Amazon広告の費用対効果を高める方法などを解説します

Amazonのコンサル会社の選び方をイメージできる画像

Amazon広告を活用して利益を拡大したい場合、どれだけ費用対効果が高められるかどうかが重要になってきます。

費用対効果が高められなければ広告を運用するので手一杯になりかねませんし、大した利益も上げられずに現状を維持し続けるか、広告費ばかりかけて赤字になる可能性もあります。

元々Amazon広告は費用対効果が高まりやすいと言われているので、工夫次第で成果を出すことができるでしょう。

それでは、Amazon広告の費用対効果を高める方法についてご説明しましょう。

公式LINEでお得情報配信中
 
POINT売上upに繋がるお得な限定情報を配信しています!

ECグロースラボを運営するWacwarksの公式ライン配信が開始しました!

限定で実施している無料EC相談のご案内や、おすすめツールの紹介など、EC事業者さまの売上をupさせるお得な情報を配信しています。

今なら、弊社運営チャンネルで今まで上げてきた300本のYouTube動画を一つにまとめたスプレッドシート「ECグロース大全」を配布中!売上upノウハウを効率よく検索することができます。

公式LINEを追加する!

Amazon広告は費用対効果が高まりやすいと言われる理由は?

費用対効果が高い

Amazon広告は費用対効果が高まりやすいと言われる理由は、以下の通りです。

  • Amazon広告はコンバージョン率が高い
  • 豊富な購買データが活用できる
  • 広告を経由した売上がSEOに反映される

それでは、Amazon広告は費用対効果が高まりやすいと言われる理由についてご説明しましょう。

Amazon広告はコンバージョン率が高い

Amazon広告のメリットとも言えるのが、他のオンラインショッピングサイトと比較してコンバージョン率が高いことが挙げられます。

Amazonは世界最大手のオンラインショッピングサイトであり、ほとんどのユーザーが商品の購入を目的として利用しています。

Amazon広告にはさまざまな種類があるため、特定のキーワードで検索したユーザーの目に入る頻度も非常に高いです。広告を通して商品を購入してくれる可能性も期待できるので、高い費用対効果が見込めるでしょう。

豊富な購買データが活用できる

Amazon広告を上手に活用すれば、今までの豊富な行動や購買データが活用できるのがポイントです。

以前はAmazonで実際に商品を販売していないと広告を出すことができませんでした。

しかし、現在では他のサービスにも広告展開できるようになっているので、豊富な購買データを活用することで出品する商品に応じた行動予測ができるでしょう。

行動予測に基づいた分析結果を活用してAmazon広告を出すことで、費用対効果を高めることができます。

広告を経由した売上がSEOに反映される

本来、広告とSEOには何も関連性がありません。

しかし、Amazon広告を通した売上が多くなるほどSEOに反映される仕組みになっているのが大きなポイントです。

つまり、売上が伸びるほど特定のキーワードで検索したときの検索結果に上位表示されやすくなるため、多くのユーザーからの流入が見込めます。徐々に結果を出していけば、広告費を抑えたとしても費用対効果は変わらない、もしくは上がっていく可能性があるでしょう。

Amazon広告の費用対効果を上げる方法

費用対効果を上げる

Amazon広告の費用対効果を上げる方法は、以下の通りです。

  • クリック単価を下げる
  • コンバージョン率を上げる
  • インプレッション数を増やす
  • 広告のランクを上げる
  • 反応が良いキーワードだけにする
  • 商品ページの最適化
  • Amazonのビッグセールを活用する

それでは、Amazon広告の費用対効果を上げる方法についてご説明しましょう。

クリック単価を下げる

Amazon広告の費用対効果を高めるには、クリック単価を下げることが大切です。

クリック単価とは基本的に広告が1回クリックされるたびに発生する平均金額のことで、広告がクリックされた階数分だけ広告費用が発生します。

つまり、クリック単価が高いとその分広告費用も高くなるため、クリック単価をどのようにして下げるか試行錯誤することが費用対効果を高めることにつながります。

コンバージョン率を上げる

コンバージョン率とは、広告をクリックしたユーザーが商品を購入した割合のことです。

コンバージョン率を調査した時、購入率が低い場合はターゲッティングが的外れになっているか、商品ページが見にくいと判断されている可能性があります。

コンバージョン率を上げるには、ターゲッティングを見直し、商品ページを最適化する必要性があるでしょう。

インプレッション数を増やす

インプレッション数とは、ユーザーが広告を見た回数です。

広告がユーザーの目に留まるほどクリックされる可能性が高まりますが、何も対策していない場合はインプレッション数が上がりにくいです。

入札単価を上げたり、ターゲッティングを追加して多くのユーザーに見られるようにすることで、効率良くインプレッション数を上げられるでしょう。

広告のランクを上げる

Amazonでは、単に広告を掲載すればいいというものではありません。

掲載枠が限られている以上、他の事業者や個人とのオークションで掲載枠を勝ち取らなければなりませんが、入札額が高いほど良いというわけでもありません。

もちろん入札額も大切ですが、他にも検索キーワードと広告との関連性があるかどうか、クリックされる見込みがある広告なのかどうかも重要視されます。

これらの要素を高めることで広告のランクが上がっていきます。

反応が良いキーワードだけにする

どんな些細なキーワードでも引っかかるようにするケースがありますが、むやみやたらに設定するよりも出品する商品と関連性が強いキーワードに絞るのがおすすめです。

複数のキーワードを設定しても効果は得られるかもしれませんが、全体的な費用対効果としては効果が期待できません。反応が良いキーワードに絞ることで、高い費用対効果が期待できるでしょう。

商品ページの最適化

Amazon広告の費用対効果を高めるには、商品ページが魅力的でなければなりません。

魅力的な広告だったとしても、商品ページが見にくいと購入する気が無くなるからです。商品ページが最適化されていて、ユーザーが気になる情報が分かりやすく網羅されていれば購買意欲が高まっていくでしょう。

複数の画像で視覚的に説明したり、商品情報を掲載したりと不要な説明を入れない商品ページに改善することが大切です。

Amazonのビッグセールを活用する

Amazonでは定期的にビッグセールが開催されます。

タイムセールが行われる増えているため、この不景気の中で少しでもお得な買い物をしようと狙っているユーザーが多い傾向にあります。

ビッグセールやタイムセールが開催されているときにAmazon広告を掲載することで商品を購入してくれる可能性が高まるため、積極的に利用しましょう。

Amazon広告の費用対効果を上げる広告の種類

広告の種類

Amazon広告の費用対効果を上げる広告の種類は、以下の通りです。

  • スポンサープロダクト広告
  • スポンサーブランド広告
  • スポンサーディスプレイ広告

それでは、Amazon広告の費用対効果を上げる広告の種類についてご説明しましょう。

スポンサープロダクト広告の特徴

スポンサープロダクト広告とは、Amazonでキーワード検索を行った際の検索結果と商品詳細ページに表示される広告です。

スポンサープロダクト広告は一番最初のページに表示されるため、インプレッション数が上がりやすく、コンバージョン率も増加しやすいのがメリットです。

スポンサーブランド広告の特徴

スポンサーブランド広告とは、Amazonでキーワード検索を行った際の検索結果と商品詳細ページの上部に表示される広告です。

スポンサープロダクト広告と違うのは、単なる広告ではなく自社ブランドの魅力が伝わるような購買体験が提供できることにあります。

いかに自社ブランドを魅力的に伝えられるかどうかが重要です。

スポンサーディスプレイ広告の特徴

スポンサーディスプレイ広告とは、Amazonでキーワード検索を行った際の検索結果と商品詳細ページに表示される広告です。

強い訴求力によって競合する他者の商品から自社の商品に流動できるため、コンバージョン率が上がりやすくなるでしょう。

まとめ

費用対効果を高める

Amazon広告の費用対効果はコンバージョン率を上げたりインプレッション数を上げたりとさまざまな方法で高めることができます。

Amazon広告を活用するなら、どうすれば費用対効果を最大限高められるのか分析・最適化する必要性があるでしょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬

2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。