができている場合でも、効果的なKWを商品ページに盛り込めていたなかったり、記載すべき商品情報がなかったりなど。

自力で分析できない場合や時間が十分にとれない場合は、プロの力に任せることをおすすめします。

当サイト限定で、EC-UPの有料プランで使える50%の割引コードをご用意しました。
EC-UPをお得に利用したい方は、以下のクーポンコードをご活用ください。

【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS
EC-UPの公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)

申し込みはこちら!

楽天の検索順位チェックツールまとめ

「楽天の検索順位チェックツールまとめ」をイメージさせる画像

ここからは、楽天の検索順位チェックツールを紹介します。無料で使えるツールもあるため、検索順位の変動を確認したい方は参考にしてください。

検索伝令くんLight

無料の楽天の検索順位チェックツール「検索伝令くんLight」は、毎日指定したKWの検索順位をメールで通知してくれます。順位の上がり下がりも分かるため、分かりやすくチェックできるでしょう。

Webページでは、検索順位がグラフで確認できるため、時期や季節によって対策に力を入れるべきKWが分かります。毎日のメールで検索順位を確認することで、店舗運営や楽天SEO対策に役立つでしょう。

検索伝令くんLight公式サイトはこちら

検索伝令くんgold

検索伝令くんGOLDは、楽天市場での検索順位チェックツールです。順位をチェックできるだけでなく、順位が下がったタイミングでの通知も受け取れます。

13か月分の検索順位ログがみれたり、データをCSVでダウンロードできたりするため、競合対策も早期に対応できるでしょう。

月額は3,000円とリーズナブルで、日々の楽天SEO対策に役立ちます。

検索伝令くんgold公式サイトはこちら

ネクストエンジン

ネクストエンジンは、楽天市場のモール内順位を確認できるツールです。登録された条件での検索ができ、1ページ目に表示される自社商品の数もチェックできます。

初月は0円ですが、2ヶ月目以降は月額5,000円払う必要があります。スマホとPCそれぞれの検索順位も表示できるため、購入者に法人が多い場合でも、パソコンからのアクセスに対応できるでしょう。

ネクストエンジン公式サイトはこちら

「EC-UP」で楽天の検索順位チェックツールに最適化させよう

「「EC-UP」で楽天の検索順位チェックツールに最適化させよう」をイメージさせる画像

EC-UPで楽天市場のスマホ画面を管理すると、検索順位を上げる施策を打てるでしょう。自動で管理できるため、検索順位を上げるための楽天SEO対策や競合分析に時間を使えます

EC-UPは、同時購入商品や類似商品、高評価商品を自動で表示してくれるため、店舗の回遊率や転換率を高めます。さらに、楽天ランキングで1位に入賞した商品は自動でアピール画像を生成してくれるため、面倒な編集作業も必要ありません。

時間や手間を省いて自社商品をアピールし、転換率を高めて売上アップを狙いたい事業者は、EC-UPの導入がおすすめです。月額料金は9,800円からと、比較的リーズナブルに導入できます。

最大30日間無料でご利用いただけますので、EC-UPを活用してみてください。

当サイト限定で、EC-UPの有料プランで使える50%の割引コードをご用意しました。
EC-UPをお得に利用したい方は、以下のクーポンコードをご活用ください。

【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS
EC-UPの公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)

申し込みはこちら!

まとめ:楽天の検索順位を上げて売上アップをめざそう

楽天 検索順位 ツール まとめ

この記事では、楽天の検索順位をチェックツールで確認すべき理由や、最適化するためのコツを紹介しました。

楽天ユーザーは検索によって欲しい商品を探す傾向にあるため、検索結果で目立つポジションを取ることが重要です。楽天SEO対策には費用がかかりませんので、まずは取り組んでみて販売実績を作ることが大切です。

また、楽天市場の運用を自動化できるマーケティングツール「EC-UP」は、商品ページを最適化でき、検索順位のアップを目指せます。売上を伸ばして楽天でのビジネスを成功させたい方は、以下の申し込みボタンからご相談してみてください。

当サイト限定で、EC-UPの有料プランで使える50%の割引コードをご用意しました。
EC-UPをお得に利用したい方は、以下のクーポンコードをご活用ください。

【当サイト限定】初月50%OFFコード:WACWORKS
EC-UPの公式HP:コチラから(https://ec-up.jp/)

申し込みはこちら!

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。